サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

レスベラトロール

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

07月23日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

レスベラトロール 45mg

■1粒で赤ワイン約20本分(45mg)のレスベラトロールを含みます。
■赤ワインをたくさん消費するフランス人の長寿命の研究から生まれた老化防止の抗酸化剤。
■ダイエットやアレルギーの皮膚改善、ガンや認知症予防でアメリカでも高い評価を受けています。
≪このレスベラトロールのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

レスベラトロール 45mg
11320
1,490  (税抜 1,380円 )
ご購入個数  個
30カプセル
1カプセル中
・レスベラトロール 30mgを保証
・トランスレスベラトロール 15mgを保証
(イタドリ根及び根茎から抽出)
・オリゴメリックプロアントシアニジン 20mgを保証
(ブドウの皮から抽出)
・赤ワイン抽出物 25mg
1回1~3錠 1日2回 食後
・摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
・摂取目安はFDA(アメリカ食品医薬品局)の推奨する基準体重(45kg~75kg)の方を対象としています。
・体重が120kgの場合は倍量、体重が30kgの場合は半分が摂取目安となります。
トンプソン社

レスベラトロール

2011年にNHKスペシャルの「寿命は延ばせる」という、老化防止をテーマにした特番に於いて、レスベラトロールが日本でも紹介されました。
放送の直後から、多くのお客様からのお問い合わせがあり、1錠で45mgのレスベラトロールとトランスレスベラトロールの含有量を保証する、一流メーカーのサプリメントを商品化させて いただきました。(アメリカのサプリメントの品質と安全性を保証する、GMPという法律に基づいて認定を受けており、含有量が保証されています。)
販売実績も5年以上と長く、多くのアメリカ人が愛用している商品ですので、安全性も問題ございません。
アメリカ食品医薬品局からは、レスベラトロールの副作用は報告されておらず、医薬品との相互作用の問題も報告されていません。

レスベラトロールレスベラトロール

本商品は主成分として、30mgのレスベラトロールと、15mgのトランスレスベラトロールを含む商品で、赤ワイン換算では750mgのボトル約20本分のレスベラトロールを 1錠中に含む商品です。
トランスレスベラトロールとは、レスベラトロールよりも安定した物質で、体内に於いてはレスベラトロールと同じ働きをする抗酸化栄養素のポリフェ ノールです。

レスベラトロールに関してはアメリカでは、10年ほど前から老化防止(寿命の延長)や、糖代謝アップによるダイエット(血糖降下)や、脂肪の蓄積予防、蓄積脂肪の軽減、ガン予 防、放射線障害によるガン予防、炎症抑制、白内障などの眼病の予防などの効果を期待した、人気サプリメントとなっています。

レスベラトロール以外にも、高い抗酸化効果が期待できるオリゴメリックプロアントシアニジン(アントシアニン ともいいます。)や、赤ワイン抽出物を多く含むので、レスベラトロールをサポートして、細胞を若々しく保つ効果が期待できます。
レスベラトロールもアントシアニンも、強い抗酸化効果が細胞のDNAの修復を行い、細胞のガン化を防いだり、目の老化を防ぎ白内障や鳥目などに悩まれている方にお勧めです。
オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)の詳しい内容については、アントシアニンをご覧ください。

アメリカでのレスベラトロールを使った実験は、酵母や昆虫、魚類やマウスというレベルでの実験を行い、現在は盛んに人への摂取実験も行われており 、様々な良い結果を出しています。
特に寿命を延長する効果に関しては、主にレスベラトロールのDNAの修復効果が実験の対象となっており、細胞内にDNAを保持する様々な生物による実験での効果が確認されてお り、今でも人への実験も数多く行われています。

レスベラトロールでは老化防止の効果が一番人気のため、長寿に関する説明をしていきたいと思います。
まず長寿の秘訣につながるサーチュイン遺伝子について、少し難しい内容ですがお付き合いください。

人の細胞には23対の遺伝子の紐(DNA 染色体)があり、第10染色体にはサーチュイン遺伝子という遺伝情報があります。
このサーチュイン遺伝子は過去の進化の過程で生物が経験した、飢餓などの生命の危機(ストレス)に即して活性化する遺伝子で、我々の普段の生活では不活性状態に置かれています 。
レスベラトロールの長期摂取により、このサーチュイン遺伝子を活性化する働きが確認されており、サーチュイン遺伝子の活性によって以下の効果が確認されています。

・テロメア(細胞の寿命を決定する細胞内組織)を保護し細胞の寿命を延ばす能力の活発化
・細胞の遺伝情報(DNA)の損傷を予防する能力の活発化
・細胞の遺伝異常の修復能力の活発化
・血管拡張作用と血液粘度の改善による血流アップ
・エネルギー生産の向上による基礎代謝の活発化
・代謝機能の調整
などが起こります。

レスベラトロールの摂取による、人のサーチュイン遺伝子の覚醒発現には、1日あたり100mg~200mgの間で摂取させる実験に於いて、有意な差が出ていることが判っていま す。
アメリカンビタミンショップで扱うレスベラトロールは、45mgのレスベラトロールとトランスレスベラトロールを含みますので、1日あたり2錠~4錠程度の摂取が適当です。

次の項目からは、レスベラトロールの摂取によって起こる、上記のサーチュイン遺伝子の活性化による、様々な健康効果について書いて参ります。
また、抗酸化剤であるレスベラトロールの効果というものもありますので、サーチュイン遺伝子とは別の効果として、採り上げてみたいと思います。

レスベラトロール

人間は60兆個もの細胞でできているといわれています。
1つ1つの細胞には遺伝情報(DNA)があり、遺伝情報に基づいて、細胞分裂したり、酵素を作ったり、ホルモンを作ったりというように、細胞独自の活動を行っています。
それらが完全に統御されている状態を健康といいます。

元気な細胞がいくらあっても、古くなってしまった代謝の悪い細胞が増えてくれば、酵素やホルモンのバランスが狂ったり、細胞のエネルギー生産が不活発になり基礎代謝が落ちたり 、というように体調や体質も悪化していきます。
アメリカではオプティマルエイジングという考えのもとに、年齢相応の健康を維持しようという栄養学が主流になっています。
このオプティマルエイジングの重要な部分を担っているのが、古くて代謝の悪い不活発な細胞を、いかに減らしていくかという栄養学であり、それに沿って健康を維持するためには細 胞の老化を防止するレスベラトロールというサプリメントの摂取なのです。

さて、60兆個ある細胞ですが、これは生まれてからの細胞分裂できる回数が予め決められています。
その回数を記している情報がテロメアです。
テロメアという細胞内組織は長いほど、たくさんの細胞分裂ができるということが判っています。

レスベラトロールでサーチュイン遺伝子が活発化した場合、テロメアを保護するタンパク質の分解を防いでくれるので、テロメアが細胞内に露出し、テロメアーゼ酵素によってテロメ アが短く切られてしまうことが少なくなります。
テロメアがテロメアーゼによって短くされなければ、細胞は適当なサイクルで細胞分裂を起こし、常に新しい細胞に生まれ変わりますので、体調や体質が悪化しにくいのです。

ちなみに、健康な人のテロメアの長さから計算してみると、人のテロメアは150歳くらいまでは、長持ちするのではないかといわれています。
レスベラトロールの摂取による、人のサーチュイン遺伝子の覚醒発現には、1日あたり100mg~200mgの間で摂取させる実験に於いて、有意な差が出ていることが判っていま す。
アメリカンビタミンショップで扱うレスベラトロールは、45mgのレスベラトロールとトランスレスベラトロールを含みますので、1日あたり2錠~4錠程度の摂取が適当です。

レスベラトロールレスベラトロール

レスベラトロールの発癌予防は動物段階のレベルを超えて、ニューヨーク州にあるスローンケッタリング記念病院などの最先端の癌治療の医学現場でも 、様々な実験が行われており、新しい報告が多く挙げられています。
レスベラトロールを摂取したマウスと、レスベラトロールを摂取しないマウスのグループに、放射線や発癌性物質、大量の活性酸素などを与えて、発癌状況を観察する実験で、レスベ ラトロールを摂取したマウスのグループは、レスベラトロールを摂取しないマウスのグループと比べると、顕著に癌を発症したマウスが少なかったという実験報告が、数多くあります 。

その実験の中で注目されているのが、レスベラトロールを摂取したことによる、サーチュイン遺伝子の活発化です。
発癌性が低いグループは、サーチュイン遺伝子の活発化が必ず観察されたそうです。

レスベラトロールでサーチュイン遺伝子が活発化した場合、遺伝情報(DNA)を保護するDNA結合制御蛋白(ヒストン)の分解(脱アセチル化)を防いでくれるので、遺伝情報が 細胞内に露出し、発癌性物質や活性酸素などによって、遺伝情報が傷付けられることが少なくなります。
このDNA統合制御蛋白は、放射線に対しても遺伝情報を保護する効果が期待でき、放射線の強いエネルギーがDNAの鎖を断ち切らないように、保護蛋白が放射線のエネルギーを減 衰してくれるのです。

レスベラトロールの摂取による、人のサーチュイン遺伝子の覚醒発現には、1日あたり100mg~200mgの間で摂取させる実験に於いて、有意な差が出ていることが判っていま す。
アメリカンビタミンショップで扱うレスベラトロールは、45mgのレスベラトロールとトランスレスベラトロールを含みますので、1日あたり2錠~4錠程度の摂取が適当です。

健康な細胞ではレスベラトロールによってサーチュイン遺伝子が活発化すると、DNA結合制御蛋白(ヒストン)が作られるので、遺伝情報(DNA)保護が活発化し、細胞分裂が活 発になります。
しかし、飢餓やDNAの癌化などストレスのかかった細胞では、サーチュイン遺伝子が活発化すると、DNA結合制御蛋白(ヒストン)の分解が起こり、遺伝情報を保護する物質が少 なくなるため、DNAとヒストンの親和性が高まり、DNAの活動が鈍くなるので細胞分裂が不活発になります。
つまり、癌化した細胞の細胞分裂を抑制することで、癌細胞が大きくなることを防いでいるのです。

このDNAとヒストンの親和性については、血液の癌である白血病に冒された癌細胞の増殖活動も抑制することが判っており、スローンケッタリング記念病院などの最先端の癌治療の 医学現場でも注目されています。
人は1日に3000個の癌細胞が発生していると言われています。
これらの癌細胞のほとんどは、免疫によって死滅させられていますので、癌になる心配はほとんどありませんが、体調の優れない時や、免疫力の落ちている時などに、小さな癌細胞を 見逃してしまい、癌細胞が増殖して癌が発症します。

レスベラトロールを摂取していると、常に細胞内のサーチュイン遺伝子が活発になっているので、免疫が見逃してしまった癌細胞が増殖するのを防ぎますので、癌が発症する確率は低 くなるといわれています。
小さな状態の癌細胞であれば、バイオリズムが良くなって免疫力が高まれば、免疫細胞が癌細胞を発見し、死滅させることも可能になります。

免疫力の低下の心配がある方は、亜鉛によって胸線の委縮を改善したり、善玉菌 サプリによって腸内環境を改善したり、エキナセアによって免疫細胞の改善を行い、免疫力を高めてください。

レスベラトロールの摂取による、人のサーチュイン遺伝子の覚醒発現には、1日あたり100mg~200mgの間で摂取させる実験に於いて、有意な差が出ていることが判っていま す。
アメリカンビタミンショップで扱うレスベラトロールは、45mgのレスベラトロールとトランスレスベラトロールを含みますので、1日あたり2錠~4錠程度の摂取が適当です。

レスベラトロールレスベラトロール

脂肪肝や糖尿病と診断される日本人が増えています。
その原因は高脂肪、高カロリーの食事です。
フランスでは同じ高脂肪、高カロリーの食事をしているにも関わらず、脂肪肝や糖尿病、心疾患や脳血管疾患が少ないことが判っています。
これをフレンチパラドクスといい、永い間、栄養学の中では不思議とされていました。

このフレンチパラドクスの不思議を解き明かしたのが、レスベラトロールです。
フランス人の多くが飲む赤ワインには、レスベラトロールが含まれています。
赤ワイン1本あたり、2mg程度のレスベラトロールが含まれており、レスベラトロールによってフランス人の細胞内のサーチュイン遺伝子が発現して活発に活動している方が多いこ とが判りました。

サーチュイン遺伝子は人体の危機に陥った時に発現される遺伝子で、飽食の日本人の多くは眠っている細胞内の機能です。
サーチュイン遺伝子が活発に活動している方の細胞は、細胞のエネルギー消費が高く、基礎代謝カロリーが高くなっていることが判っています。
また、血糖値も低めで、血圧も良い状態で安定し、脂肪肝の原因となる肝臓の脂質代謝の低下も起こりにくいことが判っています。

これらのサーチュイン遺伝子による細胞の機能亢進は、フランス人の脂肪肝や糖尿病の率の少なさ、心筋梗塞や脳梗塞、脳溢血などの少なさと、リンクするのです。
身体に加えられたストレス(飢餓など)によって起こる危機的状況を克服するために、サーチュイン遺伝子は、必要な細胞機能のスイッチをONにして、主な生活習慣病になる原因を 排除しているといえるでしょう。

太っているために、生活習慣病の危険に晒されている方に、是非、レスベラトロールを摂取して、太っている割には健康、という体質を獲得していただきたいと思います。
もちろん、ダイエットも必要ですので、脂肪燃焼 ダイエットのサプリメントセットや、細胞内でのエネルギー消費を高める脂肪燃焼ダイエットのサプリメ ントセットを摂り、運動を試みてください。

レスベラトロールの摂取による、人のサーチュイン遺伝子の覚醒発現には、1日あたり100mg~200mgの間で摂取させる実験に於いて、有意な差が出ていることが判っていま す。
アメリカンビタミンショップで扱うレスベラトロールは、45mgのレスベラトロールとトランスレスベラトロールを含みますので、1日あたり2錠~4錠程度の摂取が適当です。

レスベラトロールの摂取によってサーチュイン遺伝子が覚醒発現すると、体は人体の危機であると勘違いし、動脈と毛細血管を拡張して、脳の血流を増やして判断力を高めたり、全身 に血液を送って危機に即応する体制ができあがるのです。
こうした効果が全身の血流アップに繋がります。

最近のアメリカでは、その血流アップの効果を期待して、レスベラトロールをお肌のスキンケアに用いる女性が増えています。
レスベラトロールを200mg前後摂取すると、動脈及び毛細血管に於いて、血流が高まることが判っています。
皮膚にトラブルを抱えている方の多くが、腸内環境の悪さからビオチンが不足し、皮下の毛細血管網が細くな ったり、ビオチンの不足により体内でのEPAの生産が不足し、血液の粘度が高くなり、皮膚の血流が悪くな っていることが判っています。

アメリカのアレルギー内科では、皮膚アレルギーの方に、皮膚のより効率的な改善を促すために、ビオチンやEPAの他にレスベラトロールの摂取を勧める医師も増えてきています。
皮膚にトラブルを抱えている方には、お肌の血流を高め、角質層を丈夫にするセラミド(EPAやヒアルロン酸 などによって作られています)をたくさん皮膚に分泌させる体質改善をお勧めします。
また、レスベラトロールには強い抗酸化作用もあるので、皮膚炎によって大量に発生している活性酸素を、レスベラトロールによって中和し、普通の酸素に戻して、炎症抑制する効果 も期待できます。
抗酸化作用による炎症抑制や血流の改善が、炎症の原因を低減することが判っていますので、体質改善の途中で炎症が気になる方に、是非、レスベラトロールの摂取をお勧めします。

血流の改善による冷え症の改善でも、レスベラトロールは人気があります。
肌荒れなどを併発したり、手足の冷えでお困りの方には、動脈と毛細血管を太くするレスベラトロールとビオチン の組み合わせがお勧めです。
また、運動不足などで心臓のポンプ機能が低下している方などは、タウリンコエンザイムQ10で心臓のポンプ機能を高めてください。
レスベラトロールには血小板の粘度を下げる働きがあり、EPAとの併用でドロドロ血を改善する効果も期待 できます。

レスベラトロールによる血流アップでは、眼病の予防でも効果が期待できます。
目の組織全体に血液が運ばれるようになると、加齢により体質が悪化していた組織が体質改善し、様々な眼病予防になることが判っています。
また、レスベラトロールはアントシアニンと非常に似た性質があり、お互いに助け合って強い抗酸化作用を示 し、白内障を防いだりする効果(できればルテインを併用してください)が期待できます。
また、夜に目が見えにくくなる鳥目を改善したり、薄暗いところでの視力回復などには、アントシアニンとレスベラトロールとの併用で高い効果が期待できます。

200mg前後のレスベラトロールの摂取によって、サーチュイン遺伝子が覚醒発現し、動脈や毛細血管が拡張し、脳への顕著な血流アップが期待できます。
アメリカでは痴呆予防として、脳の栄養補給剤である脳のサプリメントというような種類のサプリメントと、 脳への血流をアップさせるレスベラトロールやいちょう葉エキスなどが人気があります。
レスベラトロールによる脳への血流アップは、レスベラトロールの摂取から1時間以内に発現することが判っており、痴呆予防だけではなく、受験対策などにも使用されることが多い ようです。

レスベラトロールは高血圧の方にも人気があります。
血圧が高い方がレスベラトロールを200mg前後摂取すると、動脈や毛細血管の拡張と、血小板の粘度の減少が起こるので、血管内の抵抗が少なくなり、血圧が下がることが判って います。
また、インシュリン抵抗性の改善も起こるため、血糖の過剰による血液の粘度も下げる効果が期待できます。

血圧の高い状態と血中脂質の高い状態、及び、血糖の高い状態などが続きますと、血中脂質が血管壁のコラーゲンを架橋結合させ、動脈の弾力を失わせる動脈硬化が起こります。
レスベラトロールの摂取によって血流を改善したり、抗酸化作用を発現することで、心筋梗塞や脳梗塞の原因となるプラークが血管内に作られたりするのを防ぎ、動脈硬化を防げます ので、脳溢血を含めた血管疾患を予防することが可能です。
既に、動脈の血管壁のコラーゲンの架橋結合が起こり、動脈硬化が進んでいる方には、ホーステール(シリカ) MSMを摂取し、固くなったコラーゲンに硫黄とケイ素を補給し、架橋結合を改善して、柔らかい動脈 を作る方法も、レスベラトロールと併用すると良いでしょう。

はてなブックマーク

≪このレスベラトロールのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.