カート ログイン

システイン

商品名

商品NO10301システイン

商品概要

■肝臓に働きかけて体の中から働く美白栄養素Lシステインはお肌や髪の毛の構成要素でもあります。
■20歳をピークに十分な量を作られなくなるコラーゲンをMSMなどと併用して体内で作られやすい体質へ!
■肝機能のデトックス機能を高めて悪いものを体外に排出する効果も大いに期待できます!
Lシステインの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このLシステインのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m

1,814円 (税抜 1,680円 )

システインの詳しい説明

システインの容量

30錠

システインのサイズ

1個 23×10×9(㎜)

システインの成分

1錠中
N-アセチル-L-システイン:600mg
ビタミンB2:10mg
カルシウム(ミネラル):7mg
モリブデン(ミネラル):150mcg

システインの摂取目安

1回1錠 1日1~3回 食後

システインに関する特記事項

・Lシステインの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
・Lシステインは含硫アミノ酸ですので、若干硫黄臭がしますが、品質に問題はございません。
Lシステインの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

システインの取り扱いメーカー

カル社

はじめに

美白栄養素のLシステインをご存知ですか?
最近はコマーシャルなどでも盛んに宣伝している美白サプリメントです。

Lシステインはお肌や髪の毛の構成要素であるだけでなく、肝臓に働きかけて体の中から美白効果を発揮してくれます。
20歳を過ぎる頃から体内で十分な量のLシステインを作ることができなくなってくることが判っており、そのためにお肌がくすんでくるのです。

Lシステインの様な含硫アミノ酸はなかなか食べ物からは摂り難い栄養素です。
MSMなどと併用することで硫黄の補給が十分にでき、体内でコラーゲンが作られやすくなってきます。
Lシステインの持つ、肝機能のデトックス(解毒)機能を高めて体に悪いものを体外に排出する効果も見逃せませんよ。

1.Lシステインで美白する

この商品はLシステインを体内で代謝(体が栄養素をうまく使えるようにすること)するためのビ タミンとミネラルを添加していますので、Lシステインの仲間であるN-アセチル-L-システインを単独で摂るよりも効果的に使えるようになります。
Lシステインは含硫アミノ酸の1つで、髪の毛やお肌を構成する成分です。髪の毛の1/15はLシステインでできています。
これだけのLシステインを食物から摂るとなると、カロリー的にも結構大変です。
ある日本製の医薬部外品ですが、LシステインとビタミンB群、ビタミンCで、シミを防ぐとして販売されています。

LシステインLシステイン

2.Lシステインで色素沈着を防いでニキビ痕を残さない

Lシステインは、お肌の基底細胞に多く存在し、基底細胞の細胞分裂を規則正しく活発するため、皮膚のターンオーバー(皮膚細胞が基底細胞で生まれて徐々に押し上げられて角質化して 皮膚から脱落するまでの期間。通常は45日といわれています。)の正常化が期待できます。

さて、ニキビで問題になるのはニキビ痕ですね。色素沈着という問題はスキンケアでは研究が進んでいます。
ニキビ痕は、ターンオーバーが正常で無いときに角質が肥厚化したり、メラニン色素が沈着して残ってしまったものです。
Lシステインは、ターンオーバーに関係する栄養素ですので、お肌の肥厚化やメラニンなどの色素沈着を予防してくれる効果が期待できます。

LシステインやビタミンA、ビタミンB 、亜鉛、ビオチンなどの栄養素を十 分に摂取することで、ターンオーバーは正常化することが判っています。
特にお肌の新陳代謝を活発にして色素沈着を防ぐものとしては葉酸が挙げられます。PABAとパントテン酸と併用すること でお肌の新陳代謝を活発にするとして、アメリカではアトピーやニキビの痕の色素沈着を予防改善するために使われています。
これらの栄養素によりお肌の新陳代謝を活発にした後で、更にメラニン色素の沈着を目立たなくさせるLシステ インとビタミンCサプリメントの併用が有効といわれています。

Lシステインは、日焼けにより沈着してしまった黒色メラニン色素を、ビタミンCサプリメントと協働して白色 メラニン色素に変換したり、メラニン色素自体を減らす働きもします。
また、PABAというビタミンBの1つは、紫外線を吸収してメラニン色素が作られないようにする機能が確認 されています。
後は、Lシステインと共にMSMでコラーゲンを十分に作ってお肌の新陳代謝を引き上げてください。

Lシステイン /

3.Lシステインのデトックスサプリメント(解毒)としての効果

Lシステインは、有害物質から体を守ってくれる役割を持っています。
Lシステインに含まれる硫黄というミネラルは、肝臓でのデトックスを助けるために使われます。
硫黄は食品中に多く含まれますが、無機硫黄という形態をとっており、加齢とともに吸収量が減ってしまいます。

Lシステインに含まれる硫黄は、アミノ酸ペプチドと結合しており、吸収率が高く肝臓のデトックスの機 能を高めます。
Lシステインと組み合わせることで肝臓のデトックスの機能を引き上げるのがMSMです。
MSMは有機硫黄という吸収しやすい硫黄でLシステインと一緒に肝臓のデトックスの機能を高めます。

補酵素であるアルファリポ酸やコエンザ イムQ10とLシステインを併用しますと、更に肝臓の有機毒物のデトックスの機能を高めることが判っ ています。

また、Lシステイン>は重金属と結合して包み込み、腎臓から体外に排泄されることが判っています。
重金属は主に細胞の脂溶性面である細胞膜や白色脂肪細胞という脂肪を溜め込んでおく組織に蓄積されやすいのですが、ケルセチンというフラボノイドが白色脂肪細胞等への重金属の蓄積阻害や白色脂肪細胞からの重金属の排泄に働いてくれますので、Lシステイ ンと一緒に摂ることで蓄積重金属の体外への排泄も可能だといわれています。

4.栄養摂取によるキレイと元気

今の時代、ガンや生活習慣病が非常に増えてきています。あさひ生命の資料によると、平成5年と平成8年を比べてみると、ガンが最大で50%も増えています。
これは一体どういうことでしょうか?この原因については、その資料により明らかにされてはいませんが、 ストレスや化学物質などの影響が大きいのではないでしょうか?
ヒトはストレスや有害な化学物質に晒された時、たくさんの栄養素を必要とします。
ストレスはビタミンB群やビタミンCサプリメント、亜鉛などを消 耗しますし、環境ホルモンや農薬、食品添加物などを体外に排泄し無毒化するためには、亜鉛などたくさんのミネラルが必要です。
これらたくさんのビタミンやミネラル は、食事からの摂取では足りないと主張するアメリカの栄養学者も多いのです。
厚生労働省の示す所要量では、日本人に足りない栄養素はカルシウムと鉄だけになっていますが、これは、ヒトが欠乏症を起さない最低量に少しだけ上乗せした数字でみているからで、実際にヒトが健康に生きてい くために必要な量は、FDAの示すRDAを基準とする方が、世界的なレベルでみて正しいと思われます。

LシステインLシステイン

5.Lシステインサプリメントによる栄養摂取を行うということ

Lシステインを含めて当ショップの扱うすべてのサプリメントは、日本国と米国において、医薬品指定されているモ ノはありません。すべて食品という分類になります。
すべての栄養素を食事から摂取するということは、摂取カロリーの面からも無理があります。
アメリカでは、マルチビタミンを中心にして、自分に不足しているサプリメントをそれぞれ補うという方法が一 般的です。
また、アメリカにおいてマルチビタミンの他に摂る栄養素として基本的なものは、カルシウム、亜鉛、ビタミンCサプリメント、ビタミンB、 ビタミンEというものが多いようです。

もし、サプリメントを選ぶ段階で、ご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。
Lシステイン /

6.Lシステインでより高いスキンケアを目指して

誰しも、スキンケアを行うからには、成功したいですよね?
また、どうせ行うのなら効果的に行いたいと思うのが当たり前ですね。
そのためにこそスキンケアというものがあるのですが、もっともっとスキンケアを効果的に行うためには、それなりの情 報が必要です。

  • 肌のトラブルの多くが炎症体質が原因である
  • コラーゲンをつくるのにMSMサプリメントは必須である
  • MSMサプリメントでつくったコラーゲンを束ねて引き締め、弾力を増すのがホーステール(シリカ)である
  • 乾燥肌や敏感肌はEPA(オメガ3 )とヒアルロン酸の組み合わせが有効である

など様々な情報が挙げられます。
もし、スキンケアを摂ってスキンケアを行いたいと思っている方は、より効果的にスキンケア商品を使うために、下のリ ンクをクリックして、アメリカの最新のスキンケア情報を手に入れてください。
スキンケアを行う上で、情報で理論武装するとスキンケアの成功率は高くなります。

栄養学とサプリメント

LシステインLシステイン

7.安全なサプリメント摂取のためのコンセプト

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

8.Lシステインの使い方に関するお客様からのお問い合わせを載せて いる質問集です

Lシステインの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、Lシステインに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

PAGE TOP