カート ログイン
MENU
5月21日

目の周りの赤みが酷い

目の病気

今、目の周りの赤みが酷いのですが、それを軽減できる様なサプリメントはございませんでしょうか。

こんにちは、アメリカン ビタミンショップです。

お悩みを総合すると、皮膚や粘膜が非常に薄い体質だと考えます。
目の周りが赤らんでいるということは、乾燥肌であるとか、色白であるとか、そうした体質の一つです。
皮膚や粘膜が弱いのは、角質層が薄いからなのですが、EPAを摂取することで粘膜や皮膚が丈夫になります。
また、アレルギー体質もあるので、それも改善しないと、炎症が頻発する体質が治りません。
この2つを体質改善する方法を、以下に載せませすので参考にしてください。
皮膚と粘膜を体質改善するとすればビオチンとEPAの摂取で治る体質です。
上記のサプリメントの摂取量は、1日に4錠ずつという感じでしょうか。
ただ、こうした体質が治るのに2年くらいはかかります。(角質層20層で健康な皮膚や粘膜になります。1層作るのに30日~40日かかります。)
アレルギーがあるということなので、この体質改善でアレルゲンが外から侵入しない体質を作るのです。
皮膚や粘膜に栄養素を運ぶ毛細血管を太くするためにビオチンを使います。
ビオチンは炎症抑制のホルモンを作る働きもあります。
ビオチンは朝昼晩の食後と夜寝る前に1錠ずつお摂りください。
あとは腸内環境の改善さえ行えば、お困りの体質は体質改善できると思います。
以上の方法は、アメリカのアレルギー内科では20年以上もの体質改善の実績を積んでおり、今では医師もはっきりと治すことができると患者に伝えています。
2年ということで驚かれるかもしれませんが、これがアメリカの実情です。
体質改善の2年間で、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、徐々に根本的な改善に近づきます。
判らないことがございましたらご連絡ください。今後ともよろしくお願いいたします。

PAGE TOP