カート ログイン
MENU

掌蹠膿疱症サプリの1年使用の感想

掌蹠膿疱症サプリの1年使用の感想

いつもお世話になっております。
お久しぶりにお問い合わせさせて頂きます。

掌蹠膿疱症を改善しようと、ビオチンとEPAと腸まで届く善玉菌12を飲み続けてほぼ1年になります。
1年たっての感想は、
1.ステロイド剤の塗布が減った事
2.痒みが減った事
を実感しています。
ただまだ完治はしていません。見た目は少し改善した程度でしょうか。
あと1年は同じサプリメントを続けた方がよろしいでしょうか?
また今のサプリメントが合っていないと判断基準はいつ頃考えたほうがいいでしょうか?

何卒よろしくお願い申し上げます。

掌蹠膿疱症サプリの1年使用の感想

アメリカンビタミンショップ 阿部と申します。

いつもご利用ありがとうございます。

メール拝見しました。

そうですね。

掌蹠膿疱症の改善にアメリカのアレルギー内科のお医者様が使用している店善玉菌サプリメント(商品番号10411)とビオチン(商品番号10520)とEPA(商品番号10506)がすべて揃ってから約1年弱という感じですね。

まだまだ見た目の大きな変化は見られないと思います。

今の変化は乾燥肌の改善と炎症体質の改善の部分だけです。

今のサプリを変更する必要はありません。

摂取量も

ビオチン 4錠

EPA 4錠

善玉菌サプリ 2錠

パントテン酸(商品番号10510) 2~3錠

という感じです。

摂取量から計算しても、実感されている現象を考えても、角質層の変化は順調に進んでいます。

もともとあった質の悪い角質層がすべて剥がれるのにもう数カ月~半年ほどかかるでしょうか。

その後にはビオチンとEPAを飲んだ後に作られた質の良い角質層が表面に出るので、その辺りから見た目も変わってくると思います。

ステロイド剤は徐々に減らしていって良いですが、あと半年くらいは続けた方が良いでしょう。

痒みはまだまだ改善の余地を残しています。

あと1年くらいでだいぶ減ってくると思います。

おそらくあと1年くらいで腸内環境が急に良くなりますが、それまでは地道に改善を進めていってください。

途中で止めると腸内環境は悪化していきます。

判らないことがございましたらご連絡ください 今後ともよろしくお願いいたします。

PAGE TOP