カート ログイン
MENU

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)

商品名

商品NO10219海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)

商品概要

■成長ホルモンやアドレナリンの分泌を助け、基礎代謝アップに期待大! アミノ酸ダイエットと相性抜群!
■甲状腺ホルモンや成長ホルモンの分泌と深く関わり、冷え症や基礎代謝の鈍化を改善する効果が期待できます。
■偏食などでミネラル不足の現代人に、体内での化学反応を円滑にする必須栄養素をサプリでおすすめします。
ヨードサプリメントの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このヨードサプリメントのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m

1,922円 (税抜 1,780円 )

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)の詳しい説明

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)の容量

250錠

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)のサイズ

1個 17×6×6(㎜)

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)の成分

1錠中
海藻ヨード(ケルプ抽出):225mcg
(ケルプ42mg)

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)の摂取目安

1回1~2錠 1日1~2回 食後

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)に関する特記事項

・ヨードサプリメントはニキビの多い方やお子様のご使用はお控えください。
・ヨードサプリメントは甲状腺に病気をお持ちの方はご使用はお控えください。
・ヨードサプリメントはミネラルですので摂りすぎは過剰症や急性中毒を引き起こします。過剰摂取に気をつけてください。
・ヨードサプリメント摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
ヨードサプリメントの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

海藻(ケルプ)抽出ヨウ素(成長ホルモン&アドレナリンの分泌促進で脂肪燃焼)の取り扱いメーカー

カル社

はじめに

ヨードという海藻(ケルプ)に含まれるダイエット・ミネラルをご存知ですか?

ヨウ素サプリメントは成長ホルモンやアドレナリンの分泌を助け、基礎代謝アップの効果が期待されています。
ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)とアミノ酸ダイエットなどのダイエットサプリメントとの相性は最高です。

ヨウ素サプリメントに含まれるヨードは甲状腺ホルモンや成長ホルモンの分泌と深く関わり、現代病といわれる冷え性や基礎代謝の鈍化などを改善する効果が期待されています。

1.ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)に含まれるヨードは必須ミネラルの1つです

ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)に含まれるヨードを含めてミネラルは体内での化学反応を円滑にしてくれる必須栄養素です。
生物は水分を除いた全体重の97%が炭素や酸素、窒素、水素などの有機物を構成する要素でできていますが、3%ほどがミネラルとよばれる無機物からなっています。
現代生活では偏食やハウス栽培の野菜などの影響でこのミネラルの不足が懸念されています。
ヨウ素サプリメントに含まれるヨードは必須ミネラルのうちの1つで、甲状腺ホルモンや成長ホルモン、アドレナリンの分泌と深く関わり、現代病といわれる冷え性や基礎代謝の鈍化などを改善してくれるといわれています。

2.ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)の安全性について

ヨウ素サプリメントは医薬品ではなく食品です。
ケルプは海藻の一種でヨードを補給するための主要な食品といって良いと思います。ヨードは日常的にある程度の摂取量があるため安心して摂取できる栄養素です。
天然の素材から取れるヨードは非放射性ですのでヨウ素サプリメントは安心してご利用いただけます。
またヨウ素サプリメントは開発から15年以上を経過しているので、もしその間に何か問題が発生していた場合はアメリカのFDA(日本の厚生労働省に相当します)から 製造中止の警告を受けているはずで、その警告が出ていない現在ではヨウ素サプリメントの安全性は証明されたといって良いでしょう。

ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)

3.ダイエットと深く関わるヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)

ヨウ素サプリメントに含まれるヨードは甲状腺に集められて濃縮されていきます。このヨードを使い甲状腺ホルモンと呼ばれるチロキシンやトリヨードチロニンが作られます。
甲状腺ホルモンは成長ホルモンとアドレナリンの分泌を脳下垂体に促したり、基礎代謝アップに必要な熱生産に大きな影響を与えるため、ダイエットカロリーコントロールにとって必要なダイエットサプリメントです。

ヨウ素サプリメントと相性の良いダイエットサプリメントは、アミノ酸ダイエットや共役リノール酸(トナリンCLA)、カプサイシンなどがあります。
これらのダイエットサプリメントを使った脂肪燃焼ダイエットは次の項目で詳細をお届けします。

ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)

4.ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)で脂肪燃焼効果のあるアドレナリンの分泌

溜め込まれた脂肪をエネルギーとして使ってしまうためにはアドレナリンというホルモンの助けが必要です。
アドレナリンは脳で分泌されるのですが、そのために必要なのが甲状腺ホルモンです。甲状腺ホルモンはヨウ素サプリメントに含まれるヨードを濃縮して作られますので、アドレナリンの分泌にはヨードが必須です。
ヨウ素サプリメントがダイエットサプリメントと呼ばれるのはアドレナリンの分泌に関係するからなのです。

有酸素運動を行うと通常の場合はアドレナリンが分泌されます。しかし、運動不足の方が有酸素運動を行っても脂肪燃焼が十分に起こるほどのアドレナリンが分泌されることはありません。アメリカでは運動を伴うダイエットカロリーコントロールを始めたばかりの方たちが、ヨウ素サプリメントやカプサイシンを摂取して有酸素運動を行い、アドレナリンを分泌し効率よく脂肪燃焼を起こさせるダイエット方法が行われます。
せっかく辛い運動を行うのだから効率よく脂肪を燃焼させるダイエットサプリメントを摂取して効率よく痩せようという考えです。

アドレナリンが脂肪燃焼を起こす原理は以下の通りです。
アドレナリンは肩にある褐色脂肪細胞を刺激して脂肪燃焼リパーゼという脂肪の燃焼に関わるホルモンの分泌を促します。
この脂肪燃焼リパーゼが血流によって全身に分布する白色脂肪細胞に運ばれ白色細胞を刺激して、溜め込まれた脂肪が遊離脂肪酸という脂肪酸に変えられて血液中に放出されます。遊離脂肪酸は筋肉組織が直接使うことができる脂肪酸で、白色脂肪細胞から遊離脂肪酸が放出された時にはじめて体の脂肪が減ったといえるのです。
この遊離脂肪酸が血流よって筋肉細胞に運ばれて取り込まれます。遊離脂肪酸は体温を維持するための熱エネルギーや筋肉を動かすためのエネルギーとして使われます。

子供が太り難い体質を維持できるのは、この褐色脂肪細胞の数が大人の3倍ほどあり、活動が活発で脂肪燃焼リパーゼがたくさん作られるからだといわれていますが、大人になるとアドレナリンの分泌が減り褐色脂肪細胞の活動が鈍くなるので、脂肪燃焼しにくくなって太りやすくなるといわれています。
ヨウ素サプリメントやカプサイシンなどのダイエットサプリメントを摂って、アドレナリンをたくさん分泌させて褐色脂肪細胞を常時刺激することによって、脂肪燃焼しやすい体質になることが可能であるといわれています。

5.ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)で更に脂肪燃焼を促す成長ホルモンの分泌

脂肪燃焼にとってアドレナリンと同じように重要な働きをするのが成長ホルモンです。

成長ホルモンはアドレナリンと同様に肩の褐色脂肪細胞を刺激して脂肪燃焼リパーゼをたくさん作る効果が期待されています。
アメリカでは成長ホルモンの分泌を助けるとしてヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)に含まれるヨードをダイエットに取り入れる方が多いようです。やはり甲状腺ホルモンが脳下垂体を刺激して成長ホルモンの促すのは先にご説明したアドレナリンの分泌と同じです。

成長ホルモンの材料としてはアミノ酸のアルギニンが有名ですが、アミノ酸ダイエットに含まれるオルニチンやリジンも脳下垂体に取り込まれて成長ホルモンの材料となります。ヨウ素サプリメントで甲状腺ホルモンの分泌を上げると同時に成長ホルモンの材料を補給することで効率よく成長ホルモンの分泌を促すことが可能です。

成長ホルモンはアドレナリンよりも脂肪燃焼リパーゼの分泌を促す効果が強く、その有効期間も長いといわれています。成長ホルモンが分泌されると、その後2時間くらいは褐色脂肪細胞が脂肪燃焼リパーゼを作り続けます。

6.甲状腺ホルモンの分泌は基礎代謝カロリーを上げて冷え性を改善

冷え性は原因がいくつかに分かれます。

  • 甲状腺機能の低下
  • 成長ホルモンやアドレナリンの分泌低下による末端での脂肪燃焼の低下
  • 血流(血行)の低下

まずは甲状腺機能低下が原因の冷え性について
冷え性とヨウ素サプリメントの関係は深く、甲状腺ホルモンが作られないために甲状腺の機能が鈍り熱生産が下がって冷え性となるケースが多く確認されています。ヨウ素サプリメントが甲状腺ホルモンの材料となるので、ヨウ素サプリメントを摂ることで基礎体温が上がったり、冷え性が改善する効果が期待されています。
より効率よく冷え性を改善するのであれば、甲状腺ホルモンの分泌を促す甲状腺刺激ホルモンの分泌を上げる必要があります。甲状腺刺激ホルモンに似た働きを持つ物質がアルファルファの中に含まれていることが確認されており、アルファルファの摂取で甲状腺ホルモンの分泌が高まる効果が期待されています。
冷え性の原因の1つですが甲状腺ホルモンの分泌もおすすめです。

前の項目でも書いていますが、成長ホルモンやアドレナリンは脂肪燃焼を促すために必要です。冷え性の原因の1つにはアドレナリンや成長ホルモンの分泌が鈍いために末端までに脂肪燃焼リパーゼが届かずに、末端での脂肪燃焼が起こりにくくなって手足の熱エネルギーの生産が少なくなっているケースも報告されています。
脂肪燃焼リパーゼが十分に作られれば、血流によって全身に運ばれて遊離脂肪酸が作られて熱生産が起こり、冷え性の改善効果が期待できるのです。脂肪燃焼に必要なダイエットサプリメントを摂取することで冷え性の改善効果が期待できる体質の方も多いそうです。

血行(血流)の不良が起こす冷え性について
熱生産の多くは内臓などの胴体で起こることが多く、胴体で温められた血液が血流によって手足などの末端に運ばれることが判っています。冷え性の方の多くが手足への動脈が細くなっていたり、手足の毛細血管が細くなっていることで血流が悪くなっているようです。手足の血流が悪いために温められた血液が手足の先に届かないだけではなく、肩で作られた脂肪燃焼リパーゼが手足の先に届かずに末端での脂肪燃焼が起こりにくくなって冷え性になることも多いのです。
アメリカの女性に下半身ダイエット(下半身痩せ)が出来るとして人気のあるコエンザイムQ10(CoQ10)は、手足の動脈を太くして血流改善効果が期待できます。また、いちょう葉エキスやビオチンなどは毛細血管を太くする効果が期待されていますので末端の血行(血流)を上げる効果が期待できます。
血流には血液の粘度も関係しますのでドロドロ血の方ほど血流が悪くなります。太っていたり、コレステロールや中性脂肪などの血中脂質が多い方はドロドロ血になっている可能性が高いのでEPA(オメガ3)やググルを摂取してサラサラ血に改善してください。

冷え性の方の体質は上記の3つの原因が重なっていることが多いので、サプリメントによる改善をおすすめします。

ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)

7.ヨードの役割と不足によって起こること

以下に書いてあるヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)に含まれるヨードの情報は、アメリカでの多くの実験を情報源として書いています。

ヨウ素サプリメントの役割

  • 甲状腺ホルモンの分泌を促し体温や脈拍の調整をする
  • 成長ホルモンの分泌によりお肌のコンディションを整える(シワ・シミの予防 肌荒れの改善)
  • 脂肪燃焼で基礎代謝アップ
  • 子供の成長促進
  • ヘアケアやネイルケア。歯を丈夫にする。

ヨードが不足すると

  • 甲状腺機能が弱り冷え性になる
  • 性欲減退
  • 低血圧
  • 高脂血症(コレステロールと中性脂肪)
  • 疲労感
  • 貧血

8.ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)はどの様なサプリメントと相性がいいの?

ヨウ素サプリメントに含まれるヨードが甲状腺ホルモンの材料になりますので、この甲状腺ホルモンを分泌させるのに必要な甲状腺刺激ホルモンを分泌するアルファルファとの併用が大切です。
ヨードの特性を考えた場合、コエンザイムQ10(CoQ10)や白柳の皮にも同様の効果が期待できます。
ヨードはホルモンの分泌に関わりますのでホルモンの分泌を促すカルシウムや亜鉛、マンガンなどを摂る事で更にホルモンの分泌が活発になるでしょう。
基礎代謝を活発にするためにマルチビタミンとヨードの併用をおすすめします。
成長ホルモンの材料になるアミノ酸ダイエットはヨウ素サプリメントとは切っても切れません。アミノ酸ダイエットで成長ホルモンの材料を補給し、甲状腺ホルモンで脳下垂体を刺激するという図式からいうと必須といっても良いと思います。
また作られた遊離脂肪酸をうまく筋肉に運ぶコリンとイノシトールや作られた遊離脂肪酸が元の脂肪に再変換されないようにする共役リノール酸(トナリンCLA)もお薦めです。

それぞれ効果の違うサプリメントを上手に組み合わせることで 効率の良いダイエットカロリーコントロールや冷え性の改善効果などが期待できます。

ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)

9.ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)によるダイエットや冷え性改善を行うということ

ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)を含めて当ショップの扱うすべてのダイエットサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているモノはありません。すべて食品という分類になります。
ダイエットサプリメントというものは、ご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者がそれぞれの太る原因を追究し、その太る原因に合ったダイエットサプリメントを選ぶことで、効率よくダイエットカロリーコントロールが可能になります。

  • 基礎代謝が鈍っている方には基礎代謝を上げるダイエットサプリメント
  • 食べ過ぎの方にはカロリー吸収抑制サプリメントや、ガルシニアなどの食欲抑制サプリメント
  • 運動を伴うダイエット方法を行う方には、より多くの脂肪の燃焼を促すダイエットサプリメント

などが挙げられます。ご自身の状況に照らし合わせて、お選びいただければと思います。

もし、ダイエットサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)

10.ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)でより高い美容と健康を目指して

誰しも、ダイエットカロリーコントロールを行うからには、成功したいですよね?
また、どうせ行うのなら効果的に行いたいと思うのが当たり前ですね。
そのためにこそダイエットサプリメントというものがあるのですが、もっともっとダイエットカロリーコントロールを効果的に行うためには、それなりの情報が必要です。

  • ダイエットカロリーコントロールを行う上で運動をしたくない方は軽い鬱症状になっている。そこでセントジョーンズワートやオクタコサノールを摂ることで運動を積極的に行いたくなる。
  • ウォーキングやジョギング、水泳などを行う前に、1~3分ほどの腕立て伏せや腹筋、スクワットをするだけで、脂肪の燃焼が数倍高くなる。
  • アメリカのオリンピック級の運動選手は、アメリカのオリンピック委員会から、スタミナをつけるためにピルビン酸というダイエットサプリメントを摂取するように指導されている。(脂肪の燃焼が良くなりスタミナがアップする。)

など様々な情報が挙げられます。
もし、ダイエットサプリメントを摂ってダイエットカロリーコントロールを行いたいと思っている方は、より効果的にダイエットサプリメントを使うために、下のリンクをクリックして、アメリカの最新のダイエットサプリメントの情報を手に入れてください。
ダイエットカロリーコントロールを行う上で、情報で理論武装するとダイエットカロリーコントロールの成功率は高くなります。

栄養学とサプリメント

11.安全なサプリメント摂取のためのコンセプト

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

12.ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)の使い方に関するお客様からのお問い合わせを載せている質問集です

ヨウ素サプリメント(ヨードサプリメント)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、ヨウ素サプリメントに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

PAGE TOP