サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

カルニチン

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

01月19日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

カルニチン

■カルニチンはブドウ糖や脂肪をエネルギーに変える効果が高く、アメリカの病院でもっともよく使われているダイエット サプリメントの代表格!
■脂肪燃焼能力が高いコエンザイムQ10と相性バッチリでさらに脂肪燃焼促進!特に下半身痩せにカルニチンは期待大です!
■寝ても疲れが取れない…そんな方にもオススメのポピュラーな人気のカルニチンです。
ダイエットにか効果的な使い方 ダイエットにか効果的な使い方
ダイエットサプリメント通販ならカルニチンがお奨めです。
カルニチンダイエットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このL-カルニチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

カルニチン
11409
2,678  (税抜 2,480円 )
ご購入個数  個
30カプセル
23×10×7(㎜)
1錠中
L-カルニチン:500mg
1回1~2錠
1日1回 朝食後か昼食後
・L-カルニチンの摂取目安は、アメリカでの多くのダイエット サプリメントの実験を参考にして記述しております。
【おすすめ商品】
コエンザイムQ10の割引販売
コエンザイムQ10(CoQ10)
(下半身ダイエットに効果的なダイエット サプリメントです)
【お得なセット商品のお知らせ】
ただ今ダイエット用としてL-カルニチンを含めたサプリメント商品をセット販売として割安にご提供させていただいております。この機会にどうぞご利用下さい。
下半身痩せダイエット・割引セット
脂肪燃焼型ダイエット・割引セット2
カルニチンダイエットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
トンプソン社

カルニチン

カルニチンアメリカの肥満外来病院で最も使われているダイエットサプリです。

カルニチンはアミノ酸系の実力派として20年以上の長期に亘りダイエットサプリの人気ランキングで上位に入賞し続けています。
他には無い機能をもち、ブドウ糖や遊離脂肪酸をエネルギー(ATP)に変える部分で働きます。
脂肪を燃焼する能力が高く、下半身ダイエット(下半身痩せ)に効果の高いコエンザイムQ10との相性がバッチ リです。元気な細胞のために是非ご利用ください。

カルニチンは慢性疲労症候群にもオススメします。
寝ても疲れが取れない方は試してみてください。

カルニチンは、リジンとメチオニンというアミノ酸から肝臓や腎臓において合成されるアミ ノ酸ペプチドで、1953年にノーベル賞を受賞した「クレーブス理論」と呼ばれる学説に紹介されている栄養素です。
この学説は、ブドウ糖や遊離脂肪酸からエネルギー(アデノシン3リン酸)を作り出すときの理論を説明しており、お酢を摂ると疲労が取れるとして有名な理論です。
この理論では、脂肪燃焼に関してはカルニチンが大きく関係してきますが、ブドウ糖の燃焼にはアルファリポ酸 とカルニチンの組み合わせが必要です。
溜まった脂肪を燃焼させると同時に食事として入ってきたブドウ糖を上手に使えれば、脂肪の蓄積を防ぐことが可能になります。

カルニチンは、体の中では骨格筋(普通の筋肉です)や心筋に多く存在し、筋肉の細胞へのブドウ糖や遊離脂肪酸の受け渡しの部分で活躍している栄養素です。

カルニチンは、加齢とともに肝臓や腎臓での産生が減り、肥満や疲労を起こす原因になっているともいわれていて、アメリカでは25歳を過ぎる辺りから摂取する方が多くなるようです 。
また、サプリメント通販としては毎年売れ筋ランキングのBEST5(その多くがBEST3)に入るほど、アメリカでは人気の高いサプリです。

カルニチンカルニチン

カルニチンは、アメリカの肥満外来病院で使われるダイエットサプリです。
カルニチンは医薬品ではなく、サプリメントです。
たんぱく質(肉や魚などの食品に多く含まれます)を分解した栄養素で、日常的に摂取しているモノですので、これらを含むカルニチンは非常に安全性の高いダイエットサプリです。

また、カルニチンは開発から15年以上を経過しているので、もし、その間にサプリメントとして何か問題が発生していた場合、アメリカのFDA(日本の厚生労働省に相当します)から、 製造中止の警告を受けているはずで、その警告が出ていない現在、このカルニチンの安全性は証明されたといって良いでしょう。

カルニチン

脂肪の燃焼理論についてはこの後に述べさせていただきますが、溜まった脂肪がエネルギーとなって使われるには一連の流れが必要です。

カルニチンはこの流れの中で、非常に重要な部分に関係しますので、同じ分量を摂った場合、アミノ酸ダイエット よりも数倍の脂肪燃焼力があるといわれています。

アミノ酸ダイエットは1日数gの摂取が必要なため飲むカプセルの数が多く、カプセルが苦手な方は少量の摂取で同じような効果を生むカルニチンを選ばれることが多いようです。

アメリカ社会は、太っていることで出世が遅れたり、解雇されてしまう社会です。
その中にあって、ダイエットということは、非常に大きな意味を持ちます。
その中で長期にわたって人気ダイエットサプリであり続けるカルニチンの効果を、是非、お試し下さい。

カルニチンは先のノーベル賞受賞学説のところでも紹介しましたが、ブドウ糖や遊離脂肪酸を筋肉で使うために非常に重要な役割を持っています。

筋肉がブドウ糖や遊離脂肪酸を使う場合、筋肉細胞の中にあるミトコンドリア(細胞内のエネルギー製造工場)という組織に取り込まれ、アデノシン3リン酸(ATP)という物質に変えら れます。

このATPがエネルギーとして筋肉を動かすわけですが、ATPを作るためにミトコンドリアに常にブドウ糖や遊離脂肪酸を供給してやらなければならないわけです。

ミトコンドリアは筋肉の細胞内にあり(実際は筋肉細胞の中だけではなく、全身の細胞内にあります)、細胞内の細胞液の中に浮いているような状態になっています。
ミトコンドリアの構造としては二重構造になっており、ブドウ糖や遊離脂肪酸はATPに変換されるために、この2つの膜を通ってミトコンドリアの内部に入る必要があります。
その膜をブドウ糖や遊離脂肪酸が通過する時に必要なのがカルニチンなのです。
これらの物質はカルニチンの力を借りなければ膜を通過できませんので、カルニチンのダイエットにおける役割は非常に重要です。

カルニチンは、溜まった脂肪がエネルギーとして使われるための流れの最後の部分で使われますが、体内でリジンとメチオニンというアミノ酸から合成される量は年々減ってきますので、カルニチンとして体外から摂取してやる必要が出てきます。

年齢を重ねるほど太りやすくなる原因の1つに、このカルニチンの合成量の減少というものが関係しているといわれていますので、20~25歳を過ぎた方などは、エネルギーの産生を 活発にするためにカルニチンの摂取を考えてみてください。

また、アメリカで行われた調査では、肥満者の多くが肝臓や腎臓でのカルニチンの産生能力が非常に低いことが判っており、病的な肥満者にカルニチンを摂取させる方法で、多くのダイ エットに成功していると報告されています。

ちなみにブドウ糖の燃焼効率を上げるにはカルニチンに加えてアルファリポ酸が必要です。
αリポ酸はカルニチンと同様に人気です。

カルニチンカルニチン

カルニチンも含めてダイエットサプリメントというものは、それぞれ効果に特徴がありますので、その長所を組み合わせていくことで、溜まった脂肪からエネルギーの消費までの流れを 効果的にしてくれ、高いダイエットの効果が生まれることが確認されています。

例えばダイエット サプリメントとしてカルニチンと組み合わせると考えると、カプサイシンは、脳下垂体を刺 激してアドレナリンの分泌を促すことが判っていますので、ヨードサプリメントアルファルファと併用することで、より高いダイエット効果が期待できます。

アルギニンオルニチン共役リノール酸の摂取で、首の辺りに分布する褐色脂肪細胞が活発になり、脂肪分解酵素の脂肪燃焼リパーゼをたくさん作り出し血中に放出すことで、脂肪細胞内の溜まった脂肪から遊離脂肪酸が活発に作 られます。
先ほども出てきましたように遊離脂肪酸は筋肉細胞内のミトコンドリアに取り込むことができるタイプの脂肪ですので、溜まった脂肪を早くエネルギーに換えて、ダイエット効果を生み 出します。

子供の頃にはたくさんあった褐色脂肪細胞は、大人になると1/3位に減ってしまいます。
また、生活習慣やストレスなどによって、その褐色脂肪細胞の活性が弱くなり、脂肪燃焼リパーゼを作り出す量が少なくなることが、加齢による肥満の大きな原因といわれています。
アミノ酸ダイエットは弱った褐色脂肪細胞の活性を高める効果が確認されており、カルニチンと併用することで 高い脂肪燃焼効果が期待できます。
とてもカルニチンと相性の良いサプリメントですので、是非、併用をおすすめします。

朝食の前後に先のダイエットサプリを飲めば、日常の通勤や家事、労働などの運動でカロリーが消費されやすくなります。
ダイエットサプリが褐色脂肪細胞を活性化して、脂肪燃焼リパーゼを産生し、溜まった脂肪から遊離脂肪酸をつくる能力は、その人の体質にもよりますが、これらのサプリを摂らなかっ た時と比べて1.8倍~3倍位の効果があるといわれています。

遊離脂肪酸は、ある一定時間(数時間)、血中を流れ、そこで運動などによって使い切らなければ、また元の脂肪に戻ってしまう性質がありますが、共役リノール酸を一緒に摂取することで、脂肪に戻ることを防ぐことが可能です。

ダイエットサプリを摂取した後に、それほど体を動かさない方は(もちろん体を動かす方も)、是非、共役リノール酸を併用してみてください。作り出された遊離脂肪酸は、体温維持の ために全身に分布する細胞に取り込まれ、そこのミトコンドリアで効果的にATPに変えられて、熱産生のために使われるようになります。

サプリメントが作り出した遊離脂肪酸は血中を運ばれますが、この血中の遊離脂肪酸を筋肉に運ぶ役割を持つビタミンがコリンとイノシトールです。
コリンとイノシトールは、脂肪燃焼リパーゼを作り出すダイエット サプリメントとは非常に相性がよく、遊離脂肪酸を筋肉に運ぶ効率が数倍も高くなるといわれていますので、併用す ることで高いダイエットの効果を期待できます。

また、ダイエットにおいては、ブドウ糖をいかにエネルギーとして使い果たし、脂肪として蓄積しないかということも重要になります。ブドウ糖はクロムというミネラルによって分泌されるインシュリンによって血液中を細胞まで導かれ、細胞内に取り込まれたところで細胞液の中をアルファリポ酸によってミトコンドリアというエネルギー生産工場に運ばれなければ効率よくエネルギー(ATP )に変えられません。

コエンザイムQ10とカルニチン、ピルビン 酸は、筋肉に運ばれた遊離脂肪酸(脂肪)が筋肉の細胞内にあるミトコンドリアでATPというエネルギーに変えられるのを助ける働きがありますので、より効果的なエネルギー消費( これらのサプリメント摂取で体温が若干上がることが確認されています)が可能になり、高いダイエットの効果を期待できます

また、ダイエットサプリが作り出した脂肪燃焼リパーゼは、その製造場所である褐色脂肪細胞がある首の周辺を中心に、脂肪を遊離脂肪酸に変える働きがありますので、上半身を中心に ダイエットが可能です。
血流の関係で、下半身には脂肪燃焼リパーゼが届きにくいため、脚の動脈を広げる効果のあるコエンザイムQ10 と併用すれば、難しい下半身ダイエット(下半身痩せ)も効果的にできるようになります(もちろん、その時に足を動かしていれば、もっと血流が良くなりますし、EPAを摂取していれば血液サラサラ作用で更に血流は良くなります)。

マルチビタミンと一緒に摂取することで、ビタミンB群などが補給され、脂肪の燃焼効率を上げることも可能です。
特にビタミンB群の摂取は脂質代謝を上げることが判っており、カルニチンの活動には重要な役割を持ちますので、できるだけ常に体内にビタミンB群があるようにしてみてください。

ダイエットサプリは、それぞれの特徴をうまく組み合わせることで、より効果的なダイエットを行うことが可能です。
様々な組み合わせを試し、ご自分に合ったダイエットサプリメントを見つけることが、ダイエット成功の最短距離と言っても良いでしょう。

カルニチンカルニチン

アメリカの体育協会は、オリンピック級の運動選手にピルビン酸の摂取を薦めていますが、同様の理由で カルニチンについてもスタミナアップを目的として摂るように推奨しています。
通常、スタミナには筋肉内のグリコーゲンの量が関係しますが、最近の研究では遊離脂肪酸も非常に効率の良いエネルギー源であるということが証明されてきています。

スタミナの源であるグリコーゲンをいかに節約するかということが体力アップの大きな課題ですが、遊離脂肪酸が効率よく使えるようになると、グリコーゲンの大きな節約になることが 判っています。
この遊離脂肪酸を効率よく筋肉細胞内のミトコンドリアに運ぶ働きがあるカルニチンを摂ると、持久力が上がる効果が期待できます。

カルニチンは心筋に多く存在し、心臓を動かすために効率よく遊離脂肪酸やブドウ糖をATPに変換していることが判っています。
アメリカでの研究ではカルニチンが足りなくなることによって心臓の組織の能力が落ち心筋症などになりやすくなることが判っています。

また、同様の理由でカルニチンは腎臓や肝臓なども守っていることが判っており、糖尿病や肝臓病、腎臓病などに効果が期待されています。
ダイエットの大きな障害になり、若者のキレる原因ともなる低血糖症も、カルニチンの摂取で改善することがアメリカで証明されています。

カルニチンはリジンと摂取することで血液中の中性脂肪を減らすことが判っています。
これはリジンやアルギニン、オルニチンなどのアミノ酸が褐色脂肪細胞での脂肪燃焼リパーゼの産生を活発にして、血液中の中性脂肪をエネルギーとして使ってしまうからではないかと考えられています。

カルニチンは、慢性疲労症候群の改善用としても、アメリカの医療現場で使われています。
先ほども出てきましたがノーベル賞受賞化学者のクレーブスが展開した生物のエネルギーサイクルを解き明かしたクレーブス理論は有名です。
その中で、クエン酸から始まったエネルギーサイクルが、またクエン酸に戻る途中で、非常に重要な役割を果たすのが、このカルニチンやアルファリポ酸ピルビン酸です。

つまり、エネルギーサイクル(脂質や糖質の代謝(体が使ってしまうという事)に関係し、それを正常化することで、エネルギー代謝をスムーズにします)を正常に動かすのに必要な 栄養素で、これが不足すると、疲労症候群や生体活動の不活発化による肥満など、生命活動にも支障がでてきます。

脂質や糖質の代謝(体が使ってしまうという事)に関係し、それを正常化することで、エネルギー代謝をスムーズにし、疲労回復とダイエットを実現します。
シカゴのマーシー医療センターで行われた実験で、慢性疲労症候群の患者を対象に8週間、1日に1000~3000mgのカルニチンを与えたところ、ほぼ全員に改善が見られました 。
ダイエット サプリメントとして使用する場合は、カルニチンは1日あたりの摂取量が1~2錠となっていますが、疲労回復にカルニチンを使われる場合は2~6錠摂ってください。カ ルニチンはアミノ酸ですので過剰症はありません。
カルニチンは長く人気のあるサプリメントです。カルニチンに関しては安全性は確立されています。

カルニチンカルニチン

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

カルニチンに関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、カルニチンに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このカルニチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.