サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

商品詳細 今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セット

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

10月17日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セット

■花粉症を根本から改善するサプリと、即効性の期待できる花粉症サプリをセットにしました!
■ヨーロッパでは花粉症用医療品として認められているハーブがあり、アメリカでもサプリメントとして高い人気があります。
■欧米では昔から花粉症に悩まされてきた歴史が長い分、研究も大きく進んでいるのです。
今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪この花粉症のサプリメントのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セット
11708
6,998  (税抜 6,480円 )
ご購入個数  個
アレルギー用ケルセチン:90カプセル入
ブロメライン:30タブレット入
EPA+DHA:120ソフトジェル入
アレルギー用ケルセチン
1錠中
ケルセチン:500mg

ブロメライン
1錠中
ブロメライン:1000mg (濃縮度2400GDU)

EPA DHA
1錠中
EPA:180mg
DHA:120mg
ビタミンE:1IU(抗酸化サプリメントとして)
【アレルギー用ケルセチン】
1回1~3錠 1日2~3回

【ブロメライン】
1日2~4錠 毎食後
錠剤の容量が大きいので、半分に割って使うことも可能です。
(食事の量によりますが1回の使用量は1錠までです)

【EPA+DHA】
1回1~2錠 1日3回 毎食後
・摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
ソラレー社

花粉症のサプリメント

ヨーロッパの各国で花粉症用医薬品として認められているハーブをご存知ですか?
アメリカでは花粉症のサプリメントとして20年以上前から高い人気を誇ります。

花粉症を根本から改善する花粉症のサプリメントと即効性の期待できる花粉症のサプリメントを組み合わせて割引セットにしました。
もちろん単品販売もしてます!

ヨーロッパでは昔から花粉症のサプリメントの研究が盛んでした。
アメリカやヨーロッパでは枯れ草熱と呼ばれている花粉症ですが、主にスギ花粉による花粉症が有名ですね。
しかし、日本原産の杉は花粉症を引き起こすようなことは無く、スギ花粉症を引き起こすのはアメリカやヨーロッパ原産の杉なのです。
明治時代以降、産業界の要請により、成長の早い輸入杉を植林し、たくさんの杉林を作りました。
実は、日本の行政機構は、輸入する時点で枯れ草熱のことについて知っていたようです。
ただ、輸入を開始した時点の日本は、アメリカやヨーロッパと比べると衛生状態が悪く、体内に寄生虫がたくさんいましたので、花粉症が出ることも稀だったようです。
アレルギーの大きな原因の1つであるグロブリンEは、体を守るための免疫機構です。
特にグロブリンEは、主に寄生虫を排除するための体内の防衛機構だったわけですが、戦後の衛生状態の改善で、体内に寄生虫のいる方がほとんどいなくなり、グロブリンEという免疫機構が余ってしまいました。
アレルギーの原因の1つは、このグロブリンEの暴走にあるのです。

アメリカやヨーロッパは昔から花粉症に悩まされてきていますので、ハーブやビタミンなどの花粉症のサプリメントによる治療の研究が非常に進んでいます。
ここ20年くらいしかない日本の花粉症の歴史とは比べ物になりません。
花粉症が発症する原因と対処方法にはイロイロとあり、同じアレルギーのアトピー性皮膚炎などと共通する部分から花粉症独特のものまで様々です。

花粉症のサプリメント

ここでは、欧米で研究・発表されている、花粉症が起こるプロセスやその改善法や花粉症のサプリメントについて順を追ってお話いたします。
アレルギー改善において理論武装は大きな武器となります。
ご自身の身体に起こっている現象を把握し、この花粉症のサプリメントとご自身に合いそうなサプリメントを組み合わせて、根本的な体質改善を目指してください。

【1】花粉症はたんぱく質の消化がうまくいっていないために引き起こされます

花粉症の方の多くは、たんぱく質の消化酵素の分泌が少なく、消化がうまくいっていないという報告があります。
たんぱく質(お肉など)がうまく消化されずに腸から吸収されると、腸を守っている免疫機構は、ウィルスや細菌が侵入してきたと判断します。(ウィルスや細菌はたんぱく質です。たんぱく質は本来、消化されてアミノ酸の形で吸収されます。)
腸は外界に接する内臓ですので、非常に強い免疫機構を備えています。
この腸からの未消化たんぱく質の吸収があると、全身の免疫機構に対して警報が発せられ、鼻や目などの外界に接する器官では特に警戒を強めるので、本来は無害な花粉が侵入してきても過剰な免疫反応を引き起こしてしまうのです。
花粉症のサプリメントとして非常に人気の高いブロメラインは、主にパイナップルの茎から取れ、たんぱく質の消化剤として、たんぱく質をキチンと消化してくれます。
よく酢豚にパイナップルが入っていますが、これは肉を消化して柔らかくする効果を期待して入れるのですが、パイナップルの実よりも茎から取れるブロメラインの方が、より強力にたんぱく質を消化してくれます。
このブロメラインを食後に摂る事で、たんぱく質の消化を促し、腸の免疫機構を過剰反応させないことが、花粉症の改善につながります。

【2】花粉症の不快な症状は血流を良くすることで改善します

花粉症のサプリメントとしてブロメラインが人気がある理由はタンパク質の消化だけではありません。腸から吸収され、鼻や目に運ばれて重要な働きをします。
運ばれたブロメラインは、炎症箇所に溜まり血流を悪くするフィブリンという弾性糸状タンパクを分解排除し、炎症を引き起こしている箇所の血流を良くし、炎症を緩和します。
花粉症が原因の鼻炎や目のかゆみは、花粉などのアレルゲンの侵入によって免疫機能が活性化し、好中球などの抗体が活性酸素を使ってアレルゲンを攻撃するために発生します。
その炎症箇所に溜まる成分がフィブリンという弾性糸状タンパクです。
フィブリンは、抗体による活性酸素の攻撃で炎症を引き起こした部分に溜まって血流を悪くすることで、炎症を起こした細胞の自己治癒力を十分に発揮できないようにして、花粉症の症状を長引かせます。
ブロメラインがこのフィブリンを分解排除することで、滞っていた血流が還流し、十分な酸素(活性酸素ではありません)と栄養を運んできます。
花粉症のサプリメントを摂取することで炎症を起こした細胞がもとの状態に戻り、花粉症のつらい症状が改善されるということになります。

【3】しきい値を上げることで本来無害な花粉に免疫系が反応しないようにする

花粉症の方の多くが、しきい値が低いため、本来無害な花粉に対して過剰な免疫防御反応を起こします。
最近のアレルギーの文献を読んでおりますと、しきい値という言葉が盛んに使われています。
「しきい値を上げる」とか「しきい値が低い」などと使います。
花粉症のサプリメントによってしきい値を高くするということは、免疫機構がチョットしたことで過剰な反応を引き起こさなくなるということですので、根本的なアレルギーの改善に繋がります。
しきい値とは、アレルゲンの花粉などが侵入して免疫のシステムが作動し、B細胞がグロブリンEという抗体を作り出す値を言い、アレルギー体質の方は、アレルギーを持たない方と比べると、しきい値がかなり低いという研究結果があります。
グロブリンEは、人間の長い歴史から見ると、必要不可欠なものです。
本来、グロブリンEは、寄生虫に対する有効な防御手段として、太古の昔から人類を守ってきたのです。
そういった理由で、衛生状態の悪い国では、アレルギーというものは見られないそうです。
近年、農薬の発達や保健機構の努力により、先進国では寄生虫を持っている方はほとんどいなくなっています。
その行き場を失ったグロブリンEが、本来は無害な物に対して反応してしまうのがアレルギーです。
花粉に反応すれば花粉症、ハウスダストやダニに反応するのがアトピー性皮膚炎などと、アレルギーも様々です。
最近では、そのしきい値を上げて、免疫システムが誤動作をしないようにする研究が進んでいます。
コエンザイムQ10ケルセチン(抗ヒスタミン剤)イラクサ(ネトル)などの花粉症のサプリメントによってアレルゲンに対するしきい値をあげてやり、花粉やハウスダストなどの本来無害なものに免疫機構が反応しグロブリンEを産生しにくくしてやります。

【4】アレルギーの根本的な改善に必要なもの

花粉症のサプリメントによってアレルギー反応の抑制を考える時、「炎症を酷くさせるホルモンである炎症系プロスタグランジンの生成をいかに抑えるか」ということが花粉症のサプリメントとしては大きな問題の1つになります。
炎症系プロスタグランジンとは、炎症を促す物質で、アレルギーに限らずカゼなどでも炎症を伴う症状を引き起こします。
今の医学界では、根本的に症状を治すことができない場合、この炎症系プロスタグランジンを抑えることで、とりあえず症状を軽くするという方法が採られます。
ヒトはストレスを与えられると、副腎皮質刺激ホルモンを出し、それが副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を促します。
このホルモンには免疫の抑制効果があり、炎症を抑える働きがあり、コルチゾールと呼ばれています。
このコルチゾールを人工的に作り出したものがステロイド剤です。
コルチゾールが炎症を抑えるプロセスはかなり複雑ですが、簡単にいってしまうと炎症系プロスタグランジンの元であるアラキドン酸の生成を阻害します。
アラキドン酸はアルファリノレン酸やリノール酸などの仲間の脂肪酸で、ヒトの体内で生化学的な変換を行うことで、それぞれの必須脂肪酸に変化します。
EPAは、炎症の原因である炎症系のプロスタグランジンの元になるアラキドン酸の生成を抑えてくれます。
食用油であるリノール酸を多く摂取する方は、リノール酸からガンマリノレン酸が多く作られ、その結果、余ったガンマリノレン酸から炎症系プロスタグランジンの原料であるアラキドン酸が多く作られるのですが、EPAはガンマリノレン酸がアラキドン酸になる過程をブロックしてくれますので、花粉症対策やアトピー性皮膚炎対策として有効です。
上記の脂肪酸の変換がうまくいっている場合、あまりアレルギーは発症しません。うまくいかない最大の原因としては、ビオチンの不足があります。
アメリカで行われるアレルギー関係の治療には、ビオチンを摂取することで、体内における脂質代謝の異常を正常化し、アレルギー症状を改善する方法があります。
このビオチンに関しては、別にセット商品(アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット)を揃えていますので、あえてこのセット商品からは外しています。
また、副腎皮質を強化することでも、アレルギー症状を根本的な改善に導くことが可能です。この場合、アメリカではキノコ類パントテン酸などの花粉症のサプリメントが使われます。

花粉症 サプリメント

この花粉症のサプリメントのセット商品は、花粉症対策としてヨーロッパやアメリカで最も人気の高いハーブであるケルセチンを中心にして、その他にケルセチンと相性の良いサプリメントを組み合わせています。
セットで摂取することにより、より効果的に花粉症に対して効果を発揮します。

アレルギー用ケルセチンについての説明

ケルセチン(抗ヒスタミン剤)という花粉症のサプリメントは、ヨーロッパでかなり研究が進んでいる主に柑橘類から採れるフラボノイドで、花粉症の炎症を緩和するといわれています。
この花粉症のサプリメントは、ケルセチンの抽出に最も適しているといわれる青緑藻という海藻から抽出されたケルセチンを使っています。
体質改善(しきい値を上げる)のために花粉症の季節以外でも飲んでおいたほうが良いとされています。
10年ほど前に、ドイツが国をあげて研究を行ったコミッションEというハーブの効果を検証する実験でも、このケルセチンは非常に高い花粉症の炎症を抑える効果を発揮しました。
それを受けてヨーロッパの中では、この花粉症のサプリメントを医薬品として認めた国もあります。
ケルセチンは、抗酸化サプリメントとしての効果とアレルギーのしきい値を引き上げる効果が強いため、体質改善のために花粉症以外の時期にも飲んでおくと良いといわれているフラボノイドです。
しきい値を高くするということは、根本的なアレルギーの改善に繋がりますので、是非、長期で摂取を続けていただきたいサプリメントが、このケルセチンです。
欧米では花粉症を枯草熱と呼び、ケルセチンとブロメラインの組み合わせが有効とされ、花粉症のサプリメントとして非常に人気があります。

ブロメラインについての説明

ブロメラインは様々な花粉症のサプリメントの中では即効性が期待できます。(ただし、症状が進んでいる場合、多少の時間がかかります。)
ブロメラインはパイナップルから摂れる蛋白質を分解する酵素です。1950年代に炎症を抑制するとして使用され、かなりの実績をあげています
主にパイナップルの茎から取れ、口腔より侵入する感染菌などを死滅させる働きがあります。
カンジダなどの感染症などは、この消化酵素の不足でも発生するといわれています。
ブロメラインはたんぱく質の消化酵素ですので、食後すぐに摂取してください。錠剤が大きいので半分に割ってお使いいただくことも可能です。
(食事の量によりますが、1回の使用量は半錠~1錠です。適性量は食事量や体質などによって変わります。)

このたんぱく質分解酵素が、炎症箇所に溜まり血流を悪くするフィブリンという弾性糸状タンパクを分解排除し、炎症を引き起こしている箇所の血流を良くして炎症を緩和します。
花粉症が原因の鼻炎や目のかゆみは、花粉などのアレルゲンの侵入によって免疫機能が活性化し、好中球などの抗体が活性酸素を使ってアレルゲンを攻撃するために発生します。
その炎症箇所に溜まる成分がフィブリンという弾性糸状タンパクです。
このフィブリンが抗体による活性酸素の攻撃で炎症を引き起こした部分に溜まって血流を悪くすることで、炎症を起こした細胞の自己治癒力を十分に発揮できないようにして花粉症の症状を長引かせます。
ブロメラインがこのフィブリンを分解排除することで滞っていた血流が還流し、十分な酸素(活性酸素ではありません)と栄養を運んできます。
炎症を起こした細胞がもとの状態に戻ることで花粉症のつらい症状が改善されるということになります。
ブロメラインは、濃縮度によって品質が分けられます。
この花粉症のサプリメントは、市販の多くのサプリメントに含まれるブロメラインよりも、約4倍濃縮されていますので、十分な量のブロメラインを摂取することができます。(多くの商品は600GDUという濃縮が多いようです。本商品は2400GDUという濃縮を行っていますので、同じ量であれば4倍の効果が期待できます。)

EPA DHAについての説明

EPAは血液をサラサラにするとして有名な魚から取れる必須脂肪酸です。このEPAがアレルギーの改善に役立つ仕組みは結構複雑ですので、以下に説明させていただきます。
通常、腸内の善玉菌が作ったビオチンを腸壁から吸収して、そのビオチンを使ってアルファリノレン酸やEPA、ガンマリノレン酸などの必須脂肪酸の変換を行い、消炎系のプロスタグランジンを作り出すことでアレルギーの炎症が起こるのを防いでいます。
しかし、花粉症などアレルギーの方の中には、腸内での善玉菌バランスが良く、ビオチンが十分に吸収されているにも関わらず、花粉症が発症してしまう場合もあります。
それは、ビオチンを使って必須脂肪酸を変換するプロセスがうまくいかない体質であるという事が原因の可能性が高いようです。
つまり、十分な量のビオチンがあるにもかかわらず、体内での消炎系のプロスタグランジンが作り出せないことが原因で、アレルギーになっているのです。
消炎系のプロスタグランジンのもとは、ガンマリノレン酸という脂肪酸です。
アレルギー系のサプリメントの中では、主に月見草から取れるオイルとして知られています。
通常の場合、食事から入ってきたリノール酸は、リノール酸→ガンマリノレン酸→アラキドン酸という変換経路をとり、それぞれが体内で使われています。

ビオチンを使って「リノール酸→ガンマリノレン酸→アラキドン酸」という必須脂肪酸の変換ができない場合、消炎系のプロスタグランジンのもとになるガンマリノレン酸を補給しますが、ガンマリノレン酸を多く摂りすぎると、余った分がアラキドン酸に変換されてしまい、結果的に炎症系のプロスタグランジンの生成を促し、症状が悪化する場合もあるという実験結果もあります。

消炎系のプロスタグランジンの元はガンマリノレン酸ですが、実際にはアルファリノレン酸やEPAから、比較的簡単に体内で作り出すことが可能です。
体内で必要な量のガンマリノレン酸がアルファリノレン酸やEPAから作られると、それ以上のガンマリノレン酸は作られないような仕組みになっていますので、ガンマリノレン酸を直接摂取するよりも安全性が高い(余ったガンマリノレン酸からアラキドン酸がたくさん作られて、炎症系のプロスタグランジンが作られ、皮膚に炎症を引き起こす可能性が低くなる)といわれています。
つまり、EPAを補給してやることで、体内での必須脂肪酸の変換がうまくいき、炎症系プロスタグランジンの原料となるアラキドン酸が作られるのを防ぎ、更に、消炎系プロスタグランジン(炎症を抑制するタイプのホルモン)の原料となるガンマリノレン酸を作る働きが活発になり、アレルギーで発症する炎症を緩和できるようになるのです。

当セット商品と相性の良い花粉症のサプリメントのご紹介(体質により症状の改善が鈍ければプラスしてください)

アレルギー体質の方は、日ごろから栄養補給に気を付けてみてください。マルチビタミン抗酸化サプリメントなどのサプリメントをおすすめします。

花粉症のサプリメント

当ショップの扱うすべてのサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているモノはありません。
すべて食品という分類になります。

花粉症のサプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアレルギー発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶことで効果的にアレルギー改善の効果が期待できるようになるのです。
家族や友人が効果を発揮したアレルギーサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証は無いのです。

アレルギーには大きく分けると’5つの原因’があると言われています。

アレルギー症状の’5つの原因’
【1】腸内の善玉菌バランスの乱れによるビオチンの不足(セット商品ページへ
【2】ビオチンを使って脂肪酸から消炎系のプロスタグランジンが作れない(セット商品ページへ
【3】免疫系の異常により活性酸素が大量発生し、それを処理できない
【4】たんぱく質を消化する消化液の分泌が悪く、未消化のまま吸収される
【5】亜鉛などの栄養素の不足により、皮膚の細胞分裂が鈍くなる(セット商品ページへ
当ショップでは’5つの原因’に対処できる花粉症のサプリメントをご用意しております。
もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

最近のアメリカでの花粉症のサプリメントの研究により’5つの原因’というものがクローズアップされてきました。
合衆国食品医薬品局(FDA)や大学各種研究機関での研究は、日本の研究の20年は進んでいると言われています。

アレルギーを発症する原因は個人個人で違っていますが、’5つの原因’を1つ1つ解決していけば、必ずあなたのアレルギーの原因も解決するはずです。
1つの原因で解決するヒト、複数の原因が重複しているヒトなど、様々なパターンが考えられますが、花粉症の場合、まずは【3】と【4】から、順番に試されるのが良いと思います。(【5】は栄養補給ですので、【1】~【4】と併用することをお勧めします。)
即効性を期待できる花粉症のサプリメントも多くありますが、通常、アレルギー改善の実験期間は6~12ヶ月といわれていますので、できれば長期での摂取をお願いいたします。

また アメリカでは花粉症のサプリメントによるアレルギー改善の実験が非常にたくさん行われています。
これらの実験を翻訳・要約したものをご用意いたしましたので、宜しければサプリメントを摂られると同時に、これらの情報を元に理論武装をしていただければと思います。花粉症のサプリメントを摂取する上で、情報で理論武装すると、ただ漫然と良さそうなモノを摂るだけの状態より、目的の達成率は高くなります。

栄養学とサプリメント

花粉症のサプリメント

安全な花粉症のサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

≪この花粉症のサプリメントのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.