サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

オルニチン サプリ

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

06月25日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

オルニチン

■一錠でシジミ1000個分のオルニチンが弱った肝臓を活発にしてデトックス効果を高めます!
■アルコールにダメージを受けた肝臓を元気にするなら、ぜひお試しください!
■アメリカでは長く信じられてきた世界中の民間療法を栄養学的な観点で見直す専門家も増えています。
オルニチンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このアントシアニンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

オルニチン
11312
1,814  (税抜 1,680円 )
ご購入個数  個
50カプセル
1錠中
L-オルニチン:500mg
1回1~2錠 1日1~2回 食後に
成長ホルモンの分泌を高める目的の場合は、朝食前に摂取することをお奨めします。
高温多湿を避け、冷暗所にて保a管して下さい。
開封後はできるだけ早くお召し上がりください。
オルニチンはシジミ由来ではなく、タンパク質を発酵させる製法で作られています。
カル社

オルニチン

1カプセルでシジミ1000個分のオルニチンが補給できるサプリメントです。

オルニチンはオルニチンサイクル(尿素回路)を活発にして、肝臓のデトックス効果を高めます。

飲酒によって疲れてしまった肝臓を元気にするなら、オルニチンをお試し下さい。

シジミがアルコールによる肝臓のダメージを回復してくれる、という民間療法を信じている方も多いと思います。
この民間療法は江戸時代くらいには確立されていたことが、現存する多くの文献によって判っています。
当時はシジミに含まれるオルニチンというアミノ酸の存在も、その効果も判ってはいませんでしたが、肝機能が落ちている方にとって、シジミは体の調子を整える実感を伴う食品だったのでしょう。
特に、栄養的には十分とはいない江戸時代の人間であれば、体調も万全とはいえないでしょうから、オルニチンの様に十分な栄養学的な効果がある栄養素を摂れば、体の調子を整える何かしらの効果を実感できたかもしれませんね。
最近のアメリカでは長く信じられてきた世界中の民間療法を、栄養学的な視点で見直そうという活動を続けている専門家が多く、朝鮮人参の様に中国の漢方薬の中にも、近年になって見直されてきているものも増えています。

アメリカではシジミを多く摂る習慣はあまりありませんが、一部のキノコに含まれるオルニチンが、肝機能の改善に有効であるとの研究を受けて、非常に多くの研究者によって、その栄養学的な情報が整理されつつあります。
オルニチンは食品中ではシジミに最も多く含まれ、100g中に15mg前後のオルニチンが含有されています。
アルコールによる肝臓のダメージを、できるだけ軽くするためにオルニチン サプリを摂取するのであれば、1日に1000mg~2000mgほどの摂取を奨める研究者が多いようです。
アメリカンビタミンショップのオルニチン サプリは、1カプセル中に500mgのオルニチンを含むため、シジミ3kgのオルニチンを補給できます。
シジミの粒数に換算すると、1000粒に匹敵するオルニチン含有量ですので、肝機能の回復を目的とするのであれば、最適のサプリメントと言えるでしょう。

オルニチンは食品中に広く存在するアミノ酸ですので、安全な栄養素と言えますが、オルニチンの血中濃度が高まってはいけない体質の方もいらっしゃいます。
脳回転状網脈絡膜萎縮症と、ミトコンドリアオルニチントランスポーター欠損症は、オルニチン代謝の異常によって起こる遺伝子疾患で、おおよそ100万人に1人くらいの割合で発症します。
いずれにしても両方とも非常に稀な疾患ですが、アメリカ食品医薬品局(FDA)では、オルニチンサプリメントを摂取する場合に、注意を喚起しています。(ただし、検査の結果でオルニチンの血中濃度が高くなっている事実があるだけで、オルニチンの血中濃度が高くなって引き起こされている疾患かどうかは判っていません。)
ただし、オルニチンサプリメントを飲んではいけない方は、明らかな症状がありますので、以下の内容を読んで、自分に当て嵌まるかを判断してください。

脳回転状網脈絡膜萎縮症は眼の遺伝子疾患として、ほぼ10歳くらいまでに網膜の障害が起こります。
子供の頃から夜間の視力低下がある場合はご注意下さい。 また、周辺視力の低下も伴いますので、同症状がある場合は摂取をお控え下さい。

ミトコンドリアオルニチントランスポーター欠損症は発作的な意識障害が起こります。
同症状がある場合は摂取をお控え下さい。

アミノ酸というと、体を構成するタンパク質を作るブロックとしての働きを思い浮かべると思います。
通常のアミノ酸は、DNAの情報に基づいて、ブロックのように何種類ものアミノ酸を組み合わせて、血管や内臓は皮膚や酵素などを作ります。
しかし、オルニチンはブロックのように組み合わされて、タンパク質にはならないのです。
オルニチンは遊離アミノ酸(アミノ酸ペプチドとも言います)という、特殊な種類のアミノ酸で、血液中などを漂いながら、単体で働きます。

オルニチンは血液によって肝臓に運ばれて、肝細胞に取り込まれれば、傷んだ肝細胞を修復したり、肝機能を高めるために働きます。
最近では肝硬変などにオルニチンが使われることが増えてきています。
また、毛細血管から滲み出て、細胞間物質の中を漂いながら、細胞分裂を促す働きを示すオルニチンもあります。
オルニチンの働きは非常に多岐に亘り、主なものでも、老化防止や肝機能の改善、デトックスやダイエット、疲労回復やスキンケアなどに効果が期待されています。

例えば、オルニチンは体内で代謝されて、ポリアミンという物質に変換されることが判っていますが、このポリアミンはタンパク質の合成を促して、細胞分裂を促進させる効果が確認されています。
アメリカでは手術後のケアとして、オルニチンを摂取させ、患部の細胞分裂を促して、改善を早めるという手法が様々な病院で使われています。
また、筋肉や腱、骨や軟骨に怪我をした時にも、オルニチンがお奨めです。
これは、細胞や組織が傷付いた時に、傷の周りにオルニチンがたくさん発見されたことから、研究が進んだ分野です。
最近では、アメリカのプロの運動選手が、運動時にできた筋肉や腱などの無自覚な小さな傷をオルニチンで修復して、大きな怪我に繋がらないようにする、ということでオルニチンサプリメントが使われてきています。

プロの運動選手や医師などの専門家が実践する栄養学的な理論は、その効果において信頼性が高いと言って良いでしょう。

オルニチンが作り出すポリアミンの細胞新生や細胞分裂の効果を高めるために、亜鉛ビタミンBなどと組み合わせるのがお奨めです。
亜鉛が不足すると、DNA情報のコピーミスが起き、細胞がガン化する可能性が高まるため、体内に亜鉛が不足する場合、生物は細胞分裂のスピードを遅らせます。
また、オルニチン(ポリアミン)のタンパク質合成を助けるのが、ビタミンB群ですので、これらの栄養素が十分に揃うと、細胞分裂のスピードアップが期待できます。

オルニチン

前の項のオルニチンから作られるポリアミンが、細胞や組織の修復に使われるというお話をしました。
プロの運動選手や医師が使うオルニチン サプリの実力を知っていただきたくて、書いてみましたが、ここでは、このポリアミンを使ったスキンケアによる、美容や老化防止のお話をしたいと思います。
オルニチンがスキンケアに効果を現す理論は、先の項目でご紹介したポリアミンが、細胞新生や細胞分裂を促し、細胞や組織を生まれ変わらせるスピードを速める、という効果に依存します。

オルニチン サプリを摂取すると細胞分裂が活発になるので、お肌の角質層の新生が促されるので、お肌のターンオーバーを正常化して、お肌を綺麗に整える効果が期待できます。
亜鉛ビタミンBなどの細胞分裂に関係する栄養素をプラスすれば、更にターンオーバーは28日に近づくでしょう。
スキンケアはターンオーバーを早くして、角質層の入れ替わりを促すことが非常に重要なので、ターンオーバーを活発にさせるオルニチンは、非常に人気があります。

細胞新生や細胞分裂を促すオルニチン(ポリアミン)は、スキンケアだけでなく、爪や髪の毛の健康にも関係し、男性型の不妊症などでも活躍しています。
また、オルニチンは脳下垂体に取り込まれて、成長ホルモンの原料となります。
成長ホルモンは細胞分裂を引き起こす、重要な因子の1つになります。
脂肪燃焼には成長ホルモンは欠かせません。
スキンケアだけでなく、ダイエットにも良い影響を与えるため、幅広い美容効果が期待できます。

オルニチンから作られるポリアミンを不足させたマウスでは、細胞分裂の頻度が極端に落ちることが判っており、タンパク質合成も鈍ることから、ポリアミンを成長因子と呼んでいます。
ポリアミンは老化の進んでいる個体ほど、体内量が少ないことが判っており、老化との関連性を指摘する専門家も多いようです。
アメリカでの調査では、加齢により体内のポリアミン量は、減少することが判っています。
ポリアミンが不足している被験者に、オルニチン サプリを1000mg与えたところ、数週間で体内のポリアミン量に増加現象が見られました。

理想としては、全身の細胞の近くに十分な量のオルニチンが存在し、いつでも細胞に取り込まれて、細胞の活動を活発にできるようにしておきたいものです。
様々な食品に含まれているオルニチンですが、食品100g中に多くても15mg程度しか含まれません。
オルニチンを研究する専門家の多くが、30歳以上で食事から十分な量のオルニチンを摂取できている方は、ほとんどいないだろうと言っています。
健康や美容のために、オルニチン サプリでオルニチンを摂取して、全身の細胞にくまなく行き渡るようにすることをお奨めします。

オルニチンオルニチン

お酒を飲んだ次の日にシジミ汁を飲むと、体がスッキリする、なんて昔から言われています。
しかし、シジミに含まれるオルニチンが、アルコールを分解する訳ではありません。
それではアメリカで、肝臓を気にするお酒好きに、オルニチン サプリの人気が高いのはなぜでしょうか?
オルニチンのお話の前に、飲んだアルコールがどうやって処理されるのかを理解したほうが、オルニチン サプリの効果について理解しやすいと思いますので、少しお付き合い下さい。

飲んだアルコールは小腸や大腸から吸収され、血液中に入り肝臓に運ばれます。
肝臓では、運ばれてきたアルコールを分解する2種類のアセトアルデヒド分解酵素によって、酢酸に変換され、更に水と二酸化炭素に分解されて排泄されます。
この過程で、アセトアルデヒドが体内に多く残ると、二日酔いの原因になります。
体にとってアルコールは毒ではありませんが、アセトアルデヒドは強い毒性を現します。
肝臓が弱って、肝臓に運ばれたアルコールを素早く酢酸に変換できず、アセトアルデヒドの状態で肝臓に留まる時間が長くなると、肝細胞の活動を鈍らせたり、肝細胞のアポトーシス(自然死)を早めたりし、更に肝臓の体質が悪くなります。
アルコールが肝臓に悪いと言われる体質の方は、アルコールから酢酸に変換する工程を、早めてあげることが大切です。
そのためには、肝細胞の活動を活発にして、アセトアルデヒド分解酵素やグルタチオンなどの酵素を、効率よく作れるようにしなければなりません。

肝臓に良いということで日本で昔から使われている、秋ウコン(クルクミン)タウリンなども、これらの酵素を作るために、肝機能を高める栄養素ですので、オルニチンと併用することも可能です。
人間ドックなどで、肝臓の問題を指摘された方は、半年~1年ほどかけて、これらのサプリメントを使い、肝機能を高める体質改善を行うことをお奨めします。
肝臓は非常に様々な働きをしているため、摂取するサプリメントは、効果の見込めるサプリメントをいくつか組み合わせて、多角的な方向から肝細胞を改善すると良いという専門家も多いようです。

それでは飲酒とオルニチン サプリの摂取はどう関わってくるのでしょうか?
オルニチンは肝細胞のエネルギー生産を高めて、デトックス活動を活発にします。
肝臓はアルコールのアセトアルデヒド以外にも、非常に様々な種類の有害物質の分解(デトックス)を行っています。
つまり体内にある有害物の多くが、血流によって肝臓に運ばれているのです。
アルコールだけではなく、これらの有害物質が肝臓を疲れさせ、活動を鈍らせてしまうのです。
肝臓が解毒する様々な有害物質の中で、特に肝機能を弱らせるのが、アンモニアです。
なぜか?
アンモニアはタンパク質合成の副産物や、腸内に定住する悪玉菌の分泌物として、全身の細胞や組織でたくさん作られているからなのです。

全身の細胞や組織で作られたアンモニアは、アミノ酸と結合し血液中を運ばれて肝臓に届けられます。
肝臓でアンモニア単体に遊離されて、無害な尿素に分解されるのですが、オルニチンの体内量が少ないと、アンモニアの分解が十分にできなくなります。
そうなると、アンモニアは肝臓に溜められて、肝細胞に毒性を発揮します。
簡単に言うと、肝臓が疲弊し、肝機能が低下するのです。
機能の低下した肝臓では、アルコールを酢酸に分解することも難しくなり、アセトアルデヒドが肝細胞に害を与え、アルコール性の肝硬変などを引き起こします。
次の項目では、オルニチンが疲弊した肝臓を再生させる、オルニチンサイクル(尿素回路とも言います)について書いていきます。

体内でたくさん作られる有害なアンモニアは、肝臓がデトックスする主要な物質です。
アンモニアの尿素への分解(オルニチンサイクル)が十分に働かないと、健康に様々な悪影響が出ます。

肝臓のデトックス機能を低下させるアンモニアと二酸化炭素を反応させて、無害な尿素に分解する仕組みを、オルニチンサイクルと言います。
尿素を作るので尿素回路と呼ぶ場合もあります。
オルニチンサイクルは主に肝細胞の中にあるミトコンドリアという組織の内部で行われます。
オルニチンサイクルは簡単に言うと、オルニチンからシトルリンを作り、シトルリンからアルギニンを作り、アルギニンから尿素を作り、尿素からオルニチンを作るという円を描くサイクルになっており、そのサイクルにアンモニアと二酸化炭素を取り込んで、尿素を作るという仕組みになっています。

オルニチンサイクルはシトルリンやアルギニンをサプリメントで摂取するより、オルニチンを摂取した方がサイクルのスピードが上がることが判っており、オルニチンサイクルで肝臓の機能を高める目的などがあれば、オルニチンサプリメントで行うことをお奨めします。

全身の細胞や組織で作られるアンモニアは、アミノ酸と結合し血流によって運ばれ、細胞内で遊離アンモニアに変換されて、オルニチンサイクルで尿素に分解されます。
アミノ酸と結合したアンモニアは、主に肝臓の細胞で遊離アンモニアに変えられるため、アンモニアの多くは肝細胞で尿素に分解されますが、アンモニアの分解が遅れ、血液中のアンモニア濃度が高くなるとると、肝細胞以外でもアンモニアの遊離が行われるようになり、全身の細胞のミトコンドリアに遊離アンモニアが取り込まれます。
オルニチンが十分に体内にあれば、効率は悪いですが、肝細胞以外でもオルニチンサイクルにより、アンモニアを尿素に分解することができますが、そもそもオルニチンが不足したために肝細胞でアンモニアを分解できなくなっているので、他の細胞では効率的にアンモニアを分解できずに、遊離アンモニアがミトコンドリアに蓄積され、全身の細胞の活動に悪影響が出ることが判っています。

オルニチンは前の項目でも記したように、組織や細胞の傷を修復するために使われるため、スポーツ選手や年配の方などは、オルニチンサイクルで使われるだけではなく、組織の修復などでも多くのオルニチンが使われてしまうため、体内必要量が若い方よりも多いのです。
食事の消化吸収が悪くなる年齢になると、オルニチンの不足が顕著になり、体内でのアンモニアの分解に支障をきたして、ミトコンドリアにアンモニアが蓄積されるようになり、細胞内でのATPというエネルギー生産が滞る方が多いのです。
その結果、スポーツ選手であればスタミナが失われ、年配の方ですと基礎代謝カロリーが減って太りやすくなります。

オルニチンサイクルはミトコンドリアで行われますが、オルニチンサイクルを1回転させるために、ATPが3個使われます。
ATPは脂肪やブドウ糖に酸素を結合させた物質ですので、カロリー計算上でいけば、オルニチンサイクルは効率の良いエネルギー消費システムなのです。
ある栄養学実験では、細胞内で作られるATPの20%弱は、このオルニチンサイクルのアンモニア分解に使われていると、結論を出しています。
運動以外で使われるカロリーを基礎代謝カロリーと言い、全消費カロリーの70%~80%を基礎代謝カロリーで消費できれば、太ることは無いと言われていますので、オルニチンサイクルでATPの消費量を高めることは、基礎代謝カロリーのアップに繋がり、痩せやすい体質を作ることになります。
若い頃より基礎代謝が落ちたと感じる方は、オルニチンを半年くらい摂取し、ミトコンドリアに溜め込んだアンモニアを尿素に分解し、細胞のエネルギー生産を高めて、痩せやすい体質を作ってください。

アンモニアが脳細胞に溜まると、知能指数の低下や集中力の欠如、鬱症状ややる気の欠如などが起こります。
アンモニアの蓄積は細胞内のミトコンドリアという組織の活動を鈍くします。
ミトコンドリアは、ブドウ糖や脂肪に酸素を結合させて、ATPというエネルギーを作り出す細胞内組織です。
全身に60兆個ある細胞の活動は、このATPが使われるので、アンモニアによってATPが十分に作れなくなると、細胞活動を鈍らせるため、全身の様々な組織の機能低下が起こります。

この様に、アンモニアは生物が健康に生きるためには、非常に邪魔になる物質ですので、オルニチンが関係するオルニチンサイクル(尿素回路)以外にも、分解デトックスする仕組みは他にもありますが、最も効率の良い分解方法が、肝臓でのオルニチンを使ったオルニチンサイクル(尿素回路)なのです。
疲労や組織の老化、新陳代謝の不活発や基礎代謝カロリーの減少、免疫力の低下や便秘、低血圧や肩こりなどで困っている方などは、オルニチンを半年~1年ほど摂取して、体質改善をしてみてはいかがでしょうか?
原因は判らないけれど、どこか調子が悪いというような体質の改善に、アメリカではオルニチンや朝鮮人参を使うことが多いようです。
いずれのサプリメントも、細胞内の重要な組織を改善するサプリメントです。

アメリカでは黄疸(おうだん)が出ている方にオルニチンを使って、体質改善を行うことが多いようです。
黄疸の原因である、血中のビリルビンの濃度が高い場合(ビリルビンは人間ドックなどで計測される成分です)、オルニチンサイクルを活発にするオルニチンや、肝機能を高める秋ウコン(クルクミン)などを摂取して、ビリルビンの数値の変化を見てみるのが、最も効率的な方法とされています。
ビリルビンは胆汁酸という消化酵素の成分の1つで、胆汁酸の生産が鈍ると、血中のビリルビンの濃度が、高くなることが判っています。
胆汁酸は肝臓で作られるので、オルニチンを使って肝細胞を活発にする体質改善が、有効であることが多いのです。
ビリルビンは便の色素の1つですが、血中のビリルビン濃度を低めるのであれば、ビリルビンの腸からの再吸収を抑える必要もあります。
オルニチンやクルクミンを使って便中のビリルビン量を高めて、それを食物繊維によって便の中に固定して、排便してしまえば、血中のビリルビン濃度は下がります。
食後に食物繊維サプリメントを摂取することもお勧めです。
ただし、過去に抗生物質の摂取により腸内細菌に影響を与えたことがある場合、善玉菌を腸内で増やして、腸内細菌によってビリルビン化合物を作る体質改善の方が、有効な場合もあります。

最後に。
アメリカではここ数年で、リーキーガット症候群という体調不良の原因が注目されています。
アメリカ人の半分以上が軽症から重症を含めて、リーキーガット症候群の可能性があると言われるほど、蔓延していると言われています。
症候群という名称だけあって、現れる不健康の症状は非常に多岐に亘るため、症状だけを見てリーキーガット症候群であると診断できないのが現状です。
別名で隠れアレルギーという名称がつくのですが、アレルギーとリーキーガット症候群は完全なイコールではありません。
アレルギーの方はリーキーガット症候群である可能性が高いという意味では正しいといえるでしょう。
このリーキーガット症候群は、胃腸の粘膜が非常に薄くなることが原因で引き起こされます。
薄くなった腸の粘膜や粘膜の裂け目から、腸内で生成される吸収してはいけない物質を吸収してしまい、全身にトラブルを起すのですが(詳しくはリーキーガット症候群をご覧下さい)、この吸収してはいけない物質に、遊離アンモニアがあります。
つまり、リーキーガット症候群の方は、オルニチンが足りていても、肝臓の調子が悪くなくても、血液中の遊離アンモニア濃度が高くなるために、全身の細胞のミトコンドリアに、アンモニアを溜め込んでしまう可能性があるのです。
リーキーガット症候群の抱える様々な体調不良は、オルニチンだけで改善できるものではありませんが、オルニチンサプリメントの摂取は、原因不明の体調不良を抱えている方の、1つの重要な体質改善の手段である可能性も否定できません。

オルニチンを含めて当ショップの扱うすべてのサプリメントは、日本国と米国において、医薬品指定されているモノはありません。すべて食品という分類になります。
すべての栄養素を食事から摂取するということは、摂取カロリーの面からも無理があります。
アメリカでは、マルチビタミンを中心にして、自分に不足しているサプリメントをそれぞれ補うという方法が一般的です。
また、アメリカにおいてマルチビタミンの他に摂る栄養素として基本的なものは、カルシウム、亜鉛サプリメント、ビタミンCサプリメントビタミンBビタミンEというものが多いようです。

もし、サプリメントを選ぶ段階で、ご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

オルニチンオルニチン

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

≪このオルニチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.