サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

01月20日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今月のトピックス

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)人気ベスト10

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)及び 掌蹠膿疱症性骨関節炎は4つの体質が重なって起こっている症状で、病気ではなく体質であることが判っており、 治療が可能であるとされています。
4つの体質とは。
炎症体質(膿疱や炎症をコントロールできず悪化してしまう体質)
皮膚が弱い体質(乾燥肌など)
腸内が悪玉菌優勢の体質(アレルゲンに過敏になります)
ヒスタミン(膿疱や炎症の原因物質)が大量分泌する体質
 
掌蹠膿疱症の栄養学的、医学的な情報を正しく知り、自分に合った体質改善の方法を、このページで見つけてください。
ステロイド対策などの医学的データも載せております。

20年以上の研究の結果、アメリカでは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は4つの体質を1つ1つ改善することで発症の原因から治療できるとしています。
1つ1つの体質を改善する方法もたくさん開発されており、アメリカでは内科治療のインフォームドコンセントで掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の体質の完治は可能であることを説明されるケースが多くなっています。
ステロイド剤の使用経験の有無や4つの体質の状況によって、どの体質を先に改善するかは変わりますが、基本的には掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は同じ体質改善を行うのが一般的です。

  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) EPADHAオメガ3
    皮膚を厚くしてアレルゲンの侵入を防ぐ。乾燥肌にもおすすめ。
    120ソフトジェルカプセル
    KAL社
  • EPA DHA オメガ3
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) ヒアルロン酸
    皮膚を厚くしてアレルゲンの侵入を防ぐ。
    30カプセル
    SOLARAY社
  • ヒアルロン酸
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) 腸まで届く善玉菌12
    アレルゲンに異常反応しない免疫機構を作る。ビオチンの生産も。
    50カプセル
    SOLARAY社
  • 善玉菌 乳酸菌 腸内細菌
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) パントテン酸
    ステロイドホルモンを自分で分泌するためのサプリメント。
    50錠
    KAL社
  • パントテン酸(ビタミンB5)で脱ステロイド
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) ブロメライン
    アレルギー体質でカンジタや下痢を起こす方におすすめ。
    30錠
    KAL社
  • ブロメライン
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) アスタキサンチン
    ヒスタミンの末梢神経への干渉を排し痒みを抑制する。
    60ソフトジェルカプセル
    SOLARAY社
  • アスタキサンチン
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) 大容量 アレルギーお勧め1・割引セット
    炎症体質と腸内環境改善を行うセット商品。
      120錠入アレルギー用ビオチン:120カプセル
      オーガニックアルファルファ:250錠
      腸まで届く善玉菌12:50カプセル入り
    SOLARAY社
  • アトピー

アメリカでは20年以上の長い月日をかけて掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の栄養学的な解明を行ってきました。
病院での内科治療はステロイド剤による炎症抑制の方法だけでなく、体質改善による根本的な掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の改善を求めて多くの研究と治療方法の確立が行われてきました。現時点では掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は4つの原因(体質)が重なって起こっているとされ、それぞれの体質の改善方法も細かく分かれています。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

【1】炎症体質(乾燥肌、かゆみ、皮膚炎など)を改善する
【2】アレルゲンの侵入を防ぐ厚く丈夫な皮膚を作る
【3】アレルゲンに反応してヒスタミンを作らない体質を作る
【4】腸内の善玉菌を増やしてグロブリン免疫抗体の異常分泌を防ぐ

アメリカで研究されている 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の内科治療は上記の様に4つの段階に分けて行われることが多いようです。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の4つの体質のどこが強くてどこが弱いかは、個人個人の体質によって違っていますので【1】【2】【3】【4】のどの改善を初めに行うかは試してみるしかないようです。
例えば皮膚が薄い方は EPAヒアルロン酸を摂取して丈夫な皮膚を作るとか、アレルゲンの侵入でヒスタミンが大量に作られてしまう方は ケルセチン(抗ヒスタミン剤)で免疫機構を鈍くする。また炎症体質が酷い方は炎症を抑制する ビオチンビタミンH)を摂るなど、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)への様々な栄養学的なアプローチが必要です。

アメリカの病院での掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)への栄養学的なアプローチとしては、 ビオチンビタミンH)や パントテン酸を使った炎症体質の改善が中心になっています。ステロイド剤による治療も【1】の炎症を抑制するメカニズムにアプローチする治療の1つです。(ステロイド剤の使用経験者への栄養学的なアプローチ方法を後ほど詳述いたします。)
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のビオチンによる改善方法はアメリカでも一番研究が進んでいる分野で、20年以上の病院による内科治療の実績があります。ビオチンによる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)治療の詳細は ビオチンビタミンH)のページをご覧下さい。
ビオチンを1日4錠摂取して半年間試しても効果を感じない方は、ビオチンが十分にあってもガンマリノレン酸(γリノレン酸)を体内で作れない体質の可能性がありますので、 ビオチンサプリメントの摂取を止めて ガンマリノレン酸(γリノレン酸)に切り替えることをおすすめします。
最近のアメリカの掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の専門家はビオチンやガンマリノレン酸(γリノレン酸)による炎症体質の改善だけではなく、4つの体質改善を行わなければ掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の完治は難しいのではないかと言っている方が多くいます。ビオチンなどによる炎症体質の改善を行っても結果が得られなかった方や、途中で改善が停滞してしまっている方は炎症体質改善の他にも【2】【3】【4】からのアプローチも行うのが一般的です。

スクワランオイル

皮膚が丈夫であれば本来はアレルゲンが皮膚から侵入するということはほとんどありません。皮膚には角質層という皮膚バリアが存在していて様々な物質の侵入を防いでいます。
しかしアメリカでの調査では掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は、皮下での EPAヒアルロン酸の分泌が少なく、そのために角質層が薄くなってアレルゲンが大量に皮膚から侵入しているのです。
角質層の構造としてはEPAとヒアルロン酸と水分が混ざって糊(のり)の役割を持つ乳液状の物質を作り、角質層と角質層の間に分泌されて角質層が剥がれないようになっているのですが、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方の多くが体質的にEPAやヒアルロン酸の分泌が少ないので簡単に角質層が剥がれてしまっているのです。
乾燥肌や敏感肌になったり、皮膚が粉を吹いたようになっていたり、皮膚が赤黒くなってしまっている方、また象皮のように硬くなってしまっている方などは、EPAとヒアルロン酸を6ヶ月~1年ほど摂取することで改善が見られる方も多いのです。
ただ、自分で油分を分泌するまでには時間がかかります、その間は スクワランオイルを塗って、外から油分を補ってあげてください。
スクワランオイルはもともと皮膚で分泌されている成分のため、安全性にも優れていますし、角質層への浸透もいいため、即効性があります。また皮膚の深くまで浸透してくれるので、頻繁に塗る必要が無いため、皮膚のケアも楽になると思います。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症や痒みの根本的な原因はヒスタミンという炎症物質の異常分泌です。
ヒスタミンは皮膚などに炎症を起こしたり、皮膚の末梢神経に作用して痒みを感じさせたりする免疫物質で、 ヒスタミンの大量分泌が掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の症状を発症させる原因となっています。
ヒスタミンはウィルスなどの外敵が侵入した時に分泌され、外敵を死滅させる働きを持つ重要な免疫物質の1つですが、身の回りに大量に存在するダニやハウスダストなどの無害な物質を外敵と判断してしまい、大量に分泌されることで掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症や痒みが起こります。
アメリカでの掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の研究ではヒスタミンの異常分泌はグロブリン免疫抗体(後述)の異常分泌と、肥満細胞(マスト細胞ともいいます)の過敏さが重なることで起こるとされています。
肥満細胞のレセプターにグロブリン免疫抗体が侵入した時にヒスタミンが肥満細胞内に作られます。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方はグロブリン免疫抗体に対する肥満細胞の感度が数百倍~数万倍も敏感で、ヒスタミンをたくさん作り出す体質を持っていますので、 ケルセチン(抗ヒスタミン剤)によって肥満細胞の感度を鈍くする方法をおすすめします。ケルセチンはドイツではヒスタミンの異常分泌を改善するものとして掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)に使われる医薬品として認められるくらいに実力のあるハーブです。

グロブリン免疫抗体は侵入してきたアレルゲンに対して分泌される免疫物質です。アレルゲンに反応して大量分泌されたグロブリン免疫抗体が肥満細胞を刺激してヒスタミンを作り出し、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の炎症や痒みを引き起こしています。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方にはハウスダストやダニの様に何かしらのアレルゲンが存在しますが、本来は無害なアレルゲンに対して免疫機構が異常反応して、グロブリン免疫抗体を異常分泌してしまうところに掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)体質の問題点があります。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)対策として日本ではパッチテストなどを行ってアレルゲンを確定した後は、アレルゲンをできるだけ遠ざけるような生活をする方法が一般的ですが、アメリカでの掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)対策では本来は無害なアレルゲンに異常反応していることが問題であるとして、アレルゲンに異常反応しないような免疫機構を作ろうということで体質改善を行います。
掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方の多くが皮膚や粘膜などから侵入するアレルゲンに反応して大量のヒスタミンが作られています。
皮膚や粘膜の免疫機構が敏感になるのは腸内にある免疫機構が過敏になっているからだという研究結果があり、腸内環境を善玉菌優勢にすることで皮膚や粘膜の免疫機構も穏やかになり、アレルゲンの侵入に対してグロブリン免疫抗体の異常分泌を抑制することが判っていますので、 善玉菌乳酸菌  腸内細菌)や 食物繊維を摂取して腸内環境を改善することをおすすめします。
善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)が炎症抑制のための ビオチンビタミンH)を生産していることを考えると、腸内環境の改善は掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のグロブリン免疫抗体の異常分泌を抑制するだけではなく、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方の持っている炎症体質の改善にも良い影響を与えますので、アメリカの多くの掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の専門家はビオチンなどによる炎症体質の改善と一緒に 腸内環境の改善も行うことを奨める方が多いようです。

他にも サプリメントは多数ご用意していますので、 アレルギーサプリメントカタログも是非ご覧下さい。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の4つの体質を改善する商品です。
以下の4つの サプリメントの商品詳細ページには、自分の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)体質の改善にとって必要なサプリメントか、不必要なサプリメントかが判るように詳細な解説を載せております。摂取するしないは別として掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)への栄養学的なアプローチをするための情報ですので、是非お読みいただくことをおすすめします。

  • 掌蹠膿疱症 ビオチン 【1】 ビオチンサプリメント
    掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の炎症や痒みを軽減。
    ビオチンビタミンH)は掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)が引き起こす炎症や痒みを改善する効果が期待されています。日本では数年前からビオチンが注目されましたが、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の治療法の進んでいるアメリカではビオチン(ビタミンH)による内科治療は20年ほどの実績があり栄養学的な解析が完了しています。ビオチンと掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の栄養学的な関係を知り体質改善を行うことをおすすめします。
    掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の効果的摂取方法などを体質別に詳述しています。
    ビオチンは食事から摂取することができず、すべての生産を腸内細菌が行っています。
    善玉菌乳酸菌  腸内細菌)が少なかったり、悪玉菌が多いなど 腸内環境が悪いと、ビオチンがうまく作れずに皮膚などのトラブルが多くなります。
    アメリカでの調査では善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)によるビオチンの生産不足によって掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)になってしまう方が、発症者全体の40~50%いるそうです。
    ビオチンは体内でガンマリノレン酸(γリノレン酸)の生産を行い、 ガンマリノレン酸(γリノレン酸)が炎症抑制のプロスタグランジンを作っていることから、 ビオチンビタミンH)は炎症体質を改善するサプリメントに分類されます。
    痒みに関してはヒスタミンを無毒化する アスタキサンチンなどの摂取もおすすめです。
  • EPA DHA オメガ3 【2】 EPA
    掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のように皮膚にトラブルの起こるタイプのアレルギーに罹っている方は、その多くが皮膚の角質層が薄い方が多いのです。
    重い掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)などでは角質層がほとんど剥けてしまい皮膚が赤黒くなってしまわれる方や、角質層が癒着してしまい角質層が固く厚くなっている方もいらっしゃいます。(お肌が粉を吹いたようになっているのも、角質層が剥がれやすくなっているのです)
    角質層は手の平などで10層~20層、薄い部分で数層というように層になっており、外から体内に異物が入ってこないようにバリアの役割をしています。
    アレルギー性鼻炎などの方は角質層がしっかりしている方も多いため、アレルゲンの侵入経路は目・鼻・口に限られますが、角質層が薄い掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は全身からアレルゲンが侵入してしまうために、全身で ヒスタミンという炎症やかゆみの原因になる物質が作られてしまいます。
    掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)で角質層が薄く弱い皮膚ができてしまう原因は、角質層を繋ぎとめておく EPAヒアルロン酸が皮下で十分に分泌されていないためだといわれています。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)で角質層が薄い方は、サプリメントとしてEPAとヒアルロン酸を3ヶ月~半年ほど摂取することで角質層を厚く丈夫にしてみてください。
    また、皮膚を作るコラーゲンの材料となる MSMサプリメントを経口摂取することでも丈夫なお肌を作ることが可能です。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方が皮膚を作るには何度もターンオーバーを繰り返さなければなりませんのでMSMサプリメントの摂取は最低で半年くらい行います。
    皮膚がある程度作れてきたら摂取する量を半分ほどに減らし、丈夫な皮膚を維持していくことをおすすめします。
    掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)で 乾燥肌敏感肌の方もこれらのサプリメント摂取で改善の傾向が見られる方が多いようです。
  • ケルセチン 抗ヒスタミン剤 【3】 ケルセチン
    ケルセチンは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)体質の改善に直接に関係するサプリメントです。
    掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)体質とは、アレルゲンの侵入によってグロブリンという免疫抗体が大量に分泌され、そのグロブリンが肥満細胞を刺激して、大量の ヒスタミンを作ってしまう体質をいいます。
    大量に作られたヒスタミンは、ひどい炎症を引き起こしますし、末端神経に作用して脳に”かゆみ”という刺激として伝わります。つまり、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の炎症やかゆみは、このヒスタミンが原因です。
    ケルセチンは、肥満細胞の感度を鈍くして、グロブリンの刺激を受けても、ヒスタミンが大量に作られないようにしてくれる働きがあり、アメリカでも掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の根本を改善するサプリメントとして人気があります。
    また、ケルセチンは ヒスタミン抑制効果が評価され、ドイツでは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の改善用の医薬品として認められています。ただし掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の大多数の方には有効なのですが、 ケルセチンによる肥満細胞の鈍化は非常に時間がかかります。通常は半年~2年くらいのケルセチン摂取を行うのが一般的です。
  • 善玉菌 乳酸菌 腸内細菌 【4】 腸まで届く善玉菌12
    腸内環境と掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)なんて、何の関連性もなさそうですよね。でも最新の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の理論では、かなりの関連性があるという結論がでているのですよ。
    衛生状態の悪かった近代以前の数億年は、腸から侵入してくるウィルスや腐敗菌などによって生物が死亡するケースが多かったのです。 その対策として生物達は腸内に非常に強力な免疫機構を発達させました。この免疫機構の腸内監視所(ポイント)ともいえる組織が腸内には10数箇所あり、腸内に異物や外敵が存在しないかを監視しています。
    このポイントの周りに アシドフィルス菌コッカス腸内細菌や乳酸菌が少なくなり、悪玉菌が多くなると、免疫機構は腸内に外敵がいると判断し、免疫機構に戒厳令を発して免疫細胞たちを敏感にしてしまいます。
    また、腸内の免疫機構は全身の免疫機構の中でも非常に強い権力を持っているため、腸内の免疫機構が戒厳令を発すると、全身の免疫機構が敏感に反応して、本来は無害な物質にまで掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方にアレルギー反応を起こしてしまうのです。
    つまり、腸内の善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)が少なくなり、悪玉菌が多くなると、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方は無害なアレルゲンにも反応しやすくなるということが判り、アメリカでは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方には善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)補給による腸内改善は必須であるという栄養学者が多くなってきました。
    現代生活において平均的な生活をされている方は、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や便秘ではなくても腸内環境が悪玉菌優勢に傾いている方は多いと思います。
    是非、生きて腸まで届く 善玉菌乳酸菌  腸内細菌)や 食物繊維サプリメントで腸内の悪玉菌を減らして掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の改善に役立ててください。

アメリカでは ステロイド剤は炎症を抑えるのに非常に優秀な医薬品として、どうしても炎症が抑えられない部分には使用することが多い治療薬です。しかし、ステロイド剤の使用において2つの問題点があります。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

  • ステロイド剤の使用で皮膚が薄くなる
  • 自分でステロイドホルモンの分泌ができなくなり ステロイドリバウンドを起こす。

この2つの問題点を解決する方法は以下の通りです。
ステロイド剤や副腎皮質ホルモンなどを使用している方はこれらの医薬品の影響で皮下で分泌される EPAヒアルロン酸の分泌が更に落ちて、皮膚が薄くなることが判っています。アメリカではステロイド剤を使う方はEPAとヒアルロン酸を摂取して皮膚を厚くするよう努める方が多いようです。
また、ステロイド剤を使うと副腎皮質が弱って自分で分泌する ステロイドホルモンの量が減りステロイドリバウンドを起こすので、 パントテン酸を摂取して副腎皮質が弱らないようにする方法も採られます。

以下に本ページの初めの部分でご説明した掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の4つの原因(【1】~【4】)に関する詳細な情報と、使用する サプリメントの情報をお届けします。

ここでご紹介する掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の情報はかなり細かい情報となりますので、難しければ読み飛ばして本ページ前半の「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の4つの原因の簡単な説明」をご覧ください。本文の説明とサプリメントの説明を読んで自分の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の体質に合うサプリメントが簡単に探せるような仕組みとなっています。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の体質の詳細な説明をご利用になる方にご注意。 1つの体質改善に複数の サプリメントが紹介されていますが、アメリカで掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)用として多くの支持を受けているサプリメントを載せていますので、内容を読んで自分の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の体質と照らし合わせて自分に合うサプリメントを探してください。
アメリカでは掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)を専門とする内科治療で血液検査等の様々な検査を行い、自分の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)体質に合ったサプリメントを探す手がかりとしますが、日本の内科治療の現状では難しい検査ばかりなので、サプリメントの内容を読んでサプリメントを探す手がかりにして欲しいと考えています。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の改善を考えた時には、サプリメントは飲めば効くものではなく、自分の体質に合致したサプリメントを摂って体質改善を行う必要がありますので、できるだけ自分の体質に合致したサプリメントを探さなければなりません。同じ掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)でも様々な細かな体質があり、その体質に合わせて様々なサプリメントを選べるように多くの掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)用のサプリメントをご用意しております。

【1】でご紹介した掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症体質には大きく分けると「5つの炎症の原因」があるといわれています。

(1)腸内の 善玉菌乳酸菌  腸内細菌)の不足による、 ビオチンビタミンH)の分泌不足。
(2)ビオチンがあっても ガンマリノレン酸(γリノレン酸)が作れない。
(3) ステロイドホルモンの分泌が少ない。
(4) ブロメラインの不足で炎症部分の血流が滞り炎症が悪化しやすい。
(5) 亜鉛などの不足により新陳代謝が鈍くなり炎症を起こす アラキドン酸が流出する。

最近のアメリカでの掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の研究により掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)で起こる炎症(かゆみ、乾燥肌など)の「5つの炎症の原因」というものがクローズアップされてきました。
合衆国食品医薬品局(FDA)や、大学、各種研究機関での栄養学的な掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の研究は日本の研究の10年は進んでいると言われています。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症の原因は個人個人で違っていますが、 ビオチンビタミンH)の不足を初めとして「5つの炎症の原因」を1つ1つ確認していけば掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の炎症体質の原因も解決するはずです。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症体質の場合は1つの原因で解決する方、複数の原因が重複している方、様々なパターンが考えられますが、まずは ビオチンビタミンH)から、順番に試されるのが良いと思います。
(5)は栄養補給系のサプリメントですので、(1)~(4)と併用することをお勧めします。

通常、サプリメントによる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症体質の改善実験では期間は3ヶ月~6ヶ月くらい行われることが多いようです。
できれば、1つのサプリメントを3ヶ月を目処に摂取し効果を確認してください。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

アメリカンビタミンショップでは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症体質の「5つの炎症の原因」に対処できるサプリメントを以下にご用意しております。
まずは、商品の説明をご覧ください。

(1)ビオチン不足による炎症体質に対処するサプリメント

ビオチンは人気があるため4種類の商品をご用意しております。

(2)ガンマリノレン酸が作れない炎症体質に対処するサプリメント

(3)ステロイドホルモンが作れない炎症体質に対処するサプリメント

(4)炎症箇所の血流を上げ活性酸素を処理するサプリメント

(5)栄養不足による新陳代謝の不活発に対処するサプリメント

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は皮膚が薄いといわれていますが、それはお肌の角質層が薄いということなのです。角質層は外界からの物質の侵入を防ぐ皮膚バリアの役割をもっていますので、角質層が薄いということは皮膚から化学物質やアレルゲンがどんどん侵入してしまうことになり侵入箇所から炎症を引き起こしてしまうのです。
よって掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)で皮膚が薄い体質の方は、皮膚を守っている角質層が剥がれるのを防いでアレルゲンの侵入を防ぐ改善方法を行います。
せっかく ビオチンビタミンH)や ステロイド剤などの炎症を抑制する働きをするものを使っても、次から次へとアレルゲンが侵入するような体質ではヒスタミンをたくさん作り出してしまい、体が常に炎症を起こそうとしている状態ですので、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症抑制の効果も現れにくくなってしまいます。
掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)で皮膚が薄い方は医学的にも原因が判っていますので、アレルゲンの侵入を許さない健康的な皮膚を作って掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を根本から改善していきましょう。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方の角質層が薄くなる原因として スキンケアの基本的なメカニズムであるターンオーバーという仕組みから探ってみたいと思います。
ターンオーバーとは、皮膚細胞が皮下の基底細胞で生まれてから垢として皮膚から脱落するまでの期間のことで、45日間が理想とされています。
アメリカでの調査では掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方は平均するとターンオーバーが15日間と短く、角質層がどんどん剥がれていってしまうために角質層が薄くなっているとしています。

アメリカでは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方の皮膚のEPAとヒアルロン酸を調べる実験が行われており、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方の皮膚が薄くなる原因の最大のものとして角質層を繋ぎとめる役割の EPAヒアルロン酸の分泌不足とヒアルロン酸の過低分子化を挙げています。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方の分泌するヒアルロン酸は分子が小さすぎるため、それが原因で皮膚炎が起こりやすくなっていることが医学的に判っています。
ヒアルロン酸を摂取するのであれば摂ったヒアルロン酸が胃酸で分解されないように特殊なカプセルで保護している ヒアルロン酸サプリメントを摂取する必要があります。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は摂取するヒアルロン酸にはご注意下さい。

EPAヒアルロン酸が角質層と角質層の間に十分に分泌しているお肌の角質層は、生まれて45日くらい経って皮膚から脱落するときに目に見えないくらいに細かくなって脱落していきます。角質細胞は皮膚細胞が死んだものですので乾燥した角質細胞同士に繋ぎとめる能力はほとんどありません。
それが45日間もの長い期間、皮膚から脱落しないのは、皮下で分泌されるヒアルロン酸とEPAがニカワの役割を持ち、糊(のり)の様に角質層を繋ぎ止めているからなんです。
よく掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方で皮膚が粉を吹いたようになっている方がいらっしゃいますが、これは典型的なターンオーバーの短かすぎる方です。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方の皮膚では皮膚細胞が死んで角質細胞になる前に皮膚から脱落してしまうので、完全に乾燥しきっていないため大きな角質細胞の塊が粉を吹いた様に見せているのです。
また掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)で皮膚が赤黒くなっている方や皮膚が固く厚くなってしまっている方も、 EPAヒアルロン酸を半年くらい摂取することで改善が見られることが多いようです。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方が皮膚を丈夫にするには コラーゲンを十分に作る必要もあります。
コラーゲンは皮膚を構成するタンパク質の70%にも相当する物質で、胃腸の吸収力低下による栄養不足で原料となる MSM(有機硫黄)が不足して生産力が落ちてしまいます。
コラーゲン自体はスプリング状をしたタンパク質で皮膚に弾力性を与え、丈夫で掻き崩しにも強い皮膚を作ってくれます。
掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方のコラーゲンはターンオーバーが短すぎるため基底細胞でのコラーゲンの生産が追いつかずにコラーゲンの少ない角質層になってしまうことが判っています。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は コラーゲンの材料となる MSMサプリメントを摂ることで弾力性のある皮膚を作ってお肌が傷つきにくいようにしてください。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方の場合、炎症箇所や傷から大量のアレルゲンが侵入し免疫を暴走させて炎症を引き起こし、更に炎症を起こすという炎症の悪循環がアメリカでは問題になっているそうです。

ターンオーバーは皮膚細胞の作られるサイクルにも影響されます、このサイクルは28日周期といわれていますが掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方はこのサイクルが遅いのです。つまり作られる角質細胞は遅いのですが角質細胞の脱落は早いので皮膚が薄くなってしまうわけです。
このサイクルは主に ビタミンミネラルコエンザイムやホルモンによって調整されています。栄養摂取によって 新陳代謝を高めて皮膚細胞の生産サイクルを正常化することで平均15日のターンオーバーをできるだけ45日に近づけることも重要です。

当ショップでは丈夫な皮膚を作ることに対処できるサプリメントを以下にご用意しております。
まずは、商品の説明をご覧ください。

角質層が剥がれないようにしてアレルゲンの侵入を防ぐサプリメント

皮膚を作る原料となるサプリメント

皮膚の新陳代謝を活発にするサプリメント

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

アメリカで行う 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のアレルゲン対策は、本来無害なアレルゲンに反応してしまう免疫機構を穏やかにする方法が採られています。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の場合は日本ではアレルゲンは遠ざけるという方法が一般的ですが、アレルゲンが本来無害な物質であるなら、その本来の無害なものとして体が反応しないように体質改善しようという、アメリカでの掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)対策の方法が健全であるような気がします。

掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方がアレルゲンの侵入によって異常分泌する免疫抗体はグロブリンA(IgA)です、本来はグロブリンA(IgA)は腸内に寄生する寄生虫をやっつける免疫機構の1つなのですが、衛生面で改善されている現代の日本では腸内に寄生虫がいる方というのはゼロに近く、敵を失ったグロブリンA(IgA)が本来は無害な物質に反応しているのが掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)となって現れているのです。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)が発症するプロセスを追ってみたいと思います。
薄い皮膚の角質層の穴などからアレルゲンが侵入します。 →
免疫細胞が異物と判断してグロブリンA(IgA)を分泌します。 →
グロブリンA(IgA)は血液中の肥満細胞という細胞に取り込まれます。 →
グロブリンA(IgA)の刺激を受けた肥満細胞は自細胞内に ヒスタミンという痒みや炎症を起こす成分を分泌します。 →
肥満細胞がヒスタミンで一杯になると肥満細胞が割れてヒスタミンが血中に流れ出す。 →
ヒスタミンが末梢神経を刺激して掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)独特の痒みを起こしたり、乾燥肌や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症を起こします。

例えば掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)でない方はダニやハウスダストなどを異物とは判断せず、グロブリンA(IgA)を大量分泌することはありません。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方はそうでない方の数百~数万倍のグロブリンA(IgA)を分泌することが判っています。また大量のグロブリンA(IgA)の分泌があっても、普通は肥満細胞がヒスタミンを分泌することはあまりないのですが、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は肥満細胞のグロブリンA(IgA)に対する感度が敏感で、大量のヒスタミンを作り出してしまいます。

アメリカではこういった掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)特有の免疫反応を改善しようと、栄養学的な研究が非常に多く行われています。専門的には肥満細胞のグロブリン免疫抗体への感受性を下げるといいますが、免疫機構を鈍感にして掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症を起こすプロセスを初期の段階でシャットアウトする、ケルセチンなどの掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)のサプリメントが多く開発されており、多くの掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の専門病院の治療で使われています。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)で炎症(かゆみ、乾燥肌など)を起こしてしまっている方は炎症を抑制する【1】で紹介したビオチンビタミンH)などのサプリメントと併用して、ケルセチンで肥満細胞の感受性を下げて炎症自体が起こらないようにしてみてください。

また、作られてしまった大量のヒスタミンを無毒化しヒスタミンの引き起こすかゆみや炎症をできるだけ小さくする対症療法にアスタキサンチンペパーミントが使われています。
ヒスタミンを作らせない方法と併用してヒスタミンの引き起こす掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の症状を改善してください。

ヒスタミンの分泌を抑制するサプリメント

ヒスタミンを無毒化するサプリメント

あくまでも対症療法であり根本的な掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)改善には使えません。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の改善方法としては腸内の善玉菌乳酸菌 腸内細菌)を増やして悪玉菌を減らし、免疫機構の暴走を防ぐ方法が非常に注目されています。
それは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の発症のメカニズムが解明されるに従い、腸の中には極めて強い免疫機構が存在し悪玉菌によって異常反応を起こしていることが判ったからなのです。

従来から炎症抑制のためのビオチンビタミンH)の摂取と平行して、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)による腸内改善は比較的に多く行われていました。これは善玉菌を増やすことでビオチンを腸内で生産するために行われてきたのですが、最近の掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の理論では腸内環境の改善はビオチン生産のためだけではなく、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方のアレルゲンに反応してグロブリン免疫抗体の大量分泌を起こさせる部分(掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のアレルギー反応の一番初めの部分)を緩和するために非常に重要であることが判ってきました。

高等生物の場合は腸の中に非常に強い免疫機構を持っています。
これは永い進化の過程で口から入ってくる毒物や腐敗菌、病原菌、寄生虫などの脅威に曝されることが多くあり、死んでしまう個体が多かったために腸内に強い免疫機構を持つことで、その脅威から免れていたのではないかと推測されています。
腸内を守っている免疫機構は腸内を監視するためのポイントを10数個持っており、このポイントが腸内に有害生物や有害物質があると判断すると、強力な免疫機構がそれらを攻撃・排除し吸収しないように働きます。
この機構のおかげで我々は体外から入ってくる有害物質のかなりの部分を体内に取り込まないで済んでいるわけですが、最近の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の理論では、この腸の免疫機構が原因で掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーが発症しているとしています。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

最近の先進国では掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーが非常に増えており、その原因の1つが食生活の欧米化による腸内環境の悪化により、善玉菌乳酸菌 腸内細菌)が減少し、悪玉菌が優位にあるためではないかと言われています。
食事に食物繊維や乳酸菌などの発酵食品の摂取が少なく、ストレスが多い生活のため悪玉菌が多くなってしまっています。
悪玉菌の一部の菌種は先の腸内監視用のポイントから見ると、異物と判断されて腸の免疫機構が反応してしまいます。

腸の免疫機構は全身にある免疫機構の中でも最も強い力を持っており、腸の免疫機構が警戒態勢に入ると、外敵に対して全身の免疫機構が敏感に警戒態勢を取ることが判っています。
皮膚が薄い掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は、皮膚バリアが働いていないため異物が皮膚から侵入しやすい状態になっていますが、皮膚の免疫機構が敏感になることによって、本来は無害なアレルゲンに対しても敏感に反応して、グロブリンという免疫抗体が大量分泌してしまい、それによってヒスタミンを大量に生産して掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)特有の痒みや炎症を起こします。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)に多いのですが皮膚の薄い方や粘膜の弱い方は、外からの異物の侵入を簡単に許してしまうので、腸内環境を善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)優勢にしてあげることで腸内環境を改善し、腸の免疫機構のポイントを刺激しないようにしてください。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方が効率よく腸内環境を改善するには、胃酸によって死滅しない善玉菌乳酸菌 腸内細菌)の大量摂取と、腸に定住している善玉菌の餌である食物繊維サプリメントが必要です。
もし腸内環境がかなり悪玉菌優勢になっている場合は、これらをバランスよく摂取しても腸内環境を改善するには半年~2年くらいの期間が必要です。
是非、特殊なカプセルで胃酸から保護されているような善玉菌乳酸菌 腸内細菌)サプリメントや胃酸で死滅しにくいアシドフィルス菌のようなサプリメントを使って、効率よく腸内環境の改善を行い掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を改善していってください。

便秘の方は腸内環境が悪い方が多いので、腸内の免疫のポイントを刺激しやすく掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーになりやすいと言われています。皮膚が薄かったり、肥満細胞が敏感だったりする体質が重なると掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーを発症させることにも繋がりますのでご注意下さい。

腸内改善でアレルゲンに対する感度を下げるサプリメント

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方に下痢を繰り返し起こす方が多いという報告があります。
こうした下痢体質の方の多くは腸内環境が非常に良好でも免疫のポイントを刺激して掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)になってしまうケースが報告されています。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方には比較的多いのだそうですが、胃酸のブロメラインというタンパク質消化酵素の分泌が悪いために、食べたタンパク質の消化がうまくいっていないのだそうです。
タンパク質は20数種類のアミノ酸が組み合わさって作られており、タンパク質が消化吸収される時にはブロメラインや膵液によってアミノ酸に分解されなければいけません。体質的に胃で分泌するブロメラインが少ない方が掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方には多いそうですが、ブロメラインの分泌が悪いとタンパク質が最小単位であるアミノ酸に分解できないのです。
中途半端に分解されたタンパク質は、腸の免疫機構から見るとウィルスや細菌と見分けがつかず、この未消化のタンパク質が腸の免疫機構を刺激してしまうことがあるそうです。
腸の中に未消化のタンパク質があると、免疫機構が反応して未消化のタンパク質を吸収しないように腸から水分がでてきます。この水分が腸から未消化のタンパク質を洗い流すために働くのですが、これが下痢の原因となります。

アメリカでの調査では掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方でもブロメラインの分泌が常に鈍っている方は少なく、ブロメラインの分泌量は体調に左右されることが多いようです。また、消化しやすいタンパク質と消化しにくいタンパク質があり、食事の内容でも下痢になるかならないかは左右されるようですので、どのようなタンパク質を摂取した時に下痢をしやすいかを覚えておくというのも、下痢を防いだり、免疫機構を穏やかにするには効果的です。
こうした体質の方は毎食後にブロメラインサプリメントを摂取することでタンパク質を消化でき、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症や痒みが起こりにくくなることが判っています。

女性が妊娠した時に検査するカンジタという感染症があります。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の女性にカンジタ感染が多いということで調べてみると、これもブロメラインという消化酵素の分泌不良と関係が深いことが判りました。
カンジタ感染症を起こすカンジタ菌は口と胃腸を経由して肛門から性器に感染します。通常の場合は口から入ったカンジタ菌は胃の中でブロメラインというタンパク質消化酵素によって死滅させられるのですが、ブロメラインの分泌が鈍っているとカンジタ菌の一部は生き残ってしまい、生きた状態で排泄されます。このカンジタ菌が性器に感染しカンジタ感染症になるのです。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)でカンジタ感染症に罹ったことのある方はブロメラインがおすすめです。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方で食事後に胃がもたれるとか、消化不良を起こしやすい方などもブロメラインの分泌不足の体質が疑えます。ブロメラインの分泌不足が未消化のタンパク質を作り出し、腸の免疫機構を過敏にして本来は無害なアレルゲンに対して過剰反応を起こしていることを考えるとブロメラインというサプリメントの果たす役割は大きいと言えるでしょう。
また消化不良の方は善玉菌乳酸菌 腸内細菌)を摂取することで消化が良くなるケースも報告されています。

ブロメラインという消化酵素の果たす役割はタンパク質の消化だけに限りません。胃で分泌されたブロメラインは腸から吸収されて血液によって全身に運ばれて、炎症箇所の改善に働くことが判っています。
つまりブロメラインの分泌不足によってアレルゲンに過敏になるだけではなく、炎症にも弱い体質になってしまうのです。
掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)体質で、下痢を繰り返す方や消化がうまくいっていないと考える方、カンジタ感染症に罹ったことがある方は、毎食後にブロメラインの摂取を行うことでタンパク質をアミノ酸に分解してみてください。
タンパク質が消化できないとコラーゲンを作るための硫黄(MSM)というミネラルの吸収も悪くなるので皮膚や粘膜が弱くなります。

ブロメラインの分泌不足で消化不良を起こしている方のサプリメント

日本では掌蹠膿疱症性骨関節炎は難病と言われていますが、アメリカでは10年以上前から原因と改善方法が確立されています。

掌蹠膿疱症性骨関節炎と診断される方のレントゲン写真を見ると何も起きていないことが多いのです。
もし炎症の影などが見えるようであれば、それはかなりの重症です。
なぜ掌蹠膿疱症性骨関節炎はレントゲンに映らないのでしょうか?
それは神経痛だからなのです。

掌蹠膿疱症性骨関節炎は非常な痛みを伴い、重症になると歩行困難になってしまう方もいます。鎖骨や胸骨に痛みを感じる方が多いのですが、そのまま掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を放っておくと手足にまで痛みが広がってしまうことが判っています。
掌蹠膿疱症性骨関節炎の初期の痛みは炎症による痛みではないため、レントゲンなどの検査をしても原因が判らないことが多いのです。
掌蹠膿疱症性骨関節炎は骨の周りを被っている骨膜という膜にある末梢神経に、肥満細胞から分泌したヒスタミンが直接に作用します。この作用が脳には痛みとして感じるらしく、末梢神経が敏感であったり、その部位でのヒスタミンの分泌量が多いと、強い痛みとして感じてしまうそうです。
本来は痛みの原因となる炎症などが無いのに、ヒスタミンが脳に嘘の痛みの情報を流すので、神経痛と呼んでも良いでしょう。

このヒスタミンによる末梢神経への干渉は掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)では痛みの原因となり、アトピー性皮膚炎ではかゆみや痛みの原因となり、花粉症やアレルギー性鼻炎では目や鼻のかゆみの原因となります。
しかし、ヒスタミンはウィルスや病原菌が体内に侵入したきた時に活躍する免疫系の武器と言って良く、重要な役割を持っています。免疫系はヒスタミンにより炎症を引き起こし、活性酸素などの武器で侵入してきた外敵を死滅させる方法で体を守っているのです。
アレルギー体質の方は本来は無害な、身の回りにたくさん存在するアレルゲンに反応して(免疫系が外敵と勘違いして)、大量のヒスタミンが分泌してしまうために掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や掌蹠膿疱症性骨関節炎になってしまうのです。

アメリカでは本来は無害なアレルゲンに反応することが悪いとして、アレルゲンに反応しない様に体質改善を行う方法が一般的です。
アレルゲンに過敏に反応するのは、腸内環境が悪玉菌優勢であることが大きな原因の1つですので、善玉菌乳酸菌 腸内細菌)のサプリメントを摂取して腸内に大量に存在するTh2というグロブリン免疫抗体を異常分泌してしまう白血球を減らします。
グロブリン免疫抗体が肥満細胞を刺激してヒスタミンをたくさん作らせるので、腸内環境の改善はその根本を改善しようという治療方法です。

また、グロブリン免疫抗体の異常分泌を改善するのと平行して、ケルセチン(抗ヒスタミン剤)による肥満細胞の鈍化も効果的です。

上記の2つの体質改善は根本からアレルギー体質を改善する良い治療法ですが、1年から2年のサプリメント摂取が必要ですので時間がかかります。
その間にも痛みや膿疱は起こってしまいますので、対症療法としてビオチンビタミンH)で既に引き起こされている炎症を抑制したり、EPAで皮膚を丈夫にしてアレルゲンの大量侵入を防いだりすることも、アメリカでは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や掌蹠膿疱症性骨関節炎の改善でよく行われています。
これらの治療法は3ヶ月~1年ほどで効果を感じる方が多いようですが、もっと短期の対症療法としてアスタキサンチンで末梢神経を保護し、ヒスタミンの神経痛のいたずらを防ぐ方法も実績があるようです。

レントゲンやMRIなどで影が確認できるような方は、神経痛を通り越して実際の炎症が起こっています。
ヒスタミンは炎症を引き起こす物質でもあるので、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を放っておくと膿疱の原因であるヒスタミンが関節や骨膜にまで炎症を起こさせ、本当の炎症による痛みを引き起こします。
こうした方は根本的な改善と平行してビオチンビタミンH)やパントテン酸(ビタミンB5)で炎症体質の改善を行い、掌蹠膿疱症性骨関節炎の症状改善を行うことが多いようです。

掌蹠膿疱症性骨関節炎の方のサプリメント

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。


掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のことなら

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)及び、掌蹠膿疱症性骨関節炎は、体質改善をすることで治療が可能となっている症状です。 【アメリカンビタミンショップ】は、体質改善を促すサプリメントを多数販売しております。 発症の原因を把握し、自分に合ったサプリメントを摂取しませんか。 アメリカで生産された安全なサプリをお試しください。

▲掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)TOP▲

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.