サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

犬のためのマルチビタミン(ビオチンやビタミン、ミネラル等)

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

09月24日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

犬のためのマルチビタミン

犬の健康のために特別に配合された、犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)です。
ペットフードだけでは不足してしまいがちな栄養素を、きちんと補ってあげることで健康を維持し、大切な犬の長寿をサポートしてくれる、ワンちゃんには特にお勧めのペット用サプリメントです。

犬のためのマルチビタミン
11804
2,678  (税抜 2,480円 )
ご購入個数  個
90錠
2錠中
水分(最大):5.1%
ビタミンB-12:0.4mcg
チアミン(B-1):1.62mg
銅(アミノ酸によるキレート):100mcg
葉酸(B-9):100mcg
マグネシウム:100mcg
マンガン(アミノ酸によるキレート):120mcg
リボフラビン(B-2):2mg
パントテン酸(B-5):2.5mg
ナイアシン:20mgbr>カリウム:20mg
ビタミンD:200IU
亜鉛(アミノ酸キイーレイト):3mg
ビタミンE:4IU
コリン:40mg
カルシウム:400mg
鉄(アミノ酸によるキレート):6mg
ビオチン:60mcg
ビタミンA:2000IU
亜麻仁種子・ひまわり油・かもじ草・ビーポレン・ラズベリーの葉・柑橘類のビオフラボノイド複合体・ローズヒップ・ニンニク・緑茶抽出成分・ぶどうの皮抽出成分:154mg
犬の食事かおやつに混ぜてお与えください。
犬の体重が1-15 lbs(0.5kg~7kg)の場合 朝か夜に1錠をお与えください。
犬の体重が16-30 lbs(7kg~14kg)の場合 朝か夜に2錠をお与えください。
犬の体重が31-70 lbs(14kg~32kg)の場合 朝に1錠 夜に2錠をお与えください。
90錠入りですので 1ボトルで
小型犬の場合   約3ヶ月分 
中型犬の場合   約1ヵ月半分  
大型犬の場合  約1ヶ月分
・摂取目安をごらんいただきまして 体重に合わせて 摂取量をご調整下さい
・以下の写真は 錠剤の形状サンプルとなります
実際の錠剤とは色が異なります 
犬用なので 骨のかたちとなります
長いところが23㎜ほどになりますが 簡単に手で割ることが出来ます
犬のためのマルチビタミン
Acti Pet社

犬のためのマルチビタミンの商品説明

人間では最近ポピュラーになりつつあるマルチビタミンですが、サプリメント先進国のアメリカでは、ちゃんと犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)があります。

コンセプトは人間用と全く同じです。
餌だけでは補いきれない、または、不足しがちな栄養素をきちんと摂ることによって、美しい皮毛と健康を維持してくれます。 ビオチンは動物用も人間用も同じ成分ですが、餌では補い切れず、美しい皮毛には良い働きをします。

健康が維持されることにより、病気にもかかり難くなりますので、健康と長寿をサポートしてくれる、強い味方になってくれることでしょう。

いつものお食事に、プラスしていただくと、カルシウムや、ビタミンA、ビタミンB郡や、ミネラルを十分にとることが出来ます 。
手作りの餌をよくお与えになる方や、小食な犬、成長期の犬や高齢の犬などには、特にお勧めのサプリメントです。

犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)

ビタミンAの欠乏は、皮膚病と伝染病の原因となります、それを防ぐためにも、毎日の食事に、サプリメントを添加してあげてください、また、ビタミンAには抗酸化作用もあり加齢を遅らせ、化学物質などによるダメージから体を守ってくれます。

ビオチンを動物用として摂取すると、皮下の血流が高まり、皮毛の健康な成長を促し、美容効果が期待できます。
最近では動物のアレルギーが増えていますが、ビオチンを多めに摂取することで、炎症体質を改善する例もたくさん報告されています。

ビタミンBが不足すると、口腔、目、皮膚、胃腸系、などに、欠乏症が現れるほか、脳や神経機能なども影響をうけます。
ビタミンB1の不足は、食欲不振や嘔吐などを引き起こします。
ビタミンB2の不足は、白内障になる可能性があり、目の充血や結膜炎を引き起こすことも多くあります。
ビタミンB5はパントテン酸のことで、動物の寿命を延ばすといわれています、免疫系や副腎を機能させるのに重要なビタミンであり、アレルギーにも効果的なビタミンです、欠乏症から感染症が起こる場合もあります。
ビタミンB9、葉酸の不足は生殖器官の障害や免疫機能低下、抗うつや不安の症状を示す場合もあります。
ビオチンが不足すると脱毛や被毛や皮膚に異常が起こるなどの症状が現れてしまいます。

ビタミンDが不足すると人間と同様に、くる病の原因となります、直射日光に当たっている犬ですと皮膚内で作ることが出来ます。

ビタミンEは循環器系の疾病の予防や老化防止、白内障予防、免疫の活性化などに優れたビタミンですので、きちんと取っていただきたいビタミンです、また、ビタミンEが不足すると心疾患、脳神経疾患などの原因となります。

ビオチン 動物用

鉄・マンガン・マグネシウム・亜鉛等のミネラルはやはり微量とはいえ、欠かせない大切な成分です。
鉄は人間同様、犬も不足しやすく、貧血症状・疲労・下痢・脱毛を引き起こします。
マグネシウムは重金属の排出効果だけでなく、筋肉とも密接な関係がありますので、不足すると筋肉の痙攣や不整脈・骨の痛みなどを引き起こす可能性があります。

マンガンは血糖値の調節や、神経や免疫系、下垂体を正常に働かせるのにも必要なミネラルです。
ミネラルは、そのままのでは、沢山とっても、ほとんど吸収されず、そのまま排泄されてしまいます。
その為、人間のサプリメント同様、吸収率を上げるために、アミノ酸によるキレート処理が重要となります。
アミノ酸キレートとは、アミノ酸とミネラルを結合させることで吸収率をアップさせることで、アミノ酸によるキレートはクエン酸キレートよりも吸収効率が良い物となります。

犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)ビオチン 動物用

大切な家族の一員である、犬が健康で長生きしてくれることが、飼い主さんの希望だと思います。
質の良い餌と、最適なサプリメントを取ることで、健康を維持するだけでなく、質の高い生活を送ることが出来ると思います。

また、ビオチンなどの、様々な栄養が十分に摂れている犬は、皮膚病や感染症などにもかかり難いといわれています。

病気になってからでは、注射や投薬といった治療で、犬にも負担がかかりますし、もちろん、飼い主さんにも金銭的な負担が大きくのしかかってきてしまいます。
長い目で見たとき、十分な栄養補給が、より良い結果を生むことがわかっていただけるのではないでしょうか。

最近は運動不足や、餌の食べすぎなどで、肥満傾向にある犬も増えてきています。
犬の肥満解消の為に、餌の量を調整することは大切ですが、それによってカロリーを抑えるだけでなく、基本的な栄養まで不足してしまっていませんか?
犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)を足してあげることで、必要なミネラルやビタミンをきちんとって、健康を維持していただきたいものです 。

犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)

日本では犬は、番犬、と言う要素が強かったため、外で飼ったり、ちょっと昔だと、餌も残飯と言うことが多かったと思います。

もちろん、近年、日本でもペットを取り巻く環境は、劇的といっていいほど変化してきました。

それでも、ペット大国アメリカには、まだまだ遠く及ばないのが現状です。

ペットを大切にするイギリス人から見ても、アメリカ人がペットを大切にすることは有名らしく、イギリスのジョークで。
“アメリカ人女性に「生まれ変わるなら何になりたいか」を聞いたところ、 「1女性、2犬、3馬、4男」 という答えが返ってきた”と言われるほど、ペットが大切にされています。

アメリカで、いかにペットが大切にされているかと言うことの代表と言えるのが、日本でも発足が期待されている、
アニマルポリス(動物警察)ではないでしょうか。
動物の虐待、遺棄、闘鶏、闘犬、などは犯罪として取締りの対象となり、違反者は逮捕されます。
自分の飼っている動物であっても、餌や水を十分に与えていなかったり住環境に関してなど、十分なケアを受けていない場合も、逮捕の対象となり、手錠をかけられたり留置場に入れられたりといったことも、もちろんありますし、場合によっては、刑務所に入ることもあるのです。

また、アニマルホスピタルも日本とは違い、ER(救命救急)はもちろん、MRIでの検査や、人工透析、腎臓移植、放射線療法も受けられますし、動物のガン専門病院もありますから、人間と同じケアが受けられるようになっています。
ペットも大切な家族ですから、アメリカでは当たり前なのですが、日本では、まだまだそこまでしてくれる動物病院は少ないのが現状のようです。
臓器移植などの場合は、ドナーとなった動物も一緒に引き取ることが条件となる場合もあるようですが、日本では、まだまだ犬や猫に対して、臓器移植をしてくれる病院は、数えるほどしかありませんね。

アニマルシェルターや、動物保護団体も多く、その活動も広範囲です、また、動物を里親に譲渡するときの審査も、なかなか厳しいものがあります、ちなみに、私の姉が、アメリカのペットシェルターから、子猫を譲り受けたときは、住居はもちろん、近所の人への聞き取り調査まであり、そのあまりの厳しさにビックリした、と言う話があります、2度と同じような不幸な目にあわせないように、と言うことからの配慮だそうです。

これだけ大切にされているペットですから、ペットに与える餌やサプリメントにも、大変厳しく、それだけにアメリカ製のペット用サプリメントの信用性も高いといえると思います。

動物に対する栄養学の研究も進んでいるため、基本的な栄養を補う犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)から、関節のケアをはじめ、健康維持に関するもの、美しい毛艶や輝く瞳などその美しさをより際立たせるためのサプリメントも広く普及しています。

犬のためのマルチビタミン(ペット用サプリメント)

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.