カート ログイン
MENU

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット

商品名

商品NO11702アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット

商品概要

■ビオチンの不足からくるアトピー性皮膚炎の緩和が期待できる、アメリカでは識者が推奨する基本セット! ■ビオチンだけを摂取する事で起こる弊害も防ぎ、腸内環境を整えることで体質改善も期待できるので、皮膚炎の改善が大きく期待できます! ■アトピー性皮膚炎の改善をしたいけれどサプリの種類が多くて判らない方に、試していただきたいセットです。
アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このアトピー サプリメントのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m

4,298円 (税抜 3,980円 )

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットの詳しい説明

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットの容量

60錠入アレルギー用ビオチン:60カプセル りんごペクチン300mg:100錠 新アシドフィルス菌:90錠

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットのサイズ

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットの成分

・60錠入アレルギー用ビオチン
1錠中
天然型ビオチン:5000mcg
このビオチンは、腸内細菌によって産生された、アレルギーに対して効果を発揮するタイプのビオチンです。
・りんごペクチン(アップルペクチン)
1錠中
りんごペクチン:300mg
・アシドフィルス菌
1錠中
アシドフィルス菌:5億株 
平均的なヨーグルト2000g分です。
ニンジンジュースパウダー入り

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットの摂取目安

【60錠入アレルギー用ビオチン】
1回1錠 1日3~4回
水溶性のため尿と一緒に排泄されますので、6時間おきくらいで摂取するのが理想的。

【りんごペクチン(アップルペクチン)】
1回2~6錠 1日3回 毎食後
多めの水と一緒にお飲みください

【アシドフィルス菌】
1日3~6錠
空腹時、もしくは食事の30分前に多目の水でお摂りください。

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットに関する特記事項

・各サプリメントの摂取目安は、アメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【お知らせ】
カプセルが苦手なお子様にもOKな、味付きのビオチンもご用意いたしております。
タブレットを割ることが出来ますので、こまめな摂取を行いたい方にもおすすめです。
アトピー性皮膚炎用ビオチン・チュアブルタイプ

特殊カプセルが2段階に分かれて溶け出す仕様のビオチンもご用意いたしております。
1日4回の摂取が難しい方のまとめ摂りや、就寝中の長時間をカバーするのにおすすめです。
アレルギー用ビオチン・タイムリリース(ゆっくり吸収されるビオチン)

【お得なセット商品のお知らせ】

☆アトピー性皮膚炎用割引セットの第2弾です。
(月見草オイル・EPA・パントテン酸のセットです)
アトピー性皮膚炎お勧め必須脂肪酸2・割引セット

☆アトピー性皮膚炎用割引セットの第5弾です。
(亜鉛を中心としたセット商品です)

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットの取り扱いメーカー

カル社

はじめに

アメリカでの調査によると、腸内細菌によるビオチンの産生不足によって、アトピー性皮膚炎や掌せき膿庖症になってしまう方は、アレルギー全体の40~50%なのだそうです。
改善方法としては、善玉腸内細菌と食物繊維の摂取で、ビオチンの腸内産生を促しながら、ビオチン摂取で当面を乗り切るという方法が一般的です。

1.アトピー性皮膚炎の5つの原因

アレルギーの研究がとても進んでいるアメリカでは、アトピー性皮膚炎の原因について、5つの種類に分けることができるとしています。
アレルギー関係の識者の多くは、その5つの原因を1つ1つ解決していけば、アトピー性皮膚炎の改善が可能であるとの結論に達しています。
この商品は、5つある原因の第1番目の原因を改善するために、最も良いといわれるアトピー サプリメントの組み合わせです。

アトピー性皮膚炎の’5つの原因’
【1】腸内の善玉菌バランスの乱れによるビオチンの不足
【2】ビオチンを使って脂肪酸から消炎系のプロスタグランジンが作れない(セット商品ページへ)
【3】免疫系の異常により活性酸素が大量発生し、それを処理できない
【4】たんぱく質を消化する消化液の分泌が悪く、未消化のまま吸収される
【5】亜鉛などの栄養素の不足により、皮膚の細胞分裂が鈍くなる(セット商品ページへ)

アレルギーを発症する原因は個人個人で違っていますが、’5つの原因’を1つ1つ解決していけば、ほとんどのアレルギーの原因も解決するはずです。
1つの原因で解決する方や複数の原因が重複している方など、様々なパターンが考えられますが、まずは【1】から順番に試されるのが良いと思います。(【5】は栄養補給ですので、【1】~【4】と併用することをおすすめします。)
通常、アレルギーの発症原因を探る実験期間は6~12ヶ月といわれていますので、できれば長期摂取でご様子を見てください。

アトピー サプリメント

2.アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セットの商品について

アメリカで行われている、サプリメント(栄養補給)によるアトピー性皮膚炎改善の多くの実験では、不足するビオチンを対症療法として補うと同時に、根本的な改善を目指して、ビオチンを自分の腸内細菌によって作り出すために、善玉腸内細菌とその菌を増やすためのサプリメントが使われています。
ビオチンだけを使い続けることで発生する弊害も防げますので、この組み合わせがビオチン摂取の基本だと思ってください。

このセット商品は、アメリカでの実験の結果に基づいて、アレルギー関係の識者が推奨する、サプリメントの組み合わせ方法の1つです。
相性の良いサプリメント同士を組み合わせて使うことで、1種類だけを摂取した場合よりも、アトピー性皮膚炎の改善に成功する確率が高くなります。

当ショップでは「アトピー性皮膚炎を改善したいけど、サプリメントがたくさんあって判らない」という方に、このセット割引商品をおすすめしています。
この商品は、60錠入アレルギー用ビオチン(旧名:廉価版アトピー用ビオチン) 、りんごペクチン(アップルペクチン)、アシドフィルス菌の3種類のサプリメントを組み合わせています。(もちろん単品でも販売しております) これらのサプリメントは、それぞれ以下の部分を担当しています。

  • 対症療法 : 60錠入アレルギー用ビオチン(旧名:廉価版アトピー用ビオチン) (足りないビオチンを補い、消炎を行なう)
  • 根本改善 : りんごペクチン(アップルペクチン)とアシドフィルス菌(腸内環境を整え、腸内でビオチンを作れるようにする)

その他にも、アルファルファやセルロースファイバーなどの食物繊維サプリメントと組み合わせることで、腸内の善玉腸内細菌に良質のエサを豊富に供給できるようになり、改善が難しい腸内の細菌バランスを改善し、善玉腸内細菌をより増やすことは可能です。

アトピー サプリメント

3.ビオチン摂取によるアトピー性皮膚炎改善理論

基本的には掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)とアトピー性皮膚炎は別々の病気です。
しかし、主にビオチンが不足して起こる脂質代謝の異常を原因とする、非常に似通った病気と思って良いでしょう。
つまり、何れの症状にしても、改善方法はほとんど同じですので、それぞれの改善方法を参考にできる訳です。

もともと、アトピー性皮膚炎に関してアメリカでビオチンの研究が大いにすすめられたのは、アトピー性皮膚炎の方の便を仔細に観察した結果、通常の便の数倍から数100倍の「ビオチンを消費して増える性質を持つビフィズス菌」の死骸が発見されたことによるのです。
ビフィズス菌は亜種を含めると30種類以上の菌種に分けることができます。それぞれの菌種はそれぞれの機能があり、ビオチンをたくさんつくるビフィズス菌もいれば、ビオチンを食べてしまうビフィズス菌もいて、ビフィズス菌の全種類がビオチンを不足させるわけではありません。
しかしビフィズス菌の菌種の中にはビオチンを食べてしまったり、大腸ガンを誘発する物質を出している疑いのある悪玉菌に分類されている菌種もあります。
ビフィズス菌を全面的な善玉菌として扱っている国は日本とフランスだけです。(ビフィズス菌は30種類ほど存在しますが、その多くは善玉菌です。最近の日本のビフィズス菌関連商品には悪玉ビフィズス菌はほとんど使われていません。今ではビフィズス菌の研究が進んでおり問題のある菌種は使われなくなってきています。)
アメリカでの調査では、アレルギーの方の便から検出されるビオチンを食べてしまうビフィズス菌の数は、通常の数倍から数10倍の方がいたり、ビオチンを生産する善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)が少ないことが多いとのことです。
その後、多くの追試験よって、アトピー性皮膚炎の方は、ビオチンの不足によって症状が発症しているという結果に達しました。

ビオチンが不足すると、まず脂質の代謝に異常が起こります。
免疫抗体であるグロブリンE(アトピー性皮膚炎の原因)やグロブリンA(掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の原因)の産出を抑制するTリンパ球の抑制細胞が不活発になり、大量のグロブリンEやグロブリンAが産出され、それぞれの症状が現れます。

アレルギーの原因の1つといわれるこれら免疫抗体は、全部で4種類あり、グロブリンA、E、G、Mとよばれています。
このグロブリンEやAの産出を抑制するために、体内のシステムでは脂肪酸が使われます。アトピー性皮膚炎治療によく使われるのでご存知の方も多いと思いますが、EPA(オメガ3)やアルファリノレン酸、ガンマリノレン酸という脂肪酸です。

「USA 最新ビタミン情報」のトピックス「アレルギー」内「アトピー性皮膚炎について1~14」でもご紹介していますが、皮膚の炎症を直接引き起こす、炎症系プロスタグランジンという物質を抑制するための物質が、消炎系プロスタグランジンといわれ、これら必須脂肪酸から消炎系のプロスタグランジンが作られます。

整理していうと、ビオチンが不足することによって、EPA(オメガ3)やアルファリノレン酸などの脂肪酸が、消炎系のプロスタグランジンに換わることができずに、大量の免疫抗体グロブリンEやAが産出され、皮膚や骨膜に沈着して、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)という症状が出てくるわけです。

ただ、ガンマリノレン酸などは、大量に摂ってしまうと、それ自体が炎症系のプロスタグランジンの生成を促すことになるという実験結果もあり、摂取については詳しい知識を必要としますので、できましたら「USA 最新ビタミン情報」のトピックス「アレルギー」内「アトピー性皮膚炎について1~14」を精読してください。

また、最近のアメリカのアレルギー抑制のための治療では、グロブリンEの産出を抑制するグロブリンGを増やすために、グロブリンGやグロブリンAの材料となる共役リノール酸(トナリンCLA)が使われることもあります。
アトピー性皮膚炎に共役リノール酸(トナリンCLA)は有効ですが、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の発症原因の一つとして、グロブリンAの過剰生成がありますので、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方は共役リノール酸(トナリンCLA)の摂取はお控えください。

4.ビオチンの自己産生について

上記の内容で、アトピー性皮膚炎改善にビオチンが必要なことはお判りいただけたと思います。
しかし、大きな問題として、ビオチンの摂取自体がビオチンを餌とする悪玉菌の大量発生につながり、更なるビオチン不足を招く可能性があります。
つまり、症状の改善状態を維持していくためには、ビオチンの摂取量を徐々に増やしていく必要がでてきます。

それでは、ビオチンを摂取せずに、腸内でビオチンを産生できるようにするサプリメントだけを摂ってみてはどうでしょうか?

腸内における腸内善玉菌と悪玉菌のバランスを変えることは、非常に多くの時間がかかります。
通常、ダイエットやスキンケアの実験を行なう場合、3~6ヶ月の実験期間を設けることが多いのですが、アトピー性皮膚炎関係の実験の場合、6~12ヶ月の実験期間を設けます。
それは、腸内の善玉細菌バランスを変えるのに、それだけ多くの時間がかかるということなのです。
腸内の細菌バランスは、生活習慣の結果発生すると言われていますので、長年かけて悪化してきたバランスを元に戻すには、多くの時間が必要となるのです。
そのため、炎症を抑えるのに充分な量のビオチンを、腸内で作れるようになるまでの時間もかかり、せっかくサプリメントを摂っても炎症が抑えられない状態が、長く続くこととなります。

ですので、その折衷案として、対症療法のためにビオチンを摂取し、それと同時に、ビオチン産生を活発にする腸内環境を、時間をかけて作っていこうという実験が多く行なわれ、その多くが成功に終っています。

ビオチンは、ビタミンB群の1つに分類されることもあり、あらゆる食物に含まれていますが、この食物に含まれるビオチンは、タンパク質と結合しているため、腸内で吸収されても、体内で使われることはほとんどありません。
ビオチンが体内で使われる(生理作用をもたらす)条件は、ビオチンそれ自体が何とも結びついていない(遊離している)状態であることです。
では、体内で使われているビオチンは、一体何処からもたらされるのでしょうか?

体内で使われるビオチンは、主に善玉腸内細菌が生成した、何とも結びついていない(遊離している)ビオチンで、これが腸壁から吸収され、各種の生理作用を発揮しているのです。
では、どのようにしたら、腸内細菌のバランスを整え、善玉菌優勢の腸内環境にして、充分なビオチンを産生できるようになるのでしょうか?

コッカス腸内細菌や乳酸菌、アシドフィルス菌などの善玉菌と、アルファルファやペクチンなどの食物繊維、それにビタミンCサプリメントの摂取によって、腸内細菌のバランスを善玉菌優勢に換えてやるのです。
善玉菌はビオチンを作り出しますし、善玉菌が増えることで、ビオチンを餌に増える悪玉菌などの増殖を抑えることができます。

ここで非常に大切なのは、悪玉菌などを減らすことを考えるのではなく、善玉菌を増やしてやることを考えるのです。
腸内細菌は、善玉菌が増えれば悪玉菌が減るというように、シーソーのような関係にあります。
ですので、アシドフィルス菌のような善玉菌(アメリカでは善玉菌というとアシドフィルス菌です)を経口摂取して、その餌となる食物繊維をたくさん摂ります。ビタミンCサプリメントを1日2g以上摂ることで、アシドフィルス菌は驚くほどの速さで増殖してくれます。

ビタミンCサプリメントを大量に摂ると下痢する方もいらっしゃいますが、これは急激に善玉菌が増えるために起こる現象です。ですので、ビタミンCの大量摂取で下痢される体質の方は、ビタミンCの量を減らしてみてください。
また、善玉菌をバランス良く増やしてあげるためには、食物繊維のバランスも非常に重要です。このセット商品に含まれるペクチンだけでなく、前述のアルファルファなど、様々なタイプの食物繊維を組み合わせることで、腸内環境の改善効率は更に上がります。

最後に、善玉菌のアシドフィルス菌についてです。
日本では、善玉菌といえばビフィズス菌などの乳酸菌、アレルギー治療目的で有名なものとなると宮入菌ですが、アメリカや他のほとんどの国では、善玉菌といえばアシドフィルス菌です。

アシドフィルス菌は、腸内に常駐する(棲み付く)タイプの善玉菌です。しかし、悪玉菌が優勢の腸内では、その数が圧倒的に少なくなっています。
そこで、アシドフィルス菌のサプリメントを摂取して補ってやるのですが、一般的に腸内細菌を経口摂取すると、そのほとんどが胃酸によって死滅してしまいます。
幸いアシドフィルス菌は耐酸性と耐熱性に優れているため、胃酸に触れても40~60%は生きて腸まで届きますが、少しでも死滅を防いで腸内で元気に増殖してもらうために、空腹時にコップ2杯程度の水で摂取することをおすすめしています。空腹時に大量の水とともに飲み下すと、胃袋はカプセルを認識できず、胃酸を分泌しないで、そのまま腸まで流してくれます。
また、ビオチンを餌として増える悪玉菌がいるように、アシドフィルス菌はペクチンを餌にすることによって増殖しますので、大量のアシドフィルス菌と大量のペクチンを摂る事で、悪玉菌を減らすことができます。

アトピー サプリメント

5.サプリメントによるアトピー性皮膚炎や掌蹠膿胞症(掌跡膿胞症・掌蹠膿疱症・掌せき膿庖症)などのアレルギーの改善を行うということ

当ショップの扱うすべてのサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているモノはありません。
もちろん、このアトピー サプリメントも、すべて食品という分類になります。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアレルギー発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶことで効果的にアレルギー改善の効果が期待できるようになるのです。家族や友人が効果を発揮したアレルギーサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証は無いのです。
これはアレルギーの発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため、どの原因に対応するサプリメントを先に摂るかが非常に大切になってくるからなのです。
アメリカのアレルギーを研究する研究者の多くは、アレルギーは4つの体質が重なった時に発症し、アレルギーを完全に改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

  • 炎症体質(お肌や扁桃腺など全身で炎症が起こりやすく、炎症を起こすと治り難い)
  • 腸内環境が悪玉菌優勢の体質
  • 皮膚や粘膜が薄くアレルゲンが侵入しやすい体質
  • アレルゲンに反応してヒスタミン(炎症物質)が大量に作られる体質

アメリカではステロイド剤以外に栄養学的なアプローチでアレルギー改善の研究が進んでいますが、サプリメントによるアレルギーに関係する体質の改善は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げています。
4つの体質改善で実績を上げているサプリメントは以下の通りです。

炎症体質にはビオチンやガンマリノレン酸(γリノレン酸)やブロメラインやパントテン酸。

腸内環境には善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)と食物繊維
腸内環境の改善にはビオチン生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効果が期待されています。

薄い皮膚にはEPA(オメガ3)とヒアルロン酸とパントテン酸やコラーゲン。

ヒスタミンの抑制にはケルセチン(抗ヒスタミン剤)やアスタキサンチンや抗ヒスタミン薬

上記のアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)を引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチンによる炎症体質の改善から始める事が多いようです。
例えば、体質的に皮膚が薄いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするEPA(オメガ3)やヒアルロン酸をビオチンと併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)をビオチンと併用する。
また、ビオチンを摂って変化が出た方は腸内で善玉菌がビオチンを作れていないということですので、必ず腸内環境の改善を行う。など体質に合わせて摂るアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなければなりません。

またビオチンよる炎症体質改善や善玉菌による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲンが入らないような丈夫な皮膚を作るということもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)では重要視しています。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の方の皮膚の状況を見るとヒアルロン酸とEPA(オメガ3)の分泌が不足しているだけではなく、コルチゾール(ステロイドホルモン)というホルモンが少ないために皮膚で分泌されたヒアルロン酸が紫外線などの外的要因によって早く壊されてしまっている方も多いようです。

アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)やアレルギー性鼻炎などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質が重なって発症するという意味で同じ病気であるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。
同じ4つの体質を持っていても、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎になりやすく、皮膚が丈夫な方は花粉症になりやすい。また、年配の方で皮膚の油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)や乾燥肌が発症しやすくなる傾向があるなど、今までに多くの栄養学者が研究した成果がアメリカの栄養学にはたくさんあります。
アレルギーの研究でアレルギーサプリメントを使用した実験の期間は6~12ヶ月といわれています。できるだけ結果を出すためには長期でのアレルギーサプリメントの摂取をおすすめしています。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

6.より高いアレルギー改善を目指して

最近のアメリカでのアレルギーの研究により、アレルギーの’5つの原因’というものがクローズアップされてきました。
合衆国食品医薬品局(FDA)や大学、各種研究機関での研究は、日本の研究より20年は進んでいると言われています。

アレルギーを発症する原因は個人個人で違っていますが、’5つの原因’を1つ1つ解決していけば、必ずあなたのアレルギーの原因も解決するはずです。
1つの原因で解決する方や複数の原因が重複している方など、様々なパターンが考えられますが、まずは前述の【1】から順番に試されるのが良いと思います。(【5】は栄養補給ですので、【1】~【4】と併用することをお勧めします。)
通常、アレルギー改善の実験期間は6~12ヶ月といわれていますので、できれば長期での摂取をお願いいたします。

また アメリカではサプリメントによるアレルギー改善の実験が非常にたくさん行われています。
これらの実験を翻訳・要約したものをご用意いたしましたので、宜しければサプリメントを摂られると同時に、これらの情報を元に理論武装をしていただければと思います。サプリメントを摂取する上で、情報で理論武装すると、ただ漫然と良さそうなモノを摂るだけの状態より、目的の達成率は高くなります。

栄養学とサプリメント

アトピー サプリメント

7.安全なサプリメント摂取のためのコンセプト

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

PAGE TOP