サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

商品詳細 トマトの効果リコピン

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

09月01日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

トマトの効果リコピン

■強い抗酸化効果が期待できる、ここ10年ほどで特に研究が進んだ注目のサプリメント!
■ビタミンEの100倍の抗酸化力が認められ、抗酸化サプリメントやスキンケアとして人気急上昇です!
■当ショップでは他にもカロチンを扱っております。それぞれの目的に合わせて使い分けてください。
トマトの効果リコピンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このリコピン(トマトの効果)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

トマトの効果リコピン
11313
1,814  (税抜 1,680円 )
ご購入個数  個
30ソフトジェルカプセル
14×7×7(㎜)
1錠中
リコピン:10mg
1日1~2錠 食後
・リコピンの摂取目安は、アメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
トマトの効果リコピンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
トンプソン社

リコピンとは

ビタミンEの100倍もの抗酸化力をもつリコピンは、ビタミンAの仲間のカロチノイド類です。
リコピンはトマトなどの赤い野菜に含まれる色素で、高い抗酸化作用を発揮してくれることが判っています。

当ショップでは4種類のカロチンを扱っております。

スーパールテインベータカロチン(ビタミンA)リコピン(トマトの効果)アスタキサンチン
それぞれの目的に合わせて使い分けてください。

リコピンはトマトから抽出したサプリメントでビタミンAの仲間です。リコピンはベータカロチンのようにビタミンAに変換されることがなく、効果効能が低いと考えられていたため研究が遅れていましたが、ここ10年ほどで様々な効果効能が発見され、今では注目のサプリメントと呼んでも良いようなサプリメントに成長しています。多くの栄養学ではリコピンは抗酸化サプリメントスキンケアとして分類されることが多いようです。

ビタミンAの仲間をカロチン類ともカロテン類とも呼びますが、カロチンというとベータカロチンばかりが有名です。しかしビタミンA群としては様々な種類のカロチン類やキサントフィル類が存在し、お互いに助け合って働いています。その中でもサプリメントとして人気の一番高いのがリコピン(トマトの効果)なのです。

ちなみにベータカロチンはビタミンAの前駆体で必要量のビタミンAがベータカロチンより作り出されます。
ビタミンAに変わらなかったベータカロチンはそれ自体がいろいろな役割を持ちます。以前はリコピンなどのベータカロチン以外のカロチン類やキサントフィル類は活性が低く軽視されがちでしたが、最近の研究でそれぞれのカロチンにはそれぞれの効果があり、それらの効果が合わさることで相乗的な効果を発揮し強い抗酸化力をあらわす事がわかってきました。
リコピンを含むビタミンA群は主に脂質の酸化を防ぎ皮膚に潤いを与えたり、目の角膜を守ったりしています。

例えばカロチンの一種であるルテインは目のビタミンと呼ばれ眼精疲労の改善や目の角膜を守り、白内障や緑内障を防ぐ効果が期待されており、それ単独でサプリメントとして販売されるほどの人気を得ています。
リコピンはビタミンA群の仲間ですが、スーパールテインベータカロチン(ビタミンA)アスタキサンチンなどと同様に高い効果が評価されて単独のサプリメントとして販売され人気を得ています。

リコピン(トマトの効果)リコピン(トマトの効果)

リコピンはベータカロチンと同じカロチノイドに分類されますが、ベータカロチン(ビタミンA)やアルファカロチンのように体内でビタミンAに変換されることのないカロチンです。リコピンはトマトなどの野菜に含まれる赤い色素で、ビタミンEの100倍の抗酸化作用があり、お茶に含まれるカテキンや、ごまに含まれるセサミノールとあわせて、アメリカでは3大人気抗酸化サプリメントです。

抗酸化作用とは、活性酸素に自らの電子を渡して活性酸素を普通の酸素に戻す能力です。
体内に取り入れた酸素のうちの2%が活性酸素になるといわれており、大きく分けて5種類(スーパーオキシドイオン、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素、過酸化脂質)が確認されています。その5種類の活性酸素は様々な性質を持ち、細胞膜を傷つけたり、DNAを傷つけて遺伝情報を壊したり、コレステロールを悪玉コレステロールに変えたりするほか、老化や白内障、緑内障、ガン、脳溢血など病気発生の9割に関係するといわれています。

健康な生活を送るために必要な3本柱として、活性酸素の抑制と栄養摂取善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)による腸内環境の改善がありますが、高い抗酸化作用を持つリコピン(トマトの効果)を生活に取り入れることで活性酸素の抑制を行ってみてはいかがでしょうか?
アメリカで抗酸化サプリメントとして人気の高いサプリメントはリコピン、アルファリポ酸ブドウ種子エキスビタミンCサプリメントビタミンEカロチン類などがあります。目的に合わせて使い分けてください。組み合わせることで高い抗酸化作用を発揮するサプリメント類です。

リコピン(トマトの効果)

5種類ある活性酸素の主な発生源として細胞内組織のミトコンドリアと皮膚の表面があります。ミトコンドリアから発生する活性酸素はコエンザイムQ10を摂取することで発生数を減らすことが可能だといわれていますが、太陽光線(紫外線)の照射による皮膚表面での一重項酸素の発生抑制はリコピンが最適だといわれています。
一重項酸素はお肌の基底細胞を傷つけて皮膚ガンを引き起こしたり、コラーゲンを傷つけて隣合ったコラーゲン同士を固く結びつけてしまい(架橋結合といいます)シワの原因を作ったりしてお肌のトラブルを起こす活性酸素です。

皮膚ガンについてはリコピンによる一重項酸素の抑制とサンスクリーンや日焼け防止サプリメントを併用してみてください。
また、コラーゲンの架橋結合によるシワを防ぐためには、リコピンによる一重項酸素の抑制と、MSMシリカなどによりしっかりと束ねられたコラーゲンを作ることが重要です。ヒアルロン酸による水分保持と平行して行ってみてください。

現在の美白関係の美容業界でもリコピンは非常に注目されています。
化粧品などによる従来の美白方法は、こうじ酸という酵素によってメラニン色素合成酵素・チロシナーゼの活動を抑制する方法が取られていましたが、こうじ酸に発ガン性が報告され、化粧品などに使うことができなくなってしまいました。こうじ酸はこうじ菌が分泌する酵素で安価に入手できるため良い美白アイテムだったのですが、それに代わって注目されているのがリコピンなのです。
リコピンにも高いチロシナーゼの抑制効果が確認されており、メラニン色素を作りにくくする働きがあります。
同じくメラニン色素を作りにくくするという考えでいくと、PABAはお勧めです。PABAは角質層の間に分泌され、紫外線を吸収してメラニン色素を作られないようにしてくれます。アメリカ食品医薬品局(FDA)が唯一認める紫外線吸収サプリメントです。

その他に美白アイテムとしてお勧めしたいのはlシステインビタミンCサプリメントです。これらのサプリメントを補給することで、肝臓に働きかけてメラニン色素を還元して、黒色メラニンを白色メラニンに変えて美白することが可能です。
メラニン色素が作られにくくする美白サプリメントと、作られてしまったメラニン色素を目立たないようにする美白サプリメントを併用することで、より効果的な美白を行ってみてはいかがでしょうか?

リコピン(トマトの効果)リコピン(トマトの効果)

先にも載せておりますが、リコピン(トマトの効果)には制ガン作用が期待されています。また、悪玉コレステロールを減らす効果があり、動脈硬化や心臓病など生活習慣病を防止するとの報告もあります。
活性酸素は細胞の遺伝情報を狂わせることからガンを発生させる大きな原因の1つになっています。
また、心臓病や脳梗塞、脳溢血の原因となる動脈硬化は、高血圧と活性酸素の影響で悪化します。血液中の中性脂肪やコレステロールは活性酸素による酸化と高い血圧によって粘着力が増して血管壁にこびり付きます。そうすると血管壁は固く固く変化して本来もっている柔軟性が失われてしまいます。これが動脈硬化の原因となります。
動脈が固くなれば急激な血圧の上昇などのチョットした刺激で血管が破れてしまうことも起こりえます。これが脳溢血や動脈瘤、静脈瘤です。
また、血管壁にこびり付いたコレステロールが剥がれると、脳梗塞や心筋梗塞などになる可能性もあります。
まずはリコピンやアルファリポ酸アントシアニンピクノジェノールなどで血液中の脂質の酸化や細胞の遺伝情報の傷つきを防いでください。
血圧の高い方にはキトサンによる塩素(塩分)の排泄や、カリウムによる浸透圧の調整がおすすめです。

インフルエンザにかかるとお年寄りなどは肺炎を起こし重篤な状態になってしまうことが多く有ります。
リコピンなどのビタミンAは脂溶性の性質を持つビタミンのため、肺などの細胞膜に入り込むことが可能で、炎症を起こす原因の活性酸素を中和して、肺やその他の臓器が炎症を起こすのを防いでくれます。
このビタミンAは、特に空気の悪いところでは肺で多く消費され、不足しがちです。
アメリカのお年寄りのいる家庭では、当然のようにビタミンAの補給剤が用意されて、風邪やインフルエンザなどに罹りそうな時には、予め大量にビタミンA補給剤を摂取して、肺炎や多臓器不全を防いでいることが多いようです。

夜盲症の方や、煙草やアルコールをお召上がりになる方、空気の悪いところにお住まいの方は、カロチン類をより多く消費します。
是非ベータカロチン(ビタミンA)やリコピンなどをサプリメントで補って、不足を起こさないようにしてください。 ビタミンEビタミンCサプリメントアルファリポ酸と一緒に摂ると、より効果的です。

リコピンを含めて当ショップの扱うすべてのサプリメントは、日本国と米国において、医薬品指定されているモノはありません。すべて食品という分類になります。
すべての栄養素を食事から摂取するということは、摂取カロリーの面からも無理があります。
アメリカでは、マルチビタミンを中心にして、自分に不足しているサプリメントをそれぞれ補うという方法が一般的です。
また、アメリカにおいてマルチビタミンの他に摂る栄養素として基本的なものは、カルシウム亜鉛ビタミンCサプリメントビタミンBビタミンEというものが多いようです。

もし、サプリメントを選ぶ段階で、ご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

誰しも、サプリメントを摂るからには、その目的を成功させたいですよね?
このリコピンを摂取するのだってそれぞれの目的がありますよね。 また、どうせなら効果的にサプリメントを摂って最大限に効果を得たいと思うのが当たり前ですね。
サプリメントによる目的達成の効率を追求するためには、それなりの情報が必要です。
例えば、サプリメントを摂る場合、

などの目的をお持ちだと思います。

もし、サプリメントを摂ってこれらの事を行いたいと思っている方は、より効果的にサプリメントを使うために、下のリンクをクリックして、アメリカの最新の翻訳情報を手に入れてください。
サプリメントの摂取を行う上で、情報で理論武装すると成功率は高くなります。

栄養学とサプリメント

リコピン(トマトの効果)リコピン(トマトの効果)

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

リコピン(トマトの効果)に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、リコピン(トマトの効果)に関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このリコピン(トマトの効果)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.