サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

01月20日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今月のトピックス

売れ筋ランキング

水虫の治療

アメリカのスキンケア栄養学では皮膚の体質改善で水虫の予防が可能であると言われています。
皮膚の改善、免疫力のアップなど日本で知られていない体質改善方を載せております。

MSM

既に水虫に罹っている方だけではなく、 老化や体調不良による水虫の発症をできるだけ予防するという観点からも、全ての方に読んでいただきたい 水虫の治療対策をお届けします。

アメリカの最新の 栄養学では水虫の治療での予防や改善、再発防止は可能であると言われています。
抗真菌剤などの医薬品だけでは未だに完治させることは難しいのですが、医学のほかに栄養学(体質改善)を併用することで水虫は予防、改善、再発防止に良い結果が出ています。
強力な抗真菌剤が発売されていますが、これらの使用と平行して体質を改善することで水虫を撃退してください。

水虫を発症させる白癬菌は比較的に身の回りに多い菌であり、接触することが多い菌であります。つまり、多くの方が白癬菌に接触していながら水虫に罹らないでいられるのは水虫になりにくい体質なのです。
逆に水虫になってしまう方はそうした体質を持っているためだと言われています。
ここでは水虫に罹らない体質を作るための 栄養学をお伝えしていきたいと思います。アメリカの水虫を巡るスキンケアでは非常に高い評価を受けている方法ですので、今後の水虫対策の参考にしてください。

シリカ

水虫に罹らない体質とは、簡単に言うと水虫が成育しにくい皮膚環境を作ることなのです。
丈夫な皮膚を作れば水虫の予防になるだけではなく、既に水虫に罹っている方の改善や、何度も再発する水虫に悩んでいる方の水虫の治療にも繋がります。こうした皮膚環境を作ったうえで抗真菌剤のような水虫の医薬品を使うことをお奨めします。

水虫が繁殖する場所は足の指の股だけではありません。爪水虫やいんきんたむしの類、また、顔などに出る黄色ブドウ球菌による湿疹など、皮膚の感染症を防ぐためにそうした感染菌が嫌う丈夫な皮膚を作れば良いのです。
丈夫な皮膚を作るためには皮膚の構造を知っておいた方が良いので簡単に説明します。

皮膚はおおまかに表皮、真皮、皮下組織という3つの組織が層になっています。

表皮という組織は角質層とも呼ばれ、1枚の折り紙の様な平面になった角質細胞の層と、角質細胞の層と角質細胞の層の間を満たしている乳液状のノリの役割を持つ層が交互に重なり合ってできています。つまり、角質細胞の層と乳液状の層がちょうどミルフィーユの様な層になっていると思ってください。

真皮とは基底細胞などの組織があります。基底細胞が28日周期で細胞分裂をして角質細胞を作り、角質層を作ります。
この基底細胞の細胞分裂の周期が遅いと新陳代謝が悪い皮膚と言われ、角質層が生まれる周期より角質層が剥がれる周期が早くなると、皮膚が薄くなり水虫などの皮膚の感染症に罹りやすくなります。

皮下組織とは基底細胞に栄養を与え、老廃物を運び去るための毛細血管網が中心になった組織です。
ここの毛細血管が細いと炎症が起こりやすくなったり、基底細胞の細胞分裂の周期が遅れたりしますので注意が必要です。

EPA

丈夫な角質層を作ることが水虫の予防や 水虫の治療で最も重要だといわれています。
角質層は足などの比較的皮膚が厚い部分では20層~30層の層状をなしています。
水虫は主にこの表皮の角質層を中心に白癬菌が根を張り菌の繁殖を繰り返して水虫の面積を広げているのです。
つまり水虫の白癬菌に侵されにくい角質細胞の層を作ることと、多少の水虫に侵されても大丈夫な厚い角質層を作ることをお奨めします。 体質改善により、これらの丈夫な表皮(角質層)を作ることは可能です。

丈夫な角質細胞とは。

角質細胞はコラーゲンというタンパク質によって作られています。コラーゲンとはバネ状のタンパク質で組織の弾力を出すために重要な働きを持っています。
このコラーゲンが不足している、もしくは、性能が低いコラーゲンで作られたタンパク質は物理的にも免疫的にも弱くなります。
引っ掻きやぶつけることで簡単に傷ついてしまう皮膚や乾燥肌などは、こうした性能の低いコラーゲンで作られた皮膚である可能性が高いのです。
もし足の皮膚がこの様な性能の低いコラーゲンで作られていた場合、水虫の原因菌である白癬菌の侵入を防ぐことは難しいと言われています。

MSMシリカで足の皮膚を構成しているコラーゲン密度を高めて水虫の白癬菌が侵入できないような角質細胞の層を作ってあげれば、白癬菌が角質層の下に侵入する時間を遅らせることができます。
アメリカの水虫の研究では足の裏についた白癬菌が角質層の奥に侵入するのに、短い方で数時間、長い方で5日ほどかかるとの結果が出ていますので、コラーゲン密度が高まった角質層を持つことができれば、白癬菌が侵入する前にお風呂で白癬菌洗い流したり、白癬菌が取り付いた角質層が新陳代謝で皮膚から剥がれたりするので、水虫に罹り難くなります。

MSMシリカの摂取を行うと、バネ状のコラーゲンの中に硫黄が多く含まれるようになります。(MSMは吸収しやすくした硫黄です。)硫黄は物質に弾力を与えるミネラルでコラーゲンに弾力を与えてくれるのです。
例えば、ゴムの樹液をそのまま固めたものを引っ張ると、それほど延びずに切れてしまいます。このゴムの樹液に硫黄の粉を混ぜて固めると皆が知っている延び縮みをするゴムになるのです。硫黄は様々な物質の弾力に関係するミネラルです。

MSMの摂取を数ヶ月~続けると、この硫黄を多く含んだコラーゲンが束になって角質細胞の細胞膜などが作られるようになるので、細胞膜が破れ難くなります。水虫の白癬菌はこの細胞膜を破って皮膚に侵入しようとしますので、この時点で白癬菌の侵入を受け難い角質細胞が作れたと言えます。

ただし、最新のスキンケアの 栄養学では、コラーゲンで作られる組織の丈夫さはケイ素というミネラルが非常に重要な役割を果たしていることが判っています。
コラーゲンは1本で存在しているわけではなく数え切れないくらいのコラーゲンが束ねられて組織(皮膚)の弾力を出しているのです。
コラーゲンの1本1本はMSMによって硫黄が十分でも、力が加わればバネの様に曲がってしまいます。
このコラーゲンのバネを束ねることでより強い弾力が出るのですが、そのコラーゲンを束ねるのに必要なサプリメントがケイ素を多く含む シリカなのです。

シリカに含まれるケイ素とMSMに含まれる硫黄が協働してコラーゲンを束ねます。ケイ素と硫黄が十分にある角質細胞の細胞膜は水虫の白癬菌が破ることが困難な細胞膜になりますので、先に述べた白癬菌が侵入する時間を長くすることができます。
白癬菌が角質細胞(皮膚)への侵入に手間取れば、お風呂などで洗い流される機会が増えるわけですから、水虫になり難い体質を得たことになるわけです。

EPA DHA

先の項目では「 水虫にならない丈夫な角質細胞の作り方」という内容でした。
この項目は「水虫にならない丈夫な角質層の作り方」という内容です。

この角質細胞と角質層の微妙な言葉の違いは。
角質細胞とは。
真皮にある基底細胞という細胞から28日周期で生み出される皮膚細胞で、1枚の薄い平面を構成しています。例を挙げるなら折り紙のようなペラペラした膜だと思ってください。
角質層とは。
ヒアルロン酸 このペラペラした膜が10層~20層重なった層状の組織です。
角質細胞の膜が生まれると EPAヒアルロン酸や水が分泌され乳液状のノリが作られ、新しく生まれた角質細胞の膜を皮膚の表面に押し上げます。更に28日経つと乳液状のノリの下に新たに角質細胞の膜が基底細胞から生まれますので、角質細胞の膜と膜の間にはEPAやヒアルロン酸や水が混ざった乳液状の物質がサンドされ層を形成するのです。

多少の 水虫に侵されても大丈夫な厚い角質層を作るとは。

通常の場合、足の裏の表面に出ている角質層を構成する角質細胞は完全に乾燥して死んでいます。
基底細胞で28日周期で1層ずつ作られる角質層は場合によっては数年を経て一番表面に現れるため、途中で徐々に死んでいってしまうのです。
もっとも、死んでいるから何も感じず外の環境に大きな影響を受けず皮膚バリアとしての働きをまっとうできるのです。

もしこの表面の角質層が生きていた場合、日焼けして剥けた直後の皮膚を想像していただければ判ると思いますが、ヒリヒリピリピリして痛くて触ることも難しいですね。
足の皮膚がこの様な状態になればあっというまに白癬菌に侵されて水虫に罹ってしまいます。
完全に乾燥して死んでいる角質細胞は水虫の好む水分が少ないために白癬菌が侵入してからの活動が鈍くなり、その結果、深くまで水虫を侵入させる前に洗い流したりできるのです。

つまり、厚い角質層を作ることは死んで乾燥した角質層の層をたくさん作ることになるので、水虫の繁殖を防ぐには重要なのです。
この厚い角質層は EPAヒアルロン酸の摂取で作ることが可能です。
厚くて丈夫な角質層を作ることは、性能の高いコラーゲンで作られた角質細胞の組織を作ることと併せて、 水虫の治療では欠かせない要素です。

ベータカロチン(ビタミンA) 水虫に対抗するための丈夫な角質細胞組織と厚い角質層の作り方はお判りいただけたと思います。
それでは、実際にできるだけ早くにこうした水虫を撃退できる皮膚を作るための方法に話を移したいと思います。

角質細胞は28日周期で新しく生まれると書きましたが、実際には生活習慣やストレス、 体質などによって生まれる周期が遅くなっている方が多いようです。
年齢にもよりますが高齢になるほど周期は遅くなります。

足の角質層は20~30層前後の丈夫な層が欲しいので、今の弱い角質層には早くに剥離していってもらいたいのです。
そのためにできること。
まずは、遅くなってしまった周期を改善する。
これは 亜鉛ベータカロチン(ビタミンA)が最適です。
亜鉛サプリメント これらのサプリメントは費用対効果が高く、併せて摂取しても1日あたり30円~50円くらいで十分に効果が得られるものですので、是非お奨めしたい方法です。
ビタミンAベータカロチンリコピンルテインアスタキサンチンなどの総称)は角質細胞をつくる基底細胞を刺激して細胞分裂を促します。
亜鉛は角質細胞をつくる基底細胞の細胞分裂に必須の栄養素です。
はやく 水虫になりにくい皮膚を造る必要がある方は参考にしてみてください。

先の項目の「水虫に勝つ新陳代謝の良い真皮の作り方」の続きになりますが、皮下の血流を上げることで先ほどの 亜鉛ベータカロチン(ビタミンA)を効果的に基底細胞まで運び、基底細胞の細胞分裂を効果的に引き起こす効果が期待できるのです。
基底細胞のすぐ下には厚い毛細血管網があり、この毛細血管を太くする ビオチンを1日あたり10mgほど摂取すると、皮下の血流が上がり基底細胞の活動が活発になるのです。

ビオチン

また、 水虫の治療には皮下の血流を上げることが、広い範囲の体質改善に繋がる動きを引き起こし、様々な方向からの体質改善から水虫にアプローチできるようになると言われています。
例えば、角質層を上手に乾燥させたり、皮膚の免疫力を高めたり、蒸れ難い足を作ったり、水虫による炎症を改善したりと良い効果が期待できるのです。

多くの美容関係の栄養学者が言っていますが、皮膚の改善には何か1つのことを徹底的に改善するよりも、広い範囲の体質を緩く改善していった方が結果が良いことが多いのです。

特にジュクジュクした水虫に困っている方は ビオチンによる炎症体質の改善は効果が期待できることが多いようです。

シリカ

水虫になりやすい方は皮膚がふやけたり蒸れたりしやすいと言われています。
つまり、皮膚に水分が浸入しやすい体質なのです。
水分が浸入しやすいということは、角質細胞に水分を弾く能力が少なく、本来は乾燥していなければならない角質細胞に水分が滲み込み、皮膚がふやけたり蒸れたりしやすいということになり、皮膚が物理的に弱くなりがちです。

もともと手の平や足首より先の足の裏は水を弾く能力が低い角質層ではあるのです。
皮膚が正常な方でもどちらかというと撥水力に欠ける部位ですから、 乾燥肌敏感肌の方、皮膚がテカテカする脂性の方や皮膚の薄い方(色白の方)、 アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方など、皮膚の保水力と油分に欠ける体質の方は更に水分に対して弱い皮膚になりがちです。

自分が皮膚の保水力や油分に欠ける体質かを判断するのに良い方法としてはお風呂を利用した方法がお奨めです。
石鹸で体を洗った後に腕や足、お腹や胸などをご覧下さい。(この時、手の平や足先ではなく、手首よりも上と足首よりも上をご覧下さい。)
皮膚に付いた水が水滴になっていれば皮膚の保水力と油分は正常です。
丈夫な皮膚を作るための スキンケアの基礎は完璧です。
しかし、皮膚が水を弾かずにベターっと皮膚に水が纏わりついているような状態の皮膚は、皮膚の保水力と油分に欠ける皮膚と考えていただいて間違いないでしょう。

本来は水分と油分を十分に保持できるこうした部位で保水力と油分に欠けるような体質の方は、水分と油分を保持し難い手の平や足先に大きな問題を抱えていることが多いのです。

  • 水仕事をすると手が荒れる。
  • 足が蒸れやすく雑菌が繁殖して足の臭いがきつくなる。
  • 水虫になりやすい。
  • 水虫になった場合、ジュクジュクした皮膚になり治りにくい。

などなど。

また、水分保持と油分保持のできにくい皮膚の方は、顔などの湿疹や皮膚炎、関節部の皮膚の炎症、首の湿疹、 かゆみなども起こりやすいことが判っています。
アレルギー体質を持っている方だと掌蹠膿疱症やアトピー性皮膚炎になりやすく、そうでない方でも 水虫や口唇ヘルペスなどの様々な皮膚感染症に罹りやすくなります。

一昔前の日本では掌蹠膿疱症を水虫と勘違いする医師も多かったと言われていますが、実際には掌蹠膿疱症と水虫は併発しやすく本当に水虫だったという例が多いようです。

ここでは角質層の質について書いてみたいと思います。
質の良い角質層とはどんな角質層でしょう?

ヒアルロン酸

  • 角質細胞を構成するコラーゲンがしっかりしている。
  • 角質細胞の細胞膜に油分が十分に存在すること。
  • 角質層と角質層の間の角質層間物質に EPAヒアルロン酸が十分に含まれること。

などが挙げられるでしょう。
上記の質の良い角質層を作ることで水分と油分を保持した、ふやけない皮膚を作ることが可能です。

★しっかりしたコラーゲンを作れるようにするには。
MSMが最適です。コラーゲンを作るのに唯一不足している原料が硫黄という ミネラルですので、吸収しやすくした硫黄のサプリメントであるMSMサプリメントの摂取をお奨めします。

★角質層の細胞膜に十分な油分を供給するには。
大豆レシチンが最適です。レシチンは細胞の細胞膜を構成する重要な栄養素です。
細胞膜は細胞の中に栄養素や酸素を取り込み、細胞の中で作られる老廃物を排泄する重要な働きがあり、油性と水性の両面の性質を持っています。 レシチンは特に細胞膜の油面を保持するのに必須の栄養素です。

★角質層間物質を十分に分泌するには。
EPAが最適です。特に今回の様に油分の不足によって耐水性が弱くなっている皮膚を改善するには、皮膚の油分の主要成分であるEPAがお勧めなのです。
アメリカの 水虫の研究を行っている栄養学者の多くが、体質改善ということで最も重要なのがEPAであるということを強調しています。

MSMサプリメント 大豆レシチン EPAとDHA(オメガ3) マルチミネラル

善玉菌 乳酸菌 腸内細菌

最近ではテレビでも抗真菌性の治療薬の宣伝が盛んに行われていますね。
これらの抗真菌剤は確かに 水虫を引き起こす白癬菌を減らすことはできるのです。
顕微鏡の中のテストでは100%の効果を発揮しうるでしょう。

しかし、体内に共存している真菌類や腸内細菌などは顕微鏡の中の菌の様に裸でいるわけではないのです。
多くは粘膜を分泌しその中にひっそりと暮らしているので、抗真菌剤や抗生物質などがなかなか効果を発揮できないのです。
皮膚の奥に喰い込んだ白癬菌を抗真菌剤で駆逐するのは非常に厄介であることは間違いありません。

例えば胃の中のピロリ菌を駆逐するために抗生物質の摂取という治療を行う方法がありますが、抗生物質は他の部分に与える影響(例えば 善玉菌(コッカス腸内細菌や乳酸菌)を殺してしまうなど)が大きいため、せいぜい1週間~2週間ほどの治療期間に留まります。
これくらいの治療期間だと完全に胃粘膜の奥にいるピロリ菌をすべて滅菌できるかといえば、なかなか難しいのが現実です。

某乳酸菌飲料でピロリ菌を乳酸菌が駆逐する顕微鏡映像のCMがありますが、それほど簡単にピロリ菌が減るわけではありません。
乳酸菌によるピロリ菌の駆逐は粘膜などの影響により非常に時間がかかります。
アメリカでは アシドフィルス菌によるピロリ菌の駆逐を行う方が多いのですが、通常は数ヶ月~1年ほどかけてサプリメント摂取を行うのが一般的です。
アシドフィルス菌ただし、抗生物質の様に短期間しか使えないというものではないので、時間をかけてピロリ菌を駆逐することは可能です。
ちなみに善玉菌による腸内の悪玉菌の駆逐も通常は1年~2年かかります。
白癬菌に一度感染し、発症してからの時間が長くなると抗真菌剤だけで水虫の治療するのはかなり難しいのです。

水虫

水虫の原因の白癬菌を駆逐するにも非常に時間がかかるのですが、実はもっと厄介なことがあるのです。
・水虫の原因の白癬菌
・胃炎などの原因のピロリ菌
・カンジタ皮膚炎などの原因のカンジタ菌
などなど
これらの厄介な菌類は比較的に身の回りに多く存在する菌なのですよ。

つまり、いくら抗真菌剤で白癬菌を駆逐しても、次から次へと新たな白癬菌にアタックを受けて、弱い皮膚は食い破られてしまうのです。
よって、抗真菌剤を使って 水虫の治療をするのと平行して、前の水虫対策の項目でご紹介した EPAMSMなどのサプリメントで角質層を丈夫にするということをやっていかなければ、水虫の再発は防ぐことが難しいのです。
MSMサプリメント 逆に言うと、身の回りに多く存在する白癬菌だとしても、強い角質層を持っていれば水虫になる可能性は非常に低いのです。(実際には強い角質層を持っていても水虫になってしまう方もいます。)

なぜアトピーや掌蹠膿疱症に水虫などの皮膚感染症が多いのか?

アトピー 症状

店長はメールやお電話でお客様からのご質問をいただくことが多いのですが、その半分くらいは掌蹠膿疱症やアトピー性皮膚炎などの アレルギーの方なのです。
そのご質問に関するやり取りでサプリメントによる アレルギー体質改善を行うために個人個人の体質を細かくお聞きすることが多く、その中の質問に「水虫やカンジタ、口唇ヘルペスなどの皮膚感染症はありますか?」ということを聞かせてもらいます。
そうすると結構多いのですよ。
水虫が。。。。

実際にアメリカの統計を見ても、 アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などの皮膚に症状が出るタイプのアレルギーの方だけではなく、花粉症やリウマチなど皮膚とはまったく関係ないアレルギーでも、水虫やカンジタ、口唇ヘルペス、口内炎など菌による感染症を併発しやすい方が多いのです。

その理由については多くの医学者や栄養学者が説明していますが、 アレルギー体質の方は皮膚や粘膜の免疫力が弱いため、皮膚感染症の菌が付着した時に簡単に体内に入られてしまう、というのです。

アレルギーの方と水虫になりやすい方の共通点

前項で、アメリカの統計でアレルギーの方の 水虫の感染率が統計的に高いと書きました。
その理由としてアレルギーの方は皮膚や粘膜の免疫力が弱いから、というように簡単に説明しています。

この皮膚や粘膜の免疫力が弱い原因というのは、 アレルギーの体質の一部と関係があるからなのです。

  • 皮膚が薄くて弱い
  • 腸内環境が悪い
  • 炎症体質が悪い
  • 肥満細胞が過敏でヒスタミンが大量に作られる

この4つの体質がアレルギーを引き起こす基本的な体質なのですが、水虫になりやすい方にもいくつか共通の体質があります。

  • 皮膚が薄くて弱い
  • 腸内環境が悪い
  • 炎症体質が悪い(アレルギーの方ほど酷くはありません)
  • というのが水虫の方が持っている体質です。

アレルギーの4つの体質のうち、3つも共通の体質を持っているのです。
逆に言いますと、アレルギーの方は水虫になりやすい3つの体質を持っているので、 水虫に感染しやすいのです。

皮膚の免疫力が落ちる原因

尋常性乾癬

上記の項目の続きです。
実は、
・皮膚が薄くて弱い
・腸内環境が悪い
この2つの体質が重なると皮膚や粘膜の免疫力が弱くなるのです。

・皮膚が薄くて弱い
という体質は物理的に皮膚が弱いため白癬菌や口唇ヘルペス、カンジタ感染菌などの皮膚への侵入を容易に許してしまうのです。

・腸内環境が悪い
という体質は皮膚や粘膜を守っているTH1という白血球の量を減らすことになるので、侵入してきた白癬菌などの皮膚感染症菌を攻撃する能力が低く、水虫を定着させてしまうのです。

便秘

ここまで読んできて疑問を感じる方も多いかもしれません。
「自分は 便秘ではないから腸内環境は悪くないはずだ。」
腸内環境が悪いという実感は無いな。」

しかし、アメリカの水虫の体質の研究では非常に高い確率で水虫の方の腸内環境が悪いという統計が出ています。

また、少なくない確率で 亜鉛が不足していて胸腺という免疫組織の司令部のような組織が萎縮して、免疫機能の低下を起こしている方も多いのです。
でもここで自分は腸内環境は悪くないはずだから亜鉛不足に違いないと考えるのはまだ早いと思います。

便秘の方は間違いなく腸内環境が悪いですが、では、便秘で無いから腸内環境が良いかというとそうとは言えないのです。
アメリカで便秘でない方を集めて腸内環境の状態を調べた研究がいくつもありますが、多くの方が悪玉菌優勢であったという結果が出ています。
日本人でもアメリカナイズされた食事や生活習慣を持っている方には、この腸内環境が悪いという可能性は十分に考えられるのです。

便秘でないのは単に腸という筋肉の、便を押し出す筋力が強いからだということもあるのです。
女性に便秘が多いのも女性ホルモンが邪魔をして腸の筋肉がつきにくいからだと言われていますが、腸の筋力が強ければ悪玉菌優勢の 腸内環境でも便秘にはならないのです。

腸内環境が悪いという実感( 便秘や下痢、腹腔のガス、おなら、 肌荒れ、炎症体質など)が現れるのは、相当に腸内環境が悪い方であり、比較的悪いという程度では実感を伴わない方のほうが多いでしょう。
しかし、腸内環境が悪ければTH1という白血球が減ってしまうので、 水虫に罹りやすくなってしまうのです。

アメリカの多くの皮膚科で行う 水虫の体質改善は、 善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)による腸内改善です。
亜鉛を飲んだり、 エキナセアを飲んだり、 ビタミンBを飲んだりして免疫力アップを行う専門家も多いですが、高い確率で行うのが腸内環境の改善なのです。

腸内環境が悪い方が 善玉菌サプリメントを飲んでもすくに効果を発揮するわけではありません。
腸内に2kgはいると言われている腸内細菌が悪玉菌優勢に傾いているのですから、善玉菌を摂取しても始めはほとんど悪玉菌に殺されてしまいます。しかし、半年~1年も摂取していると悪玉菌の味方をしていた日和見菌と呼ばれる種類の腸内細菌が善玉菌の見方をする時期がします。
そうなると悪玉菌は急激に減り、悪玉菌を監視しているTH2という白血球が減るのです。

善玉菌(乳酸菌 腸内細菌) 亜鉛サプリメント エキナセア ビタミンB

皮膚や粘膜を監視しているTH1白血球と、悪玉菌(腸内環境)を監視しているTH2白血球は相関関係があり、片方が減るともう片方が増えるという関係なので、悪玉菌が多いときはTH2が多く、TH1が少ないのです。
善玉菌の摂取で 腸内環境が改善されればTH2が減るので、自然とTH1白血球が増えて皮膚や粘膜を守ってくれるようになるのです。

水虫

家族に 水虫の方がいると、家族内感染が起こる可能性が高くなります。
家族が体質が似ているという点と、食事が似ているという点から水虫を引き起こす3つの体質を共通して持っている可能性が高いからなのです。

しかし、アメリカでの詳細な調査でそれだけでは無い事が判っています。
水虫の原因である白癬菌に侵された角質層は新陳代謝を起こして皮膚から脱落していきます。
脱落した角質層に巣くっている白癬菌はしばらくの間は活動を続けますが、皮膚の免疫力を担当するTH1の攻撃を受けなくなるので、一時的に非常に増えるのです。
それを他の家族が足裏で踏んづけてしまうと、免疫力に抑えられていない白癬菌は他の家族に感染しやすくなるのです。

よって、水虫に罹っている方は家庭でもできるだけ靴下をはいて、他の家族へ水虫をうつさない配慮が必要です。
よく水虫の方は裸足でいる方が良いと言われていますが、これは1人暮らしの方だけに言えることで、家族がいる場合には当て嵌まりません。

また、お風呂のマットには白癬菌が繁殖しやすい条件が多くありますので、 水虫の方が使用するマットは別に用意する方が賢明でしょう。

以上で水虫の特集は終わりです。
体質改善で予防改善が可能な部分も多いということがお判りいただけましたでしょうか。
今後の 水虫の治療と予防にお役立ていただければと思います。

▲TOP▲

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.