カート ログイン
MENU
5月17日

男性と女性それぞれの薄毛とサプリメント

薄毛

質問ですが、 薄毛に効果のあるサプリメントなどありますでしょうか。
男性と 女性、それぞれわかる範囲で教えていただければありがたいです。
また、家人の喫煙をなんとか禁煙へもっていきたいと考えております。
何かよい方策といいますか、サプリメントなどありますでしょうか。
ネットの宣伝で、何か錠剤(一応天然成分)のようなものを飲むと、体からニコチンを追い出して、だんだんタバコを吸いたくなくなる、という商品を売っていたのですが、正しい商品なのかわからず考え中です。
アドバイスいただければ幸いです。

薄毛

こんにちは、アメリカン ビタミンショップです。

まず 男性の 薄毛ですが、男性の髪の毛の問題は難しいですね。
栄養補給で治る場合と治らない場合があり、弊社店長も、長年苦労しています。
取り敢えず、これまでに店長が自身の為に調べて、摂取してきた サプリメントをご紹介致します。

マルチビタミン(栄養全体を考えて)
MSMサプリメント(コラーゲン(髪の毛)の材料です)
りんごペクチン(髪の毛の材料です)
ノコギリヤシ( ソーパルメット・抜け毛の原因のジヒドロステロンを抑制します)
システイン(髪の毛の材料です)
アミノ酸ダイエット(成長ホルモンの分泌を促します)
ビオチン(肌のビタミン。頭皮の血行を高めて白髪や抜け毛の改善)
朝鮮人参(高麗人参)(たんぱく質の合成を促します)

だいたいこんな感じでしょうか。
もちろん一度に摂ったわけではありませんし、幾つかのサプリメントの組み合わせなど、試行錯誤を繰り返しました。
でも、これで十分効果が出ているかというと、店長の場合は、完璧とはいえないのです。
(最終的に、毛母細胞のジヒドステロンに対する感受性が高いという、最も改善しづらい体質が原因のようです。)
学生時代からの知り合いからは、「よく持ちこたえている」とか、「少し盛り返した?」などと言われているそうですので、全く効果を得られていないわけではないようですし、店長本人も、一時期は進行する一方だった抜け毛が、現在では小康状態と感じられているそうですので、全く役に立たなかったわけではないようです。
もちろん、これらのサプリメントは髪の毛に良いということで、それぞれの実験においても優秀な結果を出しています。
ですので、これらのサプリメントで効果を得られる方も、たくさんいらっしゃいます。
発毛を促すとされる成分には、(マルチビタミンで 総合的な基礎的栄養補給を行なった上で)ビオチン・ 亜鉛・ MSM・ ビタミンBが挙げられます。
ビオチン・亜鉛・ビタミンB群は、主に新陳代謝の促進に働き、MSM(有機硫黄)は、直接髪の毛の材料(コラーゲン)になります。
(髪の毛が焦げる時のニオイは、硫黄が燃えるニオイです。)

女性の 薄毛や痩せ毛、抜け毛は、男性に比べると比較的単純な原因で起こっており、改善もしやすいと言われています。
【1】髪の毛の材料不足
髪の毛の主な材料である硫黄は、「お肌の曲がり角」とはよく言ったもので、25歳を過ぎた頃から急激に食物からの吸収力が落ち、硫黄不足によるコラーゲンの生成量低下から、髪の毛が痩せるなどの現象を引き起こします。吸収力に優れた MSM(有機硫黄)を経口摂取することにより、 コラーゲンの生成が促進され、爪や髪の毛のみならず、お肌や全身組織の強化につながります。
【2】細胞にエネルギーを取り込めない状態
比較的年齢層の高い方にみられるのですが、食べ物で得られたエネルギーを、細胞にきちんと取り込めないと新陳代謝が落ち、毛が痩せたり抜けやすくなります。 この細胞にエネルギーを取り込み、きちんと使えるようにする部分では、 コエンザイムQ10と カルニチンが協働します。「疲れやすい」「疲れが取れない」といった症状をお持ちでしたら、こちらの原因が疑われます。
【3】皮下組織の血流が悪い
毛細血管が痩せていたり、血液の粘度が強い(ドロドロ血)などの理由により、皮下組織の血流が悪くなると、新陳代謝に必要な酸素や栄養素が届きにくくなり、毛が痩せたり抜けやすくなります。早いうちから白髪が出てずっと増え続けているというタイプの方や、慢性的な冷え性をお持ちの方は、この原因を疑います。皮下組織の毛細血管を太くし、血流を高める組み合わせとして、 ビオチンと いちょう葉エキスが挙げられます。また、ご自身で「私は確実にドロドロ血だわ」と思われるようでしたら、 EPAをプラスして頂くのも良いと思います。

たくさん並べてしまいましたが、全部摂るのは大変ですので、ご自身の体調と照らし合わせて、幾つかお選び頂きたいと思います。
髪の健康と栄養学のコンテンツも、併せてご参照下さい。

続きまして、禁煙についてです。
イデオロギーに近い勢いで嫌煙運動を行なったアメリカでさえ、いわゆる喫煙者万人に有効な禁煙策は確立出来ていません。
仰るように体内蓄積ニコチンを中和もしくは排泄させ、煙草を欲しがらない体に替えていくという手法が確立されれば、とっくに”医薬品”として認可され、世界中に広まっているはずなのです。
そして、実はアメリカでは、ムリな禁煙による ストレスで 腸内環境が悪化し、喫煙のリスク以上に酷い アレルギー症状を発症する方が後を絶たず、ストレスで腸内環境を悪くするくらいなら煙草吸っててもいいよ、という医師がたくさんいるのが隠れた事実です。

「煙草を止めたい」という確たる意思を持つ喫煙者に対して、禁煙中の ストレス対策として ビタミンCを大量摂取させるケースがあり、イラつく気分をスッと落ち着かせるとして人気がありますので、お試し頂いても良いと思います。(大量:1日3g=3000mg程度)サプリメントで出来るのはせいぜいその程度ですね。
多々出回っている禁煙系サプリメントも、我慢する時のストレス回避を目的に作られたもののほうが、効果も人気も高いようです。

もちろん、吸わないで済むなら吸わないに越したことはないので、今より本数を増やさない、そして可能であれば減らすというところから、減煙→禁煙にシフトしていかれると良いと思います。
あと、周囲の方にあからさまに毛嫌いされ排除されかけると、その疎外感から余計に吸いたくなるのが喫煙者の心情です。ご家族様の健康を第一にご心配なさっているであろうことは重々承知しておりますが、もし、お客様はじめ他のご家族様が喫煙される方に対して、お家の中で煙草を吸われるのがお嫌という雰囲気を醸しているなら、逆に「キッチンに誰も居ない時なら、換気扇の下でどうぞ」など、喫煙者が煙草を吸うのに枷の無い喫煙可能場所を指定し、その一箇所のみで好きに吸わせるのも一手です。
ベランダ等屋外に出させると、孤独感と開放感を両方募らせてしまうので、嫌煙家のご家族をお持ちの喫煙者の方には、却って換気扇の下は良いそうです。

ご丁寧なお返事ありがとうございました。
やめたほうが体にいいのになーと思いつつ、あまりキツく言うのもかわいそうなので、見て見ぬふりまではいきませんが、換気扇の下ならOKという感じで吸ってもらっていました。
仕事の ストレスもあるのでしょうが、結婚当初は1日10本くらいまで減ったのですが今では1日2箱近くは吸っている感じです。
いまのところ、健康診断ではひっかかっていないのですが、夜中に変な咳をしているのも気になりまして。
禁煙するという意志がほとんど見られないので、難しいですね。タバコ代が値上がりしたらやめると言ってはいますが、微妙な感じです。
まずは、 ビタミンCの摂取を増やす方法を、食事とサプリメントから実践してみます。
薄毛のこともありがとうございました。「 髪の健康と栄養学」も読んでみます。
検討して、また注文させていただきます。本当にありがとうございました。

こちらこそ、お忙しい中ご丁寧なご返信を賜り、誠に有難うございます。
煙草の本数が増えるのは、蓄積ニコチンによる肉体的依存よりも、 ストレスから少しでも解放されたいという精神的欲求の方が強いことが多く、 ビタミンCや ビタミンB、 マルチビタミン・ マルチミネラルなど、基礎栄養素の充足をはかることによって落ち着くケースも多々見られます。
先回お話させて頂いたとおり、サプリメントでの禁煙は難しいですが、少しでも本数を減らすお手伝いが出来ればと思います。さすがに1日2箱はご家族様もお財布が痛いのではないでしょうか。

サプリメントや 薄毛について判らないことがありましたらいつでもご連絡ください。
これからもよろしくお願いいたします。

PAGE TOP