カート ログイン
MENU

ビタミンB群100mgタイムリリース

商品名

商品NO10115ビタミンB群100mgタイムリリース

商品概要

■体が脂質や炭水化物、タンパク質を使うのに必須のビタミンB群をひとまとめに! ■ビタミンBは共同で働くので、一種類でもかけるとダイエットやスキンケア商品としての効果が薄れてしまうのです! ■多くの栄養学者が美容と健康のためにビタミンCよりも重要だと考える、絶対欠かせない栄養素です!
ビタミンB群の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このビタミンBのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m

2,138円 (税抜 1,980円 )

ビタミンB群100mgタイムリリースの詳しい説明

ビタミンB群100mgタイムリリースの容量

60錠

ビタミンB群100mgタイムリリースのサイズ

ビタミンB群100mgタイムリリースの成分

1錠中
コリン:100mg
イノシトール:100mg
PABA:100mg
ビオチン:100mcg
葉酸:400mcg
パントテン酸:100mg
ビタミンB12:100mcg
ナイアシン:100mg
ビタミンB6:100mg
ビタミンB2:100mg
ビタミンB1:100mg
その他の天然成分(パセリ,米糠,クレソン,アルファルファ,レシチン)25mg

ビタミンB群100mgタイムリリースの摂取目安

1回1錠 朝食後と夕食後
ビタミンBは水溶性のため尿と一緒に排泄されますがタイムリリース機能が付いているのでビタミンB群50mgより少ない摂取回数で大丈夫です。

ビタミンB群100mgタイムリリースに関する特記事項

・ビタミンBの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
ビタミンB群の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

ビタミンB群100mgタイムリリースの取り扱いメーカー

カル社

はじめに

ビタミンB群は体が脂質や炭水化物、タンパク質を使うのに必須のビタミンです。

ビタミンBは共同で働くので全部の種類が入っている必要があるのを知っていますか?
ビタミンBが1種類でも欠けるとダイエットカロリーコントロールの効果やスキンケア商品の効果が薄れてしまいます。

ビタミンB群は健康と美容を維持するために絶対欠かせない栄養素です。
アメリカの多くの栄養学者はビタミンCよりも重要だと考えています。

ビタミンB12を貧血で使う場合はこちらをご覧下さい。

1.ビタミンBはビタミンCよりも重要!? ダイエットの必需品です

ビタミンBは健康に生きていく上で絶対欠かせない栄養素です。ビタミンBは3大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物の代謝(体がそれぞれの栄養素をうまく使うこと)に関係しますので、アメリカの多くの栄養学者は健康と美容をサプリメントの薬理学的効果で維持していく場合、ビタミンCサプリメントよりも重要だと考えています。
実際にビタミンBは優秀なダイエットサプリメントとして人気がありますし、様々なダイエットサプリメントと組み合わされて使用されています。

例えばビタミンBは体を作るためのタンパク質の合成に関係しますので、ビタミンBが欠乏すればタンパク質をうまく作れずに肌のトラブルを起こしたり、血管障害などで痣ができやすくなったり、免疫力が落ちるなどの健康と美容でのトラブルが起こりやすくなります。
コラーゲン(バネ状のタンパク質)を作って組織を丈夫にするためにはビタミンBの摂取と併せてMSMの摂取もより高い効果が期待できます。

ビタミンBは脂質の代謝に関係するダイエットサプリメントで、ビタミンBが不足すると脂肪を溜め込みやすくなり、厳しいダイエットカロリーコントロールが必要になったり、肥満を引き起こしたり、高脂血症を引き起こしたりするといわれています。
脂肪燃焼を促すためにはビタミンBに併せてカルニチンやコエンザイムQ10(CoQ10)なども高い効果が期待できます。

ビタミンBは炭水化物の代謝にも関係する優秀なダイエットサプリメントです。日本人はカロリーの多くを炭水化物から摂取していますが、この炭水化物はビタミンBが不足すると上手にエネルギーに変換されず消費することができず太りやすくなることが判っています。
ビタミンBやアルファリポ酸(αリポ酸)が体内に十分あれば炭水化物を体がエネルギーとして使うことができるため、ダイエットサプリメントとしての効果が期待できるとしてアメリカでは人気があります。

ビタミンBはマグネシウムが不足することで酵素の生産が落ちてブドウ糖代謝(炭水化物代謝)や脂質代謝、タンパク質代謝の活動が鈍ります。ビタミンBを摂られている方はマグネシウム(にがりダイエット)を一緒に摂取してビタミンBのダイエットサプリメントとしての効果を高めることをおすすめします。

2.ビタミンBはバランスが命

ビタミンBのサプリメントを選ぶ時には、ビタミンB1からビタミンB12までのバランスが非常に大切であるといわれています。ビタミンBは主なもので6種類ありますが、そのビタミンBの中から1種類でもビタミンBが欠けたり、1種類でもビタミンBの量が不足していると、その不足するビタミンBの量に合わせてしか他のビタミンBが働かなくなってしまいます。
つまりビタミンBのサプリメントを選ぶ場合は、以下のビタミンBが十分に入っているかどうかを確認してください。(ただし、ビタミンB12は単位は違っています。)

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB3(ナイアシン)
  • ビタミンB5(パントテン酸)
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12

日本製のビタミンBは、ビタミンBの配合バランスが悪いものもありますのでご注意下さい。
ビタミンBは排泄されるスピードが速く、血中濃度を保つのが難しいので1日3~4回摂取できるように50mgの内容量を含むビタミンBサプリメントを商品として採用しました。
ビタミンBは食後に摂取することで排泄速度を遅くすることができますので、摂取は必ず食後でお願いします。

ビタミンBやビタミンCサプリメントは水溶性の性質を持つビタミンなので多少多めに摂取しても排泄されてしまうので安心です。(ビタミンB6とPABA、ナイアシンの摂取量は1日300mg以下が理想です。)

ビタミンB

3.疲労回復したい方はビタミンBを摂ってみてください

慢性疲労症候群などの疲労の原因は病気が原因のものやビタミンBなどの栄養不足が原因のもの、カロリー消費の不調が原因のものなど様々な原因が考えられますが、病気が原因でなければビタミンBの不足による炭水化物や脂質の代謝異常の可能性があります。また、カロリー消費の不調の疲労回復にはアルファリポ酸やカルニチン ピルビン酸などがおすすめです。

ビタミンBが不足することで炭水化物や脂質がうまくエネルギーに変換できないと、乳酸などの疲労物質が筋肉などにたまり筋肉疲労を起こすこともあります。夜寝ても休んでも疲労回復を図れないときはビタミンBの不足やカルニチンの不足を疑ってみてください。

ビタミンBビタミンB

4.メガビタミン主義という考え方でいくとビタミンB

メガビタミン主義とは、健康や美容に関して今までのように病気になったら病院に行くという消極的な考え方ではなく、自分の健康は自分で守ろう、歳相応の最高の健康状態を維持していこう(オプティマルエイジングといいます)という考え方から出発して辿り着いた1つの解決策であるといえます。
そのメガビタミン主義の中で中心的な存在が今ではマルチビタミンやビタミンCサプリメントなどのサプリメントなのです。
1970年代からオプティマルエイジングの解決策を求めて調査・研究を積極的に推し進めてきた機関が米国上院議院と米国食品医薬品局で、各大学、各企業、各研究所などが協力し健康と美容を維持するための方法としてメガビタミン主義という形で結実したのです。
アメリカでは医療費が大きな負担になる国ですので健康に関しては非常にシビアな国です。
1970年代からメガビタミン主義に則ってビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取し、多くの健康的な問題を解決してきたアメリカで最も販売数の多い栄養素がビタミンCサプリメントやビタミンBです。

メガビタミン主義という考えでいくとビタミンBは一日で100mg~200mgの摂取量で常に体内に取り込まれていることが理想とされています。ビタミンBはいくら摂取しても体内に貯めておくことができず、空腹時の摂取では3~4時間で体外に排出されてしまいます。
こまめなビタミンBの摂取でサプリメントの薬理学的効果を期待して下さい。

5.脂性や乾燥肌、敏感肌はビタミンBの不足が原因!?

ビタミンBはタンパク質や脂質、炭水化物の代謝に必要で、不足すれば薄毛や肌のトラブルの原因ともなります。
ビタミンBの仲間であるビオチンやPABAは毛髪や肌の新陳代謝を活発にしますし、葉酸も毛母細胞の分裂には欠かせないビタミンです。

乾燥肌についてはアメリカでスキンケアの研究がかなり進んでおり、様々なことが判っています。(EPA DHAのページに詳しく説明してあります。)
乾燥肌の根本的な原因はお肌の基底細胞(角質層を作る細胞)の上部で分泌されるEPAとヒアルロン酸の分泌不足が関係します。特にEPAの分泌不足が乾燥肌をひどくさせるのですが、このEPAはお肌の油分の調整もしている必須脂肪酸です。EPAは日本人の平均的な食事から摂取できる量では十分ではないため、体内でビタミンBを使って別の必須脂肪酸から作り出しているのですが、多くの方がビタミンBの不足で十分な量のEPAを作り出せていないということが判っています。
EPAとヒアルロン酸は角質層を作る部分で分泌されると水分と混ざって乳液状のノリのような物質を作ります。このノリが角質層と角質層の間に塗り込められて角質層が剥がれないように繋ぎとめておく役割をするのですが、乾燥肌の方はノリが十分に作られていないため角質層が剥がれやすく、皮膚が薄くなってしまっている方が多いそうです。角質層が薄いと生まれたばかりの瑞々しい角質層から水分が蒸発しやすくなります。
またEPAとヒアルロン酸と水が混ざった乳液状の物質は、ただの水分や水分とヒアルロン酸が混ざったゼリー状の物質よりも水分が蒸発することが少ないために、乾燥肌を改善するのにはビタミンBを十分に補給していかにEPAを作り出して、(あるいはEPAサプリメントとして補給して)この乳液状の物質を十分に作れるかにかかっていると言って良いでしょう。

敏感肌というのは乾燥肌の極端になったケースですので、まずはビタミンBの補給とEPAの補給を3ヶ月~1年ほど行うことで乾燥肌の改善を行ってみてください。そうすれば敏感肌も徐々に改善の効果が現れてくると思います。

顔のTゾーンが脂っぽくなってしまう脂性肌の原因はいくつかありますがビタミンBの不足の可能性があります。ビタミンBは脂質の代謝に関係しますのでビタミンBが不足すると脂性になりやすくなります。もちろん脂性はビタミンBの不足だけが原因ではなく男性ホルモンの影響を強く受けたり(男性の脂性肌に多い原因)、角質層が必要以上に剥がれやすくてお肌が弱かったり(女性の脂性肌に多い原因)することでも起こります。

乾燥肌で脂性肌という体質も少なくありません。
乾燥肌はお肌の油分(EPA)が不足で、脂性肌は油分の過剰ということから考えると矛盾するのですが、脂性肌の油分というのはEPAではなく、主にアラキドン酸という脂肪酸です。
ビタミンBが不足したりEPAやヒアルロン酸が皮膚の基底細胞の下でうまく分泌できないと、角質層が弱くなり皮膚が薄くなるのでお肌を守るためにアラキドン酸が多く皮脂腺から分泌されます。つまり乾燥肌で皮膚が薄い方は脂性肌にもなりやすいのです。
乾燥肌や敏感肌、脂性肌の方はビタミンBをサプリメントとして日頃から補給することで、お肌の正常化を図っていただきたいと思います。

ビタミンBは体がタンパク質をうまく使えるようにしますので、お肌を守る免疫細胞を活発化させてお肌の自然治癒力も高まりますので健康的な美しいお肌を作るのにも役立ちます。
お肌の健康を維持するためにビタミンBと一緒に摂取するとスキンケアの効果が期待できるサプリメントをご紹介します。これらのサプリメントはアメリカ人女性がスキンケアのベースサプリメントとして利用している人気サプリメントです。

  • ビオチンでお肌の血流アップ
  • EPA(オメガ3)でお肌の油分調整と健全なお肌作り
  • MSMで十分な量のコラーゲンを体内で作って強いお肌を作る

ビタミンBビタミンB

6.ビタミンBが精神のビタミンといわれる理由

ビタミンBの摂取により糖代謝を活発にすることで、集中力を高め精神を安定させ健康な精神状態を保ちストレスに打ち勝ちます。
ビタミンBが足りなくなると記憶力や集中力の低下が起こりアルツハイマー病や他の痴呆症になりやすくなるといわれています。アメリカではストレス対策に能力開発の面でのサプリメントも人気があります。

ストレスの強い状況下ではビタミンBやビタミンCサプリメントを大量に消費します。精神的なストレスがかかっている時には大量のビタミンBとビタミンCの補給を行うことで改善する例が多くあります。
日頃から強いストレスに晒されている方にはビタミンBやビタミンCサプリメントの他にオクタコサノールやセントジョーンズワートの摂取もストレス解消効果が期待できるとして人気があります。

7.個々のビタミンBの特徴

ビタミンBに含まれる栄養素について解説します。

  • ビタミンB1
    成長の促進に関係するビタミン
    神経系を正常に保ち精神のビタミンといわれる
    筋肉と心臓を正常に保つ
  • ビタミンB2
    口内炎を防ぎ爪 髪 皮膚の健康を保つ
    成長と生殖機能に関係するビタミン
    視力に関係し眼精疲労を改善する
    炭水化物 タンパク質 脂質を上手に使うのに必要
  • ナイアシン
    血流に関係する
    コレステロールや中性脂肪を減らす
    神経系と脳の健康に必要
    皮膚を正常に保つ
  • パントテン酸
    副腎皮質の健康に必要(抗アレルギーホルモンの分泌)
    細胞の正常な成長を促し傷の治りを早める
    皮膚を正常に保つ
    疲労回復
    糖分や脂肪をATP(エネルギー)に変換する
  • ビタミンB6
    タンパク質 脂質を上手に使うのに必要
    神経系を正常に保つ
    皮膚を正常に保つ
    手足の痺れや痙攣を防ぐ
  • ビタミンB12
    赤血球を作りある種の貧血予防をする
    血液を多くして肌の色を健康に見せる
    子供の成長を促す
    炭水化物 タンパク質 脂質を上手に使うのに必要
    集中力を高め記憶力を良くする
    精神のビタミンと呼ばれアルツハイマーの危険を下げる
  • ビオチン
    皮下の血流を上げて皮膚の健康を保つ
    爪や髪の健康を保つ
    タンパク質 脂質を上手に使うのに必要
    炎症体質を改善しアレルギーを改善する
  • 葉酸
    赤血球を作りある種の貧血予防をする
    胎児の神経を作る 妊婦に必須の栄養素
    タンパク質を上手に使うのに必要
    細胞分裂を促す
  • PABA
    日焼けを防ぐ
    皮膚の健康を保つ
    シワを防ぐ
    髪の健康を保つ
  • コリン
    脳内の記憶をつかさどる栄養素に変換される
    アルツハイマーの危険を下げる
    脂肪肝を防ぐ
    コレステロールを減らす
  • イノシトール
    脳内の記憶をつかさどる栄養素に変換される
    脂肪肝を防ぐ
    コレステロールを減らす
    髪の健康を保つ

ビタミンBビタミンB

8.ビタミンBによる栄養摂取を行うということ

ビタミンBサプリメントを含めて当ショップの扱うすべてのサプリメントは日本国と米国において医薬品指定されているモノはありません。すべて食品という分類になります。

アメリカで研究される栄養学は様々な栄養素の必要性を述べていますが、すべての栄養素を食事から摂取するということは事実上難しく、摂取カロリーの面や栄養バランスの面から見ても無理があります。そこで、マルチビタミンを中心にして自分に不足している栄養素をサプリメントで補うという方法がアメリカでは行われています。

アメリカではマルチビタミンの他に摂る基本的な栄養素としてはカルシウム、亜鉛、ビタミンCサプリメント、ビタミンB、ビタミンEというものが多いようです。

サプリメントを選ぶ時にご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして店長までご相談下さい。

9.安全なサプリメント摂取のためのコンセプト

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

10.ビタミンB群の使い方に関するお客様からのお問い合わせを載せている質問集です

ビタミンB群の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、ビタミンB群に関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

PAGE TOP