サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

ブロメライン

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

10月17日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

ブロメライン

<<<商品入荷のお知らせ>>>
大変お待たせをいたしまして申し訳ありませんでした。
今年は花粉症の時期に入りテレビなどでの商品紹介などがあり、予想を大きく超えて販売数が伸びました。
またアメリカでも花粉症のサプリが予想を超えて販売が伸びたのでメーカーも欠品を起こしておりました。
今後は在庫数を増やすなど対策を検討いたします。(現在は6か月分の在庫を所持しています)
どうかご容赦ください。


■ブロメラインの錠剤が小さく飲みやすくなりました。(1錠1000mg→500mg、30錠入→60錠入)
■花粉症で鼻や目の炎症部分にたまるタンパク質を溶かし、血流を上げる事で辛い症状を緩和する効果に期待大!
■パイナップルから抽出した安全なサプリメントです。
■タンパク質消化酵素の分泌が不十分な体質の方が起こす皮膚炎などのアレルギーの改善・予防に欧米では高評価を得ています。
ブロメラインの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このブロメラインのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

ブロメライン
10515
3,218  (税抜 2,980円 )
ご購入個数  個
60錠
1錠中
ブロメライン:500mg
1日2~6錠、朝夕食後
・ブロメラインの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【お得なセット商品のお知らせ】
ただ今、花粉症用(ブロメラインを含みます)として関連商品をセット販売として割安にご提供させていただいております。
花粉症に対して様々な角度からアプローチが可能になり、より幅広く体質を選ばない商品構成です。
今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セット
ブロメラインの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
カル社

ブロメライン

ブロメラインはタンパク質を消化する酵素として胃から分泌されますが、このブロメラインサプリメントはパイナップルから抽出しています。

ブロメラインは花粉症対策で問題となる鼻や目の炎症部分に溜まるフィブリンというタンパク質を溶かし、花粉症の炎症部分の血流を上げて花粉症の辛い症状を改善する効果が期待され ています。

ブロメラインはタンパク質消化酵素の分泌が不十分な体質の方が起こすアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症などのアレルギーの改善やカンジタ膣炎(カンジタ皮膚炎)の予防にも使われることが多く、ヨ ーロッパやアメリカでは十分な評価を得ているサプリメントです。

ブロメラインはパイナップルから抽出するタンパク質消化酵素です。ブロメラインは胃酸としても同様の成分が分泌しており、食品などに含まれるタンパク質をアミノ酸に分解し吸収を助けています。
酢豚にパイナップルを入れると肉が柔らかくなるということを聞いたことがあるかと思いますが、パイナップルに含まれるブロメラインが肉の分解を助けているのです。アメリカでは消 化吸収の悪い年配の方などが食べ物からのタンパク質の吸収を良くするために、ブロメライン毎食後にブロメラインサプリメントを摂取して健康に役立てています。ブ ロメラインは食後に胃がもたれたり、下痢しやすい方などにも人気のあるサプリメントです。

ブロメラインはドイツの厚生省が中心になって研究を行ったコミッションEという様々なハーブの効果を検証する実験で、非常に高い炎症抑制の効果を発揮しました。
コミッションEはハーブのバイブル的な存在として今でも国際的に高い評価を得ており、コミッションEの研究成果から医薬品として認められたハーブも多数出ています。最も有名なの がケルセチン(抗ヒスタミン剤)というアレルギー を改善する効果が期待できるハーブです。

ブロメラインが炎症を抑制する方法は2つに分かれており、2方向からの炎症抑制が高い効果を発揮させる要因であると多くの栄養学者が報告しています。

ブロメラインの炎症抑制効果は炎症の種類によって働く場所や働き方に違いがありますので、後の項目で炎症を伴う病気の例を挙げてご説明したいと思います。

アメリカの栄養学者が行ったブロメラインの研究では、年配者以外でも胃酸のブロメラインの分泌が悪い方は結構多いそうです。ブロメラインが胃で十分に分泌できないと様々な病気が 発症しやすくなると言われています。
例えば、カンジタ症(カンジダ症)や食中毒などが挙げられます。
カンジタ菌や食中毒菌の多くはブロメライン消化酵素によって胃の中で滅菌が可能です。
この場合、食事中にあまり多くの水分を摂取するとブロメライン消化酵素が薄まってしまい、ブロメラインの滅菌効果が薄れます。

ブロメラインの分泌が悪い方は様々な部位で炎症が起こりやすくなります。(詳細は後の項目のアトピー性皮 膚炎掌蹠膿疱症尋 常性乾癬などのアレルギーの説明で行います。)
アレルギーによる炎症やにきびや肌荒れなどの炎症が起こりやすい方などはブロメライン分泌が十分でない可能 性があります。

にきびや皮膚炎、扁桃腺の炎症、結膜炎や鼻炎など、様々な炎症がありますが、炎症の火種ができて、それがど んどん悪化していき炎症として発症する前に、ブロメラインの摂取で炎症の原因を取り除くことによって、炎症を発症させない方法があります。
体質的にブロメラインの分泌が鈍っている方なら、この方法がおすすめです。

炎症の原因が胃酸のブロメラインの分泌不足によるものかどうかは、ブロメラインサプリメントを3ヶ月ほど摂取すればハッキリすることが多く比較的短時間に原因が判りますので、原 因がハッキリしない炎症で悩まれている方でしたらブロメラインサプリメントを試されると良いと思います。

ブロメラインにはカンジタ皮膚炎(カンジダ皮膚炎)を予防する効果が期待できます。
カンジタ症は炎症を伴うことが多く、炎症を抑制する効果が期待できるブロメラインはカンジタの炎症の治療に使われます。
しかし、ブロメラインは炎症を抑制する働き意外にもカンジタ症を予防する働きが非常に高く評価されていますので、ご紹介したいと思います。

ブロメラインは口腔より侵入するカンジタ菌(カンジダ菌)を死滅させる働きがあります。
カンジタ症(カンジダ症)は性病として認識されている方が多いようですが、カンジタ菌(カンジダ菌)の多くは口腔より感染することが判っています。
カンジタ症(カンジダ症)の感染の様々な症状を以下に見てみましょう。

上記のカンジタ症をご覧いただければ、カンジタ症の多くは口腔から胃腸を経由していることがお判りいただけると思います。
カンジタ膣炎やカンジタ性膀胱炎などは、ブロメラインが死滅させられなかったカンジタ菌が排便中に残り、肛門から感染するケースが多いのです。
皮膚カンジタ症や爪カンジタ症は唇カンジタ症や口腔カンジタ症、カンジタ膣炎やカンジタ性膀胱炎から感染するケースが多いということです。

カンジタ症は妊娠中の検査で発覚しカンジタ治療薬によって治療することが多いのですが、今では良いカンジタ治療薬があり治療するのは簡単です。
しかし、一度でもカンジタ症を経験した方は、何度もカンジタ症に罹るケースが多いため、アメリカではブロメラインやアシドフィルス菌善玉菌サプリを使ったカンジタ予防の研究が進 んでいます。

通常の場合、カンジタ菌は胃の中でタンパク質消化酵素であるブロメラインによって滅菌されてしまうのです。
カンジタ(カンジダ)に罹る方の多くは胃酸のブロメラインの分泌が悪い方が多く、毎食後にブロメラインサプリメントを摂取することで原因を減らしてカンジタ予防をすることができ るといわれています。

ブロメラインの分泌が悪くても、腸内環境が善玉菌優勢になっている方は、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)の分泌する乳酸などによってカンジタ菌などの感染菌は滅菌できることも多いようです。アメリカではアシドフィルス菌などの善玉菌サプリメントを摂取し腸内環境を改善したり、ブロメラインを摂取してタンパク質消化酵素を補って、カンジタ菌などの感染菌を滅菌することを奨める専門家が多 いのです。

ブロメライン

アメリカのアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症尋常性乾癬などのアレルギーを研 究している研究者の多くが、タンパク質の消化とアレルギー発症の関係に注目しています。(花粉症や尋常性乾癬などすべてのアレルギーで使える理論です。)
ブロメラインの分泌不足の体質が重いアレルギーを発症させることは、医学的にも証明されており、アレル ギーの改善においてブロメラインサプリメントを試用する専門家も多いのです。
これまでの経験から消化や吸収でブロメラインの分泌不足に心当たりのある方はブロメラインサプリメントを3ヶ月ほど試してみるのも良いと思います。ブロメラインが効果を発揮する タイプのアレルギーであれば、アレルゲンに反応し難くなる効果と、炎症部分の改善効果が見られるはずです。

腸の中には非常に強力な免疫機構が存在します。これは過去の生物の長い歴史の中で、口から入ってきたもので命を落とすケースが多かったためであると説明されています。
例えば、食中毒菌や風邪やインフルエンザウィルスなど様々な病原菌が存在します。また現代の日本では存在しませんが、数10年前までは腸内に寄生虫が多く存在していました。こう した菌やウィルス、寄生虫などは腸の免疫機構から見ると外敵であり、できるだけ害を少なくするために免疫機構が外敵と戦ってきたのです。

まずは胃酸に含まれるブロメラインが胃の中に入ってきた外敵に対して消化という方法で攻撃します。
ブロメラインの攻撃でも生き残った外敵に対しては、腸の免疫機構がグロブリンという免疫抗体などを使って攻撃をしたり、吸収を抑制したりして被害を最小限に食い止めようとしてい るのです。
生物は腸に入ってきたものをすべて吸収しますが、感染症を起こす菌やウィルス、寄生虫などは腸内においてタンパク質の形態をとっていることが多く、逆に食品中のタンパク質の多く はブロメラインによってタンパク質が消化されてアミノ酸になっていることが多いので、アミノ酸だけを選択的 に吸収し、消化されずに腸にまで達したタンパク質は免疫機構の攻撃対象となることが多いのです。

アトピー性皮膚炎掌蹠膿 疱症尋常性感染食 物アレルギーなどのアレルギー体質(肥満細胞が過敏でヒスタミンを大量分泌してしまう体質)を持つ方で、ブロメラインの胃での分泌が少ない方は、グロブリンの大量分泌が起こり、それがヒスタ ミンの異常分泌を招き、全身の弱い部分に強い炎症が起こってしまいます。ヒスタミンは炎症物質とも呼ばれています。

ブロメラインの分泌不足は食品中に含まれるタンパク質をアミノ酸にまで十分に消化できませんので、腸の中に中途半端に消化したタンパク質を作ってしまいます。
このタンパク質を腸の免疫機構はウィルスや病原菌などの外敵と誤認してしまい、腸の免疫機構はグロブリンの大量分泌を起こすと同時に、全身の免疫機構に警戒態勢の命令を発します 。腸の免疫機構は全身の中でも非常に強力な権限を持ち、腸の免疫機構の緊張が全身の免疫機構の緊張に繋がることは、アメリカのアレルギーの研究から判っています。
例えば、腸の免疫機構の警戒態勢の命令が皮膚の免疫機構に届いた場合、皮膚の免疫機構は本来は無害なはずのダニやハウスダストなどを外敵と判断し、グロブリンの大量分泌を起こし てしまいます。そうなると皮膚で大量のヒスタミンが作られて、皮膚に炎症を起こすと同時に皮下にある末梢神経を刺激して皮膚のかゆみの情報を脳に伝えます。このかゆみはヒスタミンが末梢神経に偽のかゆみの情報を伝えることで起こります。ヒスタミンによるか ゆみは本当のかゆみの原因がありませんので、掻いても治り難く、もともと皮膚の弱い方が多いアトピ ー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)尋常性乾癬などの方は皮膚を傷つけてしまい、そこからまたアレルゲンが侵入してグロブリンの異常分泌を招くという炎症の悪循 環を起こします。

ブロメラインの分泌不足の体質の場合でも、腸内にアシドフィルス菌などの善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)が 多く存在すると、腸内の免疫機構の暴走をある程度は防ぐことができると言われています。
今の栄養学ではブロメラインの分泌を増やす方法が確立されていませんので、ブロメラインの分泌不足の方は毎食後にブロメラインサプリメントを摂取したり、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)のサプリメントを摂取して腸内環境の改善を行う方が多いようです。

ブロメラインの分泌不足が疑われる方はブロメラインサプリメントの摂取を行い、タンパク質の消化を助けてあげたり、グロブリン免疫抗体の大量分泌にも過剰反応を起こさない肥満細 胞(マスト細胞とも言います。)をケルセチンで作ったり、かゆみが酷い場合はアスタキサンチンを摂取して、末梢神経をヒスタミンから守ってあげることも良いと思います。
炎症があまりにも酷い場合はビオチンを摂取し、炎症体質を改善することも重要です。

ブロメラインブロメライン

ブロメラインはアレルギーにきびや肌荒れな どの炎症部分を改善する効果が期待できます。

ブロメラインは腸から吸収された後に血流によって全身に運ばれます。ブロメラインは炎症部分の毛細血管を詰まらせるフィブリンという糸状のタンパク質が毛糸の束みたいに丸まった 物質(弾性糸状タンパク質)を溶かして、毛細血管の血流を改善する効果があります。アレルギーにきびや肌荒れなどの炎症部分の毛 細血管には必ずフィブリンが発生し、毛細血管を詰まらせてしまいます。
毛細血管がフィブリンによって詰まると、詰まった部分に活性酸素が大量に発生し炎症を悪化させて毛細血管の内側の壁を傷つけてしまいます。傷ついた毛細血管からは水分が滲み出し 、炎症部分の組織を水浸しにして組織を壊してしまい、炎症が更に悪化します。
こういう体質の場合、ブロメラインを摂取することで炎症が改善することもあるようです。

ブロメラインが十分に分泌できている方はフィブリンによる毛細血管の詰まりを改善することができるので、活性酸素が毛細血管の壁を傷つけることも無く、常に新鮮な血液が毛細血管 に栄養を与えているので、毛細血管からの酷い水漏れを防ぐことが可能です。毛細血管はもともと水分を滲み出させて毛細血管の周りの組織に栄養や酸素を与え、老廃物を運び去ってい るのですが、ブロメライン不足のために活性酸素によって傷ついた毛細血管から漏れてくる水分は、周りの組織を壊してしまうほど水漏れが酷くなります。
にきびやにきびの周りが痒くなるような場合は、ブロメラインが不足して炎症が酷くなっている可能性がありま す。

炎症が非常に酷い体質の場合は、炎症抑制効果のあるブロメラインが効果を発揮しないことがあります。
これは炎症部分の組織が既に壊れてしまっていたり、あまりにもヒスタミンが多く作られて炎症が酷くなってい ることが考えられますが、ブロメラインをビオチンと併用することで炎症を抑制できる可能性が高くなることが 多くの栄養学者や医学者から報告されています。
炎症が非常に酷い場合は、ビオチンの他にパントテン酸EPAオメガ3)、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)などを使うケースもあるようです。
自分の炎症体質に合うサプリメントを探してみてください。

アメリカではブロメラインは花粉症対策として人気があります。
ブロメラインは花粉症の発症を防ぐ効果と、発症してからの炎症が悪化しないようにする効果が期待されており、2つの方向から花粉症にアプローチできるため、アメリカでは15年以 上も花粉症の時期の人気サプリメントの地位を維持しています。
ブロメラインは花粉症の炎症に対して即効性が期待できるのですが、症状が進んでいる場合は多少の時間がかかります。(医薬品ではないので飲んですぐに効果を発揮するという意味で はありません。ケルセチン(抗ヒスタミン剤)というドイツでは花粉症対策の医薬品として認められているハー ブと比較して即効性があるという意味です。)
ブロメラインを花粉症対策として使うのであれば、花粉症の始まる時期の1ヶ月~半月前くらいからブロメラインサプリメントを摂取しておくと良いでしょう。

花粉症の方はブロメラインの分泌が少ない方が多いというアメリカの栄養学者の報告があります。ブロメラインの分泌不足によりタンパク質の消化がうまくいっていないために、本来は 無害な花粉に対して免疫機構が過剰反応を起こし、花粉症を発症させていることが多いというのです。ブロメラインの分泌不足は本来は無害な花粉に対して免疫機構が異常反応を起こす 切っ掛けにもなりますので、ブロメラインサプリメントの摂取は花粉に対して過剰反応を起こさない効果が期待でき、花粉症の発症を防ぐ効果が期待されています。
先の項目で詳細を書いていますのでこの項目では簡略しますが、ブロメラインの分泌不足によりタンパク質がうまく消化されずに腸から吸収されると、腸を守っている免疫機構はウィル スや細菌が侵入してきたと判断します。(ウィルスや細菌はタンパク質です。通常の場合はタンパク質は消化されて アミノ酸の形で吸収されます。)
腸内は医学的には体外とされており、腸は外界に接する組織ですので、外敵対策のために非常に強い免疫機構を備えています。腸内に未消化のタンパク質があると外敵侵入ということで 、全身の免疫機構に対して警報が発せられ、皮膚や鼻や目などの外界に接する組織では特に警戒を強めます。そうなると目や鼻では本来は無害な花粉が侵入してきても過剰な免疫反応を 引き起こしてしまうのです。

ブロメラインの分泌が不足している方は、ブロメラインを食後に摂る事でタンパク質の消化を促し、腸の免疫機構を過剰反応させないことが花粉症を発症させないポイントになります。
アメリカでは花粉症の方はブロメラインやケルセチンビオチンパントテン酸などを摂取し、花粉症の発症の原因を取り 除いたり、発症してからの炎症の悪化を防いでいます。ケルセチンは花粉に反応して大量分泌するグロブリンE(IgE)という免疫抗体がヒスタミンという炎症物質を作らないように 、肥満細胞の感度を下げる効果が期待できますので、花粉症を根本的に改善する医薬品としてドイツでは認められています。

ブロメラインによって花粉症の炎症が悪化しないようにするポイントをお話したいと思います。
ブロメラインは腸から吸収され血流によって鼻や目に運ばれます。運ばれたブロメラインは目や鼻を炎症させている箇所に溜まって毛細血管の血流を悪くするフィブリンという弾性糸状 タンパク質を分解排除し、炎症を引き起こしている箇所の血流を良くして炎症を緩和します。
フィブリンが毛細血管を詰まらせると、血液中に存在する好中球という免疫細胞が大量の活性酸素を発生させます。この活性酸素が毛細血管に炎症を起こさせて毛細血管を傷つけて水漏 れを酷くします。傷ついた毛細血管の周りの組織は、毛細血管から漏れてきた液体により組織を壊され、炎症が更に悪化します。花粉症の炎症箇所は目や鼻などの粘膜と呼ばれる組織で 、皮膚と比べると水分の多い組織なのですが、水漏れによって更に水分が増えてしまい花粉症特有の鼻水や涙目などのグジュグジュとした不快感を起こさせます。

花粉症の初期の状態であれば、目や鼻の粘膜の組織はそれほど壊れていないので、その段階でブロメラインが十分に体内に存在すれば、毛細血管の傷つきによる炎症の悪化を防ぐことも 可能になります。
花粉症の発症は花粉というアレルゲンにより免疫機能が活性化し好中球などの免疫細胞が活性酸素やグロブリン免疫抗体などを使ってアレルゲンを攻撃するために炎症が発生し起こりま す。その炎症箇所に溜まる成分がフィブリンという弾性糸状タンパクです。フィブリンは炎症を起こした部分に溜まって、血流を悪くすることで炎症を起こした細胞の自己治癒力を十分 に発揮できないようにして、花粉症の症状を長引かせます。ブロメラインがこのフィブリンを分解排除することで、滞っていた血流が還流し十分な酸素(活性酸素ではありません)と栄 養を運んできて自己治癒力が高まり炎症が改善します。
炎症を起こした細胞がもとの状態に戻ることで、花粉症のつらい症状が改善されるということになります。
ブロメラインを花粉症が始まる少し前から飲み始める理由は以上です。

花粉症の初期の頃の鼻炎や目のかゆみは、花粉の侵入によって大量分泌したグロブリンE(IgE)が大量のヒスタミンを作り出し、そのヒスタミンが目や鼻の末梢神経に悪戯をして嘘 のかゆみを感じさせているのです。その嘘のかゆみを改善するために目を擦ったり鼻をかんだりしますが、これが水漏れを起こして弱っている粘膜組織を傷つけて、炎症が悪化して本当 のかゆみを引き起こします。
ブロメラインやケルセチンの摂取でヒスタミンの分泌を抑制し、嘘のかゆみを起こさせないことが花粉症悪化を 防ぐ重要な方法の1つです。
また、末梢神経に嘘のかゆみを伝えるヒスタミンは、アスタキサンチンというビタミンAの仲間によってある程 度は無害化できることが判っています。アスタキサンチンは体内に溜められて初めて効果を発揮しますので、花粉症のかゆみを予防する目的でアスタキサンチンを摂取するのであれば、花粉症の1ヶ月~3ヶ月くらい前からアスタキサンチンを体内に溜めていってあげる必要があります。
またアスタキサンチンはリコピンスー パールテインベータカロチン(ビタミンA)などのビタミンA群と呼ばれる栄養素と協働すると効果が高 まる性質がありますので、併用することもおすすめです。

ブロメラインブロメライン

ブロメラインを含めて当ショップの扱うサプリメントは、日本国において医薬品指定されているサプリメントはあり ません。すべて食品という分類になります。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアトピー性皮膚炎尋常性乾癬花粉症掌蹠膿疱症などのアレルギーの発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶことで効果的にアレルギーの改善効果が期待 できるようになるのです。

家族や友人が効果を発揮したサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証はありません。
これはアレルギーの発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため 、どの原因に対応するサプリメントを先に摂るかが非常に大切になってくるからなのです。
アメリカのアレルギーを研究する研究者の多くは、アレルギーは4つの体質が重なった時に発症し、アレルギーを完全に 改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

アメリカではステロイド剤以外の栄養学的なアプローチでもアレルギーの改善の研究が進んでいますが、サプリメントによるアレルギーに関係する体質の改善は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げて います。
4つの体質改善で実績を上げているサプリメントは以下の通りです。

炎症体質にはビオチンとパントテン酸の組み合わせや、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)とパントテン酸の組み合わせや、ブロメラインが使われます。
ビオチンはアメリカンビタミンショップでは4種類ご用意しています。

ヒスタミンの抑制にはケルセチン(抗ヒスタミン剤)アスタキサンチン抗ヒスタミン薬

腸内環境には善玉菌サプリ食物繊維
腸内環境の改善にはビオチン生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効 果が期待されています。

薄い皮膚にはコラーゲンをつくる材料であるMSMEPAオメガ3)やヒアルロン酸パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

上記のアレルギーを引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチンとパントテン酸による炎症体質の改善から始 める事が多いようです。
例えば、体質的に皮膚が弱いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするヒアルロン酸EPAサプリメントをビオチン(ビタミンH)と併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)をビオチンと併用する。
また、ビオチン(ビタミンH)を摂って変化が出た方は腸内で善玉菌がビオチンを作れていないということです ので、必ず腸内環境の改善を行う。など体質に合わせて摂るアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなけ ればなりません。

またビオチンとパントテン酸による炎症体質改善や善玉菌による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲ ンが入らないような丈夫な皮膚を作るということもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症では重要視しています。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の方の皮膚の状態を見ると角質層が薄く皮膚が弱い方が多いのです。こうした体質の方はヒアルロン酸EPAサプリメントによって角質層を厚くしていく のが効果的です。

掌蹠膿疱症尋常性乾癬 アトピー性皮膚炎などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つ の体質が重なって発症するという意味で同じ病気であるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。
同じ4つの体質を持っていても、皮膚が丈夫で粘膜が弱い方はアレルギー性鼻炎や花粉症になりやすく、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬になりやすい。年配の方で皮膚の 油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症乾燥肌敏感肌が発症しやすくなる傾向があるなど 、今までに多くの栄養学者が研究した成果がアメリカの栄養学にはたくさんあります。
アレルギーの研究でブロメラインなどのアレルギーサプリメントを使用した実験の期間は3ヶ月~1年ほどといわれています。できるだけ結果を出すためには長期でのアレルギーサプリメントの摂取をおすすめしています。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

日本におけるアトピー性皮膚炎の治療法は主にステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)という 医薬品が中心です。アメリカにおいてもアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症などのアレルギーの治療にステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)などを使い炎症を抑制する試みは多く行 われています。
ステロイドリバウンドの経験者などステロイド剤の使用を非常に嫌う方がいらっしゃいますが、アレルギー患者 が多く、アレルギー研究の進んでいるアメリカではステロイド剤の使用を嫌う方が10年くらい前と比べると非常に減っています。
それはステロイド剤の炎症を抑えるという非常に高い効果を享受しながら、アレルギーサプリメントによってステロイド剤の悪い点を克服できるようになったからなのです。
ステロイド剤使用で起こる問題点は以下の通りです。

アメリカではアレルギーサプリメントによる様々なアレルギーの実験が多く行われています。
これらの実験を翻訳・要約したものをご用意いたしました。できましたらサプリメントを摂られると同時に理論武装をしていただければと思います。
栄養学とサプリメント

ブロメラインブロメライン

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

ブロメラインの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、ブロメラインに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このブロメラインのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.