カート ログイン
MENU

低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)

商品名

商品NO10225低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)

商品概要

■食べてしまったカロリーをなかった事に! 脂肪の消化を邪魔してダイエットカロリーコントロールを!
■成人女性の平均的な一日の摂取カロリー2000カロリーのうち、2/3の吸収を邪魔してくれます。
■究極のラクチンダイエットを実感してみませんか?
低脂肪ダイエットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪この低脂肪ダイエットのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m

3,650円 (税抜 3,380円 )

低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)の詳しい説明

低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)の容量

60カプセル

低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)のサイズ

1個 20×7×7(㎜)

低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)の成分

1錠中
カワラケツメイ(Cassia Nomame):200mg

低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)の摂取目安

1回1~2錠 1日1~3回 食事の途中や食直後に

低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)に関する特記事項

・以下の方は低脂肪ダイエットのご使用をお控え下さい。
妊娠中、授乳中の方。
・以下のサプリメントとの併用は4時間以上空けてください。
共役リノール酸ダイエット
月見草オイルや新EPA+DHAなどの脂肪酸サプリメント
脂溶性ビタミン(ビタミンE、ビタミンAなど、マルチビタミンを含みます。)
・低脂肪ダイエット(低カロリーダイエット)の摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【お得なセット商品のお知らせ】
低脂肪ダイエット(低カロリーダイエット)を含むお得なセットです。
カロリー吸収防止型ダイエット・割引セット
低脂肪ダイエットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

低脂肪ダイエット(脂肪の吸収を1/3にする)の取り扱いメーカー

ナチュラルマックス社

はじめに

低脂肪ダイエットが食べたカロリー無しにします!
低脂肪ダイエットで食べた脂肪の消化を邪魔して痩せるダイエットカロリーコントロールを実感してみませんか?

楽なダイエット方法なので成功率が高いそうですよ。
最近の食事ではカロリーとして計算される3大栄養素(たんぱく質 炭水化物 脂質)のうち、脂質が30~50%を占めているといわれていますので、成人女性の平均的な1日の摂取カロリーを2000カロリーとした場合、600~1000カロリーの2/3吸収しないようにしてくれるわけですから、低脂肪ダイエットは1日あたり400~650カロリーの脂質の吸収を抑えてくれるのです。

1.低脂肪ダイエット理論をご存知でしょうか?

ファットブロッカー理論というダイエット方法がアメリカで研究されています。日本語に訳すと脂質制限理論(低脂肪ダイエット理論と訳します。)
低脂肪ダイエット理論(低カロリーダイエット)とは簡単にいってしまうと、食べてしまった脂肪(食事に占める脂質の割合は30~50%といわれています)の分解を邪魔して腸から吸収できないようにするダイエット方法に関する理論です。
その低脂肪ダイエット理論に基づいて開発されたダイエットサプリメントが低脂肪ダイエットです。

低脂肪ダイエットには豆類であるカワラケツメイが使われています。
低脂肪ダイエット(低カロリーダイエット)というダイエットサプリメントの機能であるリパーゼインヒビターは、すい臓から分泌される膵液に含まれるリパーゼ酵素の働きを抑制して脂肪の分解と吸収をブロックする物質のことを指します。

最近の日本人の食事ではカロリーとして計算される3大栄養素(たんぱく質 炭水化物 脂質)のうち、脂肪が30~50%を占めているといわれています。洋食化が進んできている日本もアメリカ人が悩んでいる摂取カロリーの過剰という問題に気付き始めているのではないでしょうか?。 成人女性の平均的な1日の摂取カロリーを2000カロリーとした場合、600~1000カロリーの2/3を吸収しないようにしてくれるわけですから、低脂肪ダイエットは1日あたり400~650カロリーの脂肪の吸収を抑えてくれるのです。

低脂肪ダイエット低脂肪ダイエット

2.低脂肪ダイエットが油の消化の邪魔をする!?

最近のアメリカでは、食べた食物を吸収しないようにするタイプのダイエットサプリメント(低脂肪ダイエットやファセオラミン、低カロリーダイエット、キトサン)に人気が出てきています。
ダイエットカロリーコントロールをする場合、大まかに分けて3つのダイエット方法があり、これらのダイエット方法を単独でもしくは併用しながらダイエットを行えば効率よくダイエットできるわけです。

【1】溜まった脂肪の燃焼を促す。(詳しい脂肪燃焼サプリメントはこちら。)
【2】摂ってしまったカロリーを脂肪に換えないでエネルギーとして使ってしまう。(アルファリポ酸やクロムサプリメント(クロミウム))
【3】食べ物に含まれる脂肪や炭水化物の吸収を抑制して体外に排泄してしまうダイエット(低炭水化物ダイエットや低脂肪ダイエットなどの低カロリーダイエット)

この低脂肪ダイエット理論に基づく低脂肪ダイエットは【3】の効果が期待できます。
低脂肪ダイエットに含まれている豆類カワラケツメイ(ケツメイシの一種)には、リパーゼインヒビターという機能があり食物に含まれる脂肪の半分以上を吸収しないようにしてくれます。ファーストフードやケーキ類、インスタント食品などが好きな方は是非、低脂肪ダイエット(低カロリーダイエット)をおすすめします。

低脂肪ダイエット

3.低脂肪ダイエットのメーカー実験では

メーカーは実験期間を1ヶ月として10人を対象に低脂肪ダイエットの実験を行ないましたが、平均すると3kgの体重減。4人に限って言えば6kg以上の減量に成功しています。
つまり低脂肪ダイエットを食事に使い脂肪が消化できなければ、カロリーの吸収量が減るわけですから、食事をしても低カロリーで済んでしますのです。
実際に低脂肪ダイエットを使用してみると、脂質が吸収されなかったために便の中に脂肪が残り便が軟らかくなっていることがわかります。

4.低脂肪ダイエットで食欲抑制

低脂肪ダイエットは脂肪の吸収を抑制することで、脂肪の吸収に非常に時間がかかるために1回の食事が長時間にわたって満腹感をもたらします。この事は食欲抑制にもつながるといわれています。アメリカでは低脂肪ダイエットにガルシニアHCAや低炭水化物ダイエットを併用して食欲抑制にも使っている方が多いようです。

低脂肪ダイエット低脂肪ダイエット

5.低脂肪ダイエットはどういうダイエットサプリメントと相性がいいの?

低脂肪ダイエットを使う場合に更に脂肪の吸収を抑制を促すには、食物繊維の併用がお勧めです。
低脂肪ダイエットはアルファルファやキトサンなどを併用することで、食物繊維に脂肪が絡め取られて更に脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

また善玉菌であるアシドフィルス菌は腸内を通過する吸収されていない栄養素を餌にして増えることがわかっており、吸収されるはずの栄養素の10~20%を消費してくれますので、上手にダイエットカロリーコントロールができて、更に脂肪の吸収を抑制してくれます。
善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)によるダイエットカロリーコントロールはアメリカでも多く行われており、摂取カロリーを使い切ってしまうダイエット方法だけではなく、腸内環境の改善により基礎代謝アップを図ることでダイエットが可能になります。
腸内を脂肪ができるだけ早く通過すれば脂肪の吸収を抑制できますので、食物繊維によって定期的に腸内環境を整えてやることも効果的です。

当ショップには ファセオラミンという食事による炭水化物の吸収を抑制するものがありますので、低脂肪ダイエットをこの商品と併用することで1日の摂取カロリーのうちの2/2を体外に排泄することが可能です。
極端な食事制限を伴わないダイエットは長期にわたり続けることが可能ですので低脂肪ダイエットでダイエットの成功率も高くなります。

アメリカンビタミンショップの提唱します脂肪燃焼ダイエットや脂肪燃焼ダイエット・割引セット2などの基礎代謝を引き上げるダイエットサプリメント群と低炭水化物ダイエットを一緒に使用すると、より効果的にダイエットすることが可能です。このセット商品は上記のダイエット方法の【1】に相当します。
低カロリーのダイエットを目的としたセットもご用意しております。

また【2】に必要な体内での糖分と脂質の代謝に必要なサプリメントは、アルファリポ酸(αリポ酸)、ビタミンB群、クロムサプリメント(クロミウム)やコエンザイムQ10(CoQ10)などがあります。

6.低脂肪ダイエットによるダイエットカロリーコントロールを行うということ

低脂肪ダイエットを含めて当ショップの扱うすべてのダイエットサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているモノはありません。すべて食品という分類になります。
ダイエットサプリメントというものは、ご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者がそれぞれの太る原因を追究し、その太る原因に合ったダイエットサプリメントを選ぶことで、効率よくダイエットが可能になります。

  • 基礎代謝が鈍っている方には基礎代謝を上げるダイエットサプリメント
  • 食べ過ぎの方には低カロリーダイエットや、ガルシニアHCAなどの食欲抑制サプリメント
  • 運動を伴うダイエットカロリーコントロールを行う方には、より多くの脂肪の燃焼を促すダイエットサプリメント

などが挙げられます。ご自身の状況に照らし合わせて、お選びいただければと思います。

もし、ダイエットサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

低脂肪ダイエット

7.低脂肪ダイエットでより成功率の高いダイエット方法を目指して

誰しも、ダイエットカロリーコントロールを行うからには、成功したいですよね?
また、どうせ行うのなら効果的に行いたいと思うのが当たり前ですね。
そのためにこそダイエットサプリメントというものがあるのですが、もっともっとダイエットを効果的に行うためには、それなりの情報が必要です。

  • ダイエットカロリーコントロールを行う上で運動をしたくない方は軽い鬱症状になっている。そこでセントジョーンズワートやオクタコサノールを摂ることで運動を積極的に行いたくなる。
  • ウォーキングやジョギング、水泳などを行う前に、1~3分ほどの腕立て伏せや腹筋、スクワットをするだけで、脂肪の燃焼が数倍高くなる。
  • アメリカのオリンピック級の運動選手は、アメリカのオリンピック委員会から、スタミナをつけるためにピルビン酸というダイエットサプリメントを摂取するように指導されている。(脂肪の燃焼が良くなりスタミナがアップする。)

など様々な情報が挙げられます。
もし、ダイエットサプリメントを摂ってダイエットカロリーコントロールを行いたいと思っている方は、より効果的にダイエットサプリメントを使うために、下のリンクをクリックして、アメリカの最新のダイエット情報を手に入れてください。
ダイエットを行う上で、情報で理論武装するとダイエットの成功率は高くなります。

栄養学とサプリメント

低脂肪ダイエット低脂肪ダイエット

8.安全なサプリメント摂取のためのコンセプト

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

9.低脂肪ダイエットの使い方に関するお客様からのお問い合わせを載せている質問集です

低脂肪ダイエットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、低脂肪ダイエットに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

PAGE TOP