カート ログイン
MENU

安全なサプリメント選びとは

2002年7月に大手新聞の1面を賑わした中国製のダイエットサプリメントで副作用という記事をご記憶でしょうか? 多少古い話題になってしまいますが、アメリカンビタミンショップも サプリメントを扱う会社ですから、当時は少なからぬ影響がありました。 でも、あの主成分(フェンフェラミン)はアメリカでは1997年に既に製造が中止されていたのをご存知ですか。 商品名をフェンフェンといって食欲抑制剤としては驚異的な効果を得られるということで、当時は他のダイエットサプリメントがぜんぜん売れなくなったくらいに効果を発揮したそうです。 しかしアメリカ社会はサプリメントを摂られる方が人口の半分の約1億4000万人いるといわれていますので、市場規模が非常に大きく公共や民間のサプリメント監視団体が非常に多く、問題が発生する時は過去のデータをみてもかなり早い段階で発生しています。 通常は半年くらいでFDA(米国食品医薬品局)から製造中止の警告が発せられています。 アメリカンビタミンショップではサプリメント商品化の基準として、製造販売されてから最低で3年間以上経過しているサプリメントで、販売数もかなりの数を販売している人気のあるサプリメントを採用することにしております。 品質に問題があるサプリメントは3年以上も販売されていることはほとんどありませんし、3年以上販売されているということは、そのサプリメントにリピーターが多く付いているということですから性能の証明になると考えられます。(メーカーは売れ行きの悪いサプリメントはすぐに廃盤にしてしまいます。) そうすることでサプリメントの品質と安全性と性能に関しては問題が非常に少なくなると考えております。 またサプリメントの製造メーカーはGMP(アメリカとヨーロッパが中心になって作ったサプリメントの品質と安全管理の監査機関で、世界的な基準と言って良いと思います。日本のメーカーでGMPに参加しているメーカーは2008年10月現在ではありません)の基準に合格したメーカーで、アメリカでも毎年販売ランキングでBEST20に入る大きなメーカーを選んでおります。 GMPのチェックは以下の通りです。 自社の製造工場を持っていること。 上質の原材料を使い上質の成分を均質に保証できる技術力を持つこと。 製品の安全性と衛生面を定期的にチェックし保証できること。 このGMPのチェックに合格できるメーカーは大手の一流メーカーであると言って良いと思います。 サプリメントは消費者の口にするものですから安全性が第一であると考え、アメリカンビタミンショップとしてはGMP基準に合格している一流のサプリメントメーカーを選んでいます。 例えば、合成や天然のサプリメントを製造する時に溶剤が使われます。 溶剤とは様々な食品から成分を抽出する時に使われる物質で、そうした溶剤がサプリメントの中に残留していては健康被害を起こすこともあります。 GMP基準の一流メーカーにおいて残留溶剤の問題を引き起こすような低レベルな技術力しか持たないメーカーはまず無いと言って良いでしょう。 GMPでは残留溶剤の問題だけではなく様々な角度から細かくサプリメントの品質と安全性を厳しくチェックしていますので、GMPの監査基準を満たしている一流メーカーが製造するアメリカンビタミンショップの扱う商品は品質と安全性に自信があります。 その一流メーカーとハワイにあるアメリカンビタミンショップの子会社が直接に取引しており、メーカーとの連絡を非常に密にして様々な情報を得ております。(市場規模が大きいのでBEST20とはいっても日本の大手化粧品会社など以上の規模があります。) アメリカは訴訟社会とも呼ばれていますが、そうした中で品質や安全性に問題のあるサプリメントを製造するとメーカーは消費者から訴えられてしまいます。 アメリカンビタミンショップでは消費者と頻繁にトラブルを起こすようなメーカーはメーカー選びの基準として排除しております。 更に毎日FDA(米国食品医薬品局)や有力な民間の監視団体の警告板をインターネットで確認し、取り扱いサプリメントの安全性については万全を尽くしております。 アメリカンビタミンショップでは取り扱いサプリメントに関して「ユーザー様のお口に入るものである」という認識を何にましても優先にして活動しております。 またアメリカンビタミンショップでは、効果の十分に確認されているサプリを扱うことも重要と考えます。 アメリカの大手メーカーではOEMという手法でサプリを生産することがあります。 この方法は原材料の品質を下げて生産を行う方法で、販売業者は安価にサプリを仕入れられるので、利益が増えるためOEMで生産したサプリを採用したがる業者もいます。 例えば、ビオチンは酵素合成のビオチンと、特許製法の天然のビオチンがありますが、同じビオチンであるためOEMで作った酵素合成のビオチンも、天然のビオチンと同じラベルで売られています。 アメリカンビタミンショップではアレルギーの方が多いため、アメリカのアレルギー内科学会の推奨する天然ビオチン(ドイツにあるアレルギーリサーチ社が持つ特許製法で作ったビオチンで、善玉菌が分泌したビオチンを抽出したビオチン)を採用しています。 酵素合成のビオチンは炎症抑制には効果が確認されていますが、皮膚の血流が良くならないため、皮膚や粘膜を丈夫にする体質改善ができません。 天然ビオチンは炎症抑制効果と、皮下の血流が良くなる効果が確認されており、多くのアメリカのアレルギー内科やスキンケア内科で使われてきています。 アレルギーでセラミドの原料として良く使われるEPAもアメリカのアレルギー内科学会では鮭から抽出した海洋汚染の影響の少ないものを使うように指示しています。 アメリカンビタミンショップではOEM製法の安価な深海魚や大型魚種を原料としたEPAは採用していません。 これらの魚種は農薬や重金属を含む可能性が指摘されており、OEM専用の工場(多くはGMPの認定を受けていない工場)で生産されていて安全チェックを受けていない可能性があるEPAはアメリカンビタミンショップでは採用していません。 仕入れは高いですが安全性の高い鮭抽出のEPAをアメリカンビタミンショップでは採用しています。 こうしたサプリの安全性と、含有量などのしっかりしたサプリをアメリカンビタミンショップでは採用します。 詳しく説明しておりますのでこちらの FAQもご覧ください。

PAGE TOP