サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

商品詳細 ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)・旧名白柳の皮

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

05月25日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)・旧名白柳の皮

■ガンマリノレン酸やEPAと組み合わせる事でアレルギーの炎症抑制に効果を発揮するハーブです。
■元々は鎮痛剤として使われていましたが、炎症を起こすホルモンを作りにくくし、炎症を抑えると人気に!
■基礎代謝カロリーアップの効果もあり、ダイエット効果も期待できます!
ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)・旧名白柳の皮
10508
1,706  (税抜 1,580円 )
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
100カプセル
21×7×7(㎜)
1錠中
ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ):400mg
朝食後に2~3カプセル
もしくは、
朝食後に2~3カプセル、夕食後に2~3カプセル
・アスピリンの成分を含みますので15歳以下のお子様のご使用はお勧めできません。アスピリンはインフルエンザ罹患の際にインフルエンザ脳症(ライ症候群)に発展する可能性があります。
・摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【お得なセット商品のお知らせ】
アレルギー用としてホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)と似たような機能を持つ商品を、セット販売として割安にご提供させていただいております。是非ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)との併用をお薦めします。
アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーで使えるアレルギー用サプリメント割引セットの第2弾です。
アトピー性皮膚炎お勧め必須脂肪酸2・割引セット
ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
ソラレー社

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)

ガンマリノレン酸(γリノレン酸)EPAと組み合わせることでアレルギーの炎症抑制に効果を発揮するハーブ、ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)をご存知ですか?

もともとはアスピリン(鎮痛剤)としての機能でアトピー性皮膚炎や掌跡膿胞症(掌蹠膿疱症・掌蹠膿胞症・掌せき膿胞症)の皮膚のかゆみや痛みを取り除く目的で使用されていたのですが、ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)にはステロイド剤の様に炎症を起こすホルモンが作られなくする働きが炎症を抑制するとして、アレルギーサプリメントとして人気が高くなりました。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)は1日の基礎代謝カロリーをアップさせるのでダイエットカロリーコントロールにも効果が期待されています。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)は数10年前まではアスピリン(鎮痛薬)の成分を含むものとして、鎮痛のために昔から使われてきました。今では鎮痛剤のアスピリンはすべて合成になっていますので、ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)からの抽出は行われていませんが、ハーブの愛好家には未だに鎮痛剤として使われており高い人気を誇っています。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)自体に鎮痛効果や皮膚のかゆみを軽減する効果があったため、アトピー性皮膚炎皮膚のかゆみを取り除いたり、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)で起こる骨の痛み(実際は骨膜に免疫抗体が作用する神経痛のようなもの)を改善するために鎮痛剤として長く使われてきました。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)の使用者の中に鎮痛効果だけではなく、炎症(皮膚のかゆみ、乾燥肌、皮膚炎、骨膜の痛みなど)が改善する効果が確認されたため、ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)を詳しく調べたところ、アラキドン酸という体内に多く存在する脂肪酸が、炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンに変換されるのを防いでいることが判り、鎮痛剤としてだけでなく炎症抑制系のサプリメントとしてアメリカやヨーロッパで人気が高まりました。
ドイツ政府の行ったハーブ研究(コミッションE)でもこの鎮痛効果と炎症抑制効果が確認され高い評価を受けています。

アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の方は炎症体質の方が多いといわれています。炎症を起こすプロセスは複雑ですがプロスタグランジンというホルモンが大きく関係しています。
プロスタグランジンは炎症を起こす炎症系と炎症を抑制する消炎系の2種類が存在し炎症をコントロールしています。

消炎系プロスタグランジンはリノール酸というサラダ油からビオチンという栄養素がガンマリノレン酸(γリノレン酸)という脂肪酸を作りだし、そのガンマリノレン酸(γリノレン酸)が消炎系プロスタグランジンの材料になって作られています。
ここでビオチンが腸内で作られていなかったり、ビオチンがあってもガンマリノレン酸が作られない体質の方だと、炎症が起こりやすくなります。

炎症系プロスタグランジンはアラキドン酸という脂肪酸から作られます。アラキドン酸は炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンの材料になりますが、簡単にいってしまうとホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)はアラキドン酸から炎症系プロスタグランジンを生成する酵素の機能を抑制し、炎症系プロスタグランジンが作られないようにして炎症体質を改善します。
炎症系プロスタグランジンが作られないように働くという意味では、医薬品のステロイド剤も同じプロセスで炎症を抑制しています。ステロイド剤もホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)やビオチンガンマリノレン酸(γリノレン酸)などの様に炎症体質を改善する効果が期待されています。
ビオチンを使って炎症体質を改善している方には、是非にホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)やパントテン酸で炎症系プロスタグランジンが作られないようにして、ビオチンの効果を高めていただきたいと思います。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)で炎症を抑制するだけではなく、副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)を自分で分泌して炎症抑制できるようにすることも研究が進んでいます。
ステロイド剤は薬剤の名前で体内において自分で分泌しているものはコルチゾール(ステロイドホルモン)と呼ばれています。コルチゾールはホルモンで副腎皮質から分泌されますが、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や花粉症などのアレルギーの方は副腎皮質が弱っている方が多く、コルチゾールの分泌が鈍くなっているそうです。コルチゾールを自分で分泌するためにはパントテン酸というビタミンで副腎皮質を強化してあげるのが最も効果的と言われています。
コルチゾールを自分で分泌することもアレルギーの炎症の改善には重要です。

アラキドン酸は細胞を構成する重要な要素ですが、細胞が古くなり分解されると血液中に流出して炎症系プロスタグランジンがたくさん作られてしまいます。血液中に存在するアラキドン酸を新しく作られる細胞の構成要素として使い切るためには、細胞の新生を促す亜鉛サプリメントビタミンB群マルチビタミンも可)が必要です。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの方には、サプリメントによるガンマリノレン酸(γリノレン酸)の摂取は1日200mg~500mgくらいまでがお奨めです。
アレルギーの炎症体質の改善ではガンマリノレン酸の摂りすぎは逆に良くありません。
炎症を抑えるタイプのプロスタグランジンの原料となるガンマリノレン酸(γリノレン酸)はアトピー性皮膚炎などのアレルギーに関しては高い効果を期待できる栄養素ですが、その摂取量などに制限があるため摂取方法が難しいとして敬遠される方もいらっしゃいます。
実際にガンマリノレン酸(γリノレン酸)を大量に摂取すると消炎系のプロスタグランジンが作られた後で、余ったガンマリノレン酸が アラキドン酸という炎症を引き起こすタイプのプロスタグランジンの材料になる必須脂肪酸に変換されるという現象が発生し、炎症が引き起こされるといわれています。特にアレルギーの体質の方の多くがガンマリノレン酸(γリノレン酸)がアラキドン酸に変換される率が高いことが判っています。

ガンマリノレン酸(γリノレン酸)は炎症抑制においては非常に優秀なサプリメントですが、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)だけで摂取すると炎症を悪化させてしまう体質の方も多いのです。
ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)はガンマリノレン酸(γリノレン酸)と一緒に使うと、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症を防ぐ効果が期待できます。
その症状を緩和する過程はアラキドン酸から炎症系プロスタグランジンを生成する酵素の機能を抑制し、炎症系プロスタグランジンが作られないようにしています。

ガンマリノレン酸はEPAオメガ3)と一緒に摂取することでも、過剰になったガンマリノレン酸が炎症を起こすタイプのプロスタグランジンの材料となるアラキドン酸に変換されるのを防いでくれますので、アラキドン酸が生産されにくくなるということが判っています。
つまりEPA(オメガ3)とホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)を併用することで、EPA(オメガ3)はアラキドン酸の産生を抑制し、ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)がアラキドン酸から炎症系のプロスタグランジンの産生を抑制してくれますので、炎症系プロスタグランジンが作られる過程の2箇所でブレーキがかけられるということになります。
ガンマリノレン酸(γリノレン酸)はアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーを改善する上でとても重要な役割を果たしますので、このアラキドン酸に変換されないようにする方法などは非常にたくさんの実験が行なわれています。その結果を見てもホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)やEPA(オメガ3)と一緒に摂取するだけでガンマリノレン酸が簡単に使えるようになるのですから、是非お試しいただきたいと思います。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)

アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの改善を考える時、炎症系のプロスタグランジンの生成をいかに抑えるかというのが大きな問題の1つになります。
炎症系プロスタグランジンとは炎症を促す物質で、通常アレルギーに限らず風邪などの炎症を伴う症状などを引き起こします。
今の医学界では根本的に症状を治すことができない場合、この炎症系プロスタグランジンを抑えることでとりあえず症状を軽くするという方法が採られます。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)ではステロイド剤がその役割を担います。このステロイド剤が体の中で炎症系プロスタグランジンの生成を阻害しているのです。

高等生物はストレスを与えられると副腎皮質刺激ホルモンを出し、それが副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を促します。 この副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)には炎症の抑制効果がありコルチゾールと呼ばれ、炎症を抑える働きがあります。このコルチゾールを医薬品にしたのがステロイド剤です。
コルチゾール(ステロイドホルモン)の炎症を抑えるプロセスはかなり複雑ですが、簡単に言ってしまうと炎症系プロスタグランジンの元であるアラキドン酸の生成を阻害します。アラキドン酸はアルファリノレン酸(αリノレン酸)EPAサプリメントガンマリノレン酸(γリノレン酸)などの仲間の不飽和脂肪酸で、ビオチンなどの助けを借りて生化学的な変換を行うことで、それぞれの必須脂肪酸に変化します。

プロスタグランジンの中には消炎(炎症を防ぐ)の方に働く性質を持つものもあります。
この消炎系プロスタグランジンは炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンと拮抗する形で、免疫機能を調整し炎症を抑制します。その消炎系プロスタグランジンの元となるのがガンマリノレン酸(γリノレン酸)
リノール酸(一般的なサラダ油)は体内でビオチンの助けを借りてEPA(オメガ3)やガンマリノレン酸(γリノレン酸)に変わりますが、リノール酸の摂りすぎはガンマリノレン酸を生成する酵素の活性を抑制します。
アラキドン酸の摂取は肉食などから直接行えますので摂取量を減らすことが困難です。30年前と比べると日本人のアラキドン酸の摂取量は4~5倍に増えています。反面、食品からのEPA(オメガ3)の補給は減っており、摂取するEPA(オメガ3)と体内で生産するEPA(オメガ3)の量の総和が、体内で使用されるEPA(オメガ3)の量を下回っている方が増えています。厚生労働省でもEPA及びDHAを積極的に摂取するよう奨めています。

リノール酸を多く摂る方やガンマリノレン酸をサプリメントとして摂取している場合、EPAサプリメントを一緒に摂ると必要以上のアラキドン酸が生産されないため、炎症系のプロスタグランジンが発生しにくくなるという効果が期待できます。
また、ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)ガンマリノレン酸(γリノレン酸)EPAサプリメントを一緒に使うと、
リノール酸→EPA(オメガ3)→ガンマリノレン酸→アラキドン酸→炎症系プロスタグランジン→炎症という一連の流れを各所でブロックして効率よくアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症を軽減する効果が期待できます。

アレルギーや炎症体質の方の多くが脂肪酸の変換が十分に行えていないので、体内で作られるEPA(オメガ3)が不足していることが判っています。特にアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)花粉症尋常性乾癬などの皮膚や粘膜に炎症を起こすタイプの方には、EPA(オメガ3)の生産が十分で無い方が多いことが判っています。
こうした体質の方にEPAサプリメントをおすすめします。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)はアメリカではダイエットサプリメントの1つとしても多くの方に人気があります。
鎮痛剤としてのアスピリンを常用する方達から、自然と痩せるという報告が相次ぎ研究を重ねた結果、サリシンという成分が甲状腺を刺激してカロリー消費を引き上げることが判りました。
そのカロリー消費を引き上げる率はおおよそ10%といわれています。2000カロリーを消費する平均的な女性でしたら、2200カロリーの消費が行われ、この200カロリーが毎日足りないため蓄積されている脂肪が使われダイエットカロリーコントロールできるということになります。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)は昔からヨーロッパで使われてきたハーブですので、副作用の少ないことが知られています。鎮痛剤としてもアスピリンよりも効き目が緩やかで安心してご利用いただけます。ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)にも含まれ、アスピリンの主成分であるサリシンにはさまざまな効果が期待できます。
ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)やアスピリンは鎮痛剤として使われますが、脳卒中や結腸ガンを防ぐことが医学的に証明されています。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)を含めて当ショップの扱うサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているサプリメントはありません。すべて食品という分類になります。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶことで効果的にアレルギーの改善効果が期待できるようになるのです。
家族や友人が効果を発揮したアレルギーサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証は無いのです。
これはアトピー性皮膚炎などのアレルギーの発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため、どの原因に対応するサプリメントを先に摂るかが非常に大切になってくるからなのです。
アメリカのアレルギーを研究する研究者の多くは、アレルギーは4つの体質が重なった時に発症し、アレルギーを完全に改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

アメリカではステロイド剤以外に栄養学的なアプローチでアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの改善の研究が進んでいますが、サプリメントによるアレルギーに関係する体質の改善は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げています。
4つの体質改善で実績を上げているサプリメントは以下の通りです。

炎症体質にはビオチンガンマリノレン酸(γリノレン酸)ブロメラインパントテン酸。

腸内環境には善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)食物繊維
腸内環境の改善にはビオチン生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効果が期待されています。

薄い皮膚にはコラーゲンをつくる材料であるMSMEPAオメガ3)やヒアルロン酸パントテン酸

ヒスタミンの抑制にはアスタキサンチンやケルセチンという抗ヒスタミン剤天然の抗ヒスタミン薬

上記のアレルギーを引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチン(ビタミンH)による炎症体質の改善から始める事が多いようです。
例えば、体質的に皮膚が弱いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするヒアルロン酸EPAサプリメントをビオチン(ビタミンH)と併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)をビオチン(ビタミンH)と併用する。
また、ビオチンを摂って変化が出た方は腸内で善玉菌がビオチンを作れていないということですので、必ず腸内環境の改善を行う。など体質に合わせて摂るアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなければなりません。

またビオチン(ビタミンH)よる炎症体質改善や善玉菌による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲンが入らないような丈夫な皮膚を作るということもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)では重要視しています。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方の皮膚の状態を見ると角質層が薄く皮膚が弱い方が多いのです。こうした体質の方はヒアルロン酸EPAサプリメントによって角質層を厚くしていくのが効果的です。

アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)花粉症などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質が重なって発症するという意味で同じ病気であるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。
同じ4つの体質を持っていても、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬になりやすく、皮膚が丈夫で粘膜が弱い方はアレルギー性鼻炎や花粉症になりやすい。また、年配の方で皮膚の油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)や乾燥肌敏感肌が発症しやすくなる傾向があるなど、今までに多くの栄養学者が研究した成果がアメリカの栄養学にはたくさんあります。
アレルギーの研究でホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)などのアレルギーサプリメントを使用した実験の期間は6~12ヶ月といわれています。できるだけ結果を出すためには長期でのアレルギーサプリメントの摂取をおすすめしています。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)

日本におけるアトピー性皮膚炎などのアレルギーの治療法は主にステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)という医薬品が中心です。アメリカにおいてもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の治療にステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)などを使い炎症を抑制する試みは多く行われています。

ステロイドリバウンドの経験者などステロイド剤の使用を非常に嫌う方がいらっしゃいますが、アレルギー患者が多く、アレルギー研究の進んでいるアメリカではステロイド剤の使用を嫌う方が10年くらい前と比べると非常に減っています。
それはステロイド剤の炎症を抑えるという非常に高い効果を享受しながら、アレルギーサプリメントによってステロイド剤の悪い点を克服できるようになったからなのです。
ステロイド剤使用で起こる問題点は以下の通りです。

アメリカでのステロイド剤の一般的な使い方をご紹介します。
どうしても炎症の抑えられない部分にステロイド剤を使用します。
ステロイド剤の使用で減る皮膚で分泌されるヒアルロン酸を、ヒアルロン酸サプリメントを経口摂取することで補い皮膚が薄くなるのを防ぐ。
ステロイド剤の使用で減るコルチゾールというホルモンの分泌量を減らさないようにするために、パントテン酸を摂取して副腎皮質を強化します。コルチゾール(ステロイドホルモン)は炎症抑制にも働きますが、皮膚で分泌されたヒアルロン酸が外的要因によって壊されるのを防ぐ働きがあるので、皮膚を厚い状態に保ちお肌を丈夫にする効果が期待できます。

合衆国食品医薬品局(FDA)が推し進める大学などの各種研究機関でのアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの栄養学的研究は日本の20年は進んでいると言われています。
その中で注目されているのがアレルギーサプリメントによる体質改善でアレルギーを改善しようという流れです。ステロイド剤副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)などの医薬品と併用して、アレルギーサプリメントによる体質の改善を行って、アレルギーを根本的に改善していこうとするアメリカでの動きをご紹介しました。

アメリカではアレルギーサプリメントによるアレルギーの改善実験が非常にたくさん行われています。
これらの実験を翻訳・要約したものをご用意いたしました。できましたらサプリメントを摂られると同時に理論武装をしていただければと思います。
栄養学とサプリメント

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)に関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.