サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

必須脂肪酸

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

01月19日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

必須脂肪酸の割引セット(アレルギーに)

■必須脂肪酸の不足による皮膚炎などの炎症を、体質から改善する事で症状の緩和が期待できるセットです。
■必須脂肪酸は炎症抑制や丈夫な皮膚の形成に関係していますが、数種を一緒に摂る事でさらに効果が高まります。
■必須脂肪酸を用いた炎症体質の改善を行う実験期間は3~6カ月と言われています。長期的な摂取での効果確認をお勧めします。
必須脂肪酸の割引セットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪この必須脂肪酸のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

必須脂肪酸の割引セット(アレルギーに)
11707
5,918  (税抜 5,480円 )
ご購入個数  個
ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイル:30ソフトジェル入
EPA+DHA:120ソフトジェル入
パントテン酸:50タブレット
ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイル
1錠中 ボラージオイル:1000mg
(GLA(ガンマリノレン酸):240mg  リノール酸:350mg  オレイン酸:170mg  ヤシ油:100mg)

EPA DHA
1錠中
EPA:180mg
DHA:120mg
ビタミンE:1IU(抗酸化サプリメントとして)

パントテン酸
1錠中
パントテン酸:1000mg
【ガンマリノレン酸と月見草オイル】
1日1~3錠 食後に

【EPA+DHA】
1回1~2錠 1日3回 毎食後

【パントテン酸】
1日2~3錠 食後に
☆水溶性で尿に溶けて排出されやすいため、摂取量に関わらず、1日3~4回に分けてお摂りください。
1錠を割って摂る事も可能です。
・必須脂肪酸の摂取目安は、アメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。

【お得なセット商品のお知らせ】
・アトピー性皮膚炎用割引セットの第1弾です。
(ビオチンを中心とした、炎症体質と腸内環境の改善用セット商品です。約半月分です。)
アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット

・上記セットの大容量版です。
(腸内環境の改善部分がパワーアップしています。約1か月分です。)
大容量 アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット

・アトピー性皮膚炎用割引セットの第3弾です。
(亜鉛を中心にした皮膚再生促進用のセット商品です。)
アトピー性皮膚炎お勧め亜鉛5・割引セット
カル社

必須脂肪酸

必須脂肪酸がアレルギーの炎症抑制や丈夫な皮膚の形成に関係していることが解っています。
必須脂肪酸とは様々な脂肪酸がありますが、この必須脂肪酸のセット商品ではオメガ3必須脂肪酸であるEPAとDHAやガンマリノレン酸をセット商品として、お徳に摂取できるようにし ています。

必須脂肪酸は一緒に摂ることで、効果的に働くことが解っていますので、必須脂肪酸セットで摂取することをお勧めします。

アレルギーの改善に必須脂肪酸を使う手法は日本でも以前から行われていました。
主に使われる必須脂肪酸は、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)EPAアルファリノレン酸(αリノレン酸)などのオメガ3系必須脂 肪酸です。
この必須脂肪酸のセット商品は比較的効果が高く、アメリカのアレルギー内科で高い評価を受けているガンマリノレン酸とEPAをセットとしました。
これらの必須脂肪酸は併用することで効果的に働くことが判っておりますので必須脂肪酸のセットとして摂られることをお奨めします。

アレルギーの研究がとても進んでいるアメリカでは、アレルギーの原因について、5つの種類に分けることができるとし ています。
アレルギー関係の識者の多くは、その5つの原因を1つ1つ解決していけば、アトピー性皮膚炎の改善が可能であるとの結論に達しています。
この必須脂肪酸のセット商品は、5つある原因の第2番目の炎症体質の原因を改善するために、最も良いといわれるサプリメントの組み合わせです。

アトピー性皮膚炎の’5つの原因’
【1】腸内の善玉菌バランスの乱れによるビオチンの不足(セット商品ページへ
【2】ビオチンを使って必須脂肪酸から消炎系のプロスタグランジンが作れない(この必須脂肪酸のセットがお奨めです)
【3】免疫系の異常により活性酸素が大量発生し、それを処理できない
【4】たんぱく質を消化する消化液の分泌が悪く、未消化のまま吸収される
【5】亜鉛などの栄養素の不足により、皮膚の細胞分裂が鈍くなる(セット商品ページへ

ビオチンの不足が原因の必須脂肪酸の不足など、アレルギーを発症する原因は個人個人で違っていますが、’5 つの原因’を1つ1つ解決していけば、ほとんどのアレルギーの原因も解決するはずです。
1つの原因で解決する方や複数の原因が重複している方など、様々なパターンが考えられますが、まずは【1】から順番に試されるのが良いと思います。(【5】は栄養補給ですので、 【1】~【4】と併用することをおすすめします。)
通常、必須脂肪酸のサプリメントを用いてアレルギーの炎症体質の改善を行う実験期間は3~6ヶ月といわれていますので、できれば長期摂取で効果を確認してみてください。

必須脂肪酸

アメリカで行われた必須脂肪酸を使った実験の結果によると、ビオチンの不足でアトピー性皮膚炎などのアレル ギーになっている方は、アレルギー全体の40~50%弱だそうです。
残りの60%に関しては、前項でご紹介した【2】~【5】の原因が当てはまるのですが、その中でもビオチン不足の次に可能性が高いのが、ビオチンを使って体内で必須脂肪酸を変換 させ、炎症抑制ホルモンを自ら産生できないタイプの【2】に相当する方です。
その場合、ビオチンを摂取するのではなく、必須脂肪酸の各変換の段階で必要となる必須脂肪酸を、直に摂取することになります。

昔から、亜麻仁オイルEPA、月見草 オイルなどの必須脂肪酸がアトピー性皮膚炎の改善対策として使われてきましたが、これらの必須脂肪酸を補給することで、抗アレルギーホルモンを自ら分泌して、【2】の原因を改善 していきます。

この必須脂肪酸のセット商品のうち、ガンマリノレン酸という必須脂肪酸はEPAという必須脂肪酸と一緒に摂取することで効果が高まりますので、必須脂肪酸のセット商品として組み合わ せたいと思います。
このガンマリノレン酸が加わったことで、ビオチンセット以外の商品でアレルギーの方に人気のあるサプリメントが1つ にまとまりました。

また ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)は必須脂肪酸のセット商品と併用することで効果が高くなることが 判っていますが、アレルギー用としては、一般的にあまり知られていないハーブのため、必須脂肪酸のセット商品からは外させていただきます。

共役リノール酸(トナリンCLA)も必須脂肪酸の1つでアトピー性皮膚炎の方には有効なのですが、 掌蹠膿疱症の方には良くないということで、必須脂肪酸のセット商品に汎用性を持たせるために、外させていただきました。

必須脂肪酸

この項では、【2】の「ビオチンを使って必須脂肪酸から消炎系のプロスタグランジンが作れない」という問題を改善するための理論を紹介させていただ きます。
(文献はすべて、アメリカの大学および研究機関の必須脂肪酸の摂取実験を参考にしています)

”ビオチンを摂ってみたけど効果が出なかった”方は、消炎系のプロスタグランジンを作る過程で異常が起きている可能性がありますので、消炎系のプロスタグランジンの原料となる必 須脂肪酸(ガンマリノレン酸)を補給してやることで、アトピー性皮膚炎の改善を試みる方法を取ります 。

通常、人間の身体は、腸内の善玉菌が作ったビオチンを腸壁から吸収して、そのビオチンを使ってアルファリノレン酸やEPA、ガンマリノレン酸などの必須脂肪酸の変換を行い、消炎系のプロスタ グランジンを作り出すことで 上皮組織に炎症が起こるのを防いでいます。

アトピー性皮膚炎に悩まされている多くの方は、腸内の善玉菌バランスが崩れていて、このビオチンの産生や必須脂肪酸の産生がうまくいっていないケースが多く見られ、そういった方 達はビオチンを経口摂取することで必須脂肪酸の変換を行い、アトピー性皮膚炎が改善する場合も多いようです。
この場合、「【1】腸内の善玉菌バランスの乱れによるビオチンの不足」に対応するサプリメントの組み合わせが有効です。
ビオチン摂取で症状が改善されるまでに、最低で3~6ヶ月は必要です。
皮膚の新生のサイクルが約1ヶ月ありますし、傷付いた皮膚から正常な皮膚が作られるのに、また数ヶ月かかるためです。

しかし、アトピー性皮膚炎の方の中には、ビオチンを摂取しているにも関わらず、アトピー性皮膚炎の炎症が発症している方もいらっしゃいます。
それは、ビオチンを使っての必須脂肪酸の変換が、うまくいかないという事が原因の可能性が高いようです。
つまり、充分な量のビオチンや必須脂肪酸があるにもかかわらず、体内で消炎系のプロスタグランジンが作り出せないことが原因で、炎症を抑えられず、アトピー性皮膚炎になっているのです。

消炎系のプロスタグランジンのもとは、ガンマリノレン酸という必須脂肪酸です。
アトピー性皮膚炎系のサプリメントの中では、主に月見草から取れる必須脂肪酸オイルとして知られています。
通常、食物から入ってくるリノール酸は、リノール酸→ガンマリノレン酸→アラキドン酸という変換経路をとり、それぞれが体内で使われています。

ビオチンを使って「リノール酸→ガンマリノレン酸→アラキドン酸」という必須脂肪酸の変換ができない場合、消炎系のプロスタグランジンのもとになるガンマリノレン酸を補給しますが、ガンマリノレン酸を多く摂りすぎると、余った分がアラキドン酸に変換されてしまい、結果的に炎症系のプ ロスタグランジンの生成を促し、症状が悪化する場合もあるという実験結果もあります。

しかし、EPA亜麻仁油という必須脂 肪酸を一緒に摂取することで、アラキドン酸の生成を抑えることができるようになることが判っているため、アメリカのアレルギーの専門家の中には、ガンマリノレン酸を摂る時はEPAも 一緒に摂取するように指導している方が多いようです。(ガンマリノレン酸の摂取量は1日あたり200~600mgくらいが適当といわれています。摂取に関しては、摂取目安をお守り ください。)

EPA必須脂肪酸(EPAそのものや亜麻仁油から変換されたEPA)はガンマリノレン酸からアラキドン酸を生成する働きのある酵素の活性を阻害します。
つまり、アラキドン酸の生成を抑えることで、炎症系のプロスタグランジンの生成を抑制できるというわけです。
ですので、消炎系のプロスタグランジンのもとになるガンマリノレン酸を摂取するときには、EPAや亜麻仁オイルなどの必須脂肪酸を一緒に摂取することが望ましいといわれています。
消炎系のプロスタグランジンの元はガンマリノレン酸ですので、この必須脂肪酸のサプリセットから摂取することで効果が高くなることが期待されます。

そのほか、パントテン酸の大量摂取で、抗アレルギーホルモンである副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)を分泌する、副腎皮質を強化することができます。(アレルギー関係のサプリメントとして、ビオチ ン以外ではこのパントテン酸の販売数が一番多いです。)
ヒトはストレスを与えられると、副腎皮質刺激ホルモンを出し、それが副腎皮質からのステロイドホルモンの分泌を促します。
このステロイドホルモンはコルチゾールと呼ばれ、免疫の抑制効果があり、炎症を抑える働きがあります。
必須脂肪酸にはこの工程を潤滑にする働きがあります。

このコルチゾールを医薬品にしたのがステロイド剤です。
つまり、ステロイド剤を使用することは、一種のホルモン療法ということになります。(アメリカではステロイド剤の悪い面を帳消しにするために必須脂肪酸やビオチンを摂取させるアレルギー内科が多くあります)
コルチゾールが炎症を抑えるプロセスはかなり複雑ですが、簡単にいってしまうと、皮膚に炎症を引き起こす炎症系のプロスタグランジンの元である、アラキドン酸の生成を阻害します 。(必須脂肪酸はアラキドン酸の抑制にも繋がります)

医師がアトピー性皮膚炎に対して行う治療に、ステロイド剤の投与という方法があります。
ステロイドホルモンは副腎皮質というところから分泌されるわけですが、アレルギー患者の副腎皮質は、普通の状態とくらべると弱っている場合が多いということで、その副腎皮質を刺 激するために、治療としてステロイド剤を投与するわけですが、この投与に頼ってばかりいると、自分でホルモンを分泌する力が落ちてきますので必須脂肪酸が使われるのです。

副腎皮質が弱っているとは、ステロイドホルモンの感受性が弱いという状態を指します。
感受性が弱いのでコルチゾールの生成ができず、プロスタグランジンの生成を阻害できない、
つまり必須脂肪酸やパントテン酸を摂ることで、、副腎皮質の感受性を上げてやり自分でコルチゾールの生成ができるようになるわけです。
パントテン酸や必須脂肪酸は副腎の正常な機能を維持するのに必要で、これを補うことによって副腎が正常な状態になり、ホルモンバランスが調って、アレルギー症状の改善につながり ます。

また、ビタミンCにも副腎の感受性を上げる働きがあります。
ビタミンCはパントテン酸の働きを助けてくれますので、組み合わせることをおすすめします。
レイシなどのキノコ類には、副腎皮質自体の機能を強化する働きがあります。

この必須脂肪酸のセット商品がアトピー性皮膚炎に有効である理由は、上記のサプリメントを摂ることによって、現代の食生活で大量に使用されているリ ノール酸からアラキドン酸が作られるのを、各段階で抑制するためです。
アラキドン酸の産生を抑えて皮膚に炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、ガンマリノレン酸から皮膚の炎症を抑えるプロスタグランジンを作り出そうということで、上記 のサプリメントは必須脂肪酸と併用することをおすすめします。
これらのサプリメントを併用することで、各段階(リノール酸→GLA→アラキドン酸→炎症系プロスタグランジン→皮膚の炎症)で、アトピー性皮膚炎の改善が行われます。

病院でアトピー性皮膚炎の治療を行う場合、ステロイド剤が使われることが多いと思います。
このステロイド剤は、炎症系のプロスタグランジンの生成を抑制して、炎症が起きるルートを遮断するため、皮膚の かゆみや炎症を抑制します。
この必須脂肪酸のセット商品は、ステロイド剤の役割を、亜麻仁オイルEPAなどの必須脂肪酸に果たしてもらい、本来自らが持っているアトピー性皮膚炎を抑制するチカラによって、アトピー性皮膚炎を改善に導こ うというものです。

要は、炎症系プロスタグランジンを抑制するものを(ステロイド剤として)体外から補うか、(必要な必須脂肪酸や ビオチンパントテン酸を摂取して)体内で作り出すかの違いになります。

アトピー性皮膚炎尋常性 乾癬の炎症を抑えるためには、様々な角度からのアプローチを行う必要があります。
そういう意味では、ホワイトウィローというハーブは、アラキドン酸が炎症系プロスタグランジンに変換される 過程を抑制することで、アトピー性皮膚炎を改善しますので、このセットと併用することは有効と考えられます。
ホワイトウィローがアトピー性皮膚炎の症状を緩和する過程は、アラキドン酸から炎症系プロスタグランジンを生成する酵素の機能を抑制し、炎症系プロスタグランジンが作られないよ うにしています。
ホワイトウィローをEPAやアルファリノレン酸などと一緒に使うと、リノール酸→GLA→アラキドン酸→炎症系プロスタグランジン→皮膚の炎症という一連の流れを各所でブロックし、効 率よくアトピー性皮膚炎などの症状を軽くしてくれます。

必須脂肪酸

アトピー性皮膚炎の反応を起こしている細胞からは、グロブリンE(IgE)という免疫物質が大量に分泌されていることが判っています。
この免疫物質の分泌量は、アトピー性皮膚炎の場合、通常の数100倍~数万倍といわれています。
このグロブリンE(IgE)が皮膚などに沈着すると、アトピー性皮膚炎の症状が発症します。

この免疫物質には他にも種類があり、グロブリンA(IgA:掌蹠膿疱症の原因)や、グロブリンG(Ig G)などと呼ばれています
このうち、グロブリンG(IgG)は、アトピー性皮膚炎尋常性乾癬の原因のグロブリンE(IgE)を抑制することが判っています。
必須脂肪酸を使うことでグロブリンの分泌をコントロールできることが判っています。

グロブリンG(IgG)は共役リノール酸(トナリンCLA)が原料ですので、共役リノール酸を摂取することで アトピー性皮膚炎が改善する方もいらっしゃいます。
ただし、共役リノール酸(トナリンCLA)は、グロブリンA(IgA)の原料にもなりますので、掌蹠膿疱症の方は摂取をお避けください。

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

≪この必須脂肪酸のページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.