サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

パントテン酸カルシウム

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

07月23日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

パントテン酸

<<<商品入荷のお知らせ>>>
大変お待たせをいたしまして申し訳ありませんでした。
今年は花粉症の時期に入りテレビなどでの商品紹介などがあり、予想を大きく超えて販売数が伸びました。
またアメリカでも花粉症のサプリが予想を超えて販売が伸びたのでメーカーも欠品を起こしておりました。
今後は在庫数を増やすなど対策を検討いたします。(現在は6か月分の在庫を所持しています)
どうかご容赦ください。


■アレルギーに悩んでいる方、副腎皮質を強化してステロイドホルモンの分泌を増やす体質に改善しませんか?
■EPAとヒアルロン酸と併用する事でステロイド剤の副作用や皮膚が弱く・薄くなることを予防し、改善する効果が期待できます。
■お肌のヒアルロン酸を守り、スキンケア効果も期待大! ニキビに悩む方にもおすすめです。
パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このパントテン酸カルシウムのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

パントテン酸
10510
2,030  (税抜 1,880円 )
ご購入個数  個
50錠
23×10×8(㎜)
1錠中
パントテン酸(ビタミンB5):1000mg
カルシウム:89mg
パントテン酸カルシウム(パントテン酸Ca)として1089mg
1回半錠~1錠 1日2~3回 食後
パントテン酸カルシウムは水溶性という性質のため長時間体内に留めておくことができません。パントテン酸は常に体内にある状態が好ましいとされていますので1日2~3回に分けてお摂りください。このパントテン酸サプリメントは1錠を半分に割って摂る事も可能です。
・パントテン酸カルシウムの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【お得なセット商品のお知らせ】
ただ今アレルギー用としてパントテン酸を含めた商品をセット販売として割安にご提供させていただいております。この機会にどうぞご利用下さい。
パントテン酸を含むアトピー性皮膚炎用割引セットの第2弾です。
アトピー性皮膚炎お勧め必須脂肪酸2・割引セット
【ビタミンB群サプリメントのお知らせ】
パントテン酸はビタミンB5というビタミンB群の一種です。ビタミンB群はパントテン酸と一緒に摂取するとパントテン酸の働きを助けます。
各ビタミンBが50mgずつ入っているサプリメントをご紹介します。
ビタミンB群サプリメント
パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
カル社

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムで副腎皮質を強化し自分で副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)を分泌して炎症体質を改善しませんか?

アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症、花粉症や尋常性乾癬などのアレルギーの方の多くが副腎皮質が弱っていて副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌が十分に行えていないそうで す。
アメリカではステロイド剤を使用される方の多くがパントテン酸カルシウムとEPAビオチンのサプリメントを摂取し、ステロイド剤の副作用やステロイドリバウンド、皮膚が薄くなる現象を予防し ています。

パントテン酸カルシウムはお肌のヒアルロン酸を守るスキンケア商品としても人気があります。
にきびにもおすすめです。

パントテン酸カルシウムはローヤルゼリーの主成分であり、ビタミンB5とも呼ばれています。
パントテン酸サプリメントとして販売されている商品はパントテン酸カルシウムというカルシウム(Ca)と結合している安定型のパントテン酸が一般的です。

パントテン酸カルシウムは25歳を過ぎた頃から起こる、お肌の水分保持の問題を改善してくれるスキンケア商品としても人気があります。
お肌の水分保持と油分保持を行い乾燥肌や敏感肌を防ぐ役割を持つ物質の中で、非常に重要視されているのがヒアル ロン酸EPAです。

ヒアルロン酸とEPAは皮下で分泌され水分と混ざり合ってセラミドという乳液状の物質を作ります。
このセラミドは角質層と角質層の間に塗り込められて角質層が簡単に剥がれない様に接着剤の役割をしています。
乾燥肌敏感肌の方 は接着剤がうまく作れなかったり、紫外線や酸素によってヒアルロン酸が壊されてしまって、トラブル肌になってしまうのです。

パントテン酸カルシウムはセラミドが紫外線や酸素によって壊されてしまうのを防ぐ働きを持つ副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を高める効能があります。
そのためパントテン酸カルシウムを摂取することで角質層を繋ぎとめる接着剤が十分に作られるため、角質層によってお肌が覆われてお肌の水分が逃げない皮膚を作る効果が期待できま す。

パントテン酸カルシウムはPABAというビタミンBの仲間と一緒に副腎皮質を強化して副腎皮質ホルモン(ス テロイドホルモン)を分泌させますが、乾燥肌や敏感肌の方は副腎皮質が弱ってしまい副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)を十分に分泌できていない方が多いことが確認されてい ます。
パントテン酸カルシウムを3ヶ月~半年間ほど摂取することで副腎皮質を元気にしてあげれば、角質層を繋ぎとめる接着剤が十分な量だけ作れるようになり、角質層の整った(キメの整 った)お肌と乾燥に強いお肌を作る効果が期待できます。

最近ではスキンケアのためにEPAビオチ ンヒアルロン酸を摂取する方が増えていますが、高価なヒアルロン酸を守るためにパントテン酸カルシウ ムを摂取すれば、より少ないヒアルロン酸でより高いスキンケアの効果を得ることも可能になります。

またアトピー性皮膚炎掌 蹠膿疱症の方はパントテン酸カルシウムを摂取することで、乾燥肌や敏感肌を改善したり、角質層を厚く丈夫にする効果が期待できます。
アメリカでは皮膚にトラブルを起こすタイプのアレルギーの方の多くがパントテン酸カルシウムを摂取して丈夫な皮膚を 作っています。

アレルギーの方は腸内に善玉菌が少なくパントテン酸を分泌できていないため副腎皮質が弱っており、副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌が不十分で皮下のヒアルロン酸が 紫外線などで壊されてしまっていることが多いのです。
更に皮膚で分泌するヒアルロン酸とEPAの量が少ないことが医学的に証明されていますので、ヒアルロン酸EPAを摂取して皮下で角質層を繋ぎとめる接着剤を十分に作ることをおすすめします。

更にパントテン酸によって副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を活発にして、皮下で分泌するヒアルロン酸を守ってあげれば、丈夫なお肌を作ることができ、皮膚からのア レルゲンの侵入を防ぐ効能がより高まります。

パントテン酸カルシウムはにきびなどの炎症体質の改善にも効果が期待されているので、アレルギーの方だけでなく、アレルギーではないけれどもトラブル肌(にきびや 吹き出物、乾燥肌や敏感肌など)で悩んでいる方にもおすすめのサプリメントです。
また、ヒアルロン酸とEPAを多く含む接着剤は乳液状のため、水分が蒸発する率が非常に低いので、お肌の潤い保持と油分保持に高い効果を発揮します。パントテン酸カルシウムでヒ アルロン酸を破壊から守って、スキンケアを効果的に行ってください。

パントテン酸カルシウムパントテン酸カルシウム

パントテン酸のアメリカの長年の研究により、アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症尋常性乾癬などのアレルギーの方の炎症 悪化の原因の1つが、副腎皮質の機能低下による副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌不足であるということが医学的に証明されています。

日本でもアメリカでもアレルギーの治療で処方される医薬品にステロイド剤がありますが、ステロイド剤は副腎皮質から分泌する副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)を合成した医 薬品です。ですのでアメリカではステロイド剤を使って治療を行う前に、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)の大量摂取(1日2000mg~4000mg)により副腎皮質の機能 を高めて自分で副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を行う方法が多く採られています。

パントテン酸カルシウムはビタミンB5というビタミンですので、体にとってはより自然なものということで、アメリカでは脱ステロイドによって引き起こされるステロイドリバウンドや 、ステロイド剤の副作用を嫌ってステロイド剤を使用しない、アレルギーの方に人気のあるサプリメントです。
炎症が酷くてステロイド剤の使用を考えているならば、まずステロイド剤を試す前に(もちろん試した後でも大丈夫です。)パントテン酸サプリメントにより自分の力で副腎皮質ホルモ ン(ステロイドホルモン)の分泌を試みてみませんか?

今起こっている炎症の酷さと、脱ステロイドの苦痛とを天秤にかけるようなことはパントテン酸カルシウムが回避してくれるでしょう。

アトピー性皮膚炎などの炎症体質(にきび体質)でない副腎皮質に問題のない方の場合は、体が炎症を起 こすなどのストレスを与えられると、脳下垂体から副腎皮質刺激ホルモンを分泌し、それが副腎皮質を刺激して副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を促します。
ステロイドホルモンはアラキドン酸が炎症系プロスタグランジン(炎症を引き起こすホルモン)に変換されるのを防ぎますので、ステロイドホルモンが十分に分泌される方は炎症がどん どん悪化して炎症が更に酷い炎症を引き起こす、ということにはなりにくいのです。

しかし、アレルギーや炎症体質(にきびや吹き出物などの肌のトラブル)の方は副腎皮質ホルモン(ステロイド ホルモン)の分泌が十分ではなく、炎症が更に酷い炎症を引き起こす炎症の悪循環を起こして炎症が皮膚や粘膜に現れてしまうのです。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の方はご存知の方も多いと思いますが、副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)はコルチゾールとも呼ばれ化学合成されてステロイド剤などの医薬品に もなっており、炎症が抑えられない場合は治療の一環として処方されます。

アメリカではステロイド剤を使う前に、パントテン酸の摂取を奨められることが多く、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)によって副腎皮質の機能を強化して、副腎皮質ホルモン( ステロイドホルモン)の分泌を増やす努力をしますが、パントテン酸の効果をより高めるために、パントテン酸と併用してPABA(ビタミンB群の一種)ビタミンCサプリメントが使わ れます。

アメリカでのパントテン酸の研究では機能低下を起こした副腎皮質を活発にするためには、様々な方向から副腎皮質へ刺激を与えるのが良いということが判っています。
そういうことでパントテン酸カルシウムで副腎皮質を元気にする方法と、PABAとビタミンCで副腎皮質の副腎皮質刺激ホルモンに対する感度を高めるという方法が、 同時に行われるのが理想的とされています。

また副腎皮質は頻繁に副腎皮質刺激ホルモンの刺激を受けていると、副腎皮質の副腎皮質刺激ホルモンに対する感度が高まり、副腎皮質がステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の分 泌をより活発に行うことが判っています。
そのためパントテン酸カルシウムとPABAビタミンCサプリメントで副腎皮質の改善を行うのですが、ただ副腎皮質を強化するだけではなく、副腎皮質刺激ホルモンの分泌を促す方法も 研究されています。

副腎皮質刺激ホルモンは視床下部からの命令をうけて分泌されるのですが、現在のところこの副腎皮質刺激ホルモンの分泌を促す方法が開発されていません。
そのため現在では、副腎皮質刺激ホルモンの分泌に変わる手法としてアルファルファというハーブが使われます 。
アルファルファには副腎皮質刺激ホルモンと似た働きをする栄養素が含まれ、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)やPABAやビタミンCによって副腎皮質自体の機能を鍛えるだけ ではなく、アルファルファによって副腎皮質刺激ホルモンを受容する副腎皮質のレセプターの感度を高めてあげる方法も併用することが多いようです。

ステロイド剤とかステロイドホルモン、脱ステロイド、副腎皮質ホルモンというと日本ではステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドを起こしたり、皮膚が薄くなる現象によりアト ピー性皮膚炎が悪化するなどの悪いイメージを持たれている方が多いように思えます。
しかしパントテン酸による副腎皮質の強化で分泌される自前の副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)には、脱ステロイドを行った時のようなステロイド剤の副作用やステロイドリバ ウンドは起こりません。その反対に炎症体質を改善する効果が期待できますので、アレルギーによる皮膚炎などの炎症や炎症体質(にきび体質など)を改善する効果が期待できるのです 。

また、先の項目で挙げましたようにパントテン酸の使用により自分で分泌した副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)には皮下で分泌されるヒアルロン酸を紫外線などから守って分解 されるのを防ぐ効果があるので、ステロイド剤(合成コルチゾール)とは反対に皮膚が丈夫になりアレルゲンの侵入を簡単には許さない体質を作ることが可能です。
アメリカでの研究ではパントテン酸カルシウム(ビタミンB5)による副腎皮質の改善では、パントテン酸の摂取を途中で止めても、脱ステロイドを行った時のようなステロイド剤の副作 用やステロイドリバウンドはまったく確認されていません。パントテン酸サプリメントは安心してお使いいただけるアレルギーサプリメントです。

先ほどからパントテン酸カルシウムのことばかり言及していますが、アメリカではアレルギーの方が多いので、副腎皮質強化のために使うサプリメントが大きく2つに分かれています。
マイノリティ(少数派)ではありますがナチュラルハーブ派と呼ばれる人々は霊芝エキス(レイシエキス)、マイタケ エキス、シイタケエキスなどのきのこ類のサプリメントやアルファルファを好みます。 また、大多数を占める合理主義派はパントテン酸やPABAビタミンCサプリメントアルファルファを好むような傾向があり ます。
キノコ類による体質改善には通常は半年~2年ほどサプリメントの摂取を続け、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)などでは3ヶ月~1年ほどのサプリメントの摂取を行うことが多 いようです。

パントテン酸カルシウム

前の項目では脱ステロイドやステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドを例に挙げて、ステロイド剤の悪口を書いてきてしまいましたが、ステロイド剤は炎症を抑制する医薬品とし ては非常に優秀で、炎症を伴う症状の治療には欠かすことのできない医薬品です。炎症を抑制する能力についてはパントテン酸カルシウムの効能を遥か に凌駕する実力を持ちますし、炎症抑制に要する時間もパントテン酸カルシウム(
ビタミンB5)の効能の確認が数ヶ月かかるのに対して、ステロイド剤は非常な即効性を有します。

この点だけ比較してもパントテン酸に対するステロイド剤の炎症抑制の実力差はお判りいただけるでしょう。(ステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドを経験された方で、ここま で読んで非常に不快に思われた方もいらっしゃると思います。でももう少し我慢して読んでみて下さい。パントテン酸カルシウムだけに偏った改善方法以外にも良い方法があることを証 明できるのではないかと思います。)

実際にアレルギーの栄養学的な研究が進んでいるアメリカでも、アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症尋常性乾癬などのアレルギーの治療において、ステロイド剤を無視した治療は一部の病院などの医療機関を 除いては行われていないと言って良いでしょう。
おそらくステロイド剤の使用率は日本の病院の平均値を大きく超えていると考えられますし、ステロイド剤に対する嫌悪感を感じている患者は日本と比較して少ないと思います。

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)やPABAビタミンCサプリメントなどの研究の進んでいるアメリカで、なぜステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドを引き起こすステロイド剤が 多く使われているのか、疑問を持たれる方も多いのではないかと思います。おそらくパントテン酸で副腎皮質を改善すればいいではないかと思われるはずです。
しかし、パントテン酸の研究が進んでいるからこそ、ステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドを恐れずに、ステロイド剤を使用することができるようになったとも言えるのです。
アメリカでも15年ほど前には一時期、ステロイド剤の排斥運動が起こりました。アメリカ人の治療に対する姿勢は日本人よりも積極的ですので、このステロイド剤の排斥運動は社会現 象にまで高まったと記憶しています。それが今ではステロイド剤を使った治療を拒否する患者が減ったのは、ステロイド剤の副作用とステロイドリバウンドの起こる原理が多くの研究者 によって解明されたからなのです。

パントテン酸カルシウムを使用しないときの脱ステロイドの問題点やステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドとはどんな現象でしょうか?

更にもう1つの大きな問題点はパントテン酸カルシウムや脱ステロイドとは無関係に起こります。

ヒアルロン酸関係でもう1つ大きな問題点。(パントテン酸カルシウムと関係あり)

上記のステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドという脱ステロイドによって起こる現象は、次の項目においてパントテン酸カルシウムなどを使用して栄養学的な解決策を提示いた します。

パントテン酸カルシウムパントテン酸カルシウム

前の項目ではアメリカでの研究で判ったステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドについて書いてみました。あれだけを読んでみるとステロイド剤を使いたくないという気持ちにな る方も多いと思います。
この項目ではステロイド剤の副作用やステロイドリバウンドをいかに防ぐかという、アメリカで行われている現実的な方法を述べて参ります。

アメリカのアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症などの治療の現場では、ステロイド剤を使うか、パントテン酸カルシウムを使うかという二者択一のような葛藤は起こりませ ん。
実際にはパントテン酸カルシウムの良い面と、ステロイド剤の良い面を上手に組み合わせていこう、という方針で現実的な治療を行う医療機関が非常に 多いようです。

また、以下に示す治療法は、ステロイド剤の副作用とステロイドリバウンドを起こすステロイド剤の悪い点をパントテン酸カルシウムやビオチンEPAが上手にカバーする治療法でもあります。

ステロイド剤の良い点とは炎症を抑制するには非常に優秀であるという点と、炎症が酷い時期だけ塗って速攻で炎症を抑制できる点です。
ですので、アメリカではステロイド剤は炎症が酷くなってしまった場合にしか使用しないのです。
また、使用するステロイド剤もパントテン酸やPABAビタミンCサプリメントが副腎皮質をある程度改善できていれば、その改善状況に応じてワセリンでステロイド剤を薄めて使用します。(初め は改善状況が判らないので、ステロイド剤を多めのワセリンで薄めて、炎症を抑制できなかった時にはステロイド剤を増やします。)

よって、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)などのアレルギーサプリメントは長期摂取するということになります。
パントテン酸の使用によりもともと体質的に弱っていた副腎皮質を徐々に改善していけば、自分で副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)が分泌できるようになり、炎症を引き起こす 炎症系プロスタグランジンが作られる量が少なくなります。

つまりパントテン酸の使用で炎症が炎症を悪化させるという炎症の悪循環は防ぐことができるようになります。
そうなると使用するステロイド剤も更にワセリンで薄めることができるようになり、パントテン酸による副腎皮質の改善が完了した時には、脱ステロイドを行ってもステロイドリバウン ドを起こさずに済むようになります。
尋常性乾癬などのアレルギーの方や炎症体質(にきび体質など)の方は放っておくと体質的に副腎皮質が 徐々に弱くなっていく傾向にあるため、パントテン酸カルシウムにより副腎皮質の改善が終わった後も、定期的にパントテン酸カルシウムの摂取を行って副腎皮質を良い状態に保つ方法 を奨める専門家も多いようです。

ただし、炎症体質というのは炎症系プロスタグランジンだけが作られなくなれば改善するわけではないのです。
炎症は炎症を起こす炎症系プロスタグランジンと、炎症を抑制する消炎系プロスタグランジンがバランスをとって炎症をコントロールしています。
炎症というのは炎症体質の方にとっては厄介なものですが、ウィルスなどの外敵が侵入した時には炎症を起こして大量の活性酸素を発生させて外敵を滅菌し、その後に炎症を抑える消炎 系プロスタグランジンが炎症を抑制するというように、非常に重要な防御反応なのです。

ステロイド剤が効果を発揮する方は炎症体質の方ですが、この炎症体質であればビオチンとパントテン酸カルシウムという組み合わせによって、炎症を抑制する可能性が高くなるのです 。
ビオチンは消炎系プロスタグランジンを作るために必要な栄養素で、炎症体質の方の40%~50%がビオチン 不足により消炎系プロスタグランジンを十分に作れていないということが判っています。
ですのでアメリカではビオチンとパントテン酸カルシウムを組み合わせて、消炎系プロスタグランジンを作りつつ、炎症系プロスタグランジンを作られないようにする方法が多く行われ ています。
アメリカンビタミンショップでも炎症体質の方にビオチンとパントテン酸カルシウムの組み合わせをおすすめします。
にきび対策にもビオチンとパントテン酸カルシウムはおすすめです。

ステロイド剤の副作用でヒアルロン酸の分泌量の減少と、ヒアルロン酸の過低分子化が起こり、セラミドの質が悪くなりますが、この改善方法に関してはヒアルロン酸のページとEPAのページに詳細を載せております。
皮膚が薄いと感じる方や、皮膚が弱いと感じる方は参考にしてください。

アレルギー改善や炎症体質(にきび体質)の改善としてパントテン酸カルシウム(ビタミンB5)を摂取する場合、アメリカでの実験では1日に2000mg~4000mgの摂取をして いる実験が多いため、パントテン酸カルシウムの摂取をする際はご注意下さい。

パントテン酸カルシウムはある種の補酵素(コエンザイム)の原料となり、糖質、脂質、たんぱく質を代謝(体が使うという意味)しているので、体がそれらの栄養素を 使うときには必須のビタミンです。
体の代謝能力を高めるならビタミンB群とパントテン酸の併用をおすすめします。

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)はデトックスの効果が期待できます。
効率の良いデトックスにはlシステイン ケルセチンなどとの併用もおすすめです。

パントテン酸カルシウムはビタミンB群と協働で免疫に必要な免疫細胞を作るので免疫力アップ の効果が期待されています。

パントテン酸カルシウムはホルモンバランスを整えて性的ポテンシャルをアップさせる効果が期待できます。
精力減退には様々な原因が考えられますので、ヨヒンベ精力剤との併用をおすすめします。

パントテン酸カルシウムは筋肉や神経組織を生成する成長促進物質です。
新陳代謝を高めるために摂取をおすすめします。

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)は脂質代謝を良くするので、善玉コレステロールを増やしたり、ダイエットをし たり、不飽和脂肪酸の合成を促す効果が期待されています。

パントテン酸カルシウムパントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムを含めて当ショップの扱うサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているサプリメ ントはありません。分類はすべて食品です。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアトピー性皮膚炎尋常性乾癬掌蹠膿疱症などのアレルギーの発症の原 因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶことで効果的にアレルギーの改善効果が期待できるようになるのです。
家族や友人が効果を発揮したサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証はありません。
これはアレルギーの発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため、どの原因に対応するサプリメントを先に摂るかが非常に大切に なってくるからなのです。
アメリカのアレルギーを研究する研究者の多くは、アレルギーは4つの体質が重なった時に発症し、アレルギーを完全に 改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

アメリカではステロイド剤以外の栄養学的なアプローチでアレルギーの改善の研究が進んでいますが、サプリメントによ るアレルギーに関係する体質の改善は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げています。
4つの体質改善で実績を上げているサプリメントは以下の通りです。

炎症体質にはビオチンとパントテン酸カルシウムの組み合わせや、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)とパント テン酸の組み合わせや、ブロメラインが使われます。
ビオチンはアメリカンビタミンショップでは4種類ご用意しています。

ヒスタミンの抑制にはケルセチンという抗ヒスタミン剤アスタキサンチン抗ヒスタミンサプリメント。

腸内環境には善玉菌サプリ
腸内環境の改善にはビオチン生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効果が期待されています。

薄い皮膚にはコラーゲンをつくる材料であるMSMEPAヒアルロン酸とパントテン酸カルシウム。

上記のアレルギーを引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチンとパントテン酸カルシウムによる炎症体質の 改善から始める事が多いようです。
例えば、体質的に皮膚が弱いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするヒアルロン酸EPAをビオチン(ビタミンH)と併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌サプリをビオチンと併用する。
また、ビオチンを摂って変化が出た方は腸内で善玉菌がビオチンを作れていないということですので、必ず腸内 環境の改善を行う。など体質に合わせて摂るアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなければなりません。

またビオチンとパントテン酸カルシウムによる炎症体質改善や善玉菌による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲンが入らないような丈夫な皮膚を作るということもアトピー性皮 膚炎や掌蹠膿疱症では重要視しています。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の方の皮膚の状態を見ると角質層が薄く皮膚が弱い方が多いのです。
こうした体質の方はビオチンEPAに よって角質層を厚くしていくのが効果的です。

掌蹠膿疱症尋常性乾癬 アトピー性皮膚炎などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質 が重なって発症するという意味で同じ病気であるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。

同じ4つの体質を持っていても、皮膚が丈夫で粘膜が弱い方はアレルギー性鼻炎や花粉症になりやすく、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬になりやすい。年配の方で皮膚の 油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や乾燥肌敏感肌が発症しやすくなる傾向があるなど、今までに多くの栄養学者が研究した成果がアメリカの栄養学に はたくさんあります。
アレルギーの研究でパントテン酸カルシウムなどのアレルギーサプリメントを使用した実験の期間は3ヶ月~1年ほどといわれています。できるだけ結果を出すためには長期でのアレル ギーサプリメントの摂取をおすすめしています。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

パントテン酸カルシウムパントテン酸カルシウム

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わ せ集)です。

お客様よりお受けした、パントテン酸カルシウムに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このパントテン酸カルシウムで脱ステロイドのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.