サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

EPAサプリメント

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

11月18日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

EPA(OMEGA-3FISH OIL)

EPAサプリメントは肌の角質を丈夫にし、乾燥肌・敏感肌の改善、アトピー性皮膚炎の炎症改善にも実績あり! もちろんお肌のアンチエイジングも大いに期待できます!
■DHAは話題の脳トレと合わせて脳年齢もお肌も若々しさの維持!
■血液サラサラ効果や脂肪減量など、健康と美容の両方に効果が期待できる欲張りサプリメントです!
EPA アレルギーの方の効果的な使い方                EPA お肌をきれいにしたい方の効果的な使い方 アレルギーの方の効果的な使い方      お肌をきれいにしたい方の効果的な使い方
EPAとDHA(オメガ3)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このEPAとDHA(オメガ3)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

EPA(OMEGA-3FISH OIL)
10506
3,218  (税抜 2,980円 )
ご購入個数  個
120ソフトジェルカプセル
26×10×10(㎜)
1錠中
EPA:180mg
DHA:120mg
ビタミンE:1IU(抗酸化サプリメントとして)
このEPAとDHA(オメガ3)は酸化しやすい不飽和脂肪酸をソフトジェルで包んでビタミンEを加えることで、効率よく酸化から守っています。安心してご利用下さい。
1回1~2錠 1日3回 毎食後 EPAとDHA(オメガ3)は皮膚や関節、血液中に広く分泌しますので、日常的な摂取量も1日500mg~1000mgほど必要だと言われています。
・EPAとDHA(オメガ3)の摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【お得なセット商品のお知らせ】
ただ今、アトピー性皮膚炎用としてEPAとDHA(オメガ3)を含めた商品をセット販売として割安にご提供させていただいております。この機会に どうぞご利用下さい。
アトピー性皮膚炎用割引セットの第2弾です。
アトピー性皮膚炎お勧め必須脂肪酸2・割引セット
5229円(税抜4980円)
EPAとDHA(オメガ3)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
カル社

EPAサプリメント

EPAサプリメントはアメリカではアレルギー内科やスキンケア内科で、皮膚や粘膜を丈夫にするために使われるほど実力のあるサプリメントです。
ただし使用者数の多さからすると、お肌の老化防止や乾燥肌の改善などの美容で使われる女性が圧倒的に多いスキンケアサプリメントです。

EPAサプリメントがスキンケア美容で使われる理由は、EPAが角質層と角質層の間に分泌される乳液状のセラミドという物質の主原料であり、お肌に潤いを与える効果がとても強い からなのです。
皮膚や粘膜を丈夫にするのも、お肌の老化を防ぐのも、お肌を綺麗に保つのも、シャワーを浴びた時に皮膚に水滴ができるのも、すべてセラミドの質の高さが関係しており、体質や加齢 によって低下するセラミドの質を、EPAサプリメントを摂取することで高めて、スキンケアを行うというのがアメリカでの常識となっています。

日本ではお肌を丈夫にしたり、綺麗にしたりするには、基礎化粧という方法が主流ですが、栄養学の研究が進んでいるアメリカでは、「お肌は体の中から作られる」ということから、皮 膚の血流を高めるビオチンを摂取し、セラミドの質を高めるEPAサプリメントを摂取します。
日本で人気のコラーゲンを作るということに於いても、肉や魚などに十分に含まれているコラーゲンを摂取するのではなく、コラーゲンの最も大切な成分である硫黄(MSMサプリメント)を摂取し弾力のあるコラーゲンを作るという、スキンケアを重視しています。

もちろん、アメリカ人女性が基礎化粧をしないという意味ではありません。
即効性を求めるには基礎化粧で対応し、お肌の老化のスピードを遅らせる体質改善には、EPAサプリメントやビオチン、MSMサプリメントが使われるという意味ですので、日本人に 足りない「体の中から栄養補給を行うスキンケア」というものに興味を持っていただければと思います。

EPAサプリメントは不飽和脂肪酸のサプリメントです。
魚を食べるとEPAが補給できるのですが、実は体内で必要な量のEPAの大部分は、体内に於いてビオチンの力を借りて作られているのです。
しかし腸内環境が悪い体質がビオチンの生産不足を招いてEPAの不足を招いたり、加齢によりビオチンやEPAの体内生産は落ちてきます。
これらのマイナスを補うために、EPAサプリメントなどが老化防止として人気になっているのです。

例えば、EPAはセラミドの原料として常に角質層に分泌されていますが、その角質層は常に垢として体外に排泄されていきます。
垢として体外に捨てられるEPAの量は多く、関節の潤滑油や内臓活動などに使われる量を加えると、1000mgほどのEPAを毎日体内で生産しなければなりません。
体内のEPAが不足すれば、内臓脂肪が付きやすくなったり、関節痛になったり、皮膚や粘膜が弱くなったり、乾燥肌や敏感肌、脂性肌にもなります。
また血液中のEPAが不足すると、血液が酸性になり、赤血球の粘度が上がり赤血球同士が付着し合って血流が悪くなります。
いわゆる血液ドロドロという状態になるわけです。

EPAはお肌の油分補給効果がありますので乾燥肌や敏感肌の改善やお肌のアンチエイジングでも人気の高いサプリメントです。
EPAは角質層を厚くして皮膚を丈夫にしたり、皮膚炎を予防する効果が期待できますのでアトピー性皮膚炎 尋常性乾癬などでも使われます。

DHAとEPAは厚生労働省も摂取を奨めている必須脂肪酸で、血液サラサラ効果や内臓脂肪の減量効果など広い範囲で健康と美容に良い影響を与えます。

アメリカのアレルギー研究ではアレルギーの原因の1つとして、腸内細菌のバランスの崩れによるビオチンの分泌不足ということが言われ定説となっています。
この理論は、腸内が悪玉菌優勢になることでアシドフィルス菌などの善玉菌が作り出すビオチンの量が少なくな り、ビオチンが体内に吸収されて作られるEPAなどの炎症を抑える働きをもつ不飽和脂肪酸が不足して、アレルギーによって引き起こされる炎症を抑制できずにアレルギーが発症する という理論です。

EPAはオメガ3系不飽和脂肪酸という脂肪酸の仲間で、食事から摂取する他に体内で作り出しています。
現代の日本人は食事から摂取するEPA(オメガ3不飽和脂肪酸)の量は減少傾向にあり、また洋食に傾いた食事が腸内環境も悪化させますので、ビオチンによって体内で作られるEPAの量も少なく、慢性的なEPAの不足を更に加速させていると警告す る栄養学者も多いようです。

アレルギー以外の方でも、皮膚や関節、血液中などに広く多く分泌されるEPAが不足していると考えられる方は多く、EPAの慢性的な不足状態に関しては、日本の厚生労働省もEP Aの不足を挙げて、EPAサプリメントの摂取を奨めています。

アメリカではEPAサプリメントはアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症尋常性乾癬などの引き起こす炎症を抑制 してアレルギー症状の予防と治療に効果があるとして人気があります。
また後述しますが、EPAサプリメントには皮膚を厚く丈夫にする効果があり、皮膚が薄いアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の方などがEPAサプリメントを摂取して丈夫な皮膚を作って 、皮膚からのアレルゲンの侵入を防ぐ方法も一般的となっています。

EPAサプリメントEPAサプリメント

この項目ではEPAサプリメントの持つ様々なアレルギー抑制効果を簡単にご説明していきます。
EPAサプリメントの持つその他の効果の詳細については後の項目でご説明します。

アメリカではEPAサプリメントはアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症などのアレルギー改善で非常に人気があります。
EPAサプリメントはビオチンヒアル ロン酸パントテン酸などのアレルギー抑制効果の高いサプリメントと併用することが多いのです。

これらのサプリメントがより効果的に働くようにしてくれるため、アメリカではEPAサプリメントに他のアレルギー対策のサプリメントを重ねることが多いようです。
このことはEPAサプリメントが非常に多岐にわたる効果を発揮する証拠とも言って良いと思います。
それでは以下にEPAサプリメントを摂取することで得られる効果をご説明したいと思います。

まず第1にEPAサプリメントにはビオチンと併用して、炎症を抑制するビオチンの効果を高める効果が挙げら れます。

アレルギーの栄養学的研究が進んでいるアメリカでは、アレルギーの改善に必要な4つの体質改善(詳しくはビオチ ンのページをご覧下さい。)の中で炎症体質の改善を初めに行うことが多いのですが、炎症抑制を行うためにビオチンというサプリメントを使用します。
この時にEPAサプリメントを併用してビオチンの炎症抑制効果を高めます。

ビオチンはリノール酸というサラダ油を変換してガンマリノレン酸を作り出します。
ガンマリノレン酸(γリノレン酸)は炎症抑制に働く消炎系プロスタグランジンというホルモンの材料となりますので、炎症の起こっている部分を沈静化する炎症抑制の効果が期待でき ます。

しかしアレルギーの体質を持っている方の多くが、ビオチンの作り出したガンマリノレン酸は消炎系プロスタグランジン に変換されるだけでなく、アラキドン酸という脂肪酸にも変換されてしまう傾向があり、アラキドン酸が炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンというホルモンの材料になっている ことから、炎症体質の酷い方では炎症が激しくなってしまうこともあるのです。
EPAサプリメントにはガンマリノレン酸がアラキドン酸に変換されるのを防ぐ働きがあります。

EPAサプリメントを摂取することで、

リノール酸 → ガンマリノレン酸(γリノレン酸) → アラキドン酸 →炎症系プロスタグランジン → 炎症の悪化
というアレルギー体質や炎症体質の方が持っている特有の炎症の流れを改善することができます。

EPAサプリメントの働きでガンマリノレン酸がアラキドン酸に変換されなければ、余ったガンマリノレン酸は炎症を抑制する消炎系プロスタグランジンに変換されて、炎症箇所の沈静 化に働く効果が期待できます。

リノール酸 → ガンマリノレン酸(γリノレン酸) → 消炎系プロスタグランジン → 炎症の沈静化

第2にEPAサプリメントにはガンマリノレン酸と併用して、ガンマリノレン酸の炎症抑制効果という良い面だけを引き出す効果が期待されています。
アメリカでの長年の研究の結果、アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症尋常性乾癬などのアレルギー体質を持っ ている方でビオチンの摂取だけで炎症抑制の効果を発揮するのは40%~50%くらいだと言われています。

ビオチンを3ヶ月~6ヶ月使用し効果を感じることができなかった方の多くには、皮膚や粘膜が薄く弱い体質や 、アレルゲンに反応する白血球が健康な方の数百倍~数万倍いるとも言われています。
こうした体質の方はEPAサプリメントをビオチンと併用し、皮膚や粘膜を厚く丈夫にする方法が必須となります。

現在のアメリカのアレルギー内科では、EPAサプリメントとビオチンを使わない医師はいないというほど、EPAサプリメントは人気があります。
EPAサプリメントとビオチンを併用することで、角質層に分泌されるセラミドという乳液状の物質の質が高まり、良いお肌ができるのです。
皮膚や粘膜が弱くなる主原因が、セラミドの質の低下と言われていますので、EPAサプリメントでセラミドの質を高めるようにすると良いでしょう。

第3にEPAサプリメントにはヒアルロン酸と併用してセラミドの質を高めたり、又はEPAサプリメント単独でセラミドの質を高めて、皮膚を厚く丈夫にする効果が期待されています 。
アメリカでの研究の結果、アトピー性皮膚炎尋常性乾癬の方の多くが皮膚が薄く弱かったり、乾燥肌や敏感肌が酷い方が多いのです。

皮膚が薄かったり、乾燥肌敏感肌の方は皮膚から侵入するアレルゲンの量が、皮膚が丈夫な方や乾燥肌や敏感肌で無い方と比べると数百倍~数万倍にも達し、ア レルゲンによって生産されるヒスタミンという炎症を起こす物質の作られる量が非常に多くなってしまうのです。

皮膚が薄い方や乾燥肌や敏感肌の方の皮膚を観察すると、EPAの分泌量が非常に少ないことが判っており、EPAの分泌異常は体質的なケースとビオチンが足りないためにEPAの体内生産量が少なくなって起こっているケースがあるようです。

体質的なEPAの分泌異常の場合はEPAサプリメントを一生摂り続けることになります。
またビオチン不足の場合は、ビオチン摂取や腸内環境の改善を1年~2年ほど行うとEPAは自分で必要量が作れるようになりますので、それまでの間はEPAサプリメントを摂取する ということになります。

EPAとヒアルロン酸は皮膚で分泌され、水と混ざって角質層を繋ぎとめる為の接着剤の役割を持つ乳液状の物 質(セラミドといいます)になります。
このセラミドはEPAの油分とヒアルロン酸と水の水分が混ざって作られることから、蒸発の非常に少ない性質を有します。
乾燥肌や敏感肌は皮膚での水分の蒸発が酷い方に多いので、EPAサプリメントを多く摂取してセラミドの質を高めて接着剤を乳液化してあげれば、乾燥肌敏感肌は改善されることが判っています。

EPAサプリメントを飲んでいる方のセラミドは質が良いので、乳液状の物質は粘着力が高く角質層を繋ぎ止めておく効果が高くなります。
角質層が剥がれやすい皮膚の薄い方はEPAサプリメントを多く摂取してセラミドを分泌させて角質層を厚く丈夫にしてください。

角質層を繋ぎとめるセラミドが極端に少ない方は、尋常性乾癬というお肌の象皮現象を起こすことが判っ ています。
こうした体質の方もEPAサプリメントが非常に効果が期待できると言われています。

第4にEPAサプリメントにはステロイド剤の問題点を軽減する働きが期待されています。

アトピー性皮膚炎尋常性 乾癬掌蹠膿疱症の方の多くがステロイド剤を経験されていると思います。
人によってはステロイドリバウンドなどを経験されていて非常にステロイド剤を嫌っている方もいらっしゃると思います。

しかし、栄養学の進んでいるアメリカではステロイド剤の使用を進んで行っている方が増えています。
その理由は、ステロイド剤を使用することで起こる問題点を栄養学的に改善できることが判ったので、ステロイド剤の本来の炎症を抑制する効果だけを感じることができるようになった からなのです。(詳細は後の項目でお届けします。)
アメリカではステロイド剤を使用する方の大部分が、EPAサプリメントとパントテン酸を併用しています。
EPAサプリメントはステロイド剤の引き起こす皮膚が薄くなる現象を防ぎ、パントテン酸はステロイドリバウンド を防ぐのです。

EPAサプリメント

アトピー性皮膚炎掌蹠膿 疱症尋常性乾癬などの引き起こす炎症を抑制しようと考える時に、炎症系プロスタグランジンとい う炎症を引き起こすホルモンの生成をいかに抑えるかというのが大きな問題の1つになります。

EPAサプリメントは炎症抑制に働くサプリメントとして非常に高い実績を誇ります。

炎症系プロスタグランジンとは炎症を促す物質で、通常アレルギーに限らず風邪などの炎症を伴う症状などを引き起こします。
今の医学界では根本的に症状を治すことができない場合は、この炎症系プロスタグランジンを抑えることでとりあえず症状を軽くするという方法が採られます。例えばアレルギーの治療ではステロイド剤がその役割を担います。このステロイド剤が体の中で炎症系プロスタグランジンの生成を阻害しているのです。
ヒトはストレスを与えられると副腎皮質刺激ホルモンを出し、それが副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を促します。副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)には炎症 の抑制効果があり、コルチゾールと呼ばれ炎症を抑える働きがあります。このコルチゾール(ステロイドホルモン)を医薬品にしたのがステロイド剤です。

コルチゾール(ステロイドホルモン)の炎症を抑えるプロセスはかなり複雑ですが、簡単に言ってしまうと炎症 系プロスタグランジンの元であるアラキドン酸の生成を阻害します。アラキドン酸はアルファリノレン酸(αリノレ ン酸)やEPA(オメガ3)やガンマリノレン酸などの仲間の不飽和脂肪酸で、ビオチンなどの助けを借り て生化学的な変換を行うことで、それぞれの必須脂肪酸に変化します。

プロスタグランジンの中には消炎(炎症を防ぐ)の方に働く性質を持つものもあります。
この消炎系プロスタグランジンは炎症を引き起こす炎症系プロスタグランジンと拮抗する形で、免疫機能を調整し炎症を抑制します。その消炎系プロスタグランジンの元となるのがガンマリノレン酸(γリノレン酸)です。
リノール酸(一般的なサラダ油)は体内でビオチンの助けを借りてEPAやガンマリノレン酸に変わりますが、 リノール酸の摂りすぎはガンマリノレン酸を生成する酵素の活性を抑制します。

アラキドン酸の摂取は肉食などから直接行えますので摂取量を減らすことが困難です。30年前と比べると日本人のアラキドン酸の摂取量は4~5倍に増えています。反面、食品からの EPAの補給は減っており、摂取するEPAサプリメントと体内で生産するEPAの量の総和が、体内で使用されるEPAの量を下回っている方が増えています。
厚生労働省でもEPAサプリメントを積極的に摂取するよう奨めています。

リノール酸を多く摂る方やガンマリノレン酸をサプリメントとして摂取している場合、EPAサプリメントを一緒に摂ると必要以上のアラキドン酸が生産されないため、炎症系のプロス タグランジンが発生しにくくなるという効果が期待できます。
また、白柳の皮ガンマリノレン酸(γ リノレン酸)、EPAサプリメントを一緒に使うと

リノール酸→EPA→ガンマリノレン酸→アラキドン酸→炎症系プロスタグランジン→炎症という一連の流れを各所でブロックして効率よくアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症尋常性乾癬の炎症を軽減する効果が期待できます。

アレルギーや炎症体質の方の多くが必須脂肪酸の変換が十分に行えていないので、体内で作られるEPAが不足 していることが判っています。
特にアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、花粉症などの皮膚や粘膜に炎症を起こすタイプの方には、EPAの生産が十分で無い方が多いことが判っています。
こうした体質の方にEPAサプリメントをおすすめします。

EPAサプリメントEPAサプリメント

EPAサプリメントには乾燥肌と敏感肌を改善する効果が期待されています。
乾燥肌や敏感肌の方の皮膚を調べてみると、皮膚の油分が少ないことが多いのです。油分が少ない乾燥肌の方の皮膚では常に水分が蒸発しやすいような角質層の構造になってしまってお り、EPAサプリメントが乾燥肌の皮膚の水分を蒸発し難い水分に変換して、乾燥しにくいお肌を作っています。
敏感肌は角質層が薄くなって乾燥肌が更に悪化して起こっている症状ですので、敏感肌の方はEPAサプリメントを摂取して角質層を厚くしたり、乾燥肌を改善することで、敏感肌の症 状の軽減が期待できます。

EPAサプリメントはお肌や髪の毛の油分として皮下で分泌される栄養素です。
食事からも摂取は可能ですが体内で使用する大部分は体内でビオチンなどが他の脂肪酸を変換して作っています 。
20歳くらいまでは比較的に十分な量のEPAが体内において生産されているのですが、加齢とともに腸内におけるビオチンの生産量が減ったり、他の脂肪酸からの変換効率が悪くなっ たりするため、25歳を過ぎるくらいから体内で作られるEPAの量が不足してきます。

また若い方でも偏食や便秘などで腸内環境が悪い方は、ビオチンが不足しますのでEPAサプリメントが有効 な場合が多くなります。

EPAはお肌の角質細胞を作る基底細胞の上の部分でヒアルロン酸と一緒に分泌されます。
EPAとヒアルロン酸と水分が混ぜられて乳液状の接着剤の様なもの(セラミドといいます)が作られて角質層と角質層を繋ぐ働きをもちます
お肌は数層~20層くらいの角質層という層に覆われています。角質細胞自体は死んでしまった細胞ですので、角質層同士を繋ぎとめておく力はなく、EPAとヒアルロン酸と水分が混 ざったセラミドが接着剤の役割をしているわけです。

乾燥肌や敏感肌の方のお肌では2つの問題が発生しています。
まず第1に、乾燥肌や敏感肌の方の角質層の表面を詳細に観察すると、10層~20層ある角質層のうち5層~10層くらいの欠損部分がたくさん見つかります。
つまり乾燥肌や敏感肌の方の皮膚には大きな穴が開いていることが多いのです。

角質層は非常に薄いので実際の目には角質層の穴は見つかりません。
見た目で欠損部分が多いかどうかを判断するには肌のキメが整っているかどうかを判断するのが一般的です。お肌が荒れたように見えたり、お肌がくすんで見えたり、キメが整っていな いお肌は欠損している可能性が高くなります。
乾燥肌敏感肌の方 は欠損している部分からEPA(オメガ3)やヒアルロン酸が少ないためにセラミドの質が悪く、乳液状にされ た水分が蒸発してしまっているのです。

乾燥肌や敏感肌の第2の問題点は、角質層に塗り込められているセラミドの水分が蒸発しやすい水分であることが多いのです。
セラミドはできるだけ乳液状であるものが理想とされています。
乳液とは油と水が混ざり合った状態の物質です。
ヒアルロン酸と水だけでゼリー状になった水分や、ヒアルロン酸の少ない水分と比べて、EPAとヒアルロン酸と水分の混ざった乳液状のセラミドは非常に蒸発し難い性質を持ちます。

例えば、角質層に大きな穴が開いていても多くのEPAとヒアルロン酸と水の混ざったセラミドなら、それほど 簡単に蒸発はしません。
そもそもEPAとヒアルロン酸が十分に分泌しているお肌では角質層の欠損などという現象は起こらないのです。
つまり、乾燥肌と敏感肌の2つの問題点を引き起こしている原因は、皮膚でのEPAの分泌不足によるセラミドの質の低下なのです。

乾燥肌や敏感肌とは少し話が外れますが、お肌のキメを整えるというスキンケアの基本は、角質層でのEPA(オメガ3 )とヒアルロン酸の分泌が十分でセラミドの質が良ければ、角質層の接着剤が十分に作られるわけですから、広い角質層の表面が所々剥がれるということは起こりにくくなり、キメの整 ったお肌を作ることができるようになります。
お肌のキメを整えるためにピーリングなどを行うこともあるかと思いますが、キメの整っていないお肌はもともとが薄いケースが多いので、無理にピーリングで剥いてしまうと更に角質 層が薄くなり、乾燥肌や敏感肌を悪化させてしまうこともあるようです。

若い頃にシャワーを浴びた時にシャワーの水が玉の様になってお肌を滑るなんてことがありましたが、これは皮下で十分にEPAが分泌され質の良いセラミドが作られていたために、お 肌の油分が足りていて起こった現象です。
乾燥肌や敏感肌の方の皮膚ではEPAによる油分が不足によりセラミドの質が低下しているので、お肌の水が玉になることも少ないと思われます。

アメリカでは乾燥肌や敏感肌でない方でも、EPAを補給すると、セラミドの質が高まりお肌の油分補給ができて水を弾くお肌が作れるとして、EPAサプリメントは非常に人気があり ます。
特に30歳代以降の女性がEPAサプリメントを補給してスキンケアに役立てているケースは非常に多く、EPAサプリ メントは基礎化粧の1つと認識されています。

シャワーだけの話ではなく、乾燥肌敏感肌の方は水仕事などで肌が荒れやすいのですが、概してEPAやヒアルロン酸の分泌が悪くセラミドの質が低いか、MSMが足りていないためにコラーゲン密度の低い、水の滲み込みやすいお肌が作られています。

アトピー性皮膚炎の方の中には、EPAやヒアルロン酸のセラミドの分泌が悪いために、極端に皮膚が薄くなっ て赤黒いお肌になってしまっている方や、粉を吹いたようになったお肌の方がいらっしゃいますが、角質層の薄さが細菌感染やアレルゲンの侵入による炎症を起こさせていることが多い ようです。

健康そうに見えるお肌でもEPAやヒアルロン酸の分泌が悪くセラミドの質が低い方は角質層が薄く、トラブル肌や乾燥肌や敏感肌などになりやすくなります。
乾燥肌や敏感肌の方は硫黄不足によるコラーゲン密度が低いお肌の方が多いので、EPAサプリメントとヒアルロン酸の他にコラーゲンを作るためのMSMサプリメントの摂取も効果的です。

アメリカ人は体重が重い方が多いため股関節症や膝関節症の原因の変形性股関節症や変形性膝関節症という病気に罹る方が多いのです。
統計でいけば股関節症や膝関節症は予備軍を含めて5000万人という数字も発表されており、栄養学的研究の先進国であるアメリカでは変形性股関節症や変形性膝関節症の栄養学的研 究が非常に進んでいます。

そのアメリカでEPAサプリメントに非常な注目が集まっており、EPAサプリメントの摂取を奨める変形性股関節症や変形性膝関節症の専門家も多くいます。
EPAは一緒に分泌されるヒアルロン酸などと混ざって、ヌルヌルのセラミドという成分を作ります。
アメリカで行われた変形性股関節症や変形性膝関節症の研究で非常に高い効果を発揮した実験では、以下の栄養素の摂取を薦めています。

EPAサプリメントとヒアルロン酸は股関節や膝関節などの関節で分泌されてセラミドという乳液状の物質を作 っていて、上下の関節が擦れ合わないようにする潤滑油の役割の効果が期待でき、変形性股関節症や変形性膝関節症の痛みの改善と関節の変形の予防の効果が期待されています。

グルコサミンコンドロイチンは軟 骨の材料となり、変形性股関節症や変形性膝関節症の改善と予防の効果が期待されています。

MSMサプリメントは軟骨の弾力を保つためのコラーゲンの原料となりますので、変形性股関節症や変形性膝関 節症の方の弱い軟骨を丈夫にし、変形し難い関節に改善してくれる効果が期待されています。

ビタミンB群ビタミンCサプリメント は軟骨を作ったりコラーゲンを作ったりするためにタンパク質の代謝を高める効果が期待されています。変形性股関節症や変形性膝関節症の方の関節再形成の際に、タンパク質の代 謝を良くして軟骨の形成の能力を向上させる効果が期待されています。

若い方でも屈伸をするとポキポキと音がするような場合は、セラミドの質が低く軟骨同士がぶつかっている可能性が高いので、将来において変形性股関節症や変形性膝関節症を起こす可 能性があります。
セラミドの質が低い方には潤滑油であるEPAサプリメントの摂取による変形性股関節症や変形性膝関節症の予防をおすすめします。
アメリカでは60歳代までは股関節や膝関節の健康の維持心がけるように多くの医師やFDA(米国食品医薬品局)が呼びかけています。
この呼びかけで最も奨められているのがEPAサプリメントです。

日本では変形性関節症の治療として関節へのヒアルロン酸注射が行われていますが、セラミドの質を高めるにはヒアルロン酸よりも油分であるEPAの方が効果が高いとして、EPAサ プリメントの使用を奨める専門家も多いのです。

EPAサプリメントEPAサプリメント

EPAはオメガ3系の多価不飽和脂肪酸でIPAとも呼ばれています。
EPA(オメガ3)のその他の生理作用としては血液をサラサラにし、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中、高血圧を予防する効果が期待されています。
DHAはオメガ3系の多価不飽和脂肪酸で、体内でEPA(オメガ3)から合成されます。
DHAの生理作用はコレステロールや中性脂肪を減らし、脳卒中や痴呆、虚血性心臓疾患、高血圧、動脈硬化、大腸炎、高脂血症、皮膚炎の予防や改善に効果が期待されています。

EPAサプリメントは脂質代謝の異常や糖代謝の異常と、糖尿病や動脈硬化や高血圧が重なることで起こるメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)を、改善 するためにアメリカで非常に人気があります。
メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)に糖尿病を併発しそうな方は、EPAサプリメントにアルファリ ポ酸クロムを組み合わせるのがお勧めです。

また最近ではEPAサプリメントにはお腹につくタイプの内臓脂肪(主に中性脂肪)を減らす効果が期待されており、痩せているのにお腹がポッコリ出ているタイプの方にはお勧めです 。メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)は内臓脂肪(お腹周りのサイズ)が1つの指標となっていますので、EPAサプリメントとググルを併用し内臓脂肪やメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の改善に努めてください。
メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)にはダイエットが欠かせませんので、カルニチンをおすすめします。

ダイエットにおいて食欲を満足させることはダイエットの成功に大きく影響を及ぼします。
EPAサプリメントやガンマリノレン酸などの不飽和脂肪酸サプリメントを食事と一緒に摂ると食事に満足する 傾向があります。ダイエットをしていて食欲を抑えられない方や、ついつい食べ過ぎてしまう方にはEPAサプリメントをおすすめします。
アメリカでは血液をサラサラにして効率よくダイエットを行うためにEPAサプリメントを取り入れる方もかなり増えているそうです。

メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)とは離れますが、メタボリックシンドロームを気にする世代に奨めたいのが、DHAの健脳食とも呼ばれる効果です。
DHAは脳や神経組織に多く存在し、それらの発育や機能維持に重要な役割を果たしています。
DHAサプリメントには老化に伴う記憶能力の低下や視力の低下、痴呆などにも効果が期待されています。
DHAを脳トレサプリメントなどと併用することで、より多角的な能力開発に効果が期待できます。
是非マルチビタミンと一緒にEPAサプリメントとして補給してください。

EPAサプリメントを含めて当ショップの扱うサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているサプリメントはありませ ん。すべて食品という分類になります。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者が自分自身のアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの発症の原因を追究し、その原因に合ったサプリメントを選ぶことで効果的 にアレルギーの改善効果が期待できるようになるのです。

家族や友人が効果を発揮したアレルギーサプリメントが、自分に効果を発揮するかは試してみて判ることで、他人と同様の効果が絶対に得られるという保証は無いのです。
これはアトピー性皮膚炎などのアレルギーの発症の原因(体質)が大きく分けて4つあり、それぞれの原因の度合いが個人個人で違っているため、どの原因に対応するサプリメントを先 に摂るかが非常に大切になってくるからなのです。

アメリカのアレルギーを研究する研究者の多くは、アレルギーは4つの体質が重なった時に発症し、アレルギーを完全に 改善するには4つの体質を1つ1つ根本的に改善していくしかないと言っています。

4つの体質とは、

アメリカではステロイド剤以外に栄養学的なアプローチでアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほ うしょう)などのアレルギーの改善の研究が進んでいますが、サプリメントによるアレルギーに関係する体質の改善 は可能であるとする研究者が多く、高い実績を上げています。
4つの体質改善で実績を上げているサプリメントは以下の通りです。

炎症体質にはビオチンやガンマリノレン酸ブロメラインパントテン酸。

腸内環境には善玉菌サプリメント食物 繊維
腸内環境の改善にはビオチン生産の向上とアレルゲンによるグロブリン免疫抗体の異常分泌の抑制の両方の効 果が期待されています。

薄い皮膚にはコラーゲンをつくる材料であるMSMやEPAサプリメントやヒアルロン酸でセラミドの質を高めることとパントテン酸によるス テロイドホルモンの分泌が必要です。

ヒスタミンの抑制にはケルセチンアス タキサンチンボスウェリアで、痒みや痛みを改善してください。

上記のアレルギーを引き起こす4つの体質についてはアメリカではビオチンによる炎症体質の改善から始める事が多いようです。
例えば、体質的に皮膚が弱いと感じるようであれば皮膚を丈夫にするヒアルロン酸やEPA(オメガ3)をビオ チン(ビタミンH)と併用し、腸内環境が悪そうであれば善玉菌サプリメントをビオチンと併用すると良いでし ょう。

また、ビオチンを摂って変化が出た方は腸内で善玉菌がビオチンを作れていないということですので、必ず腸内環 境の改善を行う。
など体質に合わせて摂るアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなければなりません。

またビオチンよる炎症体質改善や善玉菌による腸内環境の改善と平行して、外からアレルゲンが入らないような 丈夫な皮膚を作るということもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)では重要視しています。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)の方の皮膚の状態を見ると角質層が薄く皮膚が弱い方が多いのです。こうした体質の方はヒアルロン酸やEPAサプリメン トによって角質層を厚くしていくのが効果的です。

アトピー性皮膚炎掌蹠膿 疱症尋常性乾癬などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質が 重なって発症するという意味で同じ病気であるというのが、アメリカのアレルギーを研究している栄養学者の共通する意見です。
同じ4つの体質を持っていても、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬になりやすく、皮膚が丈夫で粘膜が弱い方はアレルギー性鼻炎や花粉症になりやすい。

また、年配の方で皮膚の油分が少なくなってくると掌蹠膿疱症(掌せき膿胞症、掌跡膿胞症)や乾燥肌や敏感肌が発症しやすくなる傾向があるなど、今までに多くの栄養学者が研究した 成果がアメリカの栄養学にはたくさんあります。
アレルギーの研究でEPAサプリメントなどのアレルギーサプリメントを使用した実験の期間は6~12ヶ月といわれています。できるだけ結果を出すためには長期でのアレルギーサプ リメントの摂取をおすすめしています。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店長までご相談下さい。

日本におけるアトピー性皮膚炎などのアレルギーの治療法は主にステロイド剤やステロイドホルモンという医薬 品が中心です。
アメリカにおいてもアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の治療にステロイド剤などを使い炎症を抑制する試み は多く行われています。

ステロイドリバウンドの経験者などステロイド剤の使用を非常に嫌う方がいらっしゃいますが、アレルギー患者が多く、アレルギー研究の進んでいるアメリカではステロイド剤の使用を 嫌う方が10年くらい前と比べると非常に減っています。
それはステロイド剤の炎症を抑えるという非常に高い効果を享受しながら、アレルギーサプリメントによってステロイド剤の悪い点を克服できるようになったからなのです。
ステロイド剤使用で起こる問題点は以下の通りです。

アメリカでのステロイド剤の一般的な使い方をご紹介します。
どうしても炎症の抑えられない部分にステロイド剤を使用します。
ステロイド剤の使用で減る皮膚で分泌されるヒアルロン酸を、ヒアルロン酸サプリメントを経口摂取することで 補い皮膚が薄くなるのを防ぐ。

ステロイド剤の使用で減るコルチゾールというホルモンの分泌量を減らさないようにするために、パントテン酸 を摂取して副腎皮質を強化します。
ステロイドホルモンは炎症抑制にも働きますが、皮膚で分泌されたヒアルロン酸が外的要因によって壊されるのを防ぐ働きがあるので、皮膚を厚い状態に保ちお肌を丈夫にする効果が期 待できます。

合衆国食品医薬品局(FDA)が推し進める大学などの各種研究機関でのアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症などのアレルギーの栄養学的研究は日本の20年は進んでいると言われています。
その中で注目されているのがアレルギーサプリメントによる体質改善でアレルギーを改善しようという流れです。

ステロイド剤や副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)などの医薬品と併用して、アレルギーサプリメントによる体質の改善を行って、アレルギーを根本的に改善していこうとするア メリカでの動きをご紹介しました。

アメリカではアレルギーサプリメントによるアレルギーの改善実験が非常にたくさん行われています。
これらの実験を翻訳・要約したものをご用意いたしました。できましたらサプリメントを摂られると同時に理論武装をしていただければと思います。
栄養学とサプリメント

EPAサプリメントEPAサプリメント

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

EPAとDHA(オメガ3)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です 。

お客様よりお受けした、EPAサプリメントに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このEPAとDHA(オメガ3)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

臩뚁臣
サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.