カート ログイン
MENU

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)

商品名

商品NO11405ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)

商品概要

■脂質代謝や糖代謝の異常と、動脈硬化、高血圧が重なるメタボリックシンドローム改善にアメリカで非常に人気!
■血液中の中性脂肪やコレステロール過剰を押さえるためにアーユルベーダで使われてきたハーブです。
■糖尿病を併発しそうな方はアルファリポ酸とクロムがおすすめです。あわせてご確認ください。
ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このググル(コレステロール抑制ハーブ)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m

2,894円 (税抜 2,680円 )

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)の詳しい説明

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)の容量

60カプセル

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)のサイズ

1個 22×7×7(㎜)

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)の成分

1錠中
ググル:500mg
ググル500mg中に2.5%の主要成分(ググルステロン)を保証。

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)の摂取目安

1回1~2錠 1日2~3回 ググルは毎食後の摂取が好ましい。

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)に関する特記事項

・ググルの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)の取り扱いメーカー

ソラレー社

はじめに

ググルは漢方医学の基になったインド伝統医学アーユルベーダで使われていたハーブです。
アーユルベーダでは血液中の中性脂肪やコレステロールの過剰を抑えるために使っていました。

血中脂肪を抑制することは血流を良くすることにも繋がり、脂肪燃焼リパーゼや遊離脂肪酸を効率よく全身に届けることができるようになりますのでググル(コレステロール抑制ハーブ)はダイエットカロリーコントロールが必要な体質の方にお勧めします。
ググル(コレステロール抑制ハーブ)はメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の改善にも効果的です。

1.アーユルベーダとググル

アーユルベーダはインドにおいて漢方医学の元になったといわれるほど昔から受け継がれ、今尚インドはおろか世界中で科学的な研究がなされる伝統的な医学です。
ググルはアーユルベーダの世界で昔から使われており、副作用が少ないことがわかっています。

今アメリカではアーユルベーダがひそかなブームになっています。
最近は、日本でも専門書がでるなど、徐々に注目が集まってきているハーブの伝統的な大系です。

2.ググルでコレステロールの抑制

このググルは、ググリピッドとも呼ばれるハーブ薬で、血液中のコレステロールや中性脂肪の過剰を防ぐ薬として、インドでは昔から使われてきました。
ググル(コレステロール抑制ハーブ)は脂質代謝の異常や糖代謝の異常と、糖尿病や動脈硬化、高血圧が重なることで起こるメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)を改善するためにアメリカで非常に人気があります。
糖尿病を併発しそうな方はアルファリポ酸とクロムがお勧めです。

ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)はアメリカでは生活習慣病の予防薬として人気があり、これにナイアシン(ビタミンB群の1つです)を組み合わせています。

血中脂質の増加は動脈硬化を起こし、すべての生活習慣病を引き起こす元になります。
ググル(中性脂肪コレステロール抑制ハーブ)は血中脂質を下げることで血流をよくする働きがあります。ダイエットカロリーコントロールが必要な方の多くが血液の流れが悪いために肩で作った脂肪燃焼リパーゼが全身の白色脂肪細胞に届けられず、脂肪燃焼率が下がってしまっているそうです。
溜まった脂肪を遊離脂肪酸という筋肉が使うことができる脂肪に変える脂肪燃焼リパーゼが脚や腕まで運ばれないと、効率のよいダイエットカロリーコントロールはできませんので、ググル(コレステロール抑制ハーブ)で脂質代謝の異常を改善して血流改善させてください。
正しいダイエット方法でダイエットカロリーコントロールを行っても結果が出ない方の多くが血流の悪さが原因といわれていますので、EPA(オメガ3)やコエンザイムQ10などのサプリメントと併用してドロドロ血を改善し血管を太くしてダイエットカロリーコントロールを成功させてください。

血流の良さは肩こりや冷え性などにも関係してきます。

ググル(コレステロール抑制ハーブ)

3.ググルでメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)の改善

今の時代、メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)やガンなどの生活習慣病が非常に増えてきています。最近のテレビ放送の健康の話題というとメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)がよく採り上げられていたり、あさひ生命の資料によると平成5年と平成8年を比べてみると、ガンが最大で50%も増えています。
これは一体どういうことでしょうか?この原因については、その資料により明らかにされてはいませんが、 ストレスや化学物質などの影響が大きいのではないでしょうか?最近の研究ではメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)がガンを発症させる可能性について多くの専門家が論文を出していますね。
ヒトはストレスや有害な化学物質に晒された時、たくさんの栄養素を必要とします。
ストレスはビタミンB群やビタミンCサプリメント、亜鉛などを消耗しますし、環境ホルモンや農薬、食品添加物などを体外に排泄し無毒化するためには、亜鉛などたくさんのミネラルが必要です。
これらたくさんのビタミンやミネラルは、食事からの摂取では足りないと主張するアメリカの栄養学者も多いのです。
厚生労働省の示す所要量では、日本人に足りない栄養素はカルシウムと鉄だけになっていますが、これは、ヒトが欠乏症を起さない最低量に少しだけ上乗せした数字でみているからで、実際にヒトが健康に生きていくために必要な量は、FDAの示すRDAを基準とする方が、世界的なレベルでみて正しいと思われます。

アメリカでは非常にメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)やメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)の予備軍が多く、ググル(コレステロール抑制ハーブ)などのダイエットサプリメントを使った改善の研究が行われています。
ググルのメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)に対する効果は高く、メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)の方が改善を行う場合のダイエットカロリーコントロールに、ググル(コレステロール抑制ハーブ)を奨めるダイエットカロリーコントロールの専門家が多いのです。

ググル(コレステロール抑制ハーブ)ググル(コレステロール抑制ハーブ)

4.ググルはどういうサプリメントと相性がいいの?

アメリカではググル(コレステロール抑制ハーブ)の使用目的がメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)の改善やコレステロール、中性脂肪などの血中脂質の抑制などですので、ググルをダイエットカロリーコントロールに取り入れる方が多いので、ググル(コレステロール抑制ハーブ)と相性の良いサプリメントというと、多くがダイエットサプリメントということになります。

ダイエットサプリメントというものはそれぞれのダイエットサプリメントの効果に特徴がありますので、その長所を組み合わせていくことで高いダイエットカロリーコントロールの効果が期待できます。 ヨードサプリメントを摂って甲状腺ホルモンの材料を作り、アルファルファで甲状腺刺激ホルモンを分泌し、甲状腺ホルモンの分泌を行えば成人して弱っているアドレナリンの分泌能力や成長ホルモンの分泌能力を高めて上げることが可能です。
脂肪燃焼につながる成長ホルモンはアミノ酸ダイエットの摂取でも増やすことが可能です。アドレナリンや成長ホルモンは脂肪燃焼に欠かすことができないホルモンで、脂肪燃焼の一連の流れの中で重要な役割を持ちます。
またカプサイシンは脳下垂体を刺激して、アドレナリンの分泌を促すことが判っていますので、ヨードサプリメントやアルファルファと併用することで、より高いダイエットカロリーコントロールの効果が期待できます。

共役リノール酸(トナリンCLA)の最大の特徴は作り出した遊離脂肪酸が再び脂肪に変わるのを防ぐ作用ですので、溜め込まれた脂肪から遊離脂肪酸を作り出す能力に長けているアミノ酸ダイエット(遊離脂肪酸をつくる能力はその人の体質にもよりますが、これらのサプリメントを摂らなかった時と比べて1.8倍~3倍位の効果があるといわれています。)と組み合わせるということもよろしいと思います。
また共役リノール酸(トナリンCLA)などが作り出した遊離脂肪酸は血中を運ばれますが、ググル(コレステロール抑制ハーブ)の血流改善効果との相乗効果はダイエットカロリーコントロールを効率よく成功に導いてくれるでしょう。

ググル(コレステロール抑制ハーブ)による血流改善を更に効率よくするのであれば、血中の遊離脂肪酸を筋肉に運ぶ役割を持つコリンとイノシトールとの組み合わせもいいでしょう。
ググル(コレステロール抑制ハーブ)は共役リノール酸(トナリンCLA)やアミノ酸ダイエットとは非常に相性がよく遊離脂肪酸を筋肉に運ぶ効率が数倍も高くなるといわれていますので、コリンとイノシトールを併用することで高いダイエットカロリーコントロールの効果を期待できます。

また別の観点から見ると部分痩せというダイエット方法もありますね。
例えば下半身ダイエット(下半身痩せ)をしたいという女性は多いのではないでしょうか?。ダイエット経験者でしたら実感を持っていただけると思うのですが、下半身というところは体重が減ったとしてもあまり痩せないのです。
その理由としては共役リノール酸(トナリンCLA)などのダイエットサプリメントが作り出した脂肪燃焼リパーゼは、その製造場所である褐色脂肪細胞がある首の周辺を中心に血流により運ばれて脂肪を遊離脂肪酸に変える働きがありますので、どうしても下半身まで届かずに上半身を中心にして痩せていってしまうのです。
特に最近の生活では、あまり歩いたり走ったりすることが少なく脚の動脈が細くなっている方が多いので、血流の関係で下半身には脂肪燃焼リパーゼが届きにくいため、血中脂質を下げて血液をサラサラにするググル(コレステロール抑制ハーブ)や、脚の動脈を広げる効果のあるコエンザイムQ10(CoQ1下半身ダイエット(下半身痩せ)には良い組み合わせです。EPA(オメガ3)なども血液サラサラの効果が期待できますので、手足への血流が極端に悪い冷え性の方などはググル(コレステロール抑制ハーブ)と下半身ダイエット(下半身痩せ)も効果的にできるようになります。(もちろんその時に足を動かしていればもっと血流改善します。)

ググル(コレステロール抑制ハーブ)を含めてダイエットサプリメントは、それぞれの特徴をうまく組み合わせることで、より効果的なダイエットカロリーコントロールを行うことが可能です。
様々なダイエットサプリメントの組み合わせを試し、ご自分に合ったダイエットサプリメントを見つけることが成功するダイエット方法に出会う最短距離と言っても良いでしょう。

ググル(コレステロール抑制ハーブ)ググル(コレステロール抑制ハーブ)

5.ググルでダイエットカロリーコントロール

ググル(コレステロール抑制ハーブ)を含めて当ショップの扱うすべてのダイエットサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているモノはありません。すべて食品という分類になります。
ダイエットサプリメントというものは、ご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者がそれぞれの太る原因を追究し、その太る原因に合ったダイエットサプリメントを選ぶことで、効率よくダイエットカロリーコントロールが可能になります。

  • 基礎代謝が鈍っている方には基礎代謝を上げるダイエットサプリメント
  • 食べ過ぎの方にはカロリー吸収抑制サプリメントや、ガルシニアなどの食欲抑制サプリメント
  • 運動を伴うダイエットカロリーコントロールを行う方には、より多くの脂肪の燃焼を促すダイエットサプリメント

などが挙げられます。ご自身の状況に照らし合わせて、お選びいただければと思います。

もし、ダイエットサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

6.ググルでより成功率の高いダイエット方法を目指して

誰しも、ダイエットカロリーコントロールを行うからには、成功したいですよね?ググル(コレステロール抑制ハーブ)の摂取だってその目的があるから摂取する訳ですからね。
また、どうせググル(コレステロール抑制ハーブ)の摂取を行うのなら効果的に効果に結び付けたいと思うのが当たり前ですね。
そのためにこそダイエットサプリメントというものがあるのですが、もっともっとダイエットカロリーコントロールを効果的に行うためには、それなりの情報が必要です。

  • ダイエットカロリーコントロールを行う上で運動をしたくない方は軽い鬱症状になっている。そこでセントジョーンズワートやオクタコサノールを摂ることで運動を積極的に行いたくなる。
  • ウォーキングやジョギング、水泳などを行う前に、1~3分ほどの腕立て伏せや腹筋、スクワットをするだけで、脂肪の燃焼が数倍高くなる。
  • アメリカのオリンピック級の運動選手は、アメリカのオリンピック委員会から、スタミナをつけるためにピルビン酸というダイエットサプリメントを摂取するように指導されている。(脂肪の燃焼が良くなりスタミナがアップする。)

など様々な情報が挙げられます。
もし、ググル(コレステロール抑制ハーブ)などのダイエットサプリメントを摂ってダイエットカロリーコントロールを行いたいと思っている方は、より効果的にダイエットサプリメントを使うために、下のリンクをクリックして、アメリカの最新のダイエットサプリメントの情報を手に入れてください。
ダイエットカロリーコントロールを行う上で、情報で理論武装するとダイエットカロリーコントロールの成功率は高くなります。

栄養学とサプリメント

ググル(コレステロール抑制ハーブ)ググル(コレステロール抑制ハーブ)

7.安全なサプリメント摂取のためのコンセプト

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

8.ググル(コレステロール抑制ハーブ)の使い方に関するお客様からのお問い合わせを載せている質問集です

ググル(コレステロール抑制ハーブ)に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、ググル(コレステロール抑制ハーブ)に関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

PAGE TOP