サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

アスタキサンチン

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

01月19日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

アスタキサンチン

<<<商品入荷のお知らせ>>>
大変お待たせをいたしまして申し訳ありませんでした。
今年は花粉症の時期に入りテレビなどでの商品紹介などがあり、予想を大きく超えて販売数が伸びました。
またアメリカでも花粉症のサプリが予想を超えて販売が伸びたのでメーカーも欠品を起こしておりました。
今後は在庫数を増やすなど対策を検討いたします。(現在は6か月分の在庫を所持しています)
どうかご容赦ください。


アスタキサンチンはアレルギーなど、炎症や皮膚のかゆみを抑える抗ヒスタミン作用が期待されているビタミンAの一種です。
■アメリカでは眠気など、副作用が無い抗ヒスタミン剤として人気の、使いやすいサプリメントです。
■他のカロチンとの併用で相乗効果に期待大! 他にもカロチンの扱いがございますので目的に合わせて使い分けを!
アスタキサンチンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このアスタキサンチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

アスタキサンチン
10521
2,678  (税抜 2,480円 )
ご購入個数  個
60ソフトジェルカプセル
1錠中
アスタキサンチン:1mg
1回1錠 1日2~6回
アスタキサンチンは油に溶けて吸収される脂溶性の性質を持ちますので食後の摂取がお奨めです。
・アスタキサンチンには過剰症がありますので摂取目安をお守りください。
・アスタキサンチンの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。美白や抗ヒスタミン作用などの目的によって摂取量が変わってきますのでご注意下さい。
アスタキサンチンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
アスタキサンチンはビタミンA群の一種でアレルゲンに反応して作られてしまったヒスタミンを無毒化する働きが認められています。
アスタキサンチンは抗ヒスタミン剤のような眠気などの副作用はなく使いやすいサプリメントとして人気です。
ソラレー社

アスタキサンチン

アスタキサンチンは鮭の色素として有名なビタミンA群の一種で美白効果だけではなく、抗ヒスタミン作用が期待されています。
ヒスタミンはアレルギーによって起こる各部の炎症や皮膚のかゆみの主原因で、今の日本の医学によるアレルギー改善は抗ヒスタミン剤によるヒスタミンの低減か、ステロイド剤による炎症抑制が主流でしょう。
アスタキサンチンの抗ヒスタミン作用には抗ヒスタミン剤のような眠気などの副作用はなく、使いやすいサプリメントだと思います。

アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎のかゆみとアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の骨の痛みなどは、ヒスタミンが末梢神経を刺激して脳に皮膚のかゆみや痛みとして知覚させているので、アスタキサンチンの抗ヒスタミン作用で皮膚のかゆみや痛みを減らすことができるとしてアメリカで非常に人気があります。

当ショップでは4種類のカロチンを扱っております。
目のビタミン・スーパールテインベータカロチン(ビタミンA)トマトの抗酸化サプリメント・リコピン、アスタキサンチン。
アスタキサンチンは他のカロチン類と併用すると相乗効果が期待できます。
それぞれの目的に合わせて使い分けてください。

アスタキサンチンはカロチノイドと呼ばれる天然色素で、強い抗酸化作用を持ち眼精疲労の改善に効果が期待されています。カロチノイドにはキサントフィル類とカロチン類という種類があり、アスタキサンチンはキサントフィル類という種類に分類されます。
カロチン類は炭素と水素を含む化合物で、アスタキサンチンの属するキサントフィル類は炭素と水素と酸素を含む化合物です。カロチン類の中のベータカロチンが動物の体内に入ると必要量がビタミンAに変えられるため、カロチノイドをビタミンA群と呼ぶことがあります。広い意味ではアスタキサンチンもビタミンA群です。

自然界の植物や動物に広く存在するカロチノイドは黄色や赤色を示し高い抗酸化作用をもっています。アスタキサンチンは赤い色素で鮭の身の赤さはアスタキサンチンの赤い色素が関係しています。アスタキサンチンは主に動物質の中に存在していますが、カロチノイドの多くは植物の葉緑素の近くに存在し、光合成により作られた酸素のうち活性酸素に変わってしまった酸素が自分を傷つけないように抗酸化作用を働かせています。

アスタキサンチンを含めてカロチノイドはイロイロな種類がありますが、お互いに助け合いながら抗酸化作用を高めてアレルギーを抑制したり、美白したり、眼球を守って眼精疲労を改善したりして働いています。最近の化粧品にはアスタキサンチンが含まれている美白化粧品もあり、抗酸化作用や美白に働くアスタキサンチンの効能が高く評価されている化粧品も多く作られています。
美白や抗酸化作用や眼精疲労の改善などの目的をもってアスタキサンチンを摂る場合でも、ベータカロチン(ビタミンA)スーパールテインリコピンなどのビタミンA群の仲間を併用することで、アスタキサンチンの抗酸化作用の効果が高まることが期待できますので、多くの栄養学者がアスタキサンチンの効果や効能を高めるためにカロチノイド全体のバランスを考えて摂取するべきだと言っています。

アスタキサンチンは自分の電子を活性酸素に渡し活性酸素を中和して普通の酸素に戻す抗酸化作用を持ちますが、活性酸素を中和した後に、そのアスタキサンチン自体が電子が不足して周りの組織を傷つけてしまうアスタキサンチンラジカルという物質に変わってしまい、抗酸化作用を失います。アスタキサンチンの抗酸化作用を取り戻し、周りの組織を傷つけたりしないようにするにはアスタキサンチンラジカルをアスタキサンチンに戻す必要があります。アスタキサンチンは脂溶性のため体外に排泄されることが非常に少ないので、アスタキサンチンラジカルに電子を渡して普通のアスタキサンチンに戻す抗酸化サプリメントが必要です。
その抗酸化サプリメントとしては、アスタキサンチンが脂溶性のためアスタキサンチンに近づくには抗酸化サプリメントも脂溶性の性質を持つ必要がありますので、ビタミンEベータカロチン(ビタミンA)などの脂溶性の性質を持つビタミンビタミンCサプリメントなどの水溶性の性質を持つビタミンの組み合わせが理想的だといわれています。これらのビタミンEやビタミンCはラジカルになっても腎臓から排泄されてしまうため他の組織を傷つけてしまうことが少ないのです。
また、アルファリポ酸という抗酸化サプリメントはアスタキサンチンに電子を渡して自分がラジカルになった後に自分で復活するため、少ない量で高い抗酸化作用をもつということでアスタキサンチンに組み合わせる抗酸化サプリメントとして人気があります。

アスタキサンチンの効果である抗酸化作用が眼精疲労の改善に効果を発揮するという報告も多く、パソコンの画面を見ていて目がかすんだり、テレビを見ていて目がチカチカしたりするなどの眼精疲労を起こしている場合は、アントシアニンとアスタキサンチンを併用すると良いでしょう。
アントシアニンでロドプシンの再合成のサイクルを早め脳に十分な目からの情報が伝われば脳への負荷が減るので、目の組織への無理な要求は撤回されることになり、眼精疲労の改善に繋がります。そのアントシアニンを助けるためにアスタキサンチンやスーパールテインの摂取を奨める専門家が多くいます。
それでも眼精疲労が改善しなければ、いちょう葉エキスEPAオメガ3)などで目の組織への血流を上げてあげることで、効率の良い眼精疲労の改善が行われることが判っています。

ヒトの眼球にはアスタキサンチンやルテインが多く存在することが確認されています。特に黒斑や網膜に特異的にアスタキサンチンやルテインが多く存在しており、抗酸化作用によって活性酸素による組織の破壊から眼球を守っているといわれています。
眼球などのように紫外線を多く浴びている組織においては、一重項酸素などの活性酸素が多く発生することが解っており、抗酸化作用を示す抗酸化サプリメントを多く必要としています。加齢とともに体内に蓄積されるビタミンA群(アスタキサンチン ルテイン ベータカロチン(ビタミンA))やビタミンEが少なくなることが解っていますので、アメリカでは年配者には白内障の防止や目の健康、眼精疲労の予防と改善のために、これらの抗酸化作用のある栄養素を摂取することを奨めています。

またアスタキサンチンの効果には細胞内組織であるミトコンドリアにおいて、過酸化脂質という活性酸素の生成を抑制する抗酸化作用が確認されており、体内で発生する活性酸素の量も減らすことが可能であるとされています。目は常に活性酸素に曝されて老化しやすい部位ですので、コエンザイムQ10(CoQ10)などにも同様の抗酸化作用がありますので、アスタキサンチンと併用して、できるだけ若いうちから眼精疲労や老化を防ぐ努力をしてください。
アメリカではインシュリン依存型糖尿病とインシュリン非依存型糖尿病によって併発する白内障の進行を抑制するために、アスタキサンチンが使われています。スーパールテインビタミンEビタミンCサプリメントをアスタキサンチンと併用することによって高い結果が出ています。

アスタキサンチンアスタキサンチン

アスタキサンチンの効果はヒスタミンを無毒化する抗ヒスタミン作用を示し、アレルギー反応を緩やかにする働きが確認されています。
ヒスタミンは主にアトピー性皮膚炎のかゆみや炎症、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の膿胞(のうほう)や骨の痛み(実際は骨膜の痛み)、アレルギー性鼻炎の目や鼻のかゆみと炎症などの原因とされるため、ヒスタミンによる皮膚のかゆみや炎症を抑制する抗ヒスタミン作用の目的でアスタキサンチンはアメリカで非常に多く使われています。

1mg~6mg程度の量のアスタキサンチンの摂取を毎日続けていくと、アスタキサンチンは主に全身の細胞の細胞膜に蓄積され細胞の抗ヒスタミン作用が高まります。
細胞膜に蓄積されたアスタキサンチンの量が十分になると、アレルギー反応によって作られるヒスタミンが細胞に近づいてくるとアスタキサンチンが抗ヒスタミン作用を示しヒスタミンに取り付いてヒスタミンを無毒化します。例えばその細胞が末梢神経細胞だった場合、アスタキサンチンの抗ヒスタミン作用によって皮膚のかゆみを感じる部分を遮断できるのでかゆみ改善につながります。
またアスタキサンチンで通常の細胞にヒスタミンが近づくのを阻止すると炎症予防に効果的で、皮膚炎などに関してもヒスタミンによって炎症を起こす細胞をアスタキサンチンの抗ヒスタミン作用が保護するので炎症の防止にもなるというわけです。
抗ヒスタミン作用を高めるためには、ベータカロチン(ビタミンA)を併用したり ビタミンEビタミンCサプリメントを併用するとアスタキサンチンサプリメントの抗ヒスタミン作用の働きを助けることが判っています。

細胞に十分な量が蓄積されてはじめてアスタキサンチンは抗ヒスタミン作用を示すので、その効果には即効性が無く、アスタキサンチンを継続摂取して効果が現れるという特徴がありますので、アスタキサンチンサプリメントを摂取される時は長期摂取ということを念頭においてご利用ください。
アスタキサンチンによって健康効果を得るために必要な摂取量や摂取期間は個人差がありますが、ヒスタミンが大量に分泌されるタイプ(アレルギーなど)にはアスタキサンチンサプリメントの抗ヒスタミン作用は向いているといえるでしょう。
研究の途上ですがアスタキサンチンといちょう葉エキスの併用は喘息にも効果を発揮しうるとして多くの栄養学者が注目しています。

アスタキサンチン

アスタキサンチンの十分な摂取は抗ヒスタミン作用でヒスタミンを無毒化できると先の項目でご紹介しました。またヒスタミンはかゆみや炎症の原因であるとも書いています。しかし、そもそもヒスタミンとはどのようなものでしょうか?。アレルギーにどの様に関係しているのでしょうか?。少し難しいお話ですが、アレルゲンに反応してヒスタミンが大量に作られてしまう体質をアレルギー体質といいますので、アレルギー改善を効率よく行うためにアレルギーと抗ヒスタミン作用の関係について説明させていただきます。

アトピー性皮膚炎などのアレルギーにはアレルゲンというものが存在します。アレルゲンは個人によって違っておりハウスダストやダニ、小麦や牛乳などがアレルゲンになることが多いようです。
アレルギーの方はこういったアレルゲンを体が受け入れることができずに(外敵と判断され)体外に排除しようとします。アレルギーでなければハウスダストやダニなどは皮膚に触れても、少しくらい体内に入ってきても、体が受け入れてしまうために免疫が排除しようという動きは起こりません。このアレルゲンを排除しようとする働きがアレルギーのかゆみや炎症として現れますので、アレルギーの改善には 本来は無害なアレルゲンを受け入れる方法(ヒスタミンを作らせない方法)や、起こってしまった炎症の抑制で対応します。(起こってしまった炎症を抑制する方法は、ビオチンに詳しく説明しておりますので、そちらを参考にしてください。)

アレルゲンを受け入れられなかったアレルギーの方に起こる現象を簡単に説明しますと、アレルゲンに触れたことによりグロブリンという免疫抗体が作られ、肥満細胞(マスト細胞ともいいます)のレセプターに差し込まれ、アレルゲンの種類が記憶されます。再び同じ種類のアレルゲンが侵入すると、大量のグロブリンが分泌され肥満細胞のレセプターに差し込まれます。肥満細胞では先の記憶に従って大量のヒスタミンを肥満細胞内に作り出し、肥満細胞はまさに肥満した状態になります。更にグロブリンがレセプターに差し込まれると肥満しすぎた肥満細胞はパンクして大量のヒスタミンが流れ出します。
抗ヒスタミン作用のアスタキサンチンでかゆみや炎症を抑制し、アレルギーの辛い症状を緩和する方法はアメリカで10年以上も行われている方法です。

ちなみに免疫抗体として分泌するグロブリンは数種類あり、アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎はグロブリンE(IgE)が分泌し、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)はグロブリンA(IgA)が分泌します。その他のアレルギーもグロブリンE(IgE)かグロブリンA(IgA)が分泌します。

前項のアスタキサンチンの抗ヒスタミン作用の続きになります。
作り出されたヒスタミンは何をしているかといいますと、この項目の主題でもありますように炎症や皮膚のかゆみを引き起こします。
ヒスタミンの引き起こす炎症はアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の症状も発症させますが、アレルギー性鼻炎の例が一番判りやすいと思います。基本的にはアレルギーの方のヒスタミン分泌は同じですので花粉症を例にお話します。

花粉症の方の免疫機構がアレルゲンとなる花粉の侵入を感知すると、グロブリンE(IgE)を大量に分泌させます。そのグロブリンEは肥満細胞のレセプターに差し込まれて肥満細胞内にヒスタミンを作り出します。やがて肥満細胞がパンクして大量のヒスタミンが流れ出すと目や鼻で炎症が起こり涙や鼻水を大量分泌させ、アレルゲンである花粉を洗い流そうとしたり、くしゃみや鼻づまりで花粉がこれ以上体内に侵入しないようにします。

つまり、ヒスタミンによる炎症はアレルゲンである花粉を体外に排泄する働きの1つなのです。
アトピー性皮膚炎の炎症や掌蹠膿疱症(掌蹠膿胞症・掌跡膿胞症・掌せき膿胞症)の膿胞も、花粉症と同様にアレルゲンを排除するためにヒスタミンが起こしていると説明されています。(アレルギーにおいてはヒスタミンは非常に厄介な存在ですが、免疫機構にとってはヒスタミンは無くてはならない重要な物質です。その免疫の重要な物質が無駄な働きをすることは無いという前提に立ってみると、実際に炎症によってアレルゲンの排除ができているかという問題ではなく、炎症はアレルゲンの排除を目的として起こっていると考えることが自然だという専門家が多いのです。)
つまり炎症を抑制しようとするならばアレルゲンを体が受け入れて大量のヒスタミンが作られないようにするか、アスタキサンチンに抗ヒスタミン作用を期待するしかないのです。

またヒスタミンが関係しアレルギーで問題になるのが、かゆみという問題です。非常に不快な症状で炎症や痛み、外見などの問題よりも皮膚のかゆみの方が辛いという方が多く、栄養学的な研究の進展が待たれている分野ですが、その中で十分な評価を得ているのがアスタキサンチンの抗ヒスタミン作用なのです。
ヒスタミンとかゆみの間には末梢神経というものが介在します。末梢神経は全身に分布する神経で、末梢神経をヒスタミンが刺激することで脳に皮膚のかゆみとしての信号が伝わるのです。実際に炎症等が起きてかゆみが起こっている場合は引っ掻いたりすれば気分が良くなるのですが、アトピー性皮膚炎や花粉症のように末梢神経を刺激して脳に皮膚のかゆみとして認識させている場合は引っ掻いても良くならないことが多いのです。かゆみが改善しないので余計に引っ掻くということを繰り返すと角質層や粘膜が傷ついてしまい、そこからのアレルゲンや不潔な物質の侵入が起こり本当の炎症に発展してしまいます。そこでアスタキサンチンの抗ヒスタミン作用で末梢神経を守ってあげれば脳に伝わるかゆみの情報を遮断することができます。

まずはケルセチンでヒスタミンが作られないようにすることが重要ですが、ケルセチン(抗ヒスタミン剤)の効果で体がアレルゲンを受け入れて、大量のヒスタミンが作られないように体質改善をするには年単位の時間がかかります。その結果が出るまでの間、末梢神経の細胞膜にアスタキサンチンをたくさん蓄積して、近寄ってくるヒスタミンを無毒化する抗ヒスタミン作用に期待してみてはいかがでしょうか。
第1世代の抗ヒスタミン剤も、第2世代の抗ヒスタミン剤も副作用で使えない場合だけでなく、これらの医薬品にアスタキサンチンを加えることによって、より高い抗ヒスタミン作用を期待するというのが最近のアメリカでのアレルギーのかゆみ対策のようです。

アスタキサンチンアスタキサンチン

アスタキサンチンの抗ヒスタミン作用でヒスタミンを無毒化する方法については先の項目で紹介しています。
それではヒスタミンを作らせない方法とはどんな方法でしょうか?。
アメリカでは根本的なアレルギー改善の方法ということでかなり研究が進んでいます。この方法には何段階かあり、その段階ごとにやり方が確立されています。


アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の方は体質的に皮下で分泌するヒアルロン酸EPAオメガ3)という脂肪酸の分泌が悪いために角質層が薄くなる方が多いようです 特にステロイド剤を長期間使用してきた方はヒアルロン酸の皮下での分泌が更に落ちてしまうことが判っており、角質層が極端に薄くなることもあるようです。健全な皮膚ではヒアルロン酸とEPAと水が混ざって乳液状になり角質層と角質層の間をノリのように繋いで角質層が剥がれないようにしています。
例えば、水仕事に弱い肌では、特にEPAという必須脂肪酸が不足していることが多いそうです。EPAはお肌の油分を保つ働きをしているのですが、EPAが不足しているお肌では水仕事で使う水を弾くことができずに皮膚がふやけてしまいます。ヒアルロン酸とEPAが十分に分泌してノリがうまく作れていれば、皮膚や粘膜は丈夫になりますので、アレルゲンの侵入を許さないお肌を作ることが可能です。

花粉症の方は硫黄ケイ素というミネラルが不足してコラーゲン密度が低いために粘膜が薄くなっているか、粘膜を守っているベータカロチン(ビタミンA)やアスタキサンチンなどが少ないことが解っています。

花粉症やアトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症の方の一部の方は、胃酸のタンパク質消化酵素(ブロメライン)の分泌不足により消化が正常に行われておらず、もともと吸収しにくいミネラルである硫黄が不足してコラーゲンがうまく作られていないために、体の外側を守っている組織が弱くなっているのだそうです。(皮膚のタンパク質の約70%はコラーゲンの形態をとっています。)
MSMサプリメントシリカでコラーゲンの材料を補給して、弱い皮膚を作り変えてください。


腸内環境とアレルギーの関係については少し前からかなり研究が進んでおり、非常に密接に関係していることが証明されています。腸内には全身に存在する免疫機構の中でも特に強力な免疫機構が存在しています。おそらく不衛生な時代を長く生き抜いてきた生物の自衛策ではないかといわれています。
腸内には10箇所を超える免疫機構の監視ポイントが存在し、口から摂り込まれるものを監視しています。例えば、食中毒菌や腐敗物質であれば、この監視ポイントが判断して下痢を起こさせたり、免疫細胞や善玉菌に攻撃させたりして体にとっての脅威を排除しようとします。
腸の免疫機構は非常に強い権限を持っており、腸の免疫機構にアラート(警報)が発せられると全身の免疫機構に対してもアラートが発せられ全身の免疫機構が侵入者に対して敏感になってしまい、本来は無害なアレルゲンを侵入者と判断しグロブリンという免疫抗体を大量に作ってしまいます。
腸内環境が悪玉菌優勢になっていて監視ポイントの周りに悪玉菌が多く存在すると、監視ポイントは腸内に侵入者がいると判断することがあり、そういった体質の方は腸内環境が悪いだけで全身の免疫機構が敏感になってしまうのです。

アメリカではアレルギーの方の多くが半年~2年くらいかけて善玉菌を摂取することで、腸内環境の改善をするといわれています。
その際にご注意いただきたいのは摂取する善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)の性能です。摂取する善玉菌の数が多いほど腸内環境の改善が早くなります。また善玉菌の大部分は胃酸に弱く消化の途中で死んでしまい腸内に定住することができません。
アメリカで販売される善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)の多くが、胃酸で死なないようにコーティングされているカプセルを使用するか、アシドフィルス菌のように比較的に胃酸に強い善玉菌を使用しています。(死んだ善玉菌は腸内に定住する善玉菌のエサになるのでヨーグルトなどの摂取も無駄にはなりませんが、エサだけでは腸内環境の改善は進みません。)善玉菌による腸内環境の改善はかなり時間がかかるため、ただ善玉菌を摂取すれば良いということではなく、善玉菌サプリメントの性能を重視して効率よく腸内環境の改善することをお奨めします。


アメリカでの調査ではアレルゲンに反応してグロブリンという免疫抗体が大量に作られているにも関わらず、アレルギーを発症していない方(ヒスタミンが大量に作られていない方)というのは意外と多いそうです。こういう方の多くがヒスタミンが作られる肥満細胞(マスト細胞)のグロブリンに対する感度が鈍く、肥満細胞のレセプターにグロブリンがたくさん差し込まれても、肥満細胞内にヒスタミンが作られないという体質なんだそうです。ヒスタミンが作られなければ炎症も皮膚のかゆみも起こりませんのでアレルギー症状は発症しません。
アメリカでは肥満細胞のグロブリンに対する感度を鈍くする目的で、ケルセチンというハーブが使われます。ケルセチンはハーブ研究で非常に進んでいるドイツでは抗ヒスタミン作用のある抗ヒスタミン剤として認められアレルギー性鼻炎アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)に使われています。
ケルセチンの摂取による肥満細胞の鈍化は体質改善を伴わなければなりませんので、1年前後はかかるとされていますが、アレルギー体質の方のほぼ全員が肥満細胞のレセプターの感度が敏感なため、それを鈍化させるケルセチンは高い確率で体質に合うということが解っています。

アメリカではケルセチンが効果を発揮してくるまでの間は、アスタキサンチンの抗ヒスタミン作用を使ってヒスタミンを無毒化してかゆみを減らしたり、ビオチンを使って炎症を防いだりする方法が広く行われています。
これらの詳しい方法は次の項目でお届けします。

アスタキサンチンアスタキサンチン

アメリカでは栄養学的にアレルギーの研究が進められており、アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)アレルギー性鼻炎などの原因がかなり解明されてきております。
先の「5.ヒスタミンを作らせない方法とアスタキサンチンの抗ヒスタミン作用」でご紹介した根本的な改善方法(1,2,3のそれぞれの方法)とアスタキサンチンやペパーミントを使った抗ヒスタミン作用にプラスして、起こってしまっている炎症をビオチンなどを使って抑制する炎症体質の改善によって、アレルギーのかなりの部分まで改善できるという考え方が主流です。

ただし、これらの方法のどれに重点を置くかというのは改善する方の体質によって違っています。皮膚が非常に薄いと感じる方は皮膚を厚くする方法を最優先にしたり、腸内環境が非常に悪い場合は腸内環境から改善していきます。
アメリカではビオチンなどを使って炎症体質の改善を優先させる専門家が多いようです。(ビオチンは試用期間が3ヶ月~6ヶ月くらいと比較的短く結果が早く判るため。)

ここでご理解いただきたいのはアレルギーの改善には対症療法的改善方法と、根本的改善方法をハッキリと分けて考える必要があるということです。
具体的には、アスタキサンチンやペパーミントなどの抗ヒスタミン作用は、あくまでも炎症や皮膚のかゆみに対する対症療法であり根本的なアレルギー改善ではありません。また、日本でよく行われているビオチン亜鉛サプリメントアントシアニンパントテン酸などによる炎症の抑制も対症療法といってよいでしょう。
これらの抗ヒスタミンサプリメントや抗炎症サプリメントは体質的に合っていれば数日から数ヶ月で結果が出るので、アレルギー改善の最初に行われることが多く、これらの対症療法である程度の結果を出してから根本的なアレルギーの改善を行っていくことが多いようです。(アメリカでは結果を出すのに半年~数年かかる根本的な方法を始めに行うと挫折することが多いために、とりあえず結果が出やすいものから始めるようです。)

根本的なアレルギー改善とは、「5.ヒスタミンを作らせない方法とアスタキサンチンの抗ヒスタミン作用」でも書いていますように、体がアレルゲンを受け入れて大量のヒスタミンを作らせないというケルセチンを使った方法であり、時間をかけて改善していきます。
アメリカではこれらの方法と、これらの方法から派生する様々な方法(体質によって変わってきます。)を組み合わせることでアレルギーは改善が可能であると結論付けている専門家も多くいます。しかし、多くのアレルギーの方はいくつかの原因が重なっていること、また、その1つ1つの原因の全体に対する比重が個人個人で違っていることから、どの方法を優先的重点的に行っていくかという判断が重要です。
つまり アレルギーに関する栄養学的な研究はかなり進んでいますが、この方法だけを行えば全員が改善するという方法は未だ発見されていません。アスタキサンチンの抗ヒスタミン作用もこうしたアレルギー改善方法の1つで、全員が効果を発揮するものではないということを認識するべきだと思います。体質に合わせて摂取するサプリメントを変えるというのが基本中の基本です。

アスタキサンチンはこうヒスタミン作用だけで人気のあるサプリメントではありません。
アスタキサンチンには日焼けに影響を受け難いお肌を作る働きが確認されています。
アスタキサンチンを一定期間摂取した後では紫外線によって起こる日焼け(サンバーン)の紅斑が現れるのを遅らせることが可能です。アメリカでのアスタキサンチンを使った実験では10%~25%くらいのMED値(最小紅斑量値)の上昇が起きています。(つまりアスタキサンチンの摂取は10%~25%長く太陽光線を浴びていても日焼けが起こりにくくなるということです。)MED値は高くなればなるほど日焼けし難い体質ということがいえますので、アスタキサンチンを美白アイテムの1つに加えていただければと思います。

またアメリカではアスタキサンチンを日焼け防止や美白に使っている方の多くが、PABAという美白サプリメントをアスタキサンチンと併用しているというデータがあります。アスタキサンチンによって日焼けしにくい体質を作ることに加えて、PABAの摂取によって表皮で紫外線をカットするというのが美白方法としては効果的であるということのようです。
また既に作られてしまった黒色メラニンを肝臓の働きを利用して白色メラニンに変えて目立たなくさせる、lシステインという美白サプリメントも美白対策として人気があります。

アスタキサンチンは亜鉛サプリメントと併用することで、加齢による胸腺の萎縮を抑制する効果を示しました。
胸腺は免疫機構の指令所とでもいう組織で、全身の免疫機構の免疫システムに指示を出し、インフルエンザなどの感染症などを防いだりしています。
胸腺は加齢とともに小さく萎縮することが解っており、それが原因の1つとなって免疫力が落ちることが解っています。高齢者の方はアスタキサンチンや亜鉛サプリメントを使って免疫力アップを心がけると良いと思います。
また老化に伴い肺炎や多臓器不全などのように内臓が免疫機構によって活性酸素の害に曝されることがありますが、内臓に十分なアスタキサンチンやベータカロチン(ビタミンA)があると、肺炎などで発生する活性酸素を中和することができて、重篤な状態に陥らなくて済むことがあります。アメリカ食品医薬品局(FDA)では高齢者にアスタキサンチンなどのビタミンA群の摂取を薦めています。

アスタキサンチンアスタキサンチン

アスタキサンチンを含めて当ショップの扱うサプリメントは、日本国において医薬品指定されているサプリメントはありません。すべて食品という分類になります。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアトピー性皮膚炎尋常性乾癬花粉症掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶことで効果的にアレルギーの改善効果が期待できるようになるのです。
家族や友人が効果を発揮したサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証はありません。
これはアレルギーの発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため、どの原因に対応するサプリメントを先に摂るかが非常に大切になってくるからなのです。
アメリカのアレルギーを研究する研究者の多くは、アレルギーは4つの体質が重なった時に発症し、アレルギーを完全に改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

アメリカではステロイド剤以外の栄養学的なアプローチでもアレルギーの改善の研究が進んでいますが、サプリメントによるアレルギーに関係する体質の改善は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げています。
4つの体質改善で実績を上げているサプリメントは以下の通りです。

炎症体質にはビオチンとパントテン酸の組み合わせや、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)とパントテン酸の組み合わせや、ブロメラインが使われます。
ビオチンはアメリカンビタミンショップでは4種類ご用意しています。

ヒスタミンの抑制にはケルセチンという抗ヒスタミン剤やアスタキサンチンや抗ヒスタミン薬

腸内環境には善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)食物繊維
腸内環境の改善にはビオチン生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効果が期待されています。

薄い皮膚にはコラーゲンをつくる材料であるMSMEPAオメガ3)やヒアルロン酸パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

上記のアレルギーを引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチンとパントテン酸による炎症体質の改善から始める事が多いようです。
例えば、体質的に皮膚が弱いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするヒアルロン酸EPAサプリメントをビオチン(ビタミンH)と併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)をビオチンと併用する。
また、ビオチン(ビタミンH)を摂って変化が出た方は腸内で善玉菌がビオチンを作れていないということですので、必ず腸内環境の改善を行う。など体質に合わせて摂るアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなければなりません。

またビオチンとパントテン酸による炎症体質改善や善玉菌による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲンが入らないような丈夫な皮膚を作るということもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症では重要視しています。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の方の皮膚の状態を見ると角質層が薄く皮膚が弱い方が多いのです。こうした体質の方はヒアルロン酸EPAサプリメントによって角質層を厚くしていくのが効果的です。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)尋常性乾癬アトピー性皮膚炎などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質が重なって発症するという意味で同じ病気であるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。
同じ4つの体質を持っていても、皮膚が丈夫で粘膜が弱い方はアレルギー性鼻炎や花粉症になりやすく、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬になりやすい。年配の方で皮膚の油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)乾燥肌敏感肌が発症しやすくなる傾向があるなど、今までに多くの栄養学者が研究した成果がアメリカの栄養学にはたくさんあります。
アレルギーの研究でアスタキサンチンなどの抗ヒスタミン作用のあるアレルギーサプリメントを使用した実験の期間は3ヶ月~1年ほどといわれています。できるだけ結果を出すためには長期でのアレルギーサプリメントの摂取をおすすめしています。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

日本におけるアトピー性皮膚炎の治療法は主にステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)という医薬品が中心です。アメリカにおいてもアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの治療にステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)などを使い炎症を抑制する試みは多く行われています。
ステロイドリバウンドの経験者などステロイド剤の使用を非常に嫌う方がいらっしゃいますが、アレルギー患者が多く、アレルギー研究の進んでいるアメリカではステロイド剤の使用を嫌う方が10年くらい前と比べると非常に減っています。
それはステロイド剤の炎症を抑えるという非常に高い効果を享受しながら、アレルギーサプリメントによってステロイド剤の悪い点を克服できるようになったからなのです。
ステロイド剤使用で起こる問題点は以下の通りです。

アメリカでのステロイド剤の一般的な使い方をご紹介します。
どうしても炎症の抑えられない部分にステロイド剤を使用します。
ステロイド剤の使用で減る皮膚で分泌されるヒアルロン酸を、ヒアルロン酸サプリメントを経口摂取することで補い皮膚が薄くなるのを防ぐ。
ステロイド剤の使用で減るコルチゾールというホルモンの分泌量を減らさないようにするために、パントテン酸を摂取して副腎皮質を強化します。コルチゾール(ステロイドホルモン)は炎症抑制にも働きますが、皮膚で分泌されたヒアルロン酸が外的要因によって壊されるのを防ぐ働きがあるので、皮膚を厚い状態に保ちお肌を丈夫にする効果が期待できます。

合衆国食品医薬品局(FDA)が推し進める大学などの各種研究機関でのアトピー性皮膚炎の栄養学的研究は日本の20年は進んでいると言われています。
その中で注目されているのがアレルギーサプリメントによる体質改善でアトピー性皮膚炎を改善しようという流れです。ステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)などの医薬品と併用して、アレルギーサプリメントによる体質の改善を行って、アレルギーを根本的に改善していこうとするアメリカでの動きをご紹介しました。

アメリカではアレルギーサプリメントによる様々なアレルギーの実験が多く行われています。
これらの実験を翻訳・要約したものをご用意いたしました。できましたらサプリメントを摂られると同時に理論武装をしていただければと思います。
栄養学とサプリメント

アスタキサンチンアスタキサンチン

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

アスタキサンチンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、アスタキサンチンに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このアスタキサンチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.