サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

掌蹠膿疱症にビオチン

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

03月31日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

120錠入アレルギー用ビオチン(掌蹠膿疱症やアトピーや花粉症に)

ビオチン アレルギーの方の効果的な使い方                ビオチン お肌や髪の毛でお悩みの方の使い方 アレルギーの方の効果的な使い方      お肌や髪の毛でお悩みの方の使い方

掌蹠膿疱症にビオチン
掌蹠膿疱症とビオチン

「掌蹠膿疱症とビオチン」14の秘密について詳しく知りたい方はこちら
※ できることなら、お読みになってから購入してくださいね。 ※

120錠入アレルギー用ビオチン(掌蹠膿疱症やアトピーや花粉症に)
10518
4,708  (税抜 4,360円 )
ご購入個数  個
120カプセル
14×5×5(㎜)
1錠中
天然型ビオチン:5000mcg
このビオチンサプリメントは善玉菌によって生産された掌蹠膿疱症やアトピー、花粉症などのアレルギーに対して効果を発揮するタイプのビオチンです。
1回1錠 1日3~4回 
ビオチンは水溶性のため尿と一緒に排泄されますので、毎食後+寝る前(計4回)にビオチンサプリメントを摂取するのが効果的とされています。ビオチンの1日の摂取量は20mg~40mgが理想とされています。
・ビオチンの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【その他のビオチンサプリメントをご紹介】
以下の4種類のビオチンの成分は同じです。1錠あたりのビオチンの含有量も5mgと同じですので、どのビオチンサプリメントを選んでいただいても掌蹠膿疱症やアトピー、花粉症などのアレルギーの炎症体質改善の効果が期待できます。
120錠入アレルギー用ビオチン
本商品です。1か月分を想定しております。
60錠入アレルギー用ビオチン(旧名:廉価版アトピー用ビオチン)
このビオチンサプリメントは60錠入りで半月分を想定しております。
ビオチン・タイムリリース
このビオチン・タイムリリースは水溶性のために尿と一緒に排泄されやすいビオチンを2段階の溶け方(特許出願中です)でできるだけ長く体内に留めておける工夫がしてあります。摂取してすぐに半分ほどが急速に溶けて吸収され、残りの半分は6時間後に徐々に溶けて吸収されていきます。通常のビオチンは食後の摂取でも5~7時間で排泄されてしまいますが、ビオチン・タイムリリースは9時間~13時間も体内にビオチンを留めておくことが可能です。仕事や家事で忙しい方の飲み忘れをカバーできるビオチンサプリメントとしてアメリカで人気があります。ただし1日4錠の摂取量は必要となりますのでご注意下さい。
ビオチン・チュワブル
このビオチン・チュワブルは味付きですのでカプセルが苦手な方やお子様におすすめです。
ビタミンショップ社

1.ビオチン(ビタミンH)と掌蹠膿疱症

アメリカでは20年以上前からビオチン(ビタミンH)の大量投与による掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の治療が行われています。
日本では掌蹠膿疱症は皮膚科などに掛かる方が多いようですが、掌蹠膿疱症の研究が進んでいるアメリカでは掌蹠膿疱症の方は内科を受診し、ビオチン(ビタミンH)などを使った治療法を示されることが多いようです。その際に先の項目に載せている掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の4つの体質の改善において、ビオチン(ビタミンH)を使った改善が一番初めに行われることが多いようです。

最近のビオチン(ビタミンH)を中心としたアレルギー研究では、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を含むアレルギーの多くは腸内環境のバランスの崩れが原因という結果が見受けられます。
腸内の善玉菌乳酸菌腸内細菌)が減ることでアシドフィルス菌などの善玉菌が作り出すビオチンの量が少なくなり、ビオチンが体内に吸収されて作られるガンマリノレン酸(γリノレン酸)などの炎症を抑える働きをもつ必須脂肪酸が作られなくなり、掌蹠膿疱症が発症するということです。

掌蹠膿疱症にビオチン掌蹠膿疱症の方の便を調べてみるとビオチン(ビタミンH)を作り出す善玉菌が少なく、ビオチンを消費して増える性質のある悪玉菌の菌株が非常に多く含まれることが判っています。

ビオチンと掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の関連性を研究する多くの栄養学者は、腸内環境のバランスで問題なのは悪玉菌が増えてしまう食生活であって、重要なのは様々な善玉菌のバランスを考えた食生活だと考えているようです。

一度悪玉菌優勢に傾いた腸内環境は食事の改善程度では善玉菌優勢の腸内環境に戻すことは非常に困難であると専門家の多くは言っています。アシドフィルス菌などの善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)の補給が腸内環境の改善には最も効果的な方法であるとされていますので、アメリカの病院での掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の内科治療ではビオチン(ビタミンH)を摂取して効果を感じた方は善玉菌サプリメントによる腸内環境の改善を行うことが多いのです。

ビオチン(ビタミンH)を含めて当ショップの扱うサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているサプリメントはありません。すべて食品という分類になります。

このページでは便宜上、アレルギーの名称をすべて掌蹠膿疱症で統一させていただきますが、このビオチンサプリメントはアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)、花粉症尋常性乾癬などの乾癬などのアレルギーで引き起こされる炎症を抑制するためにお使いいただくことができます。

2.アメリカの専門家が行う、“4つの体質改善”とは?

掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方は4つの体質が重なることで発症しています。アメリカで行われている内科治療では、この4つの体質を総合的に改善していくことで掌蹠膿疱症の改善を行うドクターが多いようです。 4つの体質とは、

ビオチンはこの体質改善の中で炎症体質の改善に使われるサプリメントです。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身の掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶことで効果的に掌蹠膿疱症の改善効果が期待できるようになるのです。家族や友人が効果を発揮したアレルギーサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証は無いのです。

これは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため、どの原因に対応するサプリメントを先に摂るかが非常に大切になってくるからなのです。

アメリカの掌蹠膿疱症を研究する研究者の多くは、掌蹠膿疱症は4つの体質が重なった時に発症し、掌蹠膿疱症を完全に改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

アメリカではステロイド剤以外に栄養学的なアプローチで掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の改善の研究が進んでいますが、
サプリメントによる掌蹠膿疱症に関係する体質の改善は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げています。
4つの体質改善で実績を上げているサプリメントは以下の通りです。

炎症体質にはビオチン(ビタミンH)やガンマリノレン酸(γリノレン酸)ブロメラインパントテン酸
腸内環境には善玉菌乳酸菌腸内細菌)と食物繊維
腸内環境の改善にはビオチン(ビタミンH)生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効果が期待されています。

薄い皮膚にはEPAとDHA(オメガ3)ヒアルロン酸パントテン酸コラーゲン
ヒスタミンの抑制にはケルセチン(抗ヒスタミン剤)やアスタキサンチン(強い抗ヒスタミン作用)や天然の抗ヒスタミン薬
上記の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチン(ビタミンH)による炎症体質の改善から始める事が多いようです。

掌蹠膿疱症にビオチン例えば、体質的に皮膚が薄いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするEPAやヒアルロン酸をビオチンと併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌(乳酸菌や腸内細菌)をビオチンと併用する。

また、ビオチン(ビタミンH)を摂って変化が出た方は腸内で善玉菌乳酸菌腸内細菌)がビオチン(ビタミンH)を作れていないということですので、必ず腸内環境の改善を行う。など体質に合わせて摂るアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなければなりません。

またビオチンよる炎症体質改善や善玉菌(乳酸菌や腸内細菌)による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲンが入らないような丈夫な皮膚を作るということも掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)では重要視しています。

掌蹠膿疱症の方の皮膚の状況を見るとヒアルロン酸EPAとDHA(オメガ3)の分泌が不足しているだけではなく、コルチゾールというホルモンが少ないために皮膚で分泌されたヒアルロン酸が紫外線などの外的要因によって早く壊されてしまっている方も多いようです。

アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)花粉症などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質が重なって発症するという意味で同じ病気であるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。

同じ4つの体質を持っていても、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎になりやすく、皮膚が丈夫な方は花粉症になりやすい。また、年配の方で皮膚の油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)や乾燥肌が発症しやすくなる傾向があるなど、今までに多くの栄養学者が研究した成果がアメリカの栄養学にはたくさんあります。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の研究でアレルギーサプリメントを使用した実験の期間は6~12ヶ月といわれています。できるだけ結果を出すためには長期でのアレルギーサプリメントの摂取をおすすめしています。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、アレルギーに関してご遠慮なく店長までご相談下さい。

3.掌蹠膿疱症の発生原因の50%が“ビオチン”不足!?

炎症体質になる原因は今の時点で5つ発見されており、その中の最大の可能性を持っているのがビオチン(ビタミンH)の不足による掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の発症で、アメリカの統計では40%~50%の方がビオチン不足による炎症体質であるとされ、掌蹠膿疱症の発症に繋がっているとされています。

アメリカの専門家はビオチンサプリメントを3ヶ月~半年使用して炎症体質改善の有無を見ます。ビオチンの摂取で炎症体質に変化があった場合は腸でのビオチン生産が鈍っていると判断しビオチンサプリメントの摂取を続けながら善玉菌乳酸菌腸内細菌)で腸内環境の改善を行います。

ビオチンの摂取で変化が無かった場合はビオチンサプリメントの摂取を中止して、5つの炎症の原因の2番目に該当するガンマリノレン酸(γリノレン酸)EPA(オメガ3)を摂取します。
先にも申しましたがビオチン(ビタミンH)の不足によって炎症を起こしやすい体質になっている方は、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)発症者の40%~50%です。その他の方はビオチンの腸内での生産は足りており、別の原因によって炎症体質になっていますが、その体質を見分けるのは難しいため、アメリカでも掌蹠膿疱症への栄養学的なアプローチはビオチンサプリメントから始める場合が多いようです。

ビオチン(ビタミンH)を摂取して効果を発揮した方は、善玉菌(乳酸菌や腸内細菌)の不足によるビオチンの分泌不足が炎症体質の原因となっている、言わばビオチンという栄養の不足による炎症体質で、ビオチンサプリメントを摂取しても効果の無い、体質的な炎症体質とは分けて考えられます。

ビオチン不足による炎症体質の場合、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)のサプリメントやアシドフィルス菌のサプリメントを半年~2年ほど摂取すれば、腸内に善玉菌が増えてビオチンの生産を行いますのでビオチンサプリメントの摂取を止めることができますが、体質的な炎症体質の場合はガンマリノレン酸(γリノレン酸)ブロメラインなどを一生摂り続けなければならない可能性が高くなるので、まずはビオチンの不足による炎症体質かどうかを判断する掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の専門家が多いのです。

4.あまり知られていない“良いビオチン”と“悪いビオチン“

掌蹠膿疱症にビオチンビオチン(ビタミンH)は様々な種類があり、有効なタイプのビオチンと有害なタイプのビオチンに分かれます。 食品中に存在するビオチンは非遊離型ビオチンといって体内で使われないタイプのビオチンです。善玉菌乳酸菌腸内細菌)の作るビオチンは遊離型ビオチンといって体内で使うことができるビオチンです。

ビオチンの種類については非遊離型ビオチンと遊離型ビオチンという分け方だけではなく、ビオチンを摂取して炎症体質の改善効果を期待するのであれば、光学異性体で分けたビオチンと構造異性体で分けたビオチンについても考慮する必要があります。

先の非遊離型ビオチンは体内で使えないだけで害は無いのですが、有害なタイプのビオチンというものも存在しています。
光学異性体で分類した場合はL型ビオチンとD型ビオチンに分かれます。L型ビオチンとD型ビオチンにはビオチンの性能として大きな違いがあります。光学異性体のL型ビオチンは体内においてリノール酸をガンマリノレン酸(γリノレン酸)に変換して炎症抑制に働くビオチンですが、光学異性体のD型ビオチンはL型ビオチンの効果を打ち消す働きをするビオチンで、摂取してはいけないビオチンです。

炎症抑制やお肌の健康のために摂取するアメリカン ビタミンショップのビオチンサプリメントは善玉菌乳酸菌腸内細菌)の作り出す天然のビオチン(ビタミンH)ですが、この天然のビオチンは光学異性体でいうL型ビオチンしか含みません。しかし化学合成したビオチンはL型ビオチンとD型ビオチンが半々に含まれており、L型ビオチンの効果をD型ビオチンが打ち消してしまうのでビオチンサプリメントの原料としては使いません。合成ビオチンは通常は家畜の餌に混ぜて家畜の成長を早めるために使われます。

構造異性体で分類したビオチンもL型ビオチンとD型ビオチンに分けられます。構造異性体で分けたビオチンはD型ビオチンが有効なビオチンで、L型ビオチンが有害なビオチンとなり、光学異性体とは反対になりますので混同しないようにご注意下さい。 ビオチンサプリメントとして使われるアメリカン ビタミンショップのビオチンは構造異性体でいうD型ビオチンしか含みません。構造異性体のL型ビオチンはD型ビオチンの効果を打ち消してしまいます。

ビオチンの種類については非常に複雑で覚えるのが難しいと思いますが、このビオチンサプリメントはメーカーのステンレス製の容器の中で善玉菌が分泌した天然のビオチンを抽出したビオチンサプリメントですので、本来の腸の中で善玉菌によって作られるビオチンと同じ方法で作られたビオチンです。 このビオチンサプリメントは光学異性体も構造異性体も意識する必要の無い天然のビオチンを原料としていますので、安心して掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症体質の改善にお使いいただけます。
ちなみにアメリカン ビタミンショップとしてビオチンのご質問をお受けする時に多いのが、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の改善のためにd-ビオチンもしくはdビオチンというビオチンを探しているというご質問です。

d-ビオチンのdという文字は光学異性体や構造異性体で言っているD型ビオチンとは違います。
d-ビオチンもしくはdビオチンとは天然のビオチンという意味の記号で、家畜の飼料に混ぜるdlビオチン(合成ビオチン)に対する意味で使われています。例えばビタミンEなどでも天然型をdトコフェロール、合成型をdlトコフェロールと表記します。

光学異性体などのD型ビオチンは悪いビオチンですが、天然型ビオチンという意味のd-ビオチンは掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の炎症改善に対して効果を発揮しうるビオチンですので、混同しないようにして下さい。

体内でガンマリノレン酸(γリノレン酸)の変換に使われるビオチンは善玉菌乳酸菌腸内細菌)が作り出す遊離型ビオチン(L-ビオチンやL型ビオチンと呼ばれています。)のみで、善玉菌の不足がビオチンの不足に直結する仕組みとなっており、ビオチンの不足で炎症体質が起こることを考えると、掌蹠膿疱症の炎症体質においてビオチン不足は重大な問題になりますのでご注意下さい。

掌蹠膿疱症にビオチン

5.20年以上研究されている本場アメリカの情報

アメリカでは20年以上の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の栄養学的研究の結果、掌蹠膿疱症などのアレルギーはすべて発症のメカニズムが非常に似ていることが判りました。アレルギーの治療法はアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)など病気が違っていても大部分は同じ治療法が用いられます。

ご紹介しますビオチン(ビタミンH)もアトピー性皮膚炎だけではなく掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)や花粉症、食物アレルギーや尋常性乾癬などの乾癬などのアレルギーの改善に用いられ、高い炎症抑制効果が確認されています。

日本ではビオチンは最近になって注目されましたが、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の治療法の進んでいる
アメリカではビオチン(ビタミンH)による内科治療は20年ほどの実績
があり栄養学的な解析が完了しています。 ビオチンと掌蹠膿疱症の栄養学的な関係を知ることで、ビオチン(ビタミンH)による掌蹠膿疱症の治療法に良い結果が出ることが統計的に判っています。これはプラシーボ効果と呼ばれる科学的な根拠のある現象で、多くの専門家がアレルギーの理論を理解しながらサプリメント摂取を行うことを勧めています。 以下にビオチンと掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の栄養学的な解析結果をお載せいたします。 是非、掌蹠膿疱症などのアレルギー体質改善にお役立て下さい。

6.ビオチンだけを摂取し続けるのは逆効果!?

食品に入っているビオチン(ビタミンH)はタンパク質と結合している非遊離型ビオチンという種類のビオチンで、体内においてそのビオチンがガンマリノレン酸(γリノレン酸)の変換に使われることはありませんので、食品中のビオチンに炎症抑制の効果は期待できません。

ビオチンは食物から摂取することが難しいため、善玉菌サプリメントを多く摂って腸内環境を改善しビオチンの分泌量を増やすか、ビオチンサプリメントという形でビオチンを補給するしか方法はありません。

掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の改善にビオチン(ビタミンH)を使用することが多いのですが、ビオチンだけの摂取を続けるとビオチンを食べてしまう悪玉菌が増えるため善玉菌(アシドフィルス菌乳酸菌などの腸内細菌)をビオチンと一緒に摂取して悪玉菌の増加を抑制しつつ、ビオチンの分泌量を徐々に増やす治療法がアメリカでは多く採られています。

アメリカでの調査では、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は便から検出されるビオチンを食べてしまうビフィズス菌の数は通常の数倍から数10倍であることが多く、ビオチンを生産する善玉菌(乳酸菌や腸内細菌)が少ないことが多いということです。

7.ビオチンが炎症抑制系サプリメントと呼ばれる本当の理由!!

掌蹠膿疱症にビオチンビオチン(ビタミンH)は炎症体質の改善効果が期待されるサプリメントです。
掌蹠膿疱症とは皮膚の膿疱や骨の痛み(掌蹠膿胞症性骨関節炎)などが挙げられます。

ビオチンは食事として入ってくるリノール酸というサラダ油を体内においてガンマリノレン酸(γリノレン酸)という脂肪酸に変換しています。ガンマリノレン酸は炎症を抑制する消炎系プロスタグランジンというホルモンの原料となり炎症を抑制しているのです。

ガンマリノレン酸(γリノレン酸)は食事からはほとんど摂取することができず、体内において使われるガンマリノレン酸は、ほぼ全量をビオチンがリノール酸から作り出しています。つまりビオチンが不足するとガンマリノレン酸が作れずに炎症を起こしやすい体質になります。

掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)による炎症(膿疱や骨の痛み)を改善するにはビオチン(ビタミンH)が多く使われますが、ビオチンは必須脂肪酸のガンマリノレン酸(γリノレン酸)を作り出し、消炎系プロスタグランジンの生産量を高めて炎症を抑制する効果が期待できます。

炎症抑制のホルモンである消炎系プロスタグランジンの材料となるガンマリノレン酸(γリノレン酸)は日常的な食品から摂取できる栄養素ではありませんので、通常はビオチンを使ってサラダ油であるリノール酸を変換し、ガンマリノレン酸を作りだしているのです。
つまりビオチンが不足すれば炎症を防ぐプロスタグランジンが作られないことになり、掌蹠膿疱症の皮膚の膿疱や骨の痛み(掌蹠膿胞症性骨関節炎)が悪化してしまいます。ビオチンが炎症抑制系サプリメントと呼ばれるのはこうした理由です。

8.掌蹠膿疱症の改善でビオチンが最初に使われる理由とは?

先に掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の原因とされる4つの体質改善に関して言及していますが、ビオチンによる炎症体質の改善は、他の体質改善よりも掌蹠膿疱症の改善効果が出るのが早いため、掌蹠膿疱症の改善において一番に行われることが多いようです。

掌蹠膿疱症にビオチンビオチン(ビタミンH)による炎症体質改善以外の上記の3つの体質改善は、アレルギーサプリメントを使用しても半年~2年ほどはかかるものばかりで、これらの体質改善を初めに行ってしまうと改善効果が出るのが遅いために、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の体質改善を諦めてしまう可能性が高くなるそうです。

しかし、ビオチンであれば3ヶ月~半年の試用期間で改善効果が出るか出ないかが判定できますので、ビオチン(ビタミンH)から始める医師が多いということです。ビオチン(ビタミンH)の試用を行う時には、ビオチンを1日に20mg(このビオチンサプリメントでいくと4錠)~40mg摂取し、改善効果の有無を見ます。

ビオチン(ビタミンH)による改善効果が見られた場合は、腸の中の善玉菌が少ないためにビオチン(ビタミンH)不足に陥っていることが確実になりますので、ビオチンサプリメントの摂取に加えて善玉菌(乳酸菌腸内細菌)やアシドフィルス菌を摂取していきます。善玉菌を十分な量摂取し続けると半年~2年ほどで腸内に善玉菌が増えてビオチンの生産が行われるようになりますのでビオチンサプリメントの摂取を止めます。

半年間に十分な量のビオチン(ビタミンH)を摂取したにも拘らずビオチンによる改善効果が見られなかった場合は、ビオチン摂取を止めてガンマリノレン酸(γリノレン酸)の摂取を行います。ガンマリノレン酸(γリノレン酸)は本来はビオチンがリノール酸から作り出す必須脂肪酸ですが、アメリカでの調査ではビオチン(ビタミンH)が十分に体内に存在してもガンマリノレン酸(γリノレン酸)を作り出すことができない体質の方がいらっしゃるそうです。こういった体質の方はビオチンを摂取しても効果を発揮しませんのでビオチンを止めてガンマリノレン酸(γリノレン酸)に切り替えます。

掌蹠膿疱症にビオチン

9.自分のウィークポイントを同時に改善する!?

ビオチン(ビタミンH)による掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の改善について書いていますが、ビオチン(ビタミンH)は炎症体質を改善する効果が期待できるアレルギーサプリメントです。しかし、皮膚が弱くアレルゲンが大量に入ってきてしまう体質とか、アレルゲンに反応してヒスタミンが大量に作られてしまう体質など、体が炎症を起こそうとする力があまりにも強いと、ビオチンによっても炎症を抑えることができないことがあります。 こういった体質の方はビオチンによる炎症改善を行うと同時に、自分のウィークポイントを改善する方法も併用しなければ、ビオチンの効果を感じることはできません。

炎症の仕組みは、炎症を抑えるホルモンと炎症を起こすホルモンがバランスを保って体の炎症をコントロールしています。
掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)では炎症は皮膚の膿疱や骨の痛み(掌蹠膿胞症性骨関節炎)として現れますので悪い症状として出てきてしまいますが、ウィルスや病原菌などが侵入した時には炎症を起こして活性酸素を発生させて、病原菌を殺菌するなど炎症も体にとっては必要な免疫行動なのです。

病原菌などは侵入しても量は少ないため体が起こす炎症は小さくて済みますが、(たまに熱を出したりもしますが。。。)身の回りに多く存在するダニやハウスダストなどがアレルゲンの場合は、全身で炎症が発生し炎症のコントロールが効かなくなります。これがアレルギーです。

炎症をコントロールしようとする試みもアメリカでは行われていて、ビオチン(ビタミンH)により炎症を抑えるホルモンを大量に作り、パントテン酸ステロイド剤により炎症を起こすホルモンを作られないようにすると、より炎症体質をコントロールすることができ、皮膚が弱かったりヒスタミンが大量に作られても炎症をある程度まではコントロールできるようになることもあるそうです。

ビオチンやパントテン酸で炎症のコントロールがある程度可能になったら、皮膚を丈夫にするEPAオメガ3)やヒアルロン酸などを摂取してヒスタミンの作られる量を減らすなど、様々な方向から掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の体質改善を行えば、より効果的なビオチン(ビタミンH)による炎症抑制効果が期待できます。

10.そもそも炎症の仕組みって?

掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)などのアレルギーで起こる炎症の原因はヒスタミンです。
アレルギーの方はアレルゲンに反応して大量のヒスタミンを作り出しており、これが皮膚の末梢神経を刺激してかゆみを起こし、更に進んで炎症に発展しています。

アメリカでの掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)などのアレルギー体質の改善は、この異常分泌を起こしているヒスタミンの量を減らし、炎症やかゆみの原因を絶つと同時に、炎症をコントロールして炎症が症状として発症しないようにする方法です。

体は炎症を起すホルモンと炎症を抑えるホルモンがバランスをとって炎症をコントロールしており、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの方はこのバランスが乱れて炎症をコントロールできなくなっているのです。

炎症を抑えるホルモンを消炎系プロスタグランジンと呼び、ビオチンがリノール酸をガンマリノレン酸(γリノレン酸)に変換して原料として使っています。
炎症を起すホルモンを炎症系プロスタグランジンと呼び、これを作らないようにするサプリメントがパントテン酸ビタミンB5)です。 炎症をコントロールできない方の多くが腸内環境が悪く、ビオチンとパントテン酸(ビタミンB5)が不足しているのです。

11.実は、ビオチンはスキンケアにも効果が絶大!

ビオチン(ビタミンH)を掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の改善でご紹介してきていますが、アメリカでのビオチン(ビタミンH)の需要は掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症体質改善よりもスキンケアとしての需要の方が大きいのです。

ビオチンは皮膚炎を予防することから発見されたビタミン様物質です。ビオチンはビタミンHとも呼ばれるビタミンBの一種で、肌のビタミンとも呼ばれています。ビオチン(ビタミンH)はスキンケアに効果が期待できるとしてアメリカでは女性を中心に人気のあるサプリメントです。 日本ではお肌のための基礎化粧というと塗る方法が一般的ですが、スキンケア栄養学の進んでいるアメリカでは飲むスキンケア基礎化粧というような考え方が一般的で、ビオチンはスキンケア商品の中でも中心的なサプリメントです。

ビオチン(ビタミンH)のスキンケアとしての効果は大きく2つあります。

掌蹠膿疱症にビオチンビオチン(ビタミンH)というのは掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)と絡めて説明した時も述べていますが、掌蹠膿疱症そのものを改善しているのではなく、炎症体質を改善しているのです。炎症体質というのは掌蹠膿疱症などのアレルギーの方だけが持っている体質ではなく、アレルギー体質ではないけれどお肌に炎症が起こりやすいトラブル肌の方や、すぐに扁桃腺や甲状腺などの組織が腫れてしまう方なども炎症体質を持っていると考えられるのです。
ビオチンは炎症体質を改善するためのサプリメントなので、こうしたトラブル肌などの問題を抱える方もビオチン(ビタミンH)を摂取しています。ビオチンサプリメントは肌荒れが気になる方や皮膚に吹き出物ができやすい方、歯茎や内臓に炎症を起こしやすい方などに摂取をおすすめしています。

アメリカではお肌の血流を引き上げるビオチンの効果がスキンケアの分野で非常に高く評価されています。
基底細胞という角質層を作る組織が皮膚の下にあるのですが、この基底細胞は高い頻度で細胞分裂を繰り返してお肌の角質層を作っています。基底細胞は新陳代謝の激しい細胞ですので多くの酸素とビタミンミネラルなどの栄養素が必要です。この基底細胞に栄養素を供給しているのが基底細胞の下に網の目のように張り巡らされている毛細血管です。

ビオチンはこの基底細胞の下の毛細血管を太くする働きがあり、ビオチン(ビタミンH)を摂取することで毛細血管が太くなり、皮膚に栄養が十分に行き渡って綺麗で丈夫なお肌をつくることができるとして、ビオチンサプリメントがスキンケアにも人気が高いのです。 基底細胞は新陳代謝が活発なため老廃物を溜め込みやすいと言われています。ビオチン(ビタミンH)によって毛細血管が太くなると基底細胞からの老廃物の排泄にも良い影響が出ることが判っており、時間は多少かかりますがお肌の細胞が既に老化してしまっている方でもビオチンの効果を感じることができるようです。

ビタミンEは老化している細胞からリポフスチンという老廃物を排泄する効果が期待できますので、ビオチンとの併用をおすすめします。 ビオチン(ビタミンH)によってお肌の下の毛細血管が太くなると、お肌の血流が良くなりお肌の血色がよくなるということでお肌が綺麗に見えるようになります。

また、目のくまなどの角質層の薄い部分で発生する問題は、角質層の下の老廃物が見えてしまっているために起こっていると言われていますので、ビオチン(ビタミンH)によって老廃物を運び去ったり、EPAオメガ3)やヒアルロン酸などを摂取して角質層を少し厚くすると目立たなくなります。

ビオチンは掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の改善だけではなくスキンケアとしての実力も備えているサプリメントです。日常のお肌のコンディションを整えるための栄養素としてお使いください。

12.ビオチン不足による様々な症状と改善例
~ 扁桃腺、歯の詰め物、お肌のキメ、毛髪や間接 ~

日本では掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方などのアレルギーの方が病院に行くと、扁桃腺が腫れていることが多いため扁桃腺を切り取られたりされますが、これは扁桃腺が原因で掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)が起こっているのではなく、炎症体質が原因で扁桃腺が腫れやすいだけだというのがアメリカでの考え方です。 ビオチン不足の方はビオチン(ビタミンH)の摂取によって扁桃腺などの腫れを抑制できることが確認されています。

また、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方が歯医者で歯の詰め物を変更したりしますが、歯の詰め物自体が悪いのではなく、本来は無害な歯の詰め物に異常反応している体質が悪いと考えて、アレルギー体質改善を行うと良いと思います。

その他にビオチン(ビタミンH)の効果効能として期待できるのは以下の通りです。
ビオチンはDNAやRNAや性ホルモンの合成に働き細胞の成長をすすめます。
ビオチンはたんぱく質の生成に関係しています。

ビオチンは腸から吸収されると必須脂肪酸の変換に使われます。
必須脂肪酸は掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方はご存知だと思いますが、EPAオメガ3)やガンマリノレン酸(γリノレン酸)、アルファリノレン酸(αリノレン酸)などのことです。
これらの食事から十分な量を摂取できない必須脂肪酸をリノール酸などの油をビオチンが変換して作り出しているのです。これらの必須脂肪酸はホルモンの材料になったり、お肌の油分を調整し乾燥肌敏感肌を改善したり、毛髪に油分を供給したり、角質層を形成してお肌のキメを整えたり、関節の潤滑油となり股関節症や膝関節症を改善したりと様々な美容と健康に役立っています。

ビオチンは汗腺、神経組織、骨髄、毛髪、皮膚の機能を正常に保つために必要です。
ビオチンは白髪を改善する効果も高い評価を得ています。
タバコやアルコールや抗生物質はビオチン(ビタミンH)の働きを低下させますので、ビオチンサプリメントを摂取してビオチンを補ってください。

13.症状改善の近道とは!?
~ 自分自身の炎症原因を追究し、最適なサプリメントを使い分ける ~

ビオチン(ビタミンH)はあくまでも炎症を抑制しているだけで、掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の原因であるヒスタミンの大量分泌によるかゆみや皮膚炎を抑えているだけです。掌蹠膿疱症を根本的に改善するには先に挙げた4つの体質を改善しなければなりません。

ビオチン(ビタミンH)による炎症体質の改善だけではなく、こういったアレルギーサプリメントの商品説明を読んでいただき根本的な掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の体質の改善にも進んで行ってください。

根本的な解決からは若干離れてしまいますが、作られてしまったヒスタミンを無毒化して末梢神経から脳にかゆみの情報が伝わらないようにするアスタキサンチンヒスタミンブレンドなどのサプリメントも併用するとより効果的です。

14.<豆知識>ステロイド剤によるリバウンド問題

ステロイド剤は優秀な炎症抑制のための医薬品ですが、ステロイド剤の使用で2つの問題が起こるとされていて、こうした問題をサプリメントで解決しています。

アメリカではこうしたサプリメントを併用して、ステロイド剤の悪い面を解決して炎症抑制の優秀な面だけを享受できるように工夫しています。

掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)ではステロイド剤を使うこともあると思いますが、ステロイド剤は体内において副腎皮質から分泌されておりコルチゾール(副腎皮質ホルモン、ステロイドホルモン)と呼ばれています。コルチゾールはアラキドン酸という脂肪酸が炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンに変換されないようにブロックしています。アメリカではビオチンによる炎症抑制を助けるサプリメントとして副腎皮質を強化して副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)を分泌させるパントテン酸というビタミンが使われます。 つまりビオチンとステロイド剤(コルチゾール)は共に近いところで働いて炎症を抑制しているのです。ただし、ビオチン(ビタミンH)はステロイド剤の様にステロイドリバウンド等の問題を起こすことはありませんのでご安心下さい。

掌蹠膿疱症にビオチン 日本における掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の治療法は主にステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)という医薬品が中心です。アメリカにおいても掌蹠膿疱症の治療にステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)などを使い炎症を抑制する試みは多く行われています。 ステロイドリバウンドの経験者などステロイド剤の使用を非常に嫌う方がいらっしゃいますが、アレルギー患者が多く、アレルギー研究の進んでいるアメリカではステロイド剤の使用を嫌う方が10年くらい前と比べると非常に減っています。 それはステロイド剤の炎症を抑えるという非常に高い効果を享受しながら、アレルギーサプリメントによってステロイド剤の悪い点を克服できるようになったからなのです。
ステロイド剤使用で起こる問題点は以下の通りです。

アメリカでのステロイド剤の一般的な使い方をご紹介します。

どうしても炎症の抑えられない部分にステロイド剤を使用します。
ステロイド剤の使用で減る皮膚で分泌されるEPAとヒアルロン酸を経口摂取することで補い皮膚が薄くなるのを防ぐ。
ステロイド剤の使用で減るコルチゾールというホルモンの分泌量を減らさないようにするために、パントテン酸を摂取して副腎皮質を強化します。コルチゾールは炎症抑制にも働きますが、皮膚で分泌されたEPAオメガ3)とヒアルロン酸が外的要因(酸素と紫外線)によって壊されるのを防ぐ働きがあるので、皮膚を厚い状態に保ちお肌を丈夫にする効果が期待できます。

15.<整理・まとめ>

アメリカの調査、研究内容について

ビフィズス菌は亜種を含めると30種類以上の菌種に分けることができます。それぞれの菌種はそれぞれの機能があり、ビオチン(ビタミンH)をたくさんつくるビフィズス菌もいれば、ビオチンを食べてしまうビフィズス菌もいて、ビフィズス菌の全種類がビオチンを不足させるわけではありません。

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.