カート ログイン
MENU

掌蹠膿疱症サプリで最新のものは?

掌蹠膿疱症サプリで最新のものは?

現在、定期購入している商品以外でしょうせきのう胞症の治療に有効と思われる新しいサプリメントが開発されていれば紹介してください。

使用して大体1年がたちます。症状の改善は見られますが完治しません。他の人の例で大体どのくらいの期間で完治されているでしょうか?

掌蹠膿疱症サプリで最新のものは?

アメリカンビタミンショップ 阿部と申します。

いつもご利用ありがとうございます。

土日のお休みをいただいていたため、返信が遅れまして申し訳ありません。

メール拝見しました。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の体質改善についてですね。

過去の受注データを拝見しますと、ビオチン(商品番号10520 1日4錠)とEPA(商品番号10506 1日4錠 これは少し足りない可能性があります)と善玉菌サプリ(商品番号104111 1日2錠)の基本サプリが揃ってから約1年が経過しています。

まだ正常な角質層は健康な方の半分くらい、腸内環境はあと1年という感じで、体質改善が完了というところまではいっていない状態です。

掌蹠膿疱症のサプリには、症状を軽減するだけのサプリメントと、体質を根本から治すサプリメントがあります。
腸まで届く善玉菌12は根本を治すサプリメントなので、できれば、1日2錠ほどは飲んでいただきたいのです。
その摂取量で2年ほどで、腸内環境が好転します。

腸内環境の問題とは別に、まずは、皮膚や粘膜が薄くて弱い体質を改善したいと思います。
アレルゲンが外から侵入しない体質を作るのです。
皮膚や粘膜に栄養素を運ぶ毛細血管を太くするためにビオチンを使います。
ビオチンは炎症抑制のホルモンを作る働きもあります。
ビオチンは朝昼晩の食後と夜寝る前に1錠ずつお摂りください。

この摂取量は非常に重要です。

皮膚などが弱いのは、皮膚が薄いからなのですが、EPAを摂取することで粘膜や皮膚が丈夫になります。
特に乾燥肌などがある場合は、EPAを摂取しないとなかなか効果が上がらない可能性があります。
どの食事でもOKですが、EPAは食後に4錠です。

これらの体質改善にはいずれも2年ほどかかるのです。
もともと掌蹠膿疱症などは、そういう病気があるのではなく、ひとりの中に粘膜が薄い体質や
アレルゲンに反応する白血球が多くいる体質や、炎症がひどくなる体質や、ヒスタミンが大量に作られる体質が重なっておこります。
またこれらの体質も何年も何10年もかけて作られてきているので、やはり改善にも時間がかかるのです。

しかし、アメリカのアレルギー内科では20年以上もの体質改善の実績を積んでおり、今では医師もはっきりと治すことができると患者に伝えています。

2年ということで驚かれるかもしれませんが、これがアメリカの実情です。
お勧めするサプリメントはもともと体内で作っているものばかりで摂取過剰や副作用は起こりません。
不足する量をサプリメントで補うということで体質を良くしていこうという考え方になります。

よく掌蹠膿疱症で痒みのご相談もお受けしますので、痒みの改善についても書いてみます。

我慢できる程度の痒みであれば、不要ですので読み飛ばしてください。

痒さの原因は3つです。

・乾燥肌の痒み

・かさぶたの痒み(皮膚炎の治りかけの痒み)

・ヒスタミンやロイコトリエンによる痒み

今現在は乾燥肌の痒みが緩んできている程度ですので、まだ痒さがあるかと思います。

皮膚があと1年くらいで丈夫になるので、かさぶたの痒みはその時点で改善します。

今できることを優先順位の高い順に並べます。

・スクワランオイルで過敏な皮膚に更に油分水分を供給する(商品番号11609 化粧品ですがアメリカのアレルギー内科がよく使うドクターズコスメというメーカーの商品で、保存料などが入っていないため、痒みなどが引き起こされることの無い化粧品です。これから汗が浸みこまないようにするためにお勧めです)

・ボスウェリア(商品番号10523 痒みの原因物質であるロイコトリエンを作らせないようにするハーブです)

・ブロメライン(商品番号10515 皮下の血流を改善して痒みを改善します。カンジダ乾癬症にかかりやすい方は有効なことが多いです)

・アスタキサンチン(商品番号10521 痒みの原因物質であるヒスタミンを分解するビタミンです)

・パントテン酸(商品番号10510 ステロイドホルモンの分泌に必要な栄養素で炎症体質を改善します)

上記を3か月くらいかけてテストしてみると自分に合った痒みどめが見つかると思います。

最終的には腸内環境が改善すると、ヒスタミンやロイコトリエンの分泌が抑えられ、痒みも改善していくのですが、ビオチンとEPAと善玉菌サプリは基本中の基本なので止めないでください。

判らないことがございましたらご連絡ください 今後ともよろしくお願いいたします。

PAGE TOP