カート ログイン
MENU
5月21日

亜鉛の摂取量について

ビタミンとミネラル

KAL社の 亜鉛の購入を考えているのですが、この商品は1錠中100mgということが心配になってメールさせていただきました。
色々調べてみると、日本での亜鉛摂取上限値は30mgでした。
アメリカでの理想摂取値は50~150mgらしく日本とは差がありすぎるためどちらを参考にしていいか悩む所です。
100mgも摂って体に悪影響(過剰症?)がでないのかが一番気になります。
御返答よろしくお願いします。

ビタミンとミネラル

こんにちは、アメリカン ビタミンショップです。
亜鉛サプリメントの過剰症に関するご質問ですね。

まず、日本の基準量は生理学的摂取量といいまして、「これだけ摂れば、最低限大丈夫ですよ」「これを下回ると、欠乏症になりますよ」という容量になっています。
アメリカの基準量は薬理学的摂取量、つまり、「これくらい摂って、健康になろう」「これくらい摂ると、痩身・体質改善等の”薬理的”効果が得られますよ」という容量になっています。
片方は欠乏症を起こさない最低限の量、もう片方はその効果が得られる量と言うことで、その差は大きく、物によっては10倍近い差が出てしまうものもあるぐらいです。
日本のサプリメントでなかなか効果を得られない理由の一つが、この基準量の低さと言えるのではないでしょうか。

弊社取り扱いの、 亜鉛サプリメントは、最も吸収効率の高い、アミノ酸結合タイプの亜鉛となっております。
亜鉛はミネラル類の中では珍しく、体内蓄積性に乏しく、汗や尿と共に体外に排出されやすいという特性を持っています。
食物中に含まれる亜鉛は吸収性に乏しく、体内で有効に使われることがないまま、殆どが排出されてしまいます。
ですから、例えば牡蠣が大好物でも、 サプリメントとの併用による過剰症は起こりませんので、ご安心頂ければと思います。

亜鉛は、1日200mg以上の量を継続摂取していると、頭痛や吐き気などの過剰症状が現れますが、2~3日摂取を中断することで回復し、 過剰症の継続性は見られません。
(人によっては、200mg未満でも過剰症の症状が出る方もいらっしゃいます。摂取して頭痛や吐き気をお感じになった場合は、いったん摂取を中止して、症状が回復しましたら、100mg程度の摂取量にされるといいと思います。)

また ミネラルは、週に1回程度摂取しない日を設けることで、過剰症のリスクが極端に減ることが解明されていますので、例えばお仕事や学校などがお休みの日は、サプリメントもお休みするという摂り方をお勧め致しております。
私自身は100mgタブレットを毎朝1錠摂取し、週末は朝寝をするので、摂取をお休みするという摂り方をしています。
新陳代謝が正常化されつつあるのか、若干肌の調子が良いように感じられます。
(過剰症のリスクを減らし、尚且つ、若干節約にもなりますよね)

判らないことがありましたらいつでもご連絡ください。
これからもよろしくお願いいたします。

PAGE TOP