カート ログイン
MENU

ビオチンを続けるべきでしょうか?

ビオチンを続けるべきでしょうか?

ビオチンを続けるべきかどうかの質問です。
小さいころからアトピーで、現在も、上から2番目クラスのステロイドを使用し続けています。
アトピーの改善のために、こちらのサイトを拝見し、
ビオチンを飲み始めました。
ですが、今のところ、何の実感も得られていない状況です。
すぐに実感が出ないことは承知の上ですが、このまま
続けるべきなのか不安になり、メールさせて頂きました。
現在、ビオチン・パントテン酸・オメガ3・ビタミンC、
あと、他社での製品で申し訳ないですが、カルピス社の
アレルケアを飲んでいます。
(ビタミンCは、1ヶ月前から飲み始めました)
もう少しビオチンを続けるべきなのか、それとも、
他のアプローチを考えた方が良いのでしょうか?
もし今よりも、より良い組み合わせがありましたら、
アドバイスをお願いいたします。
毎月に掛けられる予算は、¥12000程度です。
よろしくお願いいたします。

ビオチンを続けるべきでしょうか?

アメリカンビタミンショップ 阿部と申します。

土日のお休みをいただいていたため、返信が遅れまして申し訳ありません。

いつもご利用ありがとうございます。

メール拝見しました。

ご注文内容も合わせて確認いたしました。
摂取しているサプリの組み合わせと、摂取量は問題ないと思います。

一番判りやすい体質改善は皮膚の改善だと思いますが、今ある角質層はビオチンやEPAを飲む前に作られた角質層なので質は良くありません。
ビオチンとEPAを飲んだ後から作られる角質層が10層ほど重なると、少し弱めですが、良い皮膚になってきます。
1層作るのに40日ほどかかりますので(ターンオーバー)、皮膚を良くするのは時間がかかるのです。

飲んで半年だと、まだまだ質の悪い角質層が皮膚の表面を覆っているので、改善が判りにくい時期です。

改善の評価を下すのには一番難しい時期ですよね。

でも吹き出物が気になるようなら、ブロメライン(商品番号10515)を3か月くらい試して欲しいですね。
効く人は結構効きます。

アトピー性皮膚炎を体質から治そうとすれば、腸内環境を良くするしか方法はないのです。

そういう意味では善玉菌サプリは非常に大切です。

今の摂取量でやはり2年ほどで、腸内環境が好転します。

念のため、サプリの摂取量を確認したいと思います。

以下の摂取量で摂ってください。

また腸内環境の問題とは別に、まずは、皮膚や粘膜が薄くて弱い体質を改善したいと思います。
アレルゲンが外から侵入しない体質を作るのです。
皮膚や粘膜に栄養素を運ぶ毛細血管を太くするためにビオチン(商品番号10520)を使います。
ビオチンは炎症抑制のホルモンを作る働きもあります。
ビオチンは朝昼晩の食後と夜寝る前に1錠ずつお摂りください。

この摂取量は非常に重要です。

皮膚などが弱いのは、皮膚が薄いからなのですが、EPA(商品番号10506)を摂取することで粘膜や皮膚が丈夫になります。
特に乾燥肌などがある場合は、EPAを摂取しないとなかなか効果が上がらない可能性があります。
どの食事でもOKですが、EPAは食後に4錠です。

EPAとビオチンの組み合わせで質の良いセラミドが作られるので、角質層は厚く丈夫になります。
これらの体質改善にはいずれも2年ほどかかるのです。
アトピー性皮膚炎などのアレルギーなどは、そういう病気があるのではなく、ひとりの中に皮膚が薄い体質やアレルゲンに反応する白血球が多くいる体質や、炎症がひどくなる体質や、ヒスタミンが大量に作られる体質が重なっておこります。
またこれらの体質も何年も何10年もかけて作られてきているので、やはり改善にも時間がかかるのです。
しかし、アメリカのアレルギー内科では20年以上もの体質改善の実績を積んでおり、今では医師も
はっきりと治すことができると患者に伝えています。

2年ということで驚かれるかもしれませんが、これがアメリカの実情です。
お勧めするサプリメントはもともと体内で作っているものばかりで摂取過剰や副作用は起こりません。
不足する量をサプリメントで補うということで体質を良くしていこうという考え方になります。

判らないことがございましたらご連絡ください 今後ともよろしくお願いいたします。

PAGE TOP