サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

亜麻仁油(フラックスシードオイル)

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

08月20日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

亜麻仁油(フラックスシードオイル)・旧名アトピー用必須脂肪酸

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は酸化しやすいため、抗酸化ハーブとソフトジェルカプセルで長期間の品質保持ができるようになりました!
■アレルギーの炎症を原因から抑制する効果が認められ、炎症抑制に亜麻仁油が使われています。
■亜麻仁油とビタミンEの併用は、亜麻仁油の体内での酸化も防ぎ効果的です。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪この亜麻仁油(フラックスシードオイル)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

亜麻仁油(フラックスシードオイル)・旧名アトピー用必須脂肪酸
10512
2,462  (税抜 2,280円 )
ご購入個数  個
90ソフトジェルカプセル
26×8×8(㎜)
1錠中 亜麻仁油(フラックスシードオイル) 1000mg
亜麻仁油(フラックスシードオイル)3錠中の成分
アルファリノレン酸(αリノレン酸):1650mg
リノール酸:510mg
オレイン酸:510mg
カルセック社製の天然成分で作られた抗酸化ハーブ(デュラロックス・オキシデーション・インヒビター)
1回1錠 1日3回 亜麻仁油(フラックスシードオイル)は食後でなくても可。
・亜麻仁油(フラックスシードオイル)の摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【亜麻仁油(フラックスシードオイル)入りのお得なセット商品のお知らせ】
更年期障害改善サプリメント・割引セット
亜麻仁油(フラックスシードオイル)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
カル社

亜麻仁油(フラックスシードオイル)

亜麻仁油(フラックスシードオイル)の主要な成分はアルファリノレン酸です。

亜麻仁油は必須脂肪酸とも呼ばれ、炎症系のプロスタグランジンの原料になるアラキドン酸の産生を抑制する効果が認められ、効能としてはアレルギーの炎症抑制に使われています。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)のサプリは酸化しやすいαリノレン酸を、抗酸化ハーブを入れることで長期の品質保持ができるようになった商品です。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)に含まれるαリノレン酸以外の脂肪酸も酸化しやすいので、開封後もより安心してご使用いただけます。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は空気に触れると酸化するので、アメリカでは亜麻仁油はビン入りのサプリでは人気があまりありません。
できればこの亜麻仁油(フラックスシードオイル)の様に亜麻仁油をソフトジェルに入れて酸化から守っているサプリをおすすめします。
ビタミンEとの併用は亜麻仁油(フラックスシードオイル)の体内での酸化も防ぎます。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)にはリノール酸やオレイン酸も含まれますが、この2つの脂肪酸は食品からも十分に摂取が可能です。
亜麻仁油がアトピー性皮膚炎の炎症抑制などでサプリとして使われるのは食品からの大量摂取が難しいαリノレン酸を多く含むからなのです。

この亜麻仁油(フラックスシードオイル)に含まれるαリノレン酸は有機栽培の亜麻仁油から抽出した必須脂肪酸です。
亜麻仁油はアレルギーの炎症体質を改善する効果が期待できるとして昔から使われてきている実績のあるサプリです。 
容量も亜麻仁油が1000mgという容量ですので、1錠で550mgのαリノレン酸が補給できます。
食品から550mgものαリノレン酸を摂取するのは、摂取カロリーの問題やや食品の偏りなどから実際は難しいと思われますので、亜麻仁油(フラックスシードオイル)をご活用下さい。

アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症アレルギー性鼻炎などのアレルギー対策として亜麻仁油(フラックスシードオイル)を使うのであれば、1日3錠くらいを目安に亜麻仁油をお使いください。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)

1994年に厚生労働省が発表した日本人の栄養所要量では、オメガ3脂肪酸の摂取を増やすよう指示しています。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)やEPAガンマリノレン酸(γリノレン酸)などの必須脂肪酸は微量の摂取でも、ホルモンの材料となりホルモン分泌を活発にしたり、様々な生理的な働きを助けて体の各組織を正常にする効果が期待できます。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)に含まれるαリノレン酸は体内で代謝されることで、DHAとEPAになります。
DHAとEPAは、体内でアレルギーの抑制の効能を示したり、お肌の油分(セラミド)としての効能を示したり、関節の潤滑油などの効能を示したり、脳のエネルギー効率を高めて認知症を防いだりと、非常に広い範囲で効果を発揮する栄養素です。
アメリカの栄養学者の多くはEPAやDHAを健康に活かすのであれば、亜麻仁油(フラックスシードオイル)を摂れば、EPAと協働してより高い効果を発揮する可能性があることを示唆しています。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)やガンマリノレン酸(γリノレン酸)などのオメガ3脂肪酸から作られるホルモンである消炎系プロスタグランジンは、リノール酸などのオメガ6系脂肪酸やアラキドン酸から作られるホルモンである炎症系プロスタグランジンとバランスを保って炎症をコントロールしています。
炎症が酷くなってしまうアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症アレルギー性鼻炎などのアレルギーには、炎症対策として亜麻仁油(フラックスシードオイル)やEPAやガンマリノレン酸の併用が効果的であると多くのアレルギーの専門家は言っています。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)にはその他にも血圧を下げる効果などが期待でき、広く生活習慣病に効果が期待できるとして年配者に人気のあるサプリです。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)の持つ健康と美容の効果については後の項目で詳しくお届けします。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)は酸化されやすい性質を持つので 抗酸化サプリとの併用をおすすめします。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は昔から皮膚炎や各部の炎症などに効果が期待できるとして使われてきたハーブです。
亜麻仁油の炎症を抑制する効果がアレルギーに使われだしたのも50年以上前です。
現在でも亜麻仁油(フラックスシードオイル)を使う民間療法だけでなく、アメリカのアレルギー専門病院でも亜麻仁油(フラックスシードオイル)が頻繁に使われていることからも、亜麻仁油のアレルギー改善の効果は十分に証明されていると言って良いでしょう。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)がアレルギーに効果を発揮する原理には、亜麻仁油(フラックスシードオイル)に多く含まれるαリノレン酸という必須脂肪酸が関係しています。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)は炎症抑制に働くのですが、前述のように食品からの大量摂取が難しい栄養素であるため、亜麻仁油のサプリが使われることが多いようです。

アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症などの様々なアレルギーの改善を考える時、炎症系プロスタグランジンというホルモンの生成をいかに抑制するか、というのが大きな問題の1つになります。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)を上手に使うとコントロールが容易になるとしてアメリカのアレルギー内科では多く使われるのです。

炎症系プロスタグランジンとは炎症を促す物質で、通常はアレルギーの炎症に限らず、風邪や皮膚炎などの炎症を伴う症状などを引き起こします。
今の日本のアレルギー改善では根本的に症状を治すことができない場合、この炎症系プロスタグランジンを抑えることでとりあえず症状を軽くするという方法が採られる場合が多いようです。
アレルギーの改善ではステロイド剤がその役割を担います。
このステロイド剤が体の中で炎症系プロスタグランジンの生成を阻害して、炎症が酷くなるのを防いでいるのです。
亜麻仁油を摂取することで、この炎症抑制の効果が高くなるのです。

高等生物はストレスを与えられると脳下垂体から副腎皮質刺激ホルモンを出し、それが副腎皮質からのステロイドホルモンの分泌を促します。
このステロイドホルモンには免疫の抑制効果があり、コルチゾールと呼ばれ炎症を抑える働きがあります。
このコルチゾールを医薬品にしたのがステロイド剤です。
アメリカのアレルギー内科ではステロイド剤を処方する時に、パントテン酸ビオチン、亜麻仁油などが一緒に処方されることが多いようです。

コルチゾールの炎症を抑えるプロセスはかなり複雑ですが、簡単にいってしまうと炎症系プロスタグランジンの元であるアラキドン酸の生成を阻害します。
アラキドン酸は亜麻仁油(フラックスシードオイル)やEPAやリノール酸などの脂肪酸で、体内で生化学的な変換を行うことで、それぞれの脂肪酸に変化します。

プロスタグランジンの中には消炎(炎症を防ぐ)に働く性質を持つものもあります。
炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンと拮抗する形で、炎症を抑制します。
その消炎系のプロスタグランジンの原料となるのがガンマリノレン酸(γリノレン酸)や亜麻仁油(フラックスシードオイル)です。
リノール酸(一般的なサラダ油)は体内でビオチンの助けを借りてガンマリノレン酸や亜麻仁油(フラックスシードオイル)に変わりますが、リノール酸の摂りすぎはガンマリノレン酸を生成する酵素の活性を抑制します。

炎症系プロスタグランジンの原料となるアラキドン酸は細胞の構成要素でもあり、食品からも摂取を行いますので、体内量を減らすことが困難です。(30年前と比べると日本人のアラキドン酸の摂取量は4~5倍に増えています。)
食品からリノール酸を多く摂取する方や、ガンマリノレン酸をサプリとして摂取している場合、亜麻仁油(フラックスシードオイル)やEPAオメガ3)を一緒に摂ると、必要以上のアラキドン酸が生成されないため、炎症系プロスタグランジンが発生しにくくなるという効果が期待できます。

魚にアレルギーのある方はEPAの補給が難しくなりますので、亜麻仁油(フラックスシードオイル)を補給してください。亜麻仁油(フラックスシードオイル)を摂取すると体内でEPAが作られやすくなります。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)にもリノール酸のアレルギー作用を抑制する効果があります。
生活習慣としてリノール酸を多く摂る方には、この亜麻仁油(フラックスシードオイル)をおすすめします。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)をホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)やガンマリノレン酸、EPAオメガ3)などと一緒に使うと、リノール酸→ガンマリノレン酸(γリノレン酸)→アラキドン酸→炎症系プロスタグランジン→皮膚の炎症という一連の流れを、各所でブロックして効率よくアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症などのアレルギーの炎症を改善する効果が期待できます。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は昔からハーブ抽出のエッセンシャルオイルとして使われてきました。亜麻仁油(フラックスシードオイル)はドイツの行ったコミッションEというハーブ研究でも高い評価を受けているハーブです。

具体的には亜麻仁油(フラックスシードオイル)には以下に示すような効果が期待されています。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)はダイエットで重要な食事の満足感にも影響を与えます。充分な量の亜麻仁油(フラックスシードオイル)の摂取は食欲を抑制しダイエットダイエットリバウンドの防止に有効です。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は髪の毛や爪や皮膚に油分を与えて丈夫にするほか、髪の毛や爪に艶を与える成分でもありますので、スキンケアやネイルケアやヘアケアなどのベースサプリの1つとして人気がありますのでMSMと併用すると良いでしょう。
ガンマリノレン酸やEPAと併用するとより一層効果的です。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は筋肉の収縮を正常に行わせるため、カリウムタウリンとならんで足がつるなどの症状の緩和に効果が期待されています。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は血管の拡張に関係する栄養素で、アメリカでは血圧の高い方に人気があります。
また、冷え性の方や血流が悪いためにダイエットが成功しない方などにも亜麻仁油(フラックスシードオイル)は使われています。
その場合、亜麻仁油(フラックスシードオイル)にいちょう葉エキスコエンザイムQ10(CoQ10)を併用して更に血管を拡張すると効果的であるとされています。
EPAで血液をアルカリ性に保ってサラサラにするのもおすすめです。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は子宮内層部の流出といった生理的はたらきに必要不可欠な成分です。
生理痛や生理不順などのPMSと呼ばれる症状に亜麻仁油(フラックスシードオイル)やガンマリノレン酸(γリノレン酸)という脂肪酸がよく使われます。
これはホルモンの材料になりホルモンバランスを整える効果が期待できるということです。
更年期障害によるのぼせや不快感なども亜麻仁油(フラックスシードオイル)が使われています。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)に含まれるエストロゲン(女性ホルモン)に似た効果を持つ成分が、乳ガンや子宮ガンを防ぐことが知られています。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)がホルモンに与える良い影響は、広く健康や美容に役立てられています。
亜麻仁油(フラックスシードオイル)は不足すると便秘の原因の1つとなったり、疲れやすく耐久性が無くなったり、風邪をひきやすくなります。
また、亜麻仁油(フラックスシードオイル)がホルモンのバランスを整えることで、にきびや肌荒れなどを緩和します。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)から作られるDHAは認知症を防ぐとして広くヨーロッパやアメリカでは医薬品として認可されています。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)

亜麻仁油(フラックスシードオイル)を含めて当ショップの扱うサプリは、日本国において医薬品指定されているサプリはありません。
すべて食品という分類になります。

サプリというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアトピー性皮膚炎尋常性乾癬掌蹠膿疱症などのアレルギーの発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリを選ぶことで効果的にアレルギーの改善効果が期待できるようになるのです。

家族や友人が効果を発揮したサプリが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証はありません。
これはアレルギーの発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため、どの原因に対応するサプリを先に摂るかが非常に大切になってくるからなのです。
アメリカのアレルギーを研究する研究者の多くは、アレルギーは4つの体質が重なった時に発症し、アレルギーを完全に改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

アメリカではステロイド剤以外の栄養学的なアプローチでもアレルギーの改善の研究が進んでいますが、サプリによるアレルギーに関係する体質の改善は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げています。
4つの体質改善で実績を上げているサプリは以下の通りです。

炎症体質にはビオチンとパントテン酸の組み合わせや、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)とパントテン酸の組み合わせや、ブロメラインが使われます。
ビオチンはアメリカンビタミンショップでは4種類ご用意しています。

ヒスタミンの抑制にはアスタキサンチンケルセチンに人気があります。

腸内環境には善玉菌サプリ食物繊維がお奨めです。
腸内環境の改善にはビオチン生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効果が期待されています。

薄い皮膚にはコラーゲンをつくる材料であるMSMEPAヒアルロン酸パントテン酸などなど。

上記のアレルギーを引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチンとパントテン酸による炎症体質の改善から始める事が多いようです。
例えば、体質的に皮膚が弱いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするヒアルロン酸EPAサプリをビオチンと併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌サプリをビオチンと併用する。

また、ビオチンを摂って変化が出た方は腸内で善玉菌がビオチンを作れていないということですので、必ず腸内環境の改善を行う。など体質に合わせて摂るアレルギーサプリを変えていくという方法を行わなければなりません。

またビオチンとパントテン酸による炎症体質改善や善玉菌による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲンが入らないような丈夫な皮膚を作るということもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症では重要視しています。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の方の皮膚の状態を見ると角質層が薄く皮膚が弱い方が多いのです。こうした体質の方はヒアルロン酸EPAサプリによって角質層を厚くしていくのが効果的です。

掌蹠膿疱症尋常性乾癬アトピー性皮膚炎などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質が重なって発症するという意味で同じ病気であるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。

同じ4つの体質を持っていても、皮膚が丈夫で粘膜が弱い方はアレルギー性鼻炎や花粉症になりやすく、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬になりやすい。年配の方で皮膚の油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症乾燥肌敏感肌が発症しやすくなる傾向があるなど、今までに多くの栄養学者が研究した成果がアメリカの栄養学にはたくさんあります。

アレルギーの研究で亜麻仁油(フラックスシードオイル)などのアレルギーサプリを使用した実験の期間は3ヶ月~1年ほどといわれています。
できるだけ結果を出すためには長期でのアレルギーサプリの摂取をおすすめしています。

もし、アレルギーサプリを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

安全なサプリ選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

亜麻仁油の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、亜麻仁油(フラックスシードオイル)に関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪この亜麻仁油(フラックスシードオイル)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.