カート ログイン
MENU

夏に汗で酷くなる重度のアトピー

夏に汗で酷くなる重度のアトピー

梅雨から夏場にかけて酷くなる重度のアトピーです
そちらでサプリメントを買おうと思ってますが
作用が似たものが多いので迷ってます(;_;)

ビオチン
善玉菌
EPA
ブロメライン
パントテン
は決まってます

あとボスウェリアなども気になります
ビタミンB群
アルファリポ酸
も他社のものを飲んでいて飲まない時よりは調子がいいです

どうしたらいいか混乱してます
また種類絞れるのならどれがいいですか?
何かアドバイスください
お願いいたしますm(__)m

夏に汗で酷くなる重度のアトピー

アメリカンビタミンショップ 阿部と申します。

メール拝見しました。

夏に酷くなるアトピー性皮膚炎は、乾燥肌で汗が角質層に浸み込んで特殊なカビが生えて痒くなるケースと、紫外線により角質層のセラミドが壊れて炎症が起こるというパターンがありますね。

また夏の時期の花粉に反応しているケースも考えられます。

いずれにしても、アメリカのアレルギー内科での体質改善の方法は決まっていますので、サプリ選択は以下のサプリでいくと良いでしょう。

優先順位の高い順から書いていきます。

摂取量は守らないと効果が無くなるので、決まった摂取量と予算の関係でどこまでを使うかを決めてください。

・腸まで届く善玉菌12 商品番号10411 1日2錠 食後に一度に摂取 どの食後でもOK

・ビオチン 商品番号10520 朝昼晩の食とご夜寝る前に1錠ずつ

・EPA 商品番号10506 どの食後でもOKですが1日4錠

ここまでは必須です。

・ブロメライン 商品番号10515 朝晩の食後に1錠ずつ、3か月摂取して炎症抑制効果を感じなければ不要です。

・パントテン酸 商品番号10510 朝昼晩の食後に1錠ずつ。場合によっては2年後(つまりビオチンなどの摂取が終わった後)に摂取を始めてもOKです。

・ケルセチン 商品番号10505 1日3~4錠。

・ボスウェリア 商品番号10523 1日2~4錠

どうも選ばれているサプリから考えますと、炎症や痒みが辛いのではないかと推察しますが、それならばステロイド剤をサプリと併用することをお勧めします。

ビオチンとEPAを併用していれば、皮膚が薄くなる副作用も起こりません。

炎症抑制には強い味方になってくれます。

アルファリポ酸はアトピー性皮膚炎の体質改善とは関係ないですが、細胞の元気さという意味では使えるサプリですね。
商品番号11315を読んでみてください。

上記のサプリでの体質改善には2年ほどかかります。

予算の問題ではビオチン、EPA,善玉菌を優先して、あとは3か月くらいを試してみて長期摂取に入るか決めても良いと思います。

判らないことがございましたらご連絡ください 今後ともよろしくお願いいたします。

PAGE TOP