カート ログイン
MENU

アトピーで漢方薬とサプリの併用について

アトピーで漢方薬とサプリの併用について

現在アトピー性皮膚炎で漢方の処方薬を飲んでいますが、これらのサプリを一緒に飲んでも大丈夫でしょうか

アトピーで漢方薬とサプリの併用について

アメリカンビタミンショップ 阿部と申します。

ご利用ありがとうございます。

備考欄を拝見いたしました。

漢方と以下のサプリの併用についてですね。

ケルセチン(商品番号10505)

EPAとDHA(商品番号10506)

ビオチン(商品番号10520)

アトピー性皮膚炎ということでは、アメリカのスキンケア内科やアレルギー内科ではあらゆる医薬品とサプリの併用を行ってきていますが、漢方については情報がありません。
ただケルセチンを除けばご購入いただいたサプリは、基本は健康体であれば体内にもっていないといけない栄養素です。
よってどんな医薬品(たとえそれが漢方薬でも)との併用も可能なのです。

またケルセチンもアメリカでは30年以上の使用実績があるので、かなりの併用がおこなわれています。

まず漢方薬との併用は問題ないと考えて良いでしょう。

アメリカのスキンケア内科の実績ですが、治そうとすればビオチンとEPAの摂取で治る体質だと考えられます。

皮膚炎が起こるのは、角質層が薄いからなのですが、ビオチンとEPAを摂取することで粘膜や皮膚が 丈夫になります。
ただ、この体質改善にはいずれも2年ほどかかると思われます。
体質改善により乾燥肌、色素沈着なども無くなり、お肌に良い影響が出ると思います。

余談ですが、皮膚炎が起こりやすい体質を根本から治そうとすれば、腸内環境を良くするしか方法はないのです。
ビオチンとEPAで皮膚が良くなりましたら、善玉菌サプリメント(商品番号10411) がお勧めです。

判らないことがございましたらご連絡ください 今後ともよろしくお願いいたします。

PAGE TOP