サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

商品詳細 EPAとDHA

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

03月23日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

EPAとDHA

EPADHAガンマリノレン酸との併用でアトピー性皮膚炎の改善をしてみませんか? EPAは炎症を引き起こすタイプのプロスタグランジンの産生を抑制してくれますよ またアレルギーだけではなく血液サラサラ効果によりダイエットカロリーコントロールでも活躍します
オメガ3系の必須脂肪酸の摂取は厚生労働省も奨めています

EPAとDHA
50506
1個~2個: 2,678円
3個~: 2,570円
ご購入個数  個
120ソフトジェルカプセル
26×10×10(㎜)
1錠中
EPA:180mg
DHA:120mg
ビタミンE:1IU(抗酸化サプリメントとして)
1回1~2錠 1日3回 毎食後

・摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております

【お得なセット商品のお知らせ】

ただ今 アトピー性皮膚炎用として EPA+DHAを含めた商品をセット販売として割安にご提供させていただいております この機会に どうぞご利用下さい

アトピー性皮膚炎用割引セットの第2弾です
アトピー性皮膚炎お勧め必須脂肪酸2・割引セット
5229円(税抜4980円)

カル社

EPA&DHA商品説明

最近のアレルギー研究では アレルギーの多くの原因として 腸内細菌のバランスの崩れによるビオチン不足が原因という結果を多く見かけます

腸内が悪玉菌優勢になることで アシドフィルス菌などの善玉菌が作り出すビオチンの量が少なくなり ビオチンが体内に吸収されて作られるEPAやガンマリノレン酸などのアレルギーを抑える働きをもつ 必須脂肪酸が作られなくなり アレルギーが発症する場合も多いということです

EPAはアトピー性皮膚炎 花粉症 気管支ゼンソクなどのアレルギー症状の予防と治療 慢性関節炎などの炎症性疾患の症状改善にも効果があることが知られています

EPAはオメガ3系の必須脂肪酸といわれ健康を維持するのに必要であると厚生労働省も摂取を奨めています

魚から取れるEPAは アトピー性皮膚炎等のアレルギー改善や健全なお肌の形成が期待されています

EPAは炎症の原因である炎症系のプロスタグランジンというホルモンの元になるアラキドン酸の生成を抑えてくれます
食用油であるリノール酸を多く摂取する方は リノール酸からガンマリノレン酸が多く作られ その結果 炎症系プロスタグランジンの原料であるアラキドン酸が多く作られるのですが EPAガンマリノレン酸がアラキドン酸になる過程をブロックしてくれますので 消炎系(炎症抑制系)プロスタグランジンがたくさん作れるようになって アトピー性皮膚炎や花粉症の炎症対策としては有効です 
アレルギーの方の多くが リノール酸 → ガンマリノレン酸 → 炎症抑制系プロスタグランジン という変換がうまくいかずに炎症を抑える効果を持つ炎症抑制系のプロスタグランジンが作れずに皮膚に炎症を起こします EPAを摂取することでガンマリノレン酸 → アラキドン酸 → 炎症系プロスタグランジン というルートを遮断しますので 炎症抑制のホルモンの材料であるガンマリノレン酸の量が増えて炎症抑制ができるだけでなく 炎症系のホルモンが作られなくなるという二重のメリットが発生します
ビオチンによってガンマリノレン酸を作れるように体質変換しても ガンマリノレン酸からアラキドン酸が多く作られてしまうという方もいるみたいですのでEPAを一緒に摂取することもアレルギーによる炎症体質を改善するには有効です

EPAやガンマリノレン酸の変換がうまくいかない原因として ビオチンの不足が挙げられますが アレルギーの方の中には何らかの理由によって この変換自体がうまくできない方もいるようで そういう方にはビオチンの摂取も効果がありません(アトピー性皮膚炎などのアレルギーに対してビオチンが効果を持つのは 全体の40~50%の方たちであるといわれています その他の方たちは 他の原因を追究する必要があり ビオチンの次に試すものとして アメリカではガンマリノレン酸が使われることが多いようです)

EPAやガンマリノレン酸の変換がうまくいかない場合 炎症を抑える効果を持つ消炎系のプロスタグランジンを作るためにEPAやガンマリノレン酸を直接 経口摂取することで うまくアトピー性皮膚炎を抑えることができる場合があります

もし ビオチンを3~6ヶ月摂取して あまり効果が出なかった方は 是非 EPAやガンマリノレン酸をお試しください
ガンマリノレン酸を摂取する際にはEPAを摂っていれば ガンマリノレン酸の摂取量に関わらず 消炎系のプロスタグランジンが多く作られますので アトピー性皮膚炎改善に繋がる可能性が高くなります

ビオチンが不足することで脂肪酸の変換がうまくいかないとEPAが不足してお肌の角質層の形成に問題が発生します
EPAは皮下でヒアルロン酸と一緒に分泌されて水分を乳液化して角質層と角質層を繋ぐノリの役割をします
EPAやヒアルロン酸の分泌が不足すると角質層が剥がれやすくなり 皮膚が薄くなってアレルゲンの侵入を容易に許してしまう皮膚が作られます
EPAはお肌では油分の調整をしているので 油分が少ないカサカサしたお肌や乾燥肌にはお奨めです 是非 ヒアルロン酸と一緒に摂取してみてください

アトピー性皮膚炎などのアレルギーを考える時 炎症系のプロスタグランジンの生成をいかに抑えるか というのが大きな問題の1つになります

炎症系プロスタグランジンとは 炎症を促す物質で 通常 アレルギーに限らず カゼなどの炎症を伴う症状などを引き起こします

今の医学界では 根本的に症状を治すことができない場合 この炎症系プロスタグランジンを抑えることで とりあえず症状を軽くするという 方法が採られます
アトピー性皮膚炎ではステロイド剤がその役割を担います この薬が体の中で 炎症系プロスタグランジンの生成を阻害しているのです

ヒトはストレスを与えられると副腎皮質刺激ホルモンを出し それが副腎皮質からのステロイドホルモンの分泌を促します 

このホルモンには免疫の抑制効果がありコルチソールと呼ばれ炎症を抑える働きがあります このコルチソールを医薬品にしたのがステロイド剤です

コルチソールの 炎症を抑えるプロセスは かなり複雑ですが 簡単にいってしまうと 炎症系プロスタグランジンの元である アラキドン酸の生成を阻害します

アラキドン酸は アルファリノレン酸やリノール酸 EPAやガンマリノレン酸などの仲間の脂肪酸で ヒトの体内で 生化学的な変換を行うことで それぞれの必須脂肪酸に変化します

プロスタグランジンの中には 消炎(炎症を防ぐ)の方に働く性質を持つものもあります
炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンと拮抗する形で 免疫機能を調整し 炎症を抑制します
その消炎系のプロスタグランジンの元となるのがガンマリノレン酸です

リノール酸(一般的なサラダ油)は 体内でビオチンの助けを借りてEPAやガンマリノレン酸に変わりますが リノール酸の摂りすぎは ガンマリノレン酸を生成する酵素の活性を抑制します
アラキドン酸の摂取は 肉食などから 直接行えますので 摂取量を減らすことが困難です(30年前と比べると日本人のアラキドン酸の摂取量は4~5倍に増えています)

リノール酸の摂りすぎは炎症を抑える働きのガンマリノレン酸の産生を抑えますので 生活習慣の中でリノール酸の摂取はできるだけ控えた方が良さそうです(アトピー性皮膚炎はリノール酸の摂りすぎが原因であるとする レポートも結構ありました)

しかしリノール酸を多くとる方や ガンマリノレン酸をサプリメントとして摂取している場合 EPAを一緒に摂ると 必要以上のアラキドン酸が生成されないため 炎症系のプロスタグランジンが発生しにくくなるという効果があります

魚にアレルギーのある方はEPAの摂取は難しい場合もあると思いますが アルファリノレン酸を多く含む亜麻仁油を摂れば体内でEPAに変換されます
アルファリノレン酸自体にもEPAと同様に リノール酸のアレルギー作用(ガンマリノレン酸を作られなくする作用)を抑制する効果があります
生活習慣としてリノール酸を多く摂る方には このアトピー性皮膚炎用・必須脂肪酸は有効です

アルファリノレン酸白柳の皮 ガンマリノレン酸 EPAなどを一緒に使うと リノール酸→EPA→ガンマリノレン酸→アラキドン酸→炎症系プロスタグランジン→皮膚の炎症という一連の流れを 各所でブロックして 効率よくアトピー性皮膚炎の症状を軽くしてくれるでしょう

この流れの詳しい説明を「USA 最新ビタミン情報のアレルギーの項目 アトピー性皮膚炎について」でしています 是非ご覧下さい

アメリカで行われた実験では 先にも書きましたが 通常の食べ物としてガンマリノレン酸を摂取することは困難なため 逆にガンマリノレン酸をサプリメントとして摂取することで アトピー性皮膚炎に劇的な改善が見られる方も結構います
今までに摂取したことの無い栄養素(ガンマリノレン酸)が 体内に入ることによって 改善されたものと思われます

EPAはお肌の油分として皮下で分泌される栄養素です
食事からも摂取は可能ですが体内で使用する大部分は体内でビオチンなどが他の脂肪酸を変換して作っています
20歳くらいまでは比較的に十分な量のEPAが体内において生産されているのですが 加齢とともに腸内におけるビオチンの生産量が減ったり 他の脂肪酸からの変換効率が悪くなったりするため 25歳を超えるくらいから体内で作られるEPAの量が不足してきます また 若い方でも偏食や便秘などで腸内環境が悪い方はビオチンが不足しますのでEPAの生産量も少なくなります

EPAはお肌の角質細胞を作る基底細胞の上の部分でヒアルロン酸と一緒に分泌されます
EPAとヒアルロン酸と水分が混ぜられて乳液状のノリの様なものが作られて角質層と角質層を繋ぐ働きをもちます
お肌は数層~20層くらいの角質層という角質細胞から成る膜に覆われています 角質細胞自体は死んでしまった細胞ですので角質層同士を繋ぎとめておく力はなく EPAとヒアルロン酸と水分が混ざった乳液がノリの役割をしているわけです

若い頃にシャワーを浴びた時にシャワーの水が玉の様になってお肌を滑るなんてことがありましたが これは皮下で十分にEPAが分泌されていたために お肌の油分が足りていて起こった現象です アメリカではEPAを補給するとお肌の油分補給ができて水を弾くお肌が作れるとしてサプリメントとして非常に人気があります
シャワーだけの話ではなく 水仕事で荒れやすいお肌というのは概してEPAやヒアルロン酸の分泌が悪いか MSM(硫黄というミネラル)が足りていないためにコラーゲン密度の低い水の滲み込みやすいお肌が作られていることで起こります

アトピー性皮膚炎の方の中には これらのノリの分泌が悪いために極端に皮膚が薄くなって赤黒いお肌になってしまっている方や 粉を吹いたようになったお肌の方がいらっしゃいますが 角質層の薄さが細菌感染や有害物質の侵入による炎症を起こさせていることが多いようです
健康そうに見えるお肌でもEPAやヒアルロン酸の分泌が十分でない方は角質層が薄く トラブル肌や敏感肌などになりやすくなります
乾燥肌の方は硫黄不足によるコラーゲン密度が低いお肌の方が多く 更に お肌の水分がEPAと混じっていないために蒸発しやすい水分であることが多いのです EPAとヒアルロン酸と水分が混じった乳液状の水分は蒸発しにくく お肌に水分と油分を供給してくれるでしょう

アメリカ人は体重が重い方が多いため膝関節が痛くなる変形性膝関節症という病気に罹る方が多いのです 統計でいけば予備軍を含めて5000万人という数字も発表されており 栄養学的に先進国であるアメリカでは変形性膝関節症の栄養学的研究が非常に進んでいます
アメリカで行われた変形性膝関節症の実験で非常に高い効果を発揮した実験では 以下の栄養素の摂取を薦めています

EPA
ヒアルロン酸
グルコサミン
コンドロイチン
MSM
ビタミンB群
ビタミンCサプリメント
 
EPAとヒアルロン酸は膝関節などの関節で分泌されて上下の関節が擦れ合わないようにする潤滑油の役割をもちます
コンドロイチンとグルコサミンは軟骨の材料となります
MSMは軟骨の弾力を保つためのコラーゲンの原料となります
ビタミンB群とビタミンCは軟骨形成やコラーゲン形成の際にタンパク質の代謝を良くして生産能力を向上させます

若い方でも膝の屈伸をするとポキポキと音がするような場合は 軟骨同士がぶつかっている可能性が高いので 将来において膝関節痛を起こす可能性があります こういう方には潤滑油であるEPAやヒアルロン酸の摂取をお奨めします

EPAはオメガ3系の多価不飽和脂肪酸でIPAとも呼ばれています

その他の生理作用としては血液をサラサラにし 血管を拡張する働きにより 動脈硬化や心筋梗塞 脳卒中 高血圧を予防します

DHAはオメガ3系の多価不飽和脂肪酸で 体内でα-リノレン酸からEPAを経て合成されます
生理作用はコレステロールや中性脂肪を減らし脳卒中 痴呆 虚血性心臓疾患 高血圧 動脈硬化 大腸炎 高脂血症 皮膚炎の予防 改善効果があります
脂質代謝の異常や糖代謝の異常と糖尿病や動脈硬化 高血圧が重なることで起こるメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)を改善するためにアメリカで非常に人気があります
糖尿病を併発しそうな方はアルファリポ酸クロムがお勧めです
また 最近ではお腹につくタイプの内臓脂肪(主に中性脂肪)を減らすことがわかっており 痩せているのにお腹がポッコリ出ているタイプの方にはお勧めです

また DHAは健脳食とも呼ばれ 脳や神経組織に多く存在し それらの発育や機能維持に重要な役割を果たしています
老化に伴う記憶能力の低下や 視力の低下 痴呆などにも効果が期待されています

不飽和脂肪酸を食事と一緒に摂ると食事に満足する傾向があります 食欲を抑えられずについつい食べ過ぎてしまう方にはオススメです

アメリカでは血液をサラサラにして部分痩せができるとしてダイエットに取り入れる方もかなり増えているそうです コエンザイムQ10との相性がとても良いので是非 併用してみてください(下半身ダイエット(下半身痩せ)にはとても人気のサプリメントです)

是非 マルチビタミン・ミネラルや抗酸化カクテルと一緒にサプリメントとして補給してください 
この商品は 酸化しやすい 脂肪酸を ソフトジェルで包んで ビタミンEを加えることで かなり効率よく 酸化から守っています 安心してお使いください

当ショップの扱う すべてのダイエットサプリメントは 日本国と米国において 医薬品指定されているモノはありません すべて食品という分類になります
このEPA+DHAも食品です

サプリメントというものは ご使用者の体質によって使い分ける必要があります
ご使用者がそれぞれのアレルギーを発症する原因を追究し その原因に合ったサプリメントを選ぶことで 効率よくアレルギーの改善が可能になります

アトピー性皮膚炎には大きく分けると’5つの原因’があると言われています
アメリカの実験では 【1】のビオチンの不足によるアレルギーの発症が一番高く 全体の50%前後でした
この実験からも 初めてサプリメントを試されるアレルギーの方はビオチンが良いのではないかと思います


以下 5つの原因です

【1】腸内の善玉菌バランスの乱れによる ビオチンの不足
【2】ビオチンを使って脂肪酸から消炎系のプロスタグランジンが作れないEPAはここで使われます)
【3】免疫系の異常により 活性酸素が大量発生し それを処理できない
【4】たんぱく質を消化する消化液の分泌が悪く 未消化のまま吸収される
【5】亜鉛などの栄養素の不足により細胞分裂が鈍くなる

当ショップでは’5つの原因’に対処できるサプリメントをご用意しております

ビタミンCサプリメントパントテン酸は 副腎を強化して アレルギー抑制ホルモンの分泌を良くしてくれます このサプリメントと一緒にお摂りください

アレルギー体質の方は 日ごろから栄養補給に気を付けてみてください マルチビタミンアントシアニン などのサプリメントをおすすめします


もし サプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら 下のバナーをクリックして ご遠慮なく 店長までご相談下さい


最近のアメリカでのアレルギーの研究により’5つの原因’というものがクローズアップされてきました
合衆国食品医薬品局(FDA)や大学各種研究機関での研究は日本の研究の20年は進んでいると言われています

アレルギーを発症する原因は個人個人で違っていますが’5つの原因’を1つ1つ解決していけば 必ず あなたのアレルギーの原因も解決するはずです
1つの原因で解決するヒト 複数の原因が重複しているヒト 様々なパターンが考えられますが まずは【1】から 順番に試されるのが良いと思います(【5】は栄養補給ですので 【1】~【4】と併用することをお勧めします)
通常 アレルギーの実験期間は6~12ヶ月といわれていますので できれば 長期での摂取をお願いいたします

また アメリカではサプリメントによるアレルギー改善の実験が非常にたくさん行われています
これらの実験を翻訳・要約したものをご用意いたしました できましたら サプリメントを摂られると同時に 理論武装をしていただければと思います

USA アレルギー情報

2002年7月に大手新聞の1面を賑わした中国製のダイエットサプリメントで副作用という記事が出ておりましたがご記憶の方も多いのではないでしょうか?
当ショップも サプリメントを扱う会社ですから 少なからぬ影響がありました

でも あの主成分(フェンフェラミン)はアメリカでは1997年に既に製造が中止されていたのをご存知ですか
商品名をフェンフェンといって 食欲抑制剤としては 驚異的な効果を得られるということで 当時は他のダイエットサプリメントがぜんぜん売れなくなったそうです

しかしアメリカ社会はサプリメントを摂られる方が人口の半分の約1億2000万人いるといわれておりますので市場規模が非常に大きく 公共や民間のサプリメント監視団体が非常に多く 問題が発生する時は過去のデータをみてもかなり早く発生しています 通常は半年く らいでFDA(米国食品医薬品局)から製造中止の警告が発せられています

当ショップではサプリメント商品化の基準として 製造販売されてから最低で3年間以上経過しているサプリメントで販売数もかなりの数を誇る人気のあるサプリメントを採用することにしております

そうすることでサプリメントの安全性に関しては問題が非常に少なくなると考えております

またサプリメントの製造メーカーはアメリカでも毎年販売ランキングでBEST20に入る大きなメーカーをハワイの子会社が直接に取引しており メーカーとの連絡を非常に密にして様々な情報を得ております(市場規模が大きいのでBEST20とはいっても日本の大手化粧品会社など以上の規模があります)

アメリカは訴訟社会といわれておりますので 少しでも商品の品質などに関して問題があるとメーカーは消費者から訴えられてしまいます
そういう社会背景も関係してサプリメントの品質に関しては非常に高いレベルで安定しております

更に 毎日FDA(米国食品医薬品局)や民間の監視団体の警告板をインターネットで確認し 取り扱いサプリメントの安全性については万全を尽くしております

アメリカン ビタミンショップでは取り扱いサプリメントに関して 「ユーザー様のお口に入るものである」という認識を何にましても優先にして活動しております

FAQにも詳しく説明しておりますのでこちらもご覧ください

9968 958 981
サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.