サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

12月13日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今月のトピックス

売れ筋ランキング

花粉症の症状

アメリカのアレルギー内科では、花粉症は体質改善で、治療は可能だと多くの医師が言っています。ただし、花粉症の原因がいくつかに分かれているので、それぞれの原因に合致した体質改善方法を見つけなければなりません。
以下に、体質改善方法を探す手がかりになる情報を集めました。
かなり文章量が多いのですが、がんばってお読みいただき、ご自身の体質改善方法を探していただければと思います。

ケルセチン(抗ヒスタミン剤)

九州から東京までの花粉飛散予想は2月前半のようです。花粉はその年により飛散量が異なり、多いと、前年の2倍から3倍も飛んだり、少ないと前年の半分以下などということもあります。
多い少ないはあっても、花粉が飛ぶことだけは確実ですから、 花粉症アレルギー性鼻炎には予防が大切です。
花粉の飛散から花粉症発症まで数日のタイムラグがありますが、この間にできるだけ炎症を抑える方法を採っておくと、その後の 花粉症の症状を抑えることが楽になります。

花粉症の症状を抑えるサプリメントとして10年以上アメリカで人気を保っているサプリメントが、 ケルセチンブロメラインです。

花粉症は アレルギーです。
なんか当たり前のことをえらそうに書いてしまいました。
でも花粉症や アレルギー性鼻炎のメカニズムを詳しく知っている方は多くはないのではないでしょうか?
まずは花粉症の症状はなぜ発症するかを知って、対策を施す方が改善率が高くなることがアメリカで統計上で証明されていますので、この辺りのお話からさせていただきます。
この時期の花粉症で問題となるのはスギ花粉ですので、スギ花粉の話をしますが他の花粉や他のアレルゲン(この場合は アレルギー性鼻炎)も同じです。

腸内細菌

アレルゲンのスギ花粉が口や鼻や目などの粘膜から侵入するとTh2という白血球が反応し、グロブリンEという免疫抗体を大量分泌します。このTh2は体外から侵入する異物を監視している白血球で、悪玉菌や寄生虫などを監視するのが主な役目となっています。
この白血球が 花粉症の人の場合、スギ花粉を敵(異物)と判断しスギ花粉を攻撃するための手始めとしてグロブリンEを分泌します。グロブリンEはIgEとも呼ばれ日本でも病院や検査機関によってはIgEの値を調べるところもあるようです。
ただし、アメリカでの調査では アレルギーの症状が出ていない方でもグロブリンEの値が異常に高い方もいるということで、その値だけでアレルギーのレベルを量ることはできないようです。

グロブリンEは肥満細胞のレセプターに差し込まれると肥満細胞の中に ヒスタミンを作り出します。アレルゲンの量が多く侵入するとそれだけグロブリンEが大量に分泌されますので、レセプターに差し込まれる量が増えてヒスタミンの作られる量が増えます。
ヒスタミンが花粉症や アレルギー性鼻炎の目や鼻のかゆみや炎症の原因物質なので、花粉が多く飛散する時期に目や鼻などにかゆみや炎症などの花粉症の症状が起こるわけです。

ちなみにTh2は悪玉菌を敵と判断していますが、常に腸内に存在しているため慣れてしまいグロブリンEの分泌量はそれほど多くはありません。これは花粉症の治療にも応用され減感作療法という治療法が開発されています。アレルゲンに慣れてしまうことでTh2のアレルゲンに対する反応を穏やかにさせようとする方法です。(あまり実績をあげていないので減感作療法はお奨めできません。)

花粉症は4つの体質が重なって起こっている アレルギーで、病気ではないということが判っています。
花粉症の4つの体質とは。

  • 炎症をコントロールできない体質
  • 目や鼻の粘膜が弱い体質
  • 腸内に悪玉菌が多い体質
  • ヒスタミンを異常分泌してしまう体質

上記の4つの体質のうち サプリメントで比較的短期間で改善できる体質が2つあります。
アメリカではこの2つの体質を改善することで花粉症の症状を軽くする治療法が15年以上前から行われています。

花粉症の症状が出る前に対策をしておくことで花粉症を軽くする方法は、「炎症をコントロールできない体質」と「ヒスタミンを異常分泌してしまう体質」を改善する方法です。

花粉症で炎症をコントロールする方法は大きく2つあります。

ビタミンC

かゆみや炎症の原因となるヒスタミンを作らせない方法は以下の通りです。

より完璧に短期対策を行うには上記の5つの アレルギーサプリメントを摂取するべきですが、アメリカで特に花粉症対策で人気の高いのが ブロメラインケルセチン(抗ヒスタミン剤)ビタミンCです。

これらは花粉症の症状が始まる前から摂取すると、より効果的に花粉症の症状を緩やかにしてくれますので、花粉の飛散時期が近づいている今はできるだけ早くに摂取をお奨めします。

次章では花粉症を根本から 体質改善する方法をご説明します。
アレルギーは体質なので花粉症も体質改善を行うことで根本的な改善を行うことができます。粘膜や皮膚を強くして外からアレルゲンが入ってくるのを防ぐ方法と、 腸内環境の改善を行うことで花粉症は改善できると言われています。
ただし、これらは半年~2年位はかかる体質改善法なので花粉症が近づいている今には使えない情報ですので、後ほど詳しくお話しします。

ブロメライン

前章では ケルセチン(抗ヒスタミン剤)ビタミンCによるヒスタミン抑制と、 ブロメラインによるフィブリンの分解で炎症箇所の血流を改善し炎症を抑制するということで花粉症の症状である、炎症やかゆみを低減しようというお話でした。

しかし、粘膜が弱い体質や 腸内環境が悪い体質は改善に時間がかかり、今の時期から花粉症対策として行っても効果を感じることができる方は非常に少ないはずです。
もちろん、 アレルギー性鼻炎の方の改善にも使える改善方法ですので是非参考にしてください。

花粉症の方の粘膜は弱いということが判っています。
粘膜とは眼球の周りや鼻の中、喉、性器、胃腸などを構成する皮膚のことで、普通の皮膚と比べて組織の結合力が弱いため、炎症などによって粘膜組織が壊されやすいという特性があります。
花粉症やアレルギー性鼻炎の方はもともとが粘膜の組織が普通より弱いため、ヒスタミンによる炎症が始まってしまうと炎症の悪循環が強く働き、 花粉症の症状がどんどん悪化してしまうのです。

花粉症やアレルギー性鼻炎の様に皮膚ではなく粘膜に症状の出る アレルギーをお持ちの方は、粘膜の組織強化と粘膜の炎症抑制能力の強化で、 アレルギー体質改善を行ってください。

MSM

まず粘膜の組織強化に使われるサプリメントが MSMというサプリメントです。MSMはメチルサルフォニルメタンの略語で有機硫黄と訳します。
硫黄は安全性の非常に高いミネラルで、栄養学的には水と同じくらいの危険度と言われています。体内に多く存在するミネラルで、あらゆる食品に含まれています。ただし、食品中の硫黄は無機硫黄が多く吸収されにくいため、25歳を過ぎる頃から吸収量が減り体内で使用する量を下回る不足が起こってきます。
MSMサプリメントは吸収されやすく硫黄を加工した商品で、不足しがちな硫黄を補給する方法としては最も効果的なサプリメントです。アメリカでの販売実績も非常に多く、 アレルギーの方や、関節痛の方、お肌の衰えの気になる方などに人気があります。特に 美肌スキンケアとしての販売実績は高く、20年くらいのロングセラーとなっており、その期間中に安全性の問題も起こしたことがなく安全性の高いサプリメントとなっています。

MSM(硫黄)はコラーゲンの弾力を出すために必要とされる栄養素で、硫黄の不足しているコラーゲンはバネの能力が低く、その性能の低いコラーゲンで作られた皮膚は弾力がなく、シワになりやすいと言われています。

アトピー性皮膚炎などの皮膚の改善ではよく MSMサプリメントが使われ、引っ掻きに強い皮膚を作るために役立っています。

ホーステール(シリカ)

弾力のないコラーゲンで作られた粘膜組織は弱く、バリアとしての性能が低いため、花粉などのアレルゲンの侵入を防ぐことができずに花粉症やアレルギー性鼻炎などの炎症症状を酷くしてしまいます。MSMサプリメントを摂取して優秀なコラーゲンを作り強い粘膜を作ることが花粉などのアレルゲン対策になることはアメリカでは証明されており、粘膜へ症状の出る アレルギーには高い頻度で使われています。
また、強い粘膜を作るには硫黄の他にケイ素というミネラルも必要です。 ホーステール(シリカ)というハーブに吸収されやすいケイ素がたくさん含まれますので、徹底的に強い粘膜を作りたいならというお奨めです。
粘膜を強化する栄養学を詳しく知りたい方は、 MSMサプリメントとホーステールを精読してみてください。

ベータカロチン(ビタミンA)

花粉症や アレルギー性鼻炎の方の粘膜が炎症を起すときに大量の活性酸素が発生します。この活性酸素が粘膜の組織やその下部の毛細血管を壊して鼻水や涙となって症状が現れますので、この活性酸素をできるだけ処理することが重要なのです。
前の章では ブロメラインで毛細血管の詰まりを改善して活性酸素の発生を抑えるということでお話しましたが、本来は粘膜とその周辺の組織が持っている活性酸素に対抗する働きを高めてあげることでも、粘膜の炎症を軽減できるのです。

その活性酸素に対抗する方法とは、 抗酸化サプリメントと呼ばれるビタミンを大量摂取する方法です。
鼻や目の周辺の粘膜や内臓などの粘膜には本来は ベータカロチン(ビタミンA)ビタミンEビタミンCが存在しており、これらの 抗酸化剤を摂取することで粘膜で発生する活性酸素を無毒化して、粘膜を炎症から守ることができるのです。

活性酸素とは電子が1つ不足している酸素で、他の組織から電子を奪い、その組織を壊してしまいます。組織が破壊されると炎症やかゆみが起こりますから、活性酸素対策は必須です。
これらの 抗酸化サプリメント(抗酸化剤)は活性酸素を中和するために自分の電子を活性酸素に渡します。
粘膜を直接に守っているのはビタミンAですので、ビタミンAは自分の電子を活性酸素に渡し、ビタミンAラジカルになってしまいます。ビタミンAラジカルは悪いビタミンAで、それ自体も回りの粘膜組織を傷付けてしまいますので、このビタミンAラジカルをビタミンEで、もとのビタミンAに戻してあげなければなりません。
ビタミンEはビタミンAラジカルをビタミンAに戻した後にビタミンEラジカルという悪いビタミンEになりますが、ビタミンCが自分の電子をビタミンEラジカルに渡して普通のビタミンEに戻します。
通常、ビタミンCラジカルは腎臓から尿として排泄されてしまいますので、電子のバケツリレーはここで終わりますが、 アントシアニンケルセチンのようなフラボノイド(ビタミンP)があるとビタミンCラジカルは再びビタミンCに変換されて、抗酸化剤のバケツリレーに復活することができます。

花粉症 症状

去年の同じ時期にも書いていますが、今年もそろそろ 花粉症のサプリメントが売れ出しましたね。
毎年毎年、同じように花粉の飛翔予報に従って、西の方にお住まいの方から花粉症のサプリメントが売れ始めます。それがだんだん北上して徐々に終わっていくのです。
ここ数年で花粉症をサプリメントで予防改善しようという考え方が日本に定着してきたせいか、年毎に販売数が伸びていきます。医学的な方法しか持たなかった日本にも、栄養学による体質改善という考え方が根付いてきたのかなと思います。

人間の体にとって欠くべからざる免疫機構というシステムは、複雑ですべての解明が行われている訳ではないのですが、 アレルギーの方のアレルゲンに対する反応が起こる仕組みは、アメリカやヨーロッパで行われている栄養学が多くを解明しています。
花粉症アレルギー性鼻炎などのアレルギーを持つ方の免疫機構がアレルゲンにどう反応し、その後どの様な経路を経て、目や鼻の炎症や かゆみにつながるかはほぼ解明されています。

  • 粘膜や皮膚から花粉などのアレルゲンが侵入します。
  • 粘膜に多く存在するTh2という白血球がアレルゲンを敵と誤認し、アレルゲンを退治するために免疫抗体を作り出します。
  • 花粉症ではグロブリンE(IgE)という免疫抗体が異常分泌します。
  • グロブリンEは肥満細胞(マスト細胞)のレセプターに差し込まれ、肥満細胞は ヒスタミンを大量に作り出します。
  • ヒスタミンは敵を攻撃するための免疫機構の重要な武器です。
  • 肥満細胞内に充満したヒスタミンが肥満細胞がパンクすることで粘膜に流れ出し炎症とかゆみを起こします。
  • 炎症を抑制する ステロイドホルモンの分泌が悪く炎症が悪化します。
  • 炎症によって毛細血管にフィブリンというタンパク質が詰まり毛細血管で好中球が活性酸素を大量発生させます。
  • 活性酸素は敵を攻撃するための免疫機構の重要な武器です。
  • ヒスタミンや活性酸素の攻撃により自分の組織が壊され花粉症の炎症や かゆみが発生します。

花粉症 サプリメント

上記の様な流れで 花粉症の症状が発症しますが、花粉などのアレルゲンはもともと敵ではないので、ヒスタミンや活性酸素で攻撃する意味がありません。
結局は自分の組織だけが傷つき、 花粉症アレルギー性鼻炎などのアレルギーが発症します。

亜鉛サプリメント

なぜ 花粉症の方は自分の免疫機構が花粉を敵と誤認してしまうのでしょうか?
それはTh2という白血球の異常発生と深く関係しています。
Th2はヘルパーT細胞と呼ばれる免疫細胞の1つです。このTh2はTh1という白血球と深く関連しており、Th2が増えるとTh1が減って、Th1が増えるとTh2が減るという相関関係にあります。

Th1は病原菌やウィルスなどを監視している白血球です。通常はこのTh1が大量にいることが好ましいとされています。
体内に初めて入ってきた病原菌やウィルスはTh1によって抗原として認められ、敵として記憶されます。
その後、再び病原菌やウィルスなどの抗原が体内に侵入すると、敵の侵入を受けたということでTh1は抗体を大量分泌し、敵を攻撃するための免疫活動を開始します。
これは通常の免疫の働きとして正常な働き方と言えるでしょう。健康を維持するためにできればTh1を増やして免疫力を高めていただければと思います。そのためには 善玉菌(コッカス菌 腸内細菌)の摂取によって 腸内環境を良くしたり、 亜鉛ビタミンBを摂取することをお奨めします。

パントテン酸(ビタミンB5)

花粉症の方は先の項目でも述べているTh2という白血球の異常発生が起こっています。
また、花粉症の方の免疫機構が本来は無害な花粉を敵と勘違いするのは、Th2という白血球の異常発生の時期が花粉の飛散の時期と重なることが原因の1つだと言われています。

Th2は寄生虫や腸内の悪玉菌を監視している白血球です。
アレルギーの方はTh1が少なくTh2が異常に多いと言われています。
体内に寄生虫や悪玉菌が大量にいるとTh2が増えます。

アレルギーが発症するには4つの体質が重なる必要がありますが、その4つの体質の1つがTh2の異常発生に繋がる腸内の悪玉菌の異常発生なのです。
アレルギー体質の方はもともと生まれついて肥満細胞(マスト細胞)というヒスタミンという炎症物質を作り出す体質を、強く持っています。しかし、これだけでは 花粉症などのアレルギーは発症しないのです。
このもともと持っている体質に、先の腸内の悪玉菌の異常発生(Th2の異常発生)が重なり、更に皮膚や粘膜が弱くなるという体質が重なり、更に 腸内環境の悪化が原因の炎症体質という体質を引き起こし、それらが重なった時に アレルギーが発症するのです。

時間をかけて徐々に体質を悪くしながら、これらの4つの悪い体質が重なった時期が花粉の飛翔の時期と重なると 花粉症になりやすいと言われています。
以前のアレルギーの栄養学では粘膜が弱い方が花粉症になり、皮膚が弱い方が アトピー性皮膚炎になり、更に皮膚が弱い方が 尋常性乾癬になると言われていたのですが、4つの体質が重なった時期が花粉の飛翔の時期で、尚且つ粘膜が弱い方が花粉症になりやすいと改まりました。

花粉症の症状が出る方は、たまたまアレルギーを発症するのに必要な4つの体質が重なった時に、身の回りに大量に存在していたチョット特殊なタンパク質が花粉だったのです。
花粉は古代の地層から化石で発見されるくらいに強固なタンパク質で、胃酸の ブロメラインによってもアミノ酸への分解が難しく、腸にまでタンパク質のまま運ばれてしまうのです。
花粉症の方は腸内に悪玉菌が大量に存在するので腸壁の粘膜には大量のTh2がいます。この腸壁にいるTh2はタンパク質を敵と判断しますので(本来は胃酸により胃の中でタンパク質はすべてアミノ酸に分解されますが、病原菌などのタンパク質は分解されないものが多いので、腸内にあるタンパク質は基本的には敵と判断されます。)たまたまTh2が増えた時期と大量に花粉が入ってくる時期が重なると、花粉というタンパク質を異常発生したTh2が敵と誤認し、記憶してしまいます。
これが 花粉症の発症の原因の1つです。

花粉症の研究の進むドイツでは ケルセチンは抗ヒスタミン剤として医薬品認定されています。

ケルセチン 抗ヒスタミン剤

花粉症対策でお奨めするサプリメントは ケルセチンです。
ちなみにケルセチンはハーブによる花粉症改善の研究が進んでいるドイツでは、花粉症の症状を緩和する医薬品として認定されています。

粘膜に多く存在する肥満細胞のグロブリンEに対する感度を鈍くして、肥満細胞がヒスタミンを作らないようにする ケルセチン(抗ヒスタミン剤)は花粉症対策の中心的存在です。アメリカでも花粉症対策として毎年高い人気を誇ります。
アメリカ、ドイツ、フランス、オーストラリアなどで高い評価を受ける アレルギーサプリメントです。
ちなみに、 アレルギー性鼻炎にもケルセチンは使われます。

ブロメラインは花粉症のかゆみと炎症を改善するサプリメントです。

ブロメライン

ケルセチン(抗ヒスタミン剤)と一緒に摂って効率よく花粉症を予防改善するサプリメントとして ブロメラインをご紹介します。
ブロメラインはパイナップルの茎から抽出するタンパク質消化酵素で似たものが胃酸として分泌されています。

花粉症の目や鼻の炎症箇所では大量の活性酸素が発生して粘膜及び毛細血管を傷つけています。これを放置すると かゆみや鼻水、涙という花粉症の辛い症状が出始めるのです。
ブロメラインは毛細血管を詰まらせて活性酸素の大量発生を起す原因となるフィブリンという糸状タンパク質を溶かして、毛細血管の詰まりを改善し活性酸素の大量発生を防ぎます。また、花粉症の炎症を起こしている粘膜の血流を良くすることで粘膜に栄養と酸素を届け、粘膜自身の健康を保つ働きを促進します。

ブロメラインは花粉症の症状が始まってからでも効果を発揮しますが、既に起こってしまっている炎症を抑えるには粘膜の再生を待たなければならないので時間がかかります。
アメリカでは花粉の飛散する時期の少し前から摂取して、フィブリンが引き起こす毛細血管と粘膜の炎症を予防する方法が最も良いとされています。
ちなみに、 アレルギー性鼻炎にもブロメラインは使われます。

MSMは目や鼻の粘膜を強化するサプリメントです。

MSM

花粉症対策でお奨めするサプリメントは MSMサプリメントです。
MSMは有機硫黄というミネラルで、花粉症や アレルギー性鼻炎アトピー性皮膚炎などで粘膜や皮膚を丈夫にするために摂取されています。
もちろん、MSMはそれだけで使われているわけではなくて、最も販売数が多いのが 美肌スキンケアとしての売り上げです。その他にも コンドロイチンとグルコサミンなどと併用して変形性股関節症や変形性膝関節症などでも需要があります。よって、MSMサプリメントの販売数はアメリカのサプリメントの中でも常に上位に存在し、効果や安全性が証明されています。

花粉症やアレルギー性鼻炎の方は粘膜を構成するコラーゲンの性能が悪いことが多く、そのために大量のアレルゲンを受け入れてしまったり、粘膜組織が炎症によって簡単に壊れてしまい、かゆみや炎症の悪循環が引き起こされていますので、強い粘膜を作る MSMサプリメントは、アレルギーの 体質改善で欠かすことのできないサプリメントです。
コラーゲンを摂取しても性能の高いコラーゲンは作れません。MSMで高性能のコラーゲンを作って粘膜を強化してください。

ベータカロチン(ビタミンA)で目や鼻の粘膜を活性酸素の攻撃から守ってください。

ベータカロチン(ビタミンA)

アメリカの食品医薬品局は高齢者を肺炎から守るために肺の粘膜を強化する ベータカロチン(ビタミンA)の摂取を積極的に奨めています。
ビタミンAは全身の粘膜に最も多く存在する 抗酸化サプリメントと呼ばれ、活性酸素による粘膜の炎症を防ぐために重要な働きを持っています。
花粉症やアレルギー性鼻炎では目や鼻の粘膜が活性酸素により炎症を起こしますが、ビタミンAを多く摂取することでこの炎症をかなりコントロールできるようになることが判っています。

ビタミンAはそのまま摂取すると過剰症の危険がありますので、通常はベータカロチンの形で体内に摂取します。ベータカロチンは必要な量がビタミンAに変換され使われると同時に、変換されなかったベータカロチンがビタミンAを助けて 抗酸化剤の役割を果たしますので、活性酸素対策にはベータカロチンの摂取がお奨めなのです。
アメリカンビタミンショップで扱う ビタミンAはベータカロチンの形をしていますので安心してご利用いただけます。

花粉症のアレルゲンに対する感度を鈍くするには 善玉菌(コッカス菌 腸内細菌)でTh2を減らすのが一番

善玉菌(コッカス菌 腸内細菌)

今回、花粉症対策でお奨めする商品は 善玉菌(コッカス菌 腸内細菌)です。
今回はTh2について書いてきましたが、Th2に深く関わる 腸内環境を改善することでアレルギーの4つの体質のうち2つは完全に改善できることが判っています。
・悪玉菌を減らしてTh2を減らしてアレルゲンに鈍感になる。
・善玉菌が出す ビオチンビタミンH)や パントテン酸(ビタミンB5)が炎症体質を改善する。
その他にも細かく様々なアレルギー改善効果が期待できる善玉菌をお奨めします。

イラクサ(ネトル)も花粉症のアレルゲンに対する感度を鈍くします。

イラクサ ネトル

イラクサ(ネトル)は日本でも昔から 花粉症のサプリメントとして使われてきました。
アレルゲンに対する感度を鈍くし、花粉を敵と判断しないようにしてくれるハーブです。
善玉菌(コッカス菌 腸内細菌)とは違った方向からアレルゲンへの感度を鈍くしてくれるので、併用することで効果的に花粉症の症状を軽くします。

▲TOP▲

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.