カート ログイン
MENU
5月17日

紫外線過敏症と喘息です。何か良いサプリはありますか?

アトピー性皮膚炎の症状

お世話になっております。
4才と3才の子供が共に紫外線過敏症と喘息です。
何とか体質改善してやりたいと思いレバーを粉状にした幼児用のレバースティックを食事に混ぜて与えたりしています。(亜鉛が紫外線過敏症に良いと聞いたので)
子供でも服用可能な紫外線過敏症向けのサプリメントはありませんか?
お忙しい所申し訳ありませんがお教えください。
よろしくお願いいたします。

アトピー性皮膚炎の症状

アメリカンビタミンショップ 阿部と申します。
いつもご利用ありがとうございます。
メール拝見しました。
紫外線アレルギーですね。(喘息も原因体質は同じなので飲むサプリは一緒です)
基本的には、角質層間にステロイドホルモンの分泌が悪いと、紫外線により角質層間物質が破壊されて、紫外線過敏症になります。
日焼けで皮膚が剥がれやすいのも同じ原因です。
アメリカでは紫外線がアレルゲンのアトピー性皮膚炎という分類になります。(紫外線に弱いアトピー性皮膚炎といえば良いでしょうか)
よって、ステロイドホルモンを分泌させるパントテン酸を摂取しますが、この体質を作る根本的な原因が、腸内細菌によるパントテン酸の生産不足ですので、腸まで届く善玉菌12も摂取すると良いでしょう。
いずれのサプリメントも、1年~2年の摂取で体質を改善していきますので、初期のころは医薬品との併用が必要です。
もともと、腸内で作ったり、腸内に住んでいるものをサプリメントで摂取するだけなので、様々な医薬品との併用は まったく問題ありません。
乾燥肌や敏感肌、脂性肌などがあり、皮膚が薄くて弱いと感じる体質だと、角質層を厚く丈夫にする体質改善も 必要になります。
基本は、ビオチンにより皮膚の血流を高め、角質層間物質(セラミド)であるEPAをたくさん角質層間に分泌させることで、1年~2年で普通のお肌に改善が可能です。
とりあえず、上記のリンクから商品ページに飛んでいただき、内容を読んでみてください。
体質に当て嵌まるものを選んで、摂取していくと良いでしょう。
併用することによる相乗効果が得られる組み合わせとなっています。
年齢が低いので摂取量は大人の四分の一くらいです。
上記のサプリはすべて1日1錠という量がお子様の量です。
カプセルを空けて飲んでもいいですし、錠剤はミルで細かく砕いてしまって大丈夫です。
余計な情報かもしれませんが、子供は出産のときに母親の腸内環境を引き継ぐと言われています。
小さい時にアレルギーが発症する場合は、多くが母親の腸内環境が悪玉菌優勢だったことが原因と言われています。
アメリカでは妊娠する予定の方が1年~2年ほどかけて善玉菌サプリを摂取し、腸内環境を改善してから妊娠するというのがここ10年くらいの流れになっています。
判らないことがございましたらご連絡ください 今後ともよろしくお願いいたします。

PAGE TOP