カート ログイン
MENU
7月5日

商品番号10515 ブロメライン。人気の炎症抑制ハーブでアトピーや掌蹠膿疱症の症状を緩和

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年9月14日号

ハロー!ビタミン
●ハワイからキレイと元気をお届けします●
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
バックナンバーTOPへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • ★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品
  • ★2★店長より ごあいさつ
  • ★3★商品番号10515 ブロメライン。人気の炎症抑制ハーブでアトピーや掌蹠膿疱症の症状を緩和。
    ~晩夏になると増えるアトピーの相談は皮膚炎の悪化。日焼けに弱く乾燥が酷い肌を改善。
    皮膚炎の肌の下で起こっている血流停滞による炎症物質の異常分泌は治る。
  • ★4★読専企画!メルマガ読んでもらった方だけへの
    メルマガ・バーゲン!

★1★ハロー!ビタミン 今回のバーゲン品

こんにちは、アメリカン ビタミンショップ店長の阿部好和と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

まず今回のバーゲン品は以下の商品です。
商品の詳しい内容とご購入ご希望の方は、以下のリンクをクリックしてバーゲン商品のページに飛んで下さい。

ブロメライン(炎症箇所の血流を悪化させる免疫物質を溶かし血流回復)

炎症が起こっている毛細血管は血流が停滞し更に炎症を悪化させています。
血流の停滞を防ぐためにブロメラインが胃から分泌されないと炎症体質になる。

ビオチン(お肌の血流アップで皮膚炎を予防&角質層を丈夫にする)

腸内で作られるビオチンは皮膚の血流アップと炎症抑制ホルモンの分泌に関係。
夏の厳しい環境で起こった皮膚炎を改善するには炎症部の血流回復です。

ボスウェリア(皮膚炎を引起こすロイコトリエン免疫物質の異常分泌を防ぐ)

炎症部分でよく観察されるロイコトリエンは強い炎症を起こす免疫物質。
ロイコトリエンの異常分泌を抑制するハーブとしてアレルギー内科で使われる。

AHCC(暴れて手のつけられない免疫をコントロールする物質を作る)

夏の皮膚炎は免疫の暴走が原因。サイトカインを制御し暴れる白血球を抑制。
アレルギー用サプリだけで制御できなくなった時に使われる炎症抑制サプリ。

 

★2★店長より ごあいさつ

アメリカンビタミンショップ店長の阿部と申します。
いつもご購読ありがとうございます。

「ハロー! ビタミン」専用のバーゲン品をご購入される場合は、上記の4商品のリンクから商品ページに入っていただきましてご購入ください。

今回はブロメラインの栄養学(炎症箇所の血流を悪化させる免疫物質を溶かし血流回復)の内容を新しい情報で改善しておりますが、改善の内容は商品ページをご覧ください。

夏の始まりの頃から増える、皮膚炎の相談。 アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症や脂漏性皮膚炎など、皮膚の質が悪い方にとって夏の紫外線による炎症や、日差しによる乾燥肌の悪化、炎症が炎症を引き起こす炎症の悪循環など、皮膚炎が起こる要素が一番増えるのが夏なのです。

それほど皮膚炎が増えるのであれば、なぜ皮膚炎の予防の栄養学を「ハロー! ビタミン」でやらないのかというお叱りを受けそうですが、亜熱帯化した日本の厳しい夏は皮膚炎の問題だけではなく、お肌の老化や夏バテによる免疫力の低下、細胞の機能低下など、様々な問題を引き起こします。
その中で、前回の「ハロー! ビタミン」の続きという意味で、夏の皮膚炎の栄養学を書いていきたいと思っています。(前回の「ハロー! ビタミン」ではお肌の原料を補給して、肌質を正常に保つという内容でした)

今回の「ハロー! ビタミン」では、皮膚炎の原因を述べつつ、皮膚炎が長引いた時のお肌へのダメージについてお話したいと思います。

皮膚炎は困った現象です。
しかしその皮膚炎を引き起こす、炎症という免疫現象は、ウィルスや病原菌から体を守るための大切な武器なのです。

この炎症を上手にコントロールできる体質の方は、皮膚炎などの炎症はめったに表面化しません。
しかしアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症や脂漏性皮膚炎などの炎症体質の方は炎症をコントロールできないために、皮下の炎症が毛細血管を壊し、毛細血管の周りの皮下組織を壊し、更に角質層を壊して、皮膚炎という炎症が表面化します。

炎症を表面化させない体質と、炎症を表面化させる体質には、何の違いがあるのでしょうか?

皮下の炎症が角質層を突き破って外に出てくるということは、角質層の質が悪かったり、厚さが薄い方ほど起こりやすいのです。
また皮下の炎症は皮膚が健康な方でも頻繁に起こっていますが、その炎症を様々な免疫物質が鎮静し、炎症が長く続いたり、炎症が酷くなりすぎたりしないようにしています。
この炎症が抑制できない体質の方は、炎症が炎症を引き起こし、白血球が手のつけられないほど暴れてしまう炎症の悪循環が起こっています。

夏には紫外線を防ぐ被服が薄くなりますし、紫外線も強くなります。
紫外線は角質層と角質層の間に分泌されて角質層を厚く丈夫にするセラミドという成分を分解します。(皮膚が健康な方でも海などで日焼けして皮膚が剥けるのはセラミドが壊されてしまったからです)
セラミドは主にEPAやヒアルロン酸、水やステロイドホルモンなどで作られています。

紫外線がたくさん当たりますとセラミドが分解され、更にヒアルロン酸が小さい分子に分解されます。
ヒアルロン酸は小さな分子になりますと皮膚では皮膚炎を起こします。
これが夏にアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症や脂漏性皮膚炎の方の皮膚にトラブルを起こす切っ掛けになるのです。

腸内環境が良い方であれば、腸内でパントテン酸が作られ副腎皮質が元気なのでステロイドホルモンがセラミド層にたくさん分泌され、紫外線がセラミドやヒアルロン酸を分解するのを防いでいるのですが、皮膚が弱い方はステロイドホルモンが少ないため皮膚炎がどんどん酷くなってしまうのです。

今回の「ハロー! ビタミン」でご紹介したいサプリはブロメラインというサプリです。
炎症部分の毛細血管を詰まらせて、白血球が暴れる原因を作るフィブリンというタンパク質を溶かして、患部の血流を良くして、皮膚炎を改善するサプリメントです。

ビオチンやEPAや善玉菌サプリメントの様に、体質を根本的に改善しアレルギーそのものを無くしていくサプリとは異なり、ブロメラインは今起こっている酷い炎症を改善する可能性が高いサプリメントとしてアメリカのアレルギー内科では長い間使われてきています。
夏の間に起こる炎症にもよく使われてきており、実績も出しているので、季節的要因などで炎症が酷くなりそうな時の一時使いというサプリメントとして覚えておいてください。
できれば炎症が起こりそうだという兆候があれば、すぐに飲んでもらえれば炎症を抑制し皮膚炎にまで発展させないようにする効果も期待できます。

最後にブロメラインがどうやって炎症を抑制するかお話します。
ブロメラインは本来は胃から分泌されるタンパク質消化酵素です。
皮膚炎が起こりやすい方や、様々な炎症が起こりやすい体質の方、過去にカンジダになったことがある方で、このブロメラインが胃から十分に分泌できていない方が多く報告されています。

ブロメラインは食事から入ってきたタンパク質をアミノ酸に分解(消化)し、吸収しやすくします。
消化に使われたブロメラインは腸から吸収され血液中を移動します。
ブロメラインが膨大な量の毛細血管の中を流れていき、毛細血管を詰まらせているフィブリンというタンパク質を溶かして血流を回復させます。

このフィブリンは炎症を起こしている患部の毛細血管に大量に発見されるタンパク質です。
糸状のタンパク質で炎症が酷い場所の毛細血管を詰まらせて血流を滞らせるのです。
炎症体質の方から見るとフィブリンは厄介な物質ですが、免疫という面から見ると体を守る重要な役割をしています。

健康な体質の方でもウィルスや病原菌などの侵入により病気になることがあります。
例えば風邪の菌が鼻から入ってきたとします。
鼻の粘膜で風邪の菌をキャッチして体の奥に入れないようにします。
しかし鼻の粘膜に取り付いた病原菌は、鼻の粘膜の角質層に侵入し粘膜を壊し毛細血管に侵入します。

この時点で白血球が体を守るために病原菌を発見し退治する行動に出ます。
しかし流れのある毛細血管では病原菌が逃げてしまい、活性酸素やヒスタミン、好中球エラスターゼやロイコトリエンなどの病原菌を攻撃する武器が十分に効果を発揮できないのです。
そこで免疫機構は病原菌が侵入した部分の毛細血管をフィブリンによって血流を滞らせ、血液中の活性酸素やヒスタミン、好中球エラスターゼやロイコトリエンの濃度を高めて、病原菌を攻撃し死滅させます。

こうしてフィブリンは侵入してきたウィルスや病原菌が血流によって全身に拡散しないように閉じ込めているのです。
病原菌を死滅させた後には、暴れた白血球が分泌した活性酸素やヒスタミン、好中球エラスターゼやロイコトリエンの攻撃によって患部の炎症が起こっていますが、炎症抑制のホルモンが分泌されたり、ブロメラインがフィブリンを溶かして血流を回復し、暴れ回っている白血球が一か所に留まれないようにして攻撃に使った武器の濃度を低下させるのです。

アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症や脂漏性皮膚炎などの炎症体質が厳しい方は、ブロメラインが不足しているためにフィブリンを溶かすことができずに、患部を攻撃し続けてしまい、最終的には毛細血管だけではなく、その周りの組織から、上の皮膚という組織までを壊して、皮膚炎として表面化させてしまっているのです。

夏の間の炎症では、このフィブリンが血流を滞らせていることが多いので、ブロメラインを是非、お試しください。

★3★商品番号10515 ブロメライン。人気の炎症抑制ハーブでアトピーや掌蹠膿疱症の症状を緩和。
~晩夏になると増えるアトピーの相談は皮膚炎の悪化。日焼けに弱く乾燥が酷い肌を改善。
皮膚炎の肌の下で起こっている血流停滞による炎症物質の異常分泌は治る。

商品番号10515 ブロメライン 炎症体質の方の多くに胃からのブロメラインの分泌が悪いことが判っています。血流アップで皮膚炎を改善。

ブロメライン

バーゲン品へのリンクは、こちらのブロメライン(炎症箇所の血流を悪化させる免疫物質を溶かし血流回復)をクリックしてください。

栄養学の変更内容をご覧になりたい方は、こちらのブロメラインをクリックしてください。

***********************

ブロメラインはタンパク質を消化する酵素として胃から分泌されますが、このブロメラインサプリメントはパイナップルから抽出しています。

ブロメラインは花粉症対策で問題となる鼻や目の炎症部分に溜まるフィブリンというタンパク質を溶かし、アレルギーの炎症部分の血流を上げて花粉症の辛い症状を改善する効果が期待され ています。

ブロメラインはタンパク質消化酵素の分泌が不十分な体質の方が起こすアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症などのアレルギーの改善やカンジタ膣炎(カンジタ皮膚炎)の予防にも使われることが多く、ヨ ーロッパやアメリカでは十分な評価を得ているサプリメントです。

***********************

バーゲン品へのリンクは、こちらのブロメライン(炎症箇所の血流を悪化させる免疫物質を溶かし血流回復)をクリックしてください。

栄養学の変更内容をご覧になりたい方は、こちらのブロメラインをクリックしてください。

▲TOP▲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカン ビタミンショップはハワイからキレイと元気をお届けします
~アメリカ製の厳選サプリを現地価格で~
───────────────────────────────────
企画・発行・運営  アメリカン ビタミンショップ合資会社
発行責任者     阿部好和
編集・執筆     鈴木麻里子・阿部好和
アシスタント    大野圭介
東京本社    東京都港区高輪1-20-2 シェア高輪TENTMENT 1-A
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(C) 1192 American Vitamin Shop,Inc. All Right Reserved.

PAGE TOP