サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

07月23日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今月のトピックス

抗酸化剤(抗酸化サプリメント)人気ベスト10

抗酸化とサプリメント(抗酸化剤)

抗酸化とサプリメント(抗酸化剤)

抗酸化サプリメント(抗酸化剤)は他にもサプリメントは多数ご用意していますので、 全商品カタログも是非ご覧下さい。

抗酸化剤(抗酸化サプリメント)の店長おすすめの4商品

  • アントシアニン
    アントシアニン フレンチ・パラドックスという言葉を目や耳にしたことはありませんか?
    バターを多く使うフランス料理を日常的に食べているフランス人の生活習慣病にかかる割合は、同じような食事を摂っているアメリカ人と比べてたったの20%という、不思議な現象のことを、フレンチ・パラドックスといいます。
    これは、フランス人の飲んでいる赤ワインの中に含まれる アントシアニン の抗酸化効果に秘密があることがわかり、その後赤ワイン効能として知られるようになりました。
    ブドウの皮と種にはアントシアニンという非常に強い抗酸化作用を持つ物質が多く含まれていたため、赤ワインにより、抗酸化効果のあるアントシアニンをを日常的に大量に摂り続けてきたフランス人には、 活性酸素が発病の原因の1つといわれている生活習慣病が非常に少なくなっていたのです。
  • コエンザイムQ10(CoQ10)
    コエンザイムQ10(CoQ10) コエンザイムQ10は、活性酸素の害から脂質を多く含む細胞質を守ってくれる抗酸化作用がありますので、細胞の新陳代謝を促し、細胞の新生を活発にしてくれます(新陳代謝の活発化)。
    呼吸によって取り入れられた酸素のうち2%が活性酸素に変わるといわれており、コエンザイムQ10は、脂質を酸化させやすい活性酸素であるスーパーオキシドイオンと一重項酸素を先ほどの工程で中和する、抗酸化剤(抗酸化サプリメント)としての働きを持っています。
    コエンザイムQ10自体は脂溶性のため、脳の中に入り込むことができ、脳細胞での抗酸化効果による痴呆の防止や、発生の原因の90%が活性酸素といわれている生活習慣病の抑制効果も期待できます。
  • αリポ酸(アルファリポ酸)タイムリリース
    αリポ酸(アルファリポ酸) αリポ酸(アルファリポ酸)は分子量が小さいため、脂溶性と水溶性の組織の両方に溶け込むことができるので、万能の抗酸化剤(抗酸化サプリメント)と呼ばれています。
    酸素自体の分子量が小さいので、分子量の小さなαリポ酸(アルファリポ酸)は小回りの効く抗酸化剤といっても良いと思います。
    細胞には脂溶性の部分と水溶性の部分があるために脂溶性と水溶性の抗酸化剤(抗酸化サプリメント)が必要なのですが、αリポ酸(アルファリポ酸)は両方の部分を守ることができる貴重な抗酸化剤です。
    お肌の老化は活性酸素が原因の1つといわれていますので、αリポ酸(アルファリポ酸)によってお肌の細胞の脂溶性と水溶性のすべての面を抗酸化剤(抗酸化サプリメント)から守ってシワやシミなどのトラブルを防いでください。
  • 目のビタミン・スーパールテイン
    スーパールテイン スーパールテインには強い抗酸化効果があるため、血液中に多く存在すれば悪玉コレステロールを減らす効果が確認されており、高脂血症の方の健康を維持するのに効果が期待されています。
    血管の病気には動脈硬化や高血圧、心臓病、脳疾患などがありますが スーパールテインが血中脂質を活性酸素から守る抗酸化剤(抗酸化サプリメント)として働くため、血管の健康を保ち生活習慣病を防止するとの報告があります。
    スーパールテインは細胞膜や目の水晶体や角膜に配置され、近寄ってくる活性酸素に自分の電子を1つ渡して活性酸素を普通の酸素に戻して、細胞が壊れたり、飛蚊症や白内障や黄班変性などの目の病気になることを予防する抗酸化剤(抗酸化サプリメント)としての効果が期待されています。
    ただし活性酸素に電子を渡したルテインはルテインラジカルとなって組織から電子を奪って傷つけようとします。それをもとにに戻してやるには、脂溶性の部位に溶け込む αリポ酸(アルファリポ酸)ビタミンEと組み合わせる必要があります。ビタミンEはビタミンEラジカルとなっても尿として排泄されたり ビタミンC(ビタミンP)から電子をもらってビタミンEとして復活したりします。
    抗酸化剤(抗酸化サプリメント)は、ビタミンEやビタミンC、アルファリポ酸などの抗酸化剤(抗酸化サプリメント)との組み合わせによって、活性酸素を中和する1つの流れをつくっていますので、総合的な摂取をお勧めします。

老化などによる 白内障は眼球への紫外線照射による一重項酸素という 活性酸素の発生が引き起こす疾病です。
活性酸素は5種類ありますが、肌や眼球への紫外線照射で発生する一重項酸素は 抗酸化剤(抗酸化サプリメント)による中和が困難で、 ビタミンC(ビタミンP)ビタミンEなどの一般的な抗酸化剤(抗酸化サプリメント)では対応できないのです。
一重項酸素に対応できる抗酸化剤はかなり限られており、このことが老化などによる白内障の発生率が上がってしまう原因となっています。

目の水晶体内に多く存在し眼球を一重項酸素から守る働きのある抗酸化剤(抗酸化サプリメント)としては ルテインアスタキサンチンという ビタミンAの仲間がありますが、加齢による老化とともに消化吸収力が落ちるため体内において不足しやすい栄養素です。
そのためアメリカではFDA(食品医薬品局)が40歳を過ぎた方にルテインやアスタキサンチンの摂取を奨めて眼球やお肌を一重項酸素から守るように指導しています。
(特に白人はメラニン色素が弱いため紫外線の影響を強く受けるので重点が置かれています)

老化などによる 白内障を予防する抗酸化剤(抗酸化サプリメント)だけに限らず、抗酸化剤には効果的な使い方というものがあります。
この効果的な使い方は次の項目以降でご紹介しますので、 ルテインアスタキサンチンなどの目を守る抗酸化剤(抗酸化サプリメント)を使うときの参考にしてください。

既に 白内障になってしまっている方の改善には外科手術が必要です。
サプリメントはあくまでも目を守って白内障を予防することしかできません、ご承知おきください。
もちろん、外科手術が終わった後ではサプリメントによる白内障予防は必須です、なぜかというと白内障になってしまった原因は外科手術では改善しないからです。

抗酸化剤(抗酸化サプリメント)としてお奨めのサプリメント

目のビタミン・スーパールテイン
白内障予防としては最も人気のある抗酸化剤(抗酸化サプリメント)、ビタミンA群。

アスタキサンチン
高い活性酸素抑制能力のある抗酸化剤(抗酸化サプリメント)、ビタミンA群。

食品由来のベータカロチン(ビタミンA)
ルテインやアスタキサンチンの働きを助けるビタミンA群。

呼吸によって体内に取り込んだ酸素の約2%が 活性酸素に変わるといわれています。
活性酸素は5種類あります。
  ・スーパーオキシドイオン
  ・ヒドロキシルラジカル
  ・過酸化水素
  ・一重項酸素
  ・過酸化脂質
という物質で、いずれも原子の電子が1つ足りないため細胞などを構成する物質から電子を奪おうとします、電子を奪われた細胞はすぐに電子を供給してあげなければ細胞自体が壊れてしまい、健康面や美容面で体に悪影響を与えます。

白内障などは、その好例です。
つまり、老化に伴い食事から吸収できる ルテインアスタキサンチンなどの 抗酸化剤(抗酸化サプリメント)が減ったうえに、体内で生産されていた コエンザイムQ10CoQ10)や αリポ酸(アルファリポ酸)などの抗酸化補酵素の絶対量が減ったために、眼球の、酸化に最も弱い部分が、 活性酸素によって侵されるのです。
先の項目でも書きましたように目は他の組織と比較するとより多く紫外線に曝されており、そのために目の表面で一重項酸素という活性酸素が発生し白内障を起こします。

年配の方の 活性酸素の問題で最も大きいのが風邪やインフルエンザの問題です、これらの疾病によって引き起こされる多臓器不全や肺炎なども、体内の抗酸化剤(抗酸化サプリメント)の総量が少なくなったために引き起こされます。
アメリカでは年配の方に肺炎や多臓器不全を防ぐために ビタミンA群を摂るようにFDA(米国食品医薬品局)は指導しています。
ビタミンA群は肺などの内臓に多く溜め込まれて活性酸素を中和します。

活性酸素対策は健康面だけではなく美容面でも必要です。
お肌の表面に紫外線があたると一重項酸素が発生し、お肌の組織を傷つけることが判っています、傷ついたお肌の組織は新陳代謝を鈍らせたり、お肌のシワなどの原因となる コラーゲンの架橋結合を引き起こしたりします。
お肌の老化防止にも、 活性酸素 対策は欠かせません。

活性酸素は90%の病気の発症に関係するといわれ、活性酸素対策は加齢に伴う老化とともに重要性を増してきています。
アメリカでは年配の方ほど抗酸化剤(抗酸化サプリメント)の摂取量と種類を多くする必要があると、たくさんの栄養学者が摂取を勧めています。抗酸化剤の摂取量や種類については次以降の項目でご紹介します。

前述ですが、呼吸によって体内に取り込んだ酸素の約2%が 活性酸素に変わるといわれています。
活性酸素は電子が1つ足りないため細胞などを構成する物質から電子を奪おうとしますが、抗酸化剤(抗酸化サプリメント)が電子の足りない活性酸素に電子を1つ渡して普通の酸素に戻します。

この時に1つ問題が発生します。
活性酸素に電子を渡した抗酸化剤(抗酸化サプリメント)は自分自身の電子が1つ足りなくなるため、他のところから電子を奪おうとします、これをラジカル化するといい、 ビタミンAならビタミンAラジカル、 OPC(アントシアニンも含む)ならOPCラジカルなどと呼ばれて活性酸素に次ぐ厄介な存在になってしまいます。

例えば、お肌の細胞の細胞膜を守っている ビタミンA活性酸素に電子を渡した後にビタミンAラジカルとなり細胞膜から電子を奪おうとします。
このビタミンAラジカルを元のビタミンAに戻す活性酸素が必要で、 ビタミンEなどが自分の電子をビタミンAラジカルに渡してビタミンAに復活させて再びお肌の細胞を守れるようにします。

白内障を例に取ると、 ルテインアスタキサンチンなどの抗酸化剤(抗酸化サプリメント)が活性酸素を普通の酸素に戻したあとは、抗酸化剤(抗酸化サプリメント)自体がラジカル化して自分の体を傷つける物質に変わってしまいます、このラジカル化した抗酸化剤(抗酸化サプリメント)を元に戻すのが、 ビタミンC(ビタミンP)であり、 ビタミンEで、その補助として働くのが ベータカロチン(ビタミンA)というビタミンAの仲間です。

この様に抗酸化剤(抗酸化サプリメント)はドミノ倒しのように次々に電子をリレーして、足りない電子を補い、最後は尿としてラジカル化した ビタミンEビタミンC(ビタミンP)が排泄されていきます。

アメリカで 活性酸素を研究している栄養学者の多くが、様々な抗酸化剤(抗酸化サプリメント)を組み合わせることで、広い範囲で5種類すべての活性酸素の中和が可能になると言っています。
抗酸化剤(抗酸化サプリメント)は1種類を摂るだけでは高い活性酸素抑制効果は期待できません、何種類かの違う働きのものを組み合わせて高い効果を生み出しますので、ご注意ください。

抗酸化剤(抗酸化サプリメント)とは 活性酸素を中和する働きのある栄養素で、食品由来のものと、体内で生産するものがあります。
体内において生産される抗酸化剤(抗酸化サプリメント)は加齢とともに減少します、食事から摂取する抗酸化剤(抗酸化サプリメント)も加齢とともに消化吸収力が弱るために不足します。
以下に抗酸化剤(抗酸化サプリメント)として人気の サプリメントを載せますが、一般的な組み合わせ方法は次の項目でご紹介します。

抗酸化剤(抗酸化サプリメント)としてお奨めのサプリメント

ビタミンCサプリメント
ビタミンCは抗酸化剤(抗酸化サプリメント)の基本中の基本です。

エスターC
ちょっと高いけど体内に長く留まる一番人気のビタミンC。

αリポ酸(アルファリポ酸)
万能の抗酸化剤(抗酸化サプリメント)として人気、ユックリ溶けて効果長持ち。

ベータカロチン(ビタミンA)
ビタミンA群の中心的存在。

目のビタミン・スーパールテイン
ビタミンA群の1つ、目を中心に活性酸素を中和する。

アスタキサンチン
ビタミンA群の1つ、目を守るだけでなくアレルギーにも。

リコピン
ビタミンA群の1つ、アメリカでは年配者に非常に人気。

アントシアニン
高い評価のOPC(アントシアニンも含む)という抗酸化剤(抗酸化サプリメント)を含むハーブ。

ピクノジェノール
ブドウ種子エキスと同じOPC(アントシアニンも含む)を含むハーブ。

ビタミンE
ビタミンCと併用して活性酸素対策の基礎を築いてください。

SOD
体内抗酸化酵素として分泌される物質。

上記の 抗酸化剤(抗酸化サプリメント)は脂溶性と水溶性の2種類に分けられます。
体を 活性酸素から守るのが抗酸化剤(抗酸化サプリメント)ですが、体には脂の部分と水の部分があるので2種類の抗酸化剤(抗酸化サプリメント)が必要となります。
脂の部分を守る抗酸化剤(抗酸化サプリメント)を脂溶性抗酸化剤(抗酸化サプリメント)、水の部分を守る抗酸化剤(抗酸化サプリメント)を水溶性抗酸化剤(抗酸化サプリメント)と呼んで区別しています。

  ・脂溶性としてメジャーな栄養素は ビタミンA群ビタミンE
  ・水溶性としてメジャーな栄養素は ビタミンC(ビタミンP)OPC(アントシアニンも含む)
などがあります。

脂溶性抗酸化剤(抗酸化サプリメント)は主に細胞膜(細胞の外側)や血中脂質(コレステロールや中性脂肪)や脳の酸化を防ぐためにあり、健康には非常に重要な役割を果たしています。
水溶性抗酸化剤(抗酸化サプリメント)は主に細胞液と細胞質(細胞の内部)や血液やリンパ液を守っています。

体にとっては脂溶性の面も水溶性の面もともに大事なので、抗酸化剤(抗酸化サプリメント)は両方の種類を上手に組み合わせる必要があります。
また、同じ脂溶性抗酸化剤(抗酸化サプリメント)でも、目の水晶体を守るには ルテインアスタキサンチンでなければなりませんし、内蔵を守る抗酸化剤(抗酸化サプリメント)なら安価でたくさん摂れる ベータカロチン(ビタミンA)が向いています。
体全体を考えつつ、自分の弱いところにも気をつけて抗酸化剤(抗酸化サプリメント)を選ぶ必要がありますが、アメリカでは年配の方はベータカロチンとルテインかアスタキサンチン、それから ビタミンC(ビタミンP)αリポ酸(アルファリポ酸)などを組み合わせて老化防止を図るのが人気です。

ちなみに αリポ酸(アルファリポ酸)は体内で分泌される抗酸化酵素ですが、分子の大きさが小さいため水溶性の部分にも脂溶性の部分にも入り込むことができ、尚且つ、自分がラジカル化した時には他から電子を奪わずに復活できるという驚くべき特徴があり、アメリカでは究極の抗酸化剤(抗酸化サプリメント)などと呼ばれています。
αリポ酸(アルファリポ酸)は25歳くらいを境に分泌が下がってくることが判っており、年配者の老化防止では必須の サプリメントの1つに入れられることが多いのです。

抗酸化剤(抗酸化サプリメント)としてお奨めのサプリメント

エスターC
ちょっと高いけど体内に長く留まる一番人気のビタミンC。

αリポ酸(アルファリポ酸)
万能の抗酸化剤(抗酸化サプリメント)として人気、ユックリ溶けて効果長持ち。

ベータカロチン(ビタミンA)
ビタミンA群の中心的存在。

目のビタミン・スーパールテイン
ビタミンA群の1つ、目を中心に活性酸素を中和する。

アスタキサンチン
ビタミンA群の1つ、目を守るだけでなくアレルギーにも。

前述ですが、体内に取り込まれた酸素のうち2%が 活性酸素になってしまうと書きました。この2%の活性酸素の大部分を作っているのがミトコンドリアという細胞内組織です。
ミトコンドリアは細胞が使うエネルギー(ATPといいます)をブドウ糖や脂肪と酸素を結合させて作りだす組織で、この過程で取り込んだ酸素のうち2%くらいが活性酸素に変わってしまうのです。

通常はこの 活性酸素を抗酸化剤(抗酸化サプリメント)が中和して処理するのですが、人体にもともと備わった機能で、ミトコンドリアにおいて活性酸素を発生させないようにする補酵素が確認されています。
この補酵素は コエンザイムQ10CoQ10)と呼ばれ、体内では25歳を過ぎる頃から分泌が下がってくることが判っています。
若い頃は発生する活性酸素の量自体が少なくて、健康や美容に悪影響を与えなかったのですが、加齢による老化に伴いコエンザイムQ10(CoQ10)が不足し、健康や美容に被害をもたらすことが判っています。

抗酸化剤(抗酸化サプリメント)としてお奨めのサプリメント

コエンザイムQ10CoQ10
3種類ご用意してあります。活性酸素の発生を抑制する補酵素。

アメリカでは1950年代頃から脳疾患と心臓疾患で亡くなられる方が多かったため、栄養学的なアプローチ方法についての研究が非常に盛んに行われてきました。
その結果、高血圧や動脈硬化、脳溢血や脳梗塞、心筋梗塞などに 活性酸素が大きく関係していることが判っています。
このことは健康維持において非常に重要だと思いますので(日本人には高血圧が3100万人、高脂血症が3000万人いるといわれているので)、他の項目とは分けて書かせていだだきます。

動脈硬化が脳疾患と心臓疾患を引き起こす元凶だということが判っています、また動脈硬化は高血圧と過剰な血中脂質と 活性酸素が原因で引き起こされることが判っています。

血管の中でコレステロールが 活性酸素に酸化されると血管壁に付着しやすくなることが判っており、血管の内径を細くし 血流を悪くして血圧を高くしてしまいます。
血圧が高い状態で血管壁にコレステロールが付着すると血管のコラーゲンが硬くなり、動脈硬化を引き起こします。

よって、脳疾患と心臓疾患を防ぐためには、柔らかな血管と、適度な血中脂質と、抗酸化剤(抗酸化サプリメント)が必要です。

動脈硬化を予防するには以下の3つの方法を併用します。

【1】運動を伴う ダイエットを行いながら ググル(血中脂質抑制ハーブ)を使って優先的にコレステロールや中性脂肪を減らす方法。
【2】 抗酸化剤(抗酸化サプリメント)によって 活性酸素を中和できる体制を整える方法。
【3】血管壁が硬化しないように MSMサプリメントコラーゲンの材料を補給する方法。

もし既に高血圧が起こっている場合は以下の方法のいずれかをお試しください。

【4】医薬品によって血圧を下げる。
      最近はいい薬があるのでサプリメントでダメな場合はすぐに医薬品に頼るべきです
【5】 カリウムを使ってナトリウムを排泄する。
【6】 EPA(オメガ3)を使って血液をサラサラにする。
【7】 イチョウ葉エキスを使って毛細血管を太くする。

こんなにたくさん飲んで大丈夫なのかと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、以下のサプリメントを体質に合わせて選択し組み合わせることで効果を発揮しているケースがアメリカではたくさん確認されています。

抗酸化剤(抗酸化サプリメント)としてお奨めのサプリメント

【1】ダイエットで血中脂質を減らす

カルニチン
ダイエットで一番人気、脂肪とブドウ糖の燃焼を効果的にする。

コエンザイムQ10CoQ10
カルニチンと組み合わせることで脂肪とブドウ糖の燃焼を促す。

αリポ酸(アルファリポ酸)
主にブドウ糖の燃焼を効率化、日本人のダイエットには有効。

ググル(血中脂質抑制ハーブ)
血中脂質を減らすには有効性が高いハーブ。

【2】血中脂質を酸化させない抗酸化剤(抗酸化サプリメント)

ベータカロチン(ビタミンA)
ビタミンAに変わり活性酸素を中和して血中脂質の酸化を防ぐ。

リコピン
ビタミンA群の1つ、血中脂質の酸化をビタミンAと協働で防ぐ。

ビタミンCサプリメント
ビタミンAを復活させるビタミンCで抗酸化力UP。

【3】柔軟なコラーゲンを作って血管を硬化させない

MSMサプリメント
コラーゲンの主原料である硫黄は25歳くらいから不足してくる。

ホーステール(シリカ)
ケイ素というミネラルを含む。動脈硬化を起こしている人の血管にはケイ素が少ない。

【5】塩分(ナトリウム)を排泄して血圧を下げる

カリウムサプリメント
(塩分の摂りすぎで高血圧になっている方にお奨め。

【6】血液サラサラ + DHAで認知症予防

EPADHAオメガ3
血液サラサラ + 内臓脂肪燃焼 + アレルギー改善。

【7】毛細血管を太くすると血流が良くなり血圧も下がる

イチョウ葉エキス
毛細血管の詰まりが高血圧の原因なので毛細血管を太くする。

全商品カタログ

全商品カタログ(このページから全商品を注文できます)

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

▲TOP▲

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.