カート ログイン
MENU

貧血予防サプリメント

商品名

商品NO10604貧血予防サプリメント

商品概要

■鉄欠乏性貧血と悪性貧血の両方に対応できるよう成分を配合してあるため、効果的に貧血を予防できます。
■ヘム鉄よりも吸収率の非常に高い「鉄」が含まれたサプリメントです。
■感染症や悪性腫瘍による貧血は医師にまかせるしかありませんが、栄養素の摂取で予防できる貧血はしっかり予防を!
貧血予防サプリメントの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪この貧血予防サプリメントのページを気に入ってくださった方にお願いです≫下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m

1,922円 (税抜 1,780円 )

貧血予防サプリメントの詳しい説明

貧血予防サプリメントの容量

100錠

貧血予防サプリメントのサイズ

1個 21×6×5(㎜)

貧血予防サプリメントの成分

1錠中
鉄(アミノ酸キレート(高吸収加工)):25mg
葉酸:400mcg
銅(アミノ酸キレート(高吸収加工)):50mcg
ビタミンB12:50mcg
ビタミンB1:9mg
ビタミンB2:8mg
ナイアシン:20mg
ビタミンB6:10mg
ビオチン:50mcg
パントテン酸:20mg
ビタミンC:60mg
ヨウ素:150mcg
マンガン(アミノ酸キレート(高吸収加工)):250mcg
乾燥レバー(ブタ由来):50mg
ボーンミール(ブタ由来):10mg
ハーブ&野菜エキス(補助剤として):150mg
 パセリ
 イエロードックの根
 ホウレン草
 デビルズクローの根
 ブロッコリー
 レッドラズベリーの葉

貧血予防サプリメントの摂取目安

1回1錠 1日2~3回 食後

貧血予防サプリメントに関する特記事項

・貧血予防サプリメントは、栄養不足が原因の貧血を改善する効果が期待されています。胃摘出などによる吸収阻害が原因の貧血には効果は期待できません。どうぞご了承ください。
・貧血予防サプリメントの摂取目安は、アメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
貧血予防サプリメントの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

貧血予防サプリメントの取り扱いメーカー

カル社

はじめに

貧血予防には、鉄欠乏性貧血と悪性貧血の違いを知る必要があります。
この貧血予防サプリメントは両方の貧血予防ができますので、貧血のどちらか判らない方や併発している方には便利ですよ。

ヘム鉄より、吸収率の非常に高い「鉄」が含まれています。

1.貧血の種類について

貧血は大まかに分けて次の4種類があります。

  • 鉄欠乏性貧血
  • 悪性貧血
  • 慢性感染症による貧血
  • 悪性腫瘍による貧血

このうち後者の2つは、医師の治療にまかせるしかありません。

このサプリメントは貧血予防のためのサプリメントで、鉄欠乏性貧血と悪性貧血の両方の貧血予防ができるように、成分が配合されていますので、ほとんどの貧血予防に対して効果的です。

2.鉄欠乏性貧血予防について

一般的に貧血症状といって一番多いのは、鉄欠乏性貧血です。よって、この種の貧血予防に関しては栄養学の研究も進んでいます。鉄欠乏性貧血の代表的な症状としては、顔色が悪い、疲れやすい、動悸、立ちくらみなどが起こります。

鉄は単体では吸収が非常に悪く、キレート(アミノ酸などと結合している状態)加工されてないと、せっかく補給しても吸収出来ないまま排泄されてしまいます。
貧血予防を考えた時には鉄剤の吸収率なども非常に重要な要素となりますので、この貧血予防サプリメントの様に吸収を考えたサプリメントをお選び下さい。

貧血予防ではビタミンCサプリメントと一緒の摂取が有効との報告がありますので、この貧血予防サプリメントとビタミンCの併用をお奨めします。
貧血予防の生活習慣アドバイスでは、食事にビタミンCサプリメントを加えることを奨める栄養学者も多いようです。

鉄欠乏性貧血予防をするときには、いくつか食習慣で気をつける点があります。
まずコーヒーやお茶は、沸騰したお湯で入れるとカテキンが結合してタンニンという物質を作り、鉄を吸着して吸収しにくくするので、低め(80℃-90℃)のお湯で煎れるように心がけてください。
それから、お茶は1煎目のお茶(1分-1分半蒸らしたもの)だけを飲んでください。2煎目以降はタンニンが多くなります。貧血予防をしたい時には1煎目のお茶だけを飲むよう心がけると良いでしょう。
貧血予防のために炭酸飲料も控えてください。

貧血予防

3.鉄だけで貧血予防はできません

悪性貧血はビタミンB12や葉酸(ビタミンBの仲間)の不足で起こります。
酸素を運ぶ役割をするヘモグロビンがうまく作られないのが原因のようです。この悪性貧血予防はこれらのサプリメントを摂取して、ヘモグロビンの生産量を上げてあげるのが最も効果的です。

いずれにしても貧血予防は栄養補給が大切ですから、マルチビタミンやビタミンB群サプリメントに、この貧血予防サプリメントを加えるのがお奨めです。

貧血予防サプリメント貧血予防サプリメント

4.貧血予防には鉄の吸収を考えたサプリメントを

貧血予防サプリメントに含まれる鉄や銅には、最も吸収しやすくするアミノ酸によるキレート処理が施されています。
キレートという処理は、単体のミネラルにアミノ酸やグルコン酸などの有機物を結合させることをいいます。
キレートしているミネラルとしていないミネラルでは、吸収率が数10倍も違うことも珍しくありません。キレートしてないサプリメントでは貧血予防は非常に難しくなると考えて良いと思います。

また、この貧血予防サプリメントには体内で赤血球を作るのに必要な、葉酸やビタミンB12などのビタミンB群や、ビタミンCサプリメント、ミネラルがすべて揃っていますので、貧血予防には最適のサプリメントです。

この貧血予防サプリメントを基本として、他の貧血予防 用のビタミンやミネラルを個別に摂ることでも、より効率よく貧血予防が可能になります。

ビタミンCサプリメントと葉酸、ビタミンB12のビタミン類は、骨髄の細胞分裂を活発にして、不足したヘモグロビンの生産を行います。
鉄と銅は吸収を良くするためにキレート処理を施しています。これらはヘモグロビンの材料となるミネラルです。

5.たんぱく質に関係する貧血予防

たんぱく質を大量に摂る方に起こりやすい貧血症状で、ビタミンB6の不足で起こる貧血症状があります。貧血予防にはタンパク質の摂取量を減らす必要がありますが、タンパク質も体を構成する重要な要素ですので、この貧血予防の場合には別の方法が採られます。

ビタミンB6は、タンパク質の合成やアミノ酸から別のアミノ酸を作り出す時に必要で、大量に、しかも偏ったタンパク質(アミノ酸スコアが100でないもの)を摂リ続けた場合に、欠乏がおこりやすいとされています。この種の貧血予防にはよく使われるビタミンB群です
ビタミンB6は、ヘモグロビンの合成にも使われるため、不足すれば貧血症状の原因ともなります。貧血予防にビタミンB群もお奨めです。

また、その他の貧血予防で、爪に直径1ミリ前後の白い斑点ができている方は、タンパク質の不足が考えられます。
酸素を体中に運ぶ赤血球は、大部分がタンパク質でできています。タンパク質が不足すると赤血球が不足し、貧血症状になります。貧血予防にはタンパク質が必要です。
もし、肉や魚などをキチンと食べているのに貧血症状に悩まされるのであれば、摂取したタンパク質が体の中でキチンと使われていない場合が考えられます。
これは、虚弱体質の人に良くみられる症状ですが、細胞内にあるタンパク質製造工場であるリボソームがうまく機能せず、免疫のタンパク質が必要量造れずに免疫機能が弱り、病気に侵されやすくなります。リボソームを活発に活動させて貧血予防をするには、朝鮮人参(高麗人参)が使われます。
このような虚弱体質と同じプロセスで、タンパク質不良による貧血症状も見られます。
多くの実験で、タンパク質製造機能を強化してやることで、貧血予防ができるケースがみられます。

朝鮮人参(高麗人参)は虚弱体質に効くとして、昔から使われてきた漢方薬です。
最近の研究で、朝鮮人参(高麗人参)に含まれるジンセノサイドがリボゾームを活性化して、摂り込んだたんぱく質をうまく使えるようにしてくれることが判ってきました。
アメリカでは、貧血予防に朝鮮人参(高麗人参)を使うケースが増えています。

また、パントテン酸とビタミンB6、葉酸の組み合わせは、タンパク質の合成に働きます。貧血予防したい方は多めに摂ってみてください。

エゾウコギはシベリアニンジンとも言われ、旧ソ連時代からロシアのオリンピック選手が体力強化のために使ってきたハーブです。
日本ではニンジンという名前がついていますが、厳密には朝鮮人参(高麗人参)とは別種に属します。
体の新陳代謝を活発にして細胞分裂を促し、赤血球の増産を助けて貧血予防をしてくれます。

同様にアルファルファも増血細胞の細胞分裂を促して、赤血球を増産してくれますので貧血予防で使われるハーブです。。
アルファルファはアメリカやヨーロッパでは良く用いられるハーブで、腸内環境の改善や美容効果も期待されています。

PABA(パラアミノ安息香酸)は、ビタミンB群の1つですが、たんぱく質の分解と合成の際に補酵素(コエンザイム)として機能します。
不要になった赤血球は脾臓で分解され、必要な栄養素だけを再利用して、再び赤血球が作り出されます。
この赤血球の分解と合成がうまくいかないと、新しい赤血球がうまく作れずに貧血症状になります。PABAは赤血球の新生には必要不可欠ですので貧血予防には重要な物質です。

それぞれのタンパク質は、20種類以上のアミノ酸のブロックが決まった配列で並んで造られます。
バランスの良いたんぱく質を補給すれば、それだけたんぱく質を作りやすくなりますから、必須アミノ酸サプリメントは貧血予防したい方にお奨めです。

貧血予防サプリメント貧血予防サプリメント

6.貧血予防サプリメントによる栄養摂取を行うということ

貧血予防サプリメントを含めて当ショップの扱うすべてのサプリメントは、日本国と米国において、医薬品指定されているモノはありません。すべて食品という分類になります。
すべての栄養素を食事から摂取するということは、摂取カロリーの面からも無理があります。
アメリカでは、マルチビタミンを中心にして、自分に不足しているサプリメントをそれぞれ補うという方法が一般的です。
また、アメリカにおいてマルチビタミンの他に摂る栄養素として基本的なものは、カルシウム、亜鉛、ビタミンCサプリメント、ビタミンB、ビタミンEというものが多いようです。

もし、サプリメントを選ぶ段階で、ご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。
貧血予防サプリメント

7.栄養摂取によるキレイと元気

今の時代、ガンや生活習慣病が非常に増えてきています。あさひ生命の資料によると、平成5年と平成8年を比べてみると、ガンが最大で50%も増えています。
これは一体どういうことでしょうか?この原因については、その資料により明らかにされてはいませんが、 ストレスや化学物質などの影響が大きいのではないでしょうか?
ヒトはストレスや有害な化学物質に晒された時 たくさんの栄養素を必要とします
ストレスはビタミンB群やビタミンCサプリメント、亜鉛などを消耗しますし、環境ホルモンや農薬、食品添加物などを体外に排泄し無毒化するためには、亜鉛などたくさんのミネラルが必要です。
これらたくさんのビタミンやミネラルは、食事からの摂取では足りないと主張するアメリカの栄養学者も多いのです。
厚生労働省の示す所要量では、日本人に足りない栄養素はカルシウムと鉄だけになっていますが、これは、ヒトが欠乏症を起さない最低量に少しだけ上乗せした数字でみているからで、実際にヒトが健康に生きていくために必要な量は、FDAの示すRDAを基準とする方が、世界的なレベルでみて正しいと思われます。

8.貧血予防サプリメントでより高いキレイと元気を目指して

誰しも、サプリメントを摂るからには、その目的を成功させたいですよね?
この貧血予防サプリメントを摂取するのだってそれぞれの目的がありますよね。 また、どうせなら効果的にサプリメントを摂って貧血予防の効果を最大限に出したいと思うのが当たり前ですね。
サプリメントによる目的達成の効率を追求するためには、それなりの情報が必要です。
例えば、サプリメントを摂る場合、

  • アレルギーをなんとかしたい!
  • お肌の日焼け防止やシワ、シミをなんとかしたい!
  • 基礎代謝を上げてダイエットカロリーコントロールを成功させたい!
  • 便秘を改善したい!
  • ニキビを改善したい!

などの目的をお持ちだと思います。

もし、サプリメントを摂ってこれらの事を行いたいと思っている方は、より効果的にサプリメントを使うために、下のリンクをクリックして、アメリカの最新の翻訳情報を手に入れてください。
サプリメントの摂取を行う上で、情報で理論武装すると成功率は高くなります。

栄養学とサプリメント

貧血予防サプリメント貧血予防サプリメント

9.安全なサプリメント摂取のためのコンセプト

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

10.貧血予防サプリメントの使い方に関するお客様からのお問い合わせを載せている質問集です

貧血予防サプリメントの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、貧血予防サプリメントに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

PAGE TOP