サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

ビオチン

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

03月31日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

ビオチン(60錠入)

ビオチンは炎症体質を改善するサプリメントとしてアレルギーの抑制効果が期待できます!(体質によって効きにくい人もいますので詳しくは下記をご確認ください)
■天然ビオチンは皮膚の血流を上げ角質層を丈夫にする働きがありますが、合成ビオチンには皮膚を改善する効果が認められていません。アメリカンビタミンショップのビオチンは天然ビオチンを採用しております。
■アメリカではビオチンはアトピー性皮膚炎の治療に20年以上の実績があり、日本でも皮膚のかゆみや皮膚炎の改善に注目され始めた期待のサプリメント!
ビオチン アレルギーの方の効果的な使い方                ビオチン お肌や髪の毛でお悩みの方の使い方 アレルギーの方の効果的な使い方      お肌や髪の毛でお悩みの方の使い方
ビオチン(ビタミンH)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このアトピー性皮膚炎にビオチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

ビオチン(60錠入)
10520
2,354  (税抜 2,180円 )
ご購入個数  個
60カプセル
19×7×7(㎜)
1錠中
天然ビオチン:5000mcg
このビオチンサプリメントはビタミンHとも呼ばれ、善玉菌によって生産されたアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症や花粉症などのアレルギーに対して効果を発揮するタイプのビオチンです。
1回1錠 1日3~4回 
ビオチン(ビタミンH)は水溶性のため尿と一緒に排泄されますので、毎食後+寝る前(計4回)にビオチンサプリメントを摂取するのが効果的とされています。ビオチンの1日の摂取量は20mg~40mgが理想とされています。
・ビオチン(ビタミンH)の摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【その他のビオチンサプリメントをご紹介】
以下の4種類のビオチン(ビタミンH)の成分は同じです。1錠あたりのビオチンの含有量も5mgと同じですので、どのビオチンサプリメントを選んでいただいてもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症や花粉症などのアレルギーの炎症体質改善の効果が期待できます。
120錠入アレルギー用ビオチン
このビオチンサプリメントは1か月分を想定しております。
60錠入アレルギー用ビオチン(旧名:廉価版アトピー用ビオチン)
本商品です。このビオチンサプリメントは半月分を想定しております。
ビオチン・タイムリリース
このビオチン・タイムリリースは水溶性のために尿と一緒に排泄されやすいビオチンを2段階の溶け方(特許出願中です)でできるだけ長く体内に留めておける工夫がしてあります。摂取してすぐに半分ほどが急速に溶けて吸収され、残りの半分は6時間後に徐々に溶けて吸収されていきます。通常のビオチンは食後の摂取でも5~7時間で排泄されてしまいますが、ビオチン・タイムリリースは9時間~13時間も体内にビオチンを留めておくことが可能です。仕事や家事で忙しい方の飲み忘れをカバーできるビオチンサプリメントとしてアメリカで人気があります。ただし1日4錠の摂取量は必要となりますのでご注意下さい。
ビオチン・チュワブル
このビオチン・チュワブルは味付きですのでカプセルが苦手な方やお子様におすすめです。
トンプソン社

ビオチン

ビオチンは100年以上前から西洋医学でお肌のトラブルを改善する栄養素として使われてきました。
今でも体質改善や美容などで非常に人気の高いサプリメントですが、
そのビオチンの効果は主に2つ。

アメリカのアレルギー内科やスキンケア内科では、上記のビオチンの効果を利用して体質改善を行っています。

このビオチンのサプリメントは美容スキンケアや吹き出物、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症などのアレルギーで引き起こされるお肌の炎症を抑制するためにお使いいただく ことができます。
アメリカでの研究ではビオチン不足による炎症体質といっても、不足の程度(腸内環境の善し悪し)により摂取量を変えています。

10mほどの長さのある腸内には、2kgの腸内細菌が住んでいると言われています。
ビオチンは腸内に住む善玉菌によって作られ供給されており、食事からの摂取がまったくできません。
食品に入っているビオチンはタンパク質と結合している非遊離型ビオチンという種類で、体内において炎症抑制や皮膚の改善効果は期待できません。
よって腸内にどれくらいの善玉菌がいるかによって、分泌されるビオチンの量が増減するのです。

健康な腸内環境とは、最低で70%~80%が善玉菌と日和見菌であり、残りが悪玉菌というバランスとなっています。
こうした腸内環境の方はビオチンの分泌も20mg~80mgほどあり、吹き出物や乾燥肌などの肌トラブルも少なく、お肌の老化も緩やかであると言われています。
アメリカでは肌トラブルの少ない方でも30歳を超えた辺りから徐々に腸内環境が悪くなってくるので、基礎化粧の目的でビオチンのサプリメントを1日1錠ほど摂取する方がいらっし ゃいます。
ビオチンが十分に血中に存在するとお肌への血流が高まり、お肌を作る栄養素がたくさん運ばれてくるので、お肌の老化を遅らせることが可能であると言われています。

美容面での肌トラブルが起こりやすい体質の方は30%~60%が善玉菌と日和見菌であり、残りが悪玉菌となっています。
こうした腸内環境の方はビオチンが十分に分泌されていないため、吹き出物や乾燥肌、シミやシワなどの問題が起こりやすく、お肌も老化しやすいと言われています。
アレルギーが無いという条件で、お肌にトラブルが起こりやすい方は、体質改善の目的でビオチンのサプリメントを1日2~3錠ほど摂取すると良いでしょう。
そういう方はビオチンのサプリメントを摂取することで、炎症抑制のホルモン(消炎系プロスタグランジン)が作られやすくなり、炎症体質の悪循環を防ぐだけではなく、EPAと併用することでセラミドの質が上がって角質層が厚くなり、上記の肌トラブルも起こりにくい丈夫な皮膚 を作ることができます。

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの方の腸内環境は、ほぼ100%の悪玉菌優勢のため善玉菌がいないので、ビオチンが腸内でほとんど作れていないことが、アメリカのアレルギー内 科の研究により判っています。
こうした体質の方は、ビオチンが作り出す炎症抑制のホルモンの分泌が悪くなり炎症体質が酷くなったり、皮膚への血流が悪くなったり、セラミドの質が低下するので、常に肌トラブル に見舞われるような体質になります。
アメリカのアレルギー内科では炎症体質の改善と、皮膚を厚く丈夫にする体質改善の目的でビオチンのサプリメントを1日4~8錠ほど摂らせています。
腸内環境の比較的良いアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方はビオチンを1日4錠の摂取。
皮膚の状態の非常に悪い尋常性乾癬の方はビオチンを1日6~8錠の摂取を行うと良いでしょう。
ビオチンが腸内で作れていない体質は、EPAも体内で作れていないので、セラミドの質が低下します。
ビオチンと一緒にEPAを併用することをお勧めします。

このビオチンの商品ページでは便宜上、アレルギーの名称をすべてアトピー性皮膚炎で統一させていただ きますが、このビオチンサプリメントはアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症、花粉症や尋常性乾癬などのアレルギーで引き起こされる炎症を抑制するためにお使いいただくことができます。
ビオチンは日本では最近になって注目されましたが、アトピー性皮膚炎の治療法の進んでいるアメリカではビオチンによる内科治療は30年ほどの実績が あり栄養学的な解析が完了しています。

ビオチンとアトピー性皮膚炎の栄養学的な関係を知ることで、ビオチンによるアトピー性皮膚炎の治療法に良い結果が出ることが統計的に判っています。(プラシーボ効果と呼ばれる科 学的な根拠のある現象です。)
ビオチンはアトピー性皮膚炎が引き起こす皮膚のかゆみや皮膚炎を改善する効果が期待されています。

アメリカのアレルギー内科では30年以上のアトピー性皮膚炎の栄養学的研究の結果、アレルギーはすべて発症のメカニズムが非常に似ていることが判りました。
アレルギーの治療法はアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症などアレルギーの種類が違っていても大部分は同じ 治療法が用いられます。
ご紹介しますビオチンもアトピー性皮膚炎だけではなく掌蹠膿疱症や花粉症、食物アレルギー尋常性乾癬などのアレルギーの改善に用いられ、高い炎症抑制効果が確認されています。

詳細は「6.ビオチンによるアトピー性皮膚炎の改善」で述べていますが、アトピー性皮膚炎の方はビオチン不足などの4つの体質が重なることで発症しています。
アメリカで行われている内科治療では、この4つの体質を総合的に改善していくことでアトピー性皮膚炎の改善を行うアメリカのアレルギー内科医師が多いようです。
4つの体質とは、

ビオチンは簡単にいってしまうと1番の炎症体質の改善効果が期待されるサプリメントです。
ビオチンは食事として入ってくるリノール酸というサラダ油を体内においてEPAガンマリノレン酸という脂肪酸に変換しています。
ガンマリノレン酸は炎症を抑制する消炎系プロスタグランジンというホルモンの原料となり炎症を抑制しているのです。
ガンマリノレン酸は食事からはほとんど摂取することができず、ほぼ全量をビオチンがリノール酸から作り出しています。
つまりビオチンが不足するとガンマリノレン酸が作れずに炎症を起こしやすい体質になったり、食事からの摂取量では十分ではないEPAが不足して角質層のセラミドの質が悪くなり、 角質層に水分と油分が保持できず乾燥肌になったり、角質層が薄く弱くなります。
アトピー性皮膚炎の炎症とはかゆみや皮膚炎などが挙げられます。

ビオチンという栄養素はアトピー性皮膚炎そのものを改善しているのではなく、炎症体質を改善しているのです。
炎症体質というのはアトピー性皮膚炎などのアレルギーの方だけが持っている体質ではなく、アレルギー体質ではないけれどお肌に炎症が起こりやすいトラブル肌の方や、すぐに扁桃腺 や甲状腺などの組織が腫れてしまう方なども炎症体質を持っていると考えられるのです。

ビオチンは炎症体質を改善するためのサプリメントなので、こうしたトラブル肌などの問題を抱える方もビオチンを摂取しています。
ビオチンは肌荒れが気になる方や皮膚に吹き出物ができやすい方、歯茎や内臓に炎症を起こしやすい方などに摂取をおすすめしています。

アトピー性皮膚炎ではステロイド剤を使うこともあると思いますが、ステロイド剤は体内において副腎皮質から分泌されておりコルチゾール(副腎皮質ホルモン、ステロイドホルモン) と呼ばれています。
コルチゾールはアラキドン酸という脂肪酸(細胞の構成要素です)が炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンに変換されないようにブロックしています。
アメリカのアレルギー内科ではビオチンによる炎症抑制を助けるサプリメントとして副腎皮質を強化して副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)を分泌させるパントテン酸というビタ ミンが使われます。
パントテン酸はビオチンと同じく食事からの摂取がほとんどできない栄養素であり、腸内に住む善玉菌によって供給されているので、アレルギーの様に腸内環境が悪玉菌優勢ですと、パ ントテン酸も不足し、徐々に副腎皮質の機能が低下して、ステロイドホルモンを分泌できなくなるのです。

現在ではアレルギー体質の方は腸内に善玉菌がほとんどいないことが判っており、体内でのビオチンとパントテン酸の不足は確定事項であり、炎症体質と皮膚の改善には必須の栄養素で あるとされています。
パントテン酸の詳細は専用ページでご覧ください。

ビオチン不足のアレルギーの方は、善玉菌サプリを1年~2年ほど摂取すれば、腸内に善玉菌が増えてビオチン の生産を行いますので、ビオチンサプリメントの摂取を止めることができます。

ビオチンビオチン

アメリカのアレルギー内科でのビオチンの研究では、アレルギーの主原因として腸内環境のバランスの崩れが挙げられています。
腸内の善玉菌が減ることでビオチンの分泌量が少なくなり、ガンマリノレン酸などの炎症を抑える働きをもつ脂肪酸が作られなくなったり、EPAという角質層を厚く丈夫にするために必要な脂肪酸が減りセラミドの質が低下して皮膚が弱くなります。

アトピー性皮膚炎の方の便を調べてみると、ビオチンを作り出す善玉菌が少なく、ビオチンを消費して増える性質のある悪玉菌が非常に多く含まれることが判っています。
ビフィズス菌は亜種を含めると30種類以上の菌種に分けることができます。
それぞれの菌種はそれぞれの機能があり、ビオチンをたくさんつくるビフィズス菌もいれば、ビオチンを食べてしまうビフィズス菌もいて、ビフィズス菌の全種類がビオチンを不足させ るわけではありません。

しかしビフィズス菌の菌種の中にはビオチンを食べてしまったり、大腸ガンを誘発する物質を出している疑いのある悪玉菌に分類されている菌種もあります。
ビフィズス菌を全面的な善玉菌として扱っている国は日本とフランスだけです。(ビフィズス菌は30種類ほど存在しますが、その多くは善玉菌です。最近の日本のビフィズス菌関連商 品には悪玉ビフィズス菌はほとんど使われていません。今ではビフィズス菌の研究が進んでおり問題のある菌種は使われなくなってきています。)
アメリカのアレルギー内科での調査では、アトピー性皮膚炎の方の便から検出されるビオチンを食べてしまうビフィズス菌の数は、通常の数倍から数10倍の方がいたり、ビオチンを生 産する善玉菌が少ないことが判っています。

アレルギーの方の様に悪玉菌優勢に傾いた腸内環境は、ヨーグルトなどの発酵食品では善玉菌優勢の腸内環境に戻すことは非常に困難であると専門家の多くは言っています。
腸まで生きて届く善玉菌の補給のみが腸内環境を改善する方法であるとされていますので、アメリカのアレルギ ー内科ではビオチンと一緒に善玉菌サプリメントを処方するのが当たり前になっています。

日本ではアトピー性皮膚炎の方などのアレルギーの方が病院に行くと扁桃腺が腫れていることが多いため扁桃腺を切り取られたりされますが、これは扁桃腺が原因でアトピー性皮膚炎が 起こっているのではなく、炎症体質が原因で扁桃腺が腫れやすいだけだというのがアメリカのアレルギー内科での考え方です。
ビオチン不足の方はビオチンの摂取によって扁桃腺などの腫れを抑制できることが確認されています。
また、アトピー性皮膚炎の方が歯医者で歯の詰め物を変更したりしますが、歯の詰め物自体が悪いのではなく、本来は無害な歯の詰め物に異常反応している白血球が悪いと考えて、善玉 菌サプリやビオチンによるアレルゲンへの過敏な反応を無くす体質改善を行います。

ビオチン

ビオチンは様々な種類があり、大きく分けると天然ビオチンと合成ビオチンに分かれます。
アメリカのアレルギー内科やスキンケア内科では、症状によって天然ビオチンと合成ビオチンを使い分けています。
同じ皮膚炎でも、アトピー性皮膚炎などの皮膚の構造に問題がある皮膚炎と、主にホルモンバランスの悪さが原因の10代の若者のニキビでは、飲むビオチンが違うのです。
アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬のように角質層が薄く(もしくは異常に分厚く)なるのは、腸内で善玉菌によって作られる天然ビオチンが足らないことが原因です。
この様に皮膚の血流が悪くセラミドの質が落ちて皮膚の構造に問題が起こる場合は、アメリカのアレルギー内科では合成ビオチンは使わないように指示しています。

合成ビオチンは炎症抑制に働くプロスタグランジンというホルモンの分泌を増やすので、若者のニキビの皮膚炎を防ぐには合成ビオチンでも効果を発揮するのですが、角質層の下にある膨大な量の毛細血管を太くして、皮膚の血流を良くする効果が期待できないのです。
皮膚の血流が良くならない合成ビオチンでは、皮膚に必要な栄養素が運ばれてこないので、皮膚の構造に問題が生じている体質の場合は弱い皮膚のままなのです。

天然ビオチンは皮膚炎の抑制に働くプロスタグランジンも作りますし、角質層の毛細血管の血流を良くし皮膚や粘膜を健やかで丈夫にしてくれます。
つまり、以下の体質の方は天然ビオチンで皮下の血流を良くしなければならないのです。
・皮膚が薄く弱い体質
・皮膚が赤っぽい、赤黒い体質
・毎年、同じ時期に皮膚炎などのトラブルが起こる方
・乾燥肌
・敏感肌
・脂性肌
・アトピー性皮膚炎
・尋常性乾癬
・掌蹠膿疱症
・花粉症やアレルギー性鼻炎
・他、アレルギー全般
・脂漏性大腸炎
・リーキーガット症候群

上記のような皮膚や粘膜にトラブルが起こりやすい方は、合成ビオチンでは皮膚の血流が上がらないため体質は治りません。
また天然ビオチンも摂取量が少なければ皮膚の血流を上げることができません。
例えば、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬の皮膚レベルではビオチンは1日に4錠~8錠ほどが必要です。
また乾燥肌レベルであれば1日2錠ほどで皮膚の血流を上げることができます。
このビオチンサプリの容器に貼られているラベルには、ビオチンの1日の摂取量を1錠としています。
メーカーに確認をしてみると、ビオチンの1日の摂取量を決めるのに体質を考慮していない、ということです。
この1日1錠のビオチンの摂取量は、多くの栄養学の研究論文を読んでみると、腸内環境が善玉菌優勢でお肌が健康な方が摂取する量です。
つまりお肌を長くキレイに保ちたい老化防止、美容目的の摂取量が1日1錠というビオチン摂取量なのです。

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの方の腸内環境は、2kgの腸内細菌のほぼ全てが悪玉菌だとアメリカのアレルギー内科では言っています。
ビオチンは食事から摂取することができませんので、腸内に善玉菌がいないということはビオチンの分泌量がほぼゼロです。
こうしたアレルギーの方は、健康な方が腸内で作っているビオチン量である1日20㎎~80㎎をビオチンサプリとして摂取する必要があります。
健康な方の摂取量である1日1錠のビオチン量(5㎎)では皮下の血流が上がらないことが判っています。
ビオチンはビタミンB群の仲間で水溶性なので、尿として排泄されるスピードが速く過剰症は起こりませんので、過剰摂取を怖がらずに必要な摂取量を満たすことをお勧めします。

皮膚は28日~60日周期で1層ずつ角質層を作っていくのですが、その角質層が20層ほど重なると丈夫な皮膚になると言われています。
例えばアトピー性皮膚炎で皮膚が赤い方は8層くらいの角質層しか重なっていません。
アトピー性皮膚炎で赤黒い方や青黒い方は3層~5層くらいしか角質層が重なっていないのです。
角質層の下には赤い毛細血管網があり、その下には黒い黒色メラニンの層がありますので、角質層が薄いと赤い色や赤黒い(青黒い)層が透けて見えてしまうのです。

なぜアトピー性皮膚炎の方が、健康な方の皮膚のように20層に角質層が重なれないのかというと、角質層と角質層の間に分泌されるセラミドの質が悪く、角質層を皮膚に繋げておく接着剤の役割をしないからなのです。
アトピー肌と呼ばれる薄くて弱い肌の元凶はセラミドの質の悪さです。
セラミドはEPAとヒアルロン酸と水が混ざった乳液状の成分でネバネバしています。
このネバネバのセラミドが角質層と角質層の間に分泌され、重なった角質層を剥がれにくくしているのです。
アメリカのアレルギー内科ではアトピー性皮膚炎の方にEPAを処方しセラミドの重要な構成成分を摂取させ、ビオチンによる皮膚への血流を良くする効果で、角質層の一番下の層に質の良いセラミドを分泌させるのです。

角質層の構造を判りやすく説明する理論に、「レンガの壁」理論というものがあります。
角質層はレンガの壁に構造も目的も似ています。
角質細胞はレンガに相当し、セラミドがセメントに相当します。
レンガの壁は、レンガとセメントが交互に重なりあい、壁を形成します。
そのレンガの壁は何をしているかというと、外から入り込もうとする悪い人やホコリなどを家の中に入らせないこと。
角質層も、角質細胞とセラミドが交互に重なりあい、層を形成します。
角質層の目的(仕事)は何か?
そうです、ウィルスや病原菌、アレルゲンとなる様な異物を体内に入り込ませないこと。
ビオチンやEPAが十分に体内で作れていない方(アトピーや酒さ様皮膚炎、乾燥肌やお肌の弱い方)はセラミドの質が悪くなり、角質層の構造も弱くなって、アレルゲンなどの異物を皮膚から体内に取り込んでしまうのです。
その結果、異物を排除する炎症や痒みが頻発します。

先にも述べていますが食品中に存在するビオチンは非遊離型ビオチンといって体内で使われないタイプのビオチンです。
善玉菌の作るビオチンは遊離型ビオチンといって体内で様々な効果を生み出します。

また遊離型ビオチンの中にも、天然のビオチンと酵素合成のビオチンという分類があります。
天然は善玉菌によって作り出されるビオチン全般を指し、健康な方が腸内で生産しているものと同質のビオチンであり、アレルギー体質の方が摂取すべきビオチンです。
酵素合成はビオチナーゼという酵素によって合成されるビオチンを指し、アレルギー体質の方が摂取すると炎症が酷くなる可能性があるということで、アメリカのアレルギー内科では有害なビオチンということで使用しないように指導している医師が多いようです。
日本で医薬品として使われているビオチン散は、ビオチナーゼ酵素によって合成されたビオチンです。

ビオチンの種類については非遊離型ビオチンと遊離型ビオチンという分け方だけではなく、ビオチンを摂取して炎症体質や皮膚の改善効果を期待するのであれば、光学異性体と構造異性体という細かな分類についても考慮する必要があります。
先の非遊離型ビオチンは体内で使えないだけで害は無いのですが、有害なタイプのビオチンというものも存在しているのです。

ビオチンを光学異性体で分類した場合はL型ビオチンとD型ビオチンに分かれます。
L型ビオチンとD型ビオチンにはビオチンの性能として大きな違いがあります。
光学異性体のL型ビオチンは体内においてリノール酸をガンマリノレン酸に変換して炎症抑制に働いたり、EPAに変換してセラミドの質を高めて角質層が早く剥がれてしまうのを防ぎ ますが、光学異性体のD型ビオチンは有効なL型ビオチンの効果を打ち消す働きをするので、摂取してはいけないタイプのビオチンであるとアメリカのアレルギー内科では言っています 。

炎症抑制やお肌の健康のために摂取するアメリカンビタミンショップの扱うビオチンサプリメントは、すべて善玉菌の作り出す天然のビオチンですが、この天然のビオチンは光学異性体 でいうL型ビオチンしか含みません。
しかし化学合成したビオチンはL型ビオチンとD型ビオチンが半々に含まれており、L型ビオチンの効果をD型ビオチンが打ち消してしまうので人が摂取するサプリメントの原料として はお勧めできません。
合成ビオチンは通常は家畜の餌に混ぜて家畜の成長を早めるために使われます。

構造異性体で分類したビオチンもL型ビオチンとD型ビオチンに分けられます。構造異性体で分けたビオチンはD型が有効なビオチンで、L型が有害なビオチンとなり、光学異性体とは 反対になりますので混同しないようにご注意下さい。
アメリカンビタミンショップで扱うビオチンは構造異性体でいうD型ビオチンしか含みません。構造異性体のL型ビオチンはD型ビオチンの良い効果を打ち消してしまいます。

ビオチンの種類については非常に複雑で覚えるのが難しいと思いますが、このビオチンサプリメントはメーカーのステンレス製の容器の中で善玉菌が分泌した天然のビオチンを抽出した ものですので、本来の腸の中で善玉菌によって作られるビオチンと同じ方法で作られています。
このビオチンサプリメントは光学異性体も構造異性体も意識する必要の無い天然のビオチンを原料としていますので、安心してアトピー性皮膚炎の炎症体質の改善にお使いいただけます。

ちなみにアメリカンビタミンショップとしてビオチンのご質問をお受けする時に多いのが、アトピー性皮膚炎の改善のためにd-ビオチンもしくはdビオチンというビオチンを探してい るというご質問です。
d-ビオチンのdという文字は光学異性体や構造異性体で言っているD型ビオチンとは違います。
d-ビオチンもしくはdビオチンとは天然のビオチンという意味の記号で、家畜の飼料に混ぜるdlビオチン(合成)に対する意味で使われています。
例えばビタミンEなどでも天然型をdトコフェロール、合成型をdlトコフェロールと表記します。
光学異性体などのD型は悪いビオチンですが、天然型ビオチンという意味のd-ビオチンはアトピー性皮膚炎の炎症改善に対して効果を発揮しますですので、混同しないようにご注意下 さい。

ビオチンビオチン

アメリカのアレルギー内科では30年以上前からビオチンなどのサプリメントの投与とステロイド剤などの医薬品の投与によるアトピー性皮膚炎の治療が行われています。
日本ではアトピー性皮膚炎は皮膚科などに掛かる方が多いようですが、アトピー性皮膚炎の研究が進んでいるアメリカではアトピー性皮膚炎の方はアレルギー内科を受診します。

日本ではステロイド剤と聞くと拒否反応をする方も多いようですが、アメリカのアレルギー内科では出ている症状は医薬品で治療し、アレルギーを発症する根本的な原因はサプリで体質 改善をするという2つの方法を並行して行っています。
例えばステロイド剤だけで炎症を抑制していくと、角質層に水分と油分を供給し皮膚を厚く丈夫にするセラミドの質が低下します。
よくステロイド剤を使うと皮膚が薄くなると言われている現象ですが、これをステロイド剤の副作用ということで嫌う方も多いのです。

しかし皮膚を厚く丈夫にするビオチンとEPAを、ステロイド剤と併用することでセラミドの質の低下を防ぐことができ、更にステロイド剤で炎症を抑制できるので、多くのアレルギー 内科の医師はこの方法を採ります。
30年近くの臨床成果により、この方法では角質層が薄くなり、炎症体質が悪化するのを防げることが確認されています。
ステロイドリバウンドを防ぐ方法でもありますので、是非、お試しください。

日本ではアレルギーは病気という扱いですが、アメリカではアレルギーは体質であるとの考え方により、栄養学的な体質改善によって根本から改善できると考えています。
その体質改善に使われるのがサプリですが、健康保険制度のないアメリカでは医師は医薬品の他にサプリや化粧品なども処方することができますので、アレルギーの体質改善も医師の重 要な仕事の1つなのです。
その際に必ず処方されるのがビオチン、EPA、善玉菌サプリの3つのサプリです。
3つのサプリが効果を発揮する体質改善は以下の通りです。

アレルギーの場合はビオチンを1日に20mg(このビオチンサプリメントでいくと4錠)~40mg摂取します。
体質によっては数日から数週間でビオチンによる炎症体質の改善効果が見られる場合もありますが、多く行われているビオチンによる炎症体質改善の実験では、3ヶ月~半年ほどの実験 を行っています。
ただしビオチンによる炎症抑制効果が出にくい方でも、アレルギーであれば腸内環境に善玉菌がほとんどいないので、ビオチンの生産が足りないことは間違いがありません。
よってビオチンは炎症抑制ができていないくてもEPAと一緒に2年程は摂り続け、丈夫な角質層を15層~20層ほど作らなければ、アレルゲンの侵入量を減らすことができません。

多くの研究者は、ビオチンによって炎症が抑えられるかどうかは、皮膚の薄さ(アレルゲンの侵入量の多さ)や、白血球の過敏さ(アレルゲンへの過敏さ)、ヒスタミン分泌の量などに よって大きく影響されるので、先の3つの条件によっては非常に炎症体質が強く、ビオチンによる消炎効果を感じられない方もいるということです。
ビオチンサプリメントの摂取に加えて善玉菌サプリを摂取していきます。
善玉菌を十分な量摂取し続けると2年ほどで腸内に善玉菌が増えて、ビオチンの生産が行われるようになりますので、ビオチンサプリメントの摂取を止めることができます。

炎症の仕組みは、炎症を抑えるホルモンと炎症を起こすホルモンがバランスを保って体の炎症をコントロールしています。
アトピー性皮膚炎では炎症はかゆみや皮膚炎として現れますので悪い症状として出てきてしまいますが、ウィルスや病原菌などが侵入した時には炎症を起こして活性酸素を発生させて、 病原菌を殺菌するなど炎症も体にとっては必要な免疫行動なのです。

病原菌などは侵入しても量は少ないため体が起こす炎症は小さくて済みますが、(たまに熱を出したりもしますが。。。)身の回りに多く存在するダニやハウスダストなどがアレルゲン の場合は、全身で炎症が発生し炎症のコントロールが効かなくなります。これがアレルギーです。
炎症をコントロールしようとする試みもアメリカでは行われていて、ビオチンにより炎症を抑えるホルモンを大量に作り、パントテン酸やステロイド剤により炎症を起こすホルモンを作られないようにすると、より炎症体質をコントロールすることができ、皮膚が弱 かったりヒスタミンが大量に作られても炎症をある程度まではコントロールできるようになることもあるそうです。

ビオチンをアトピー性皮膚炎の改善でご紹介してきていますが、アメリカ でのビオチンの需要はアトピー性皮膚炎の炎症体質改善よりもスキンケアとしての需要の方が大きいのです。
ビオチンは皮膚炎を予防することから発見されたビタミン様物質です。

ビオチンはビタミンHとも呼ばれるビタミンB群の一種で、肌のビタミンとも呼ばれています。
皮下の毛細血管を太くして皮膚への血流を高めるビオチンは、スキンケアに効果が期待できるとしてアメリカでは女性を 中心に人気のあるサプリメントです。
日本ではお肌のための基礎化粧というと塗る方法が一般的ですが、スキンケア栄養学の進んでいるアメリカでは飲むスキンケア基礎化粧というような考え方が一般的で、ビオチンはスキ ンケア商品の中でも中心的なサプリメントです。

ビオチンのスキンケア商品としての効果は大きく2つあります。

それではビオチンが美容で使える理由についてお話しいたします。

お肌の構造として、基底細胞という角質層を作る組織が皮膚の下にあるのですが、この基底細胞は高い頻度で細胞分裂を繰り返してお肌の角質層を作っています。
基底細胞は新陳代謝の激しい細胞ですので多くの酸素とビタミンミネラルなどの栄養素が必要です。
この基底細胞に栄養素を供給しているのが基底細胞の下に網の目のように張り巡らされている毛細血管です。

ビオチンはこの基底細胞の下の毛細血管を太くする働きがあり、皮膚に栄養が十分に行き渡って綺麗で丈夫なお肌をつくることができるとして、ビオチンがスキンケアサプリとしても人 気が高いのです。

基底細胞は新陳代謝が活発なため老廃物を溜め込みやすいと言われています。
ビオチンによって毛細血管が太くなると基底細胞からの老廃物の排泄にも良い影響が出ることが判っており、時間は多少かかりますがお肌の細胞が既に老化してしまっている方でもビオ チンの効果を感じることができるようです。
ビタミンEは老化している細胞からリポフスチンという老廃物を排泄する効果が期待できますので、ビオチンと の併用をおすすめします。

ビオチンによってお肌の下の毛細血管が太くなると、お肌の血流が良くなりお肌の血色がよくなるということでお肌が綺麗に見えるようになります。
また、目の隈などの角質層の薄い部分で発生する問題は、角質層の下の老廃物が見えてしまっているために起こっていると言われていますので、ビオチンによって老廃物を運び去ったり 、EPAヒアルロン酸などを摂取 して角質層を厚くすると目立たなくなります。

その他にビオチンの効果効能として期待できるのは以下の通りです。

ビオチンはDNAやRNAや性ホルモンの合成に働き細胞の成長をすすめます。
ビオチンはたんぱく質の生成に関係しています。
ビオチンは腸から吸収されると必須脂肪酸の変換に使われます。

必須脂肪酸は、EPAガンマリノレン 酸アルファリノレン酸などのことです。
これらの食事から十分な量を摂取できない必須脂肪酸をリノール酸などの油をビオチンが変換して作り出しているのです。
これらの必須脂肪酸はホルモンの材料になったり、お肌の油分を調整し乾燥肌や敏感肌を改善したり、毛髪に油分を供給したり、角質層を形成してお肌のキメを整えたり、関節の潤滑油 となり股関節症や膝関節症を改善したりと様々な美容と健康に役立っています。

ビオチンは汗腺、神経組織、骨髄、毛髪、皮膚の機能を正常に保つために必要です。
ビオチンは白髪を改善する効果も高い評価を得ています。
タバコやアルコールや抗生物質はビオチンの働きを低下させますので、ビオチンサプリメントを摂取してビオチンを補ってください。

ビオチンを日常のお肌のコンディションを整えるための栄養素としてお使いください。

ビオチンビオチン

ビオチンを含めて当ショップの扱うサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているサプリメントはありません。すべて食品という分類になります。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアトピー性皮膚炎の発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶこ とで効果的にアトピー性皮膚炎の改善効果が期待できるようになるのです。家族や友人が効果を発揮したアレルギーサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、 他人と同様の効果が絶対に得られるという保証は無いのです。
これはアトピー性皮膚炎の発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため、どの原因に対応するサプリメントを先に摂るかが非常に 大切になってくるからなのです。
アメリカのアトピー性皮膚炎を研究する研究者の多くは、アトピー性皮膚炎は4つの体質が重なった時に発症し、アトピー性皮膚炎を完全に改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に 改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

アメリカではステロイド剤以外に栄養学的なアプローチでアトピー性皮膚炎の改善の研究が進んでいますが、サ プリメントによるアトピー性皮膚炎に関係する体質の改善は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げています。
4つの体質改善で実績を上げているサプリメントは以下の通りです。

炎症体質にはビオチンやガンマリノレン酸ブロメラインパントテン酸。

腸内環境には善玉菌サプリ食物繊維
腸内環境の改善にはビオチン生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効 果が期待されています。

薄い皮膚にはEPAヒアルロン酸パントテン酸ボスウェリアMSM

ヒスタミンの抑制にはケルセチンアス タキサンチン

上記のアトピー性皮膚炎を引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチンによる炎症体質の改善 から始める事が多いようです。
例えば、体質的に皮膚が薄いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするEPAヒアルロン酸をビオチンと併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌( コッカス菌や腸内細菌)をビオチンと併用する。
また、ビオチンを摂って変化が出た方は腸内で善玉菌がビオチンを作れていないということですので、必ず腸内環 境の改善を行う。など体質に合わせて摂るアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなければなりません。

またビオチンよる炎症体質改善や善玉菌による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲンが入らないような丈夫な皮膚を作るということもアトピー性皮膚炎では重要視しています。
アトピー性皮膚炎の方の皮膚の状況を見るとヒアルロン酸EPAの分泌が不足しているだけではなく、コルチゾールというホ ルモンが少ないために皮膚で分泌されたヒアルロン酸が紫外線などの外的要因によって早く壊されてしまっている方も多いようです。

アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症尋常性乾癬などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質が重なって発症するという意味で同じ病気で あるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。
同じ4つの体質を持っていても、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎になりやすく、皮膚が丈夫な方は花粉症になりやすい。また、年配の方で皮膚の油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症 (掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)や乾燥肌が発症しやすくなる傾向があるなど、今までに多くの栄養学者 が研究した成果がアメリカの栄養学にはたくさんあります。
アトピー性皮膚炎の研究でアレルギーサプリメントを使用した実験の期間は6~12ヶ月といわれています。できるだけ結果を出すためには長期でのアレルギーサプリメントの摂取をお すすめしています。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

日本におけるアトピー性皮膚炎の治療法は主にステロイド剤という医薬品が中心です。
アメリカにおいてもアトピー性皮膚炎の治療にステロイド剤や副腎皮質ホルモンなどを使い炎症を抑制する試みは多く行われています。

ステロイドリバウンドの経験者などステロイド剤の使用を非常に嫌う方がいらっしゃいますが、アレルギー患者 が多く、アレルギー研究の進んでいるアメリカではステロイド剤の使用を嫌う方が10年くらい前と比べると非常に減っています。
それはステロイド剤の炎症を抑えるという非常に高い効果を享受しながら、ビオチンやEPA、ボスウェリアや ヒアルロン酸によってステロイド剤の悪い点を克服できるようになったからなのです。

ステロイド剤使用で起こる問題点は以下の通りです。

アメリカでのステロイド剤の一般的な使い方をご紹介します。

どうしても炎症の抑えられない部分にステロイド剤を使用します。
ステロイド剤の使用で質が悪くなるセラミド層(角質層を繋ぎとめておく接着剤の役割をする層)をEPAを経 口摂取することで補い皮膚が薄くなるのを防ぐ。
また、セラミドを構成するヒアルロン酸を分解するヒアルロニターゼという酵素の活動を抑制するためにボスウェリ アを摂取する。

ステロイド剤の使用で減るコルチゾールというホルモンの分泌量を減らさないようにするために、パントテン酸 を摂取して副腎皮質を強化します。
コルチゾールは炎症抑制にも働きますが、皮膚で分泌されたヒアルロン酸が外的要因によって壊されるのを防ぐ働きがあるので、皮膚を厚い状態に保ちお肌を丈夫にする効果が期待でき ます。

合衆国食品医薬品局(FDA)が推し進める大学などの各種研究機関での、ビオチンを含めたアトピー性皮膚炎の栄養学的研究は日本の20年は進んでいると言われています。
その中で注目されているのがビオチンなどによる体質改善でアトピー性皮膚炎を改善しようという流れです。
ステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)などの医薬品と併用して、アレルギーサプリメントに よる体質の改善を行って、アトピー性皮膚炎を根本的に改善していこうとするアメリカでの動きをご紹介 しました。

ビオチンビオチン

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

ビオチンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、ビオチンに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このアトピー性皮膚炎にビオチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.