サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

ケルセチン

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

08月20日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

アレルギー用ケルセチン

■ケルセチンはアレルゲンに対する反応を穏やかにしてくれ、ドイツでは抗ヒスタミン剤として医薬品に認定されています。
■ケルセチンによる体質の改善には半年~2年ほどの時間がかかるため、他の体質改善と併用する事もあります。
■アレルギーの原因からどのような体質改善を目指すのか、目的に合わせたサプリメント選びを!
ケルセチン(抗ヒスタミン剤)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このケルセチン(抗ヒスタミン剤)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

アレルギー用ケルセチン
10505
3,110  (税抜 2,880円 )
ご購入個数  個
90カプセル
21×7×7(㎜)
1錠中
ケルセチン:500mg
1回2~3錠、1日2~3回
ケルセチンはできれば毎食後の摂取をおすすめします。
ケルセチンは通常は半年~2年ほどの摂取を行いますと体質改善の効果が期待できます。
・ケルセチンの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
【お得なセット商品のお知らせ】
花粉症用としてケルセチンを含めた商品をセット販売として割安にご提供させていただいております。ケルセチンなどにより花粉症に対して様々な角度からアプローチが可能になり、幅広く体質を選ばない商品構成となっています。
今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セット
9940円 → 6804円(税抜6480円)
ケルセチン(抗ヒスタミン剤)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
ソラレー社

ケルセチン

ケルセチンアレルゲンに対する反応を緩やかにしてくれる効果が認められ、ドイツで抗ヒスタミン剤として医薬品に認定されています。

ケルセチンでアレルギー体質を根本的に改善してみませんか?
ケルセチンはアレルゲンに対して敏感に反応してしまう免疫機構(肥満細胞)を穏やかにして、皮膚のかゆみや炎症の原因となるヒスタミンの過剰な分泌を抑制 します。

ただし、アメリカではケルセチンはアレルギー体質改善の一番最後に摂取されることが多いようです。
アレルギー体質の改善で高い評価を受けるケルセチンですが、皮膚が薄く外からアレルゲンがどんどん入ってきてしまうような状態では、ケルセチンの肥満細胞を鈍くする効果を期待す ることは難しいのです。

アレルギーの体質を作る4つの原因を記しますので、どの体質が一番悪いかを判断して、どの体質改善からやっていったら良いかの判断材料にしてください。
1、皮膚が弱い体質(乾燥肌や敏感肌も含む)
2、腸内環境が悪玉菌優勢の体質
3、炎症が抑制できない体質
4、肥満細胞が過敏でヒスタミンを大量分泌してしまう体質(ケルセチンで対応)。

皮膚が弱い方はEPAを摂取したり、炎症やかゆみが酷い方はビオチンを摂取したり、腸内環境が悪くアレルゲンに過敏に反応してしまう方は善玉菌サプリメントを摂取したりすることを優先することが多いようです。
ケルセチンは肥満細胞を鈍くする効果で抗ヒスタミン剤として使われます。

アレルギー体質の4つの原因で最も悪い部分から改善していかなければ、効果的な改善は難しいようです。
ただし、ケルセチンによるアレルギー体質の改善には半年~2年ほどかかり時間がかかります。

ケルセチンはアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症、花粉症やアレルギー性鼻炎などでも高い評価を受けています。

ケルセチンはハーブ研究の進んでいるヨーロッパでは抗ヒスタミン剤として医薬品認定されているサプリメントです。
15年ほど前にドイツが国をあげて行ったコミッションEという様々なハーブ類の効果を検証する大規模な実験でも、ケルセチンは非常に高いヒスタミン抑制効果を発揮し、世界的にそ の抗ヒスタミン剤としての効果が注目されました。
アメリカのアレルギー内科でもコミッションEを元に研究を進めており、ケルセチンの抗ヒスタミン剤としての効果が確認されています。

ケルセチンのヒスタミン抑制能力は高く、永続するため、ケルセチンサプリメントはアレルギー体質(ヒスタミ ンが大量に作られる体質)を根本的に改善する効果が期待できるとして、人気の高い抗ヒスタミン剤サプリメントです。
ただしケルセチンによる抗ヒスタミン剤としての効果は、ケルセチンサプリメントの半年~2年ほどの摂取期間が必要で、ケルセチンによるヒスタミン抑制に関しては即効性は期待でき ません。

ただし多くのケルセチンの実験から判っていることは、ケルセチンによるヒスタミン抑制は半年~2年ほどのケルセチンの摂取を行えば体質が改善し、ケルセチンサプリメントの摂取を 止めることができるということです。
ケルセチンはアレルギーサプリメントとして優秀と言えるでしょう。

アメリカではアレルギーサプリメントを使ってアレルギー改善のための4つの方法(後述)のを行う時には、ケルセチン によるヒスタミン抑制は最後の方に持ってくることが多いようです。
これはケルセチンによるヒスタミン分泌異常の体質改善が行われるのに時間がかかるため、アレルギーの症状自体を別の3つの方法で改善してから行うという意味があるようです。(た だしヒスタミンの分泌異常が甚だしい体質の場合は、ケルセチンによるヒスタミン分泌を改善しなければなかなか炎症を抑えることができませんので、ケルセチンサプリメントの摂取を 優先するケースもあります。)

アレルギーを改善するために必要なことは大きく4つに分けることができます。

最近の日本でもサプリメントによるアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症花粉症アレルギー性鼻炎尋常性乾癬などの改善が行われて います。

日本で行われているアレルギー改善方法の大部分がビオチンによる炎症を抑制する方法です。
アメリカンビタミンショップでもアレルギーサプリメントの主要商品である、ビオチンパントテン酸EPAなどは炎症抑制を するサプリメントです。

ケルセチンによるヒスタミン抑制や腸内環境の改善などの根本的な改善を行わずに、ビオチンなどによる炎症 抑制だけで体質改善を終えてしまう方の多くが、体調の低下や季節的な変化でアトピー性皮膚炎などの症状をぶり返しているという報告がありますので、アレルギーの根本的な改善を栄 養学的に2年~4年ほどかけて行っていく方法をおすすめします。

根本的なアレルギー改善とは何か?。
アメリカのアレルギー内科ではビオチンなどによる炎症抑制を初めに行うということは認めていますが、これは アレルギーの改善ではなく単なる炎症体質の改善であるとしています。
多くの栄養学者が目指す根本的なアレルギー改善とはヒスタミンの分泌異常を抑制する方法でケルセチンを使います。

例えば、アレルギー体質でない方で皮膚に吹き出物が出たり、内臓などが炎症を起こしたりする体質の方も多くいますが、これも炎症体質ですのでビオチンやパントテン酸などの炎症抑制系サプリメントを使います。
アレルギー体質でない方はアレルゲンとなりうる物質が体内に侵入したとしてもまったく反応することはありませんが、アレルギー体質の方は、本来は敵と判断するべきでない物質にでも敵と判断し、免疫機構が過剰に反応してヒスタミンの大量分泌を行っている ので、ケルセチンを使ってヒスタミン分泌異常を緩やかにしていく必要があります。

ケルセチンケルセチン

アレルギーは本来は無害なアレルゲンに反応して大量に分泌されるグロブリンという免疫抗体が、肥満細胞(マスト細胞ともいいます)のレセプターに差し込まれて、肥満細胞の中に大 量のヒスタミンが作られることから始まります。
ヒスタミンが肥満細胞内に溜め込まれて限界に達すると、肥満細胞の細胞膜を破って血清中に大量のヒスタミンが流れ出し、過剰な免疫防御反応によって各部に炎症が起こります。(そ れを防ぐのがケルセチンの抗ヒスタミン効果です)

ヒスタミンによる炎症のでかたはアレルギーの種類によって違っていて、アトピー性皮膚炎尋常性乾癬は皮膚のかゆみや皮膚炎として現れ、掌蹠膿疱症は手足の膿胞や骨の痛みとして現れ、アレルギー性鼻炎は目や鼻の炎症として現れることが多いようです。
これがアレルギーです。

アメリカやヨーロッパでのケルセチンを使った抗ヒスタミン剤の実験が多くありますが、ケルセチンを摂取すると肥満細胞がグロブリンに対して過剰な応を引き起こさ なくなり、ヒスタミンも作られにくくなりますので根本的なアレルギーの改善に繋がる効果が期待できるとしています。
ケルセチンのこういったヒスタミンを抑制する効果をしきい値を高めるとか引き上げると表現します。

ケルセチンはアレルゲンに反応する体質を改善していく効果が期待できますが、効果を感じるには時間はかかる場合もあります。
しかしヒスタミン分泌異常体質の改善という意味で、是非ケルセチンは長期で摂取していただきたいサプリメントです。

先の項目でも触れていますが、アメリカで行った実験ではケルセチンの摂取によるヒスタミン生産量の低下には半年~2年くらい必要だとされています。
つまりケルセチンによるヒスタミン分泌異常というアレルギー体質の改善には時間がかかります。
よって、ケルセチンの摂取の間にもヒスタミンは作られていて炎症やかゆみが起こってしまうこともあると思いますので、作られたヒスタミンに取り付いてヒスタミンを無害化するアスタキサンチンを使い、ヒスタミンが末梢神経に干渉して脳に皮膚のかゆみとしての情報を伝える部分を遮断し て、脳にかゆみや痛みの情報を伝えないようにするのもよいと思います。

ケルセチンはビタミンCと併用することで、より効率良くヒスタミン抑制効果を高めることが確認されています ので、アレルギー性鼻炎や花粉症、アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症などのアレルギー改善 に是非活用してみてください。

アレルギーの改善にはケルセチンの摂取だけではなく、様々な方向からのアプローチが効果的です。
丈夫な皮膚を作って角質層からのアレルゲンの侵入を防ぐビオチンEPAもお勧めです。
アレルギーの改善は1つの方法に拘らずイロイロな方法を上手に組み合わせて行うのがアメリカのアレルギー内科では常識になっています。

ビオチンなどの炎症抑制サプリメントを摂られている方が、ケルセチンやパントテン酸などのアレルギーサプリメントで別の方向からアプローチをするという方法は、非常によい方法であるということでアメリカのア レルギー内科では一般的に用いられています。

ケルセチン

ケルセチンはヨーロッパでかなり研究の進められている主に柑橘類から採れるフラボノイドで、抗ヒスタミン剤としての働きだけでなく、様々な方向から花粉症の炎症を緩和するといわ れているアレルギーサプリメントです。

このケルセチンは、アメリカやヨーロッパのアレルギー内科に於いてアレルギー性鼻炎の根本的な改善を 目指すために長期間使用されて高い評価を得ています。
ケルセチンはたまねぎから抽出したものが日本では有名ですが、このケルセチンサプリメントに使われているケルセチンは、ケルセチンの抽出に最も適しているといわれる青緑藻という 海藻から抽出されています。

アメリカでの研究によるとケルセチンが花粉症に対して効果を発揮する部分は2箇所あります。
先の項目でも書いているヒスタミン抑制の効果と、ケルセチンの成分の1つであるフラボノイドという抗酸化 剤をたくさん含むことによる、炎症の抑制という効果です。
アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの場合、炎症を起こしている箇所で大量の活性酸素が発生して いることが判っており、この活性酸素が粘膜や毛細血管を傷つけてしまい、更に炎症がひどくなるという炎症の悪循環が起こっています。

こうした炎症の悪循環は花粉症の方だけでなくアレルギー体質の方全体が持っている体質です。
炎症の悪循環の根本的な原因はビオチンの不足などの炎症に関係するアレルギーサプリメントが担当しますが、 起こってしまっている炎症を抑制するにはビタミンCベータカロチン(ビタミンA)ビタミンEアントシアニンピクノジェノールなど の抗酸化剤が担当します。

ケルセチンにはたくさんのフラボノイドが含まれていますので、ケルセチン自体に炎症を抑制する高い効果が期待されています。
抗酸化サプリメントとケルセチンを併用して花粉症の炎症体質を改善してください。

ケルセチンによって花粉症の炎症を抑制する場合は、体質改善のために花粉症の季節以外でもケルセチンを飲んでおいたほうが良いとされています。
アメリカではケルセチンのヒスタミン抑制の効果を高めるために、花粉症の始まる3ヶ月~6ヶ月くらい前からケルセチンの摂取を始める方が多いようです。

ケルセチンと併用することで炎症を抑制するための抗酸化サプリメントとして使える と先の項目で触れていますが、このケルセチンとの組み合わせは、副腎皮質の機能を高めてアレルギーによる炎症を起こさせないようにするステロイドホルモン)の分泌を増やす効果が 期待できます。
ケルセチンにパントテン酸を組み合わせて副腎皮質の機能を高めてステロイドホルモンを分泌する方法も高い評 価を得ています。

人はストレスを与えられると副腎皮質刺激ホルモンを分泌し、それが副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を促します。
このステロイドホルモンには炎症の抑制効果がありコルチゾールと呼ばれています。
このステロイドホルモンを医薬品にしたのがステロイド剤です。

アメリカのアレルギー内科では医薬品のステロイド剤を投与する時は、自分で副腎皮質から分泌するステロイドホルモンが減らないように、パントテン酸やケルセチンを併用し、ステロイドリバウンドを起こ さないように注意することが多いようです。

ケルセチンによって分泌されるステロイドホルモンの炎症を抑えるプロセスはかなり複雑ですが、簡単にいってしまうと炎症を酷くする炎症系のプロスタグランジンの材料となるアラキ ドン酸の生成を阻害します。
副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)は副腎皮質というところから分泌されるわけですが、アトピー性皮 膚炎掌蹠膿疱症尋常 性乾癬などのアレルギー体質の方の副腎皮質は普通の状態とくらべると弱っていることが多いのです。

パントテン酸やケルセチンの摂取で副腎皮質の感受性を上げて、自分でステロイドホルモンの分泌ができるよう にすることが、アレルギー改善への重要なアプローチの1つになるとアメリカのアレルギー内科では言っています。

ケルセチンケルセチン

ケルセチンは花粉というアレルゲンに反応しにくくするために、花粉症の始まる時期の前から摂取していた方が良いアレルギーサプリメントですが、症状が悪化してから使うサプリメントとしてはブ ロメラインがあります。

ブロメラインはケルセチンと同じくらいにメジャーなサプリですが、目や鼻の炎症を悪化させるフィブリンという物質を取り除き、炎症部分の血流を上げて活性酸素の発生による血管の炎症を防ぐことが確認されており非常な人気サプリメントです。
花粉症が始まってしまってもケルセチンによる根本的な改善とブロメラインによる対症療法の併用で花粉症やア レルギー性鼻炎が改善しやすくなることがアメリカのアレルギー内科での実験で判っています。

ケルセチンはアレルギーサプリメントというだけではなく、デトックスとしても高く評価されています。
ケルセチンのデトックス効果は主に重金属の排泄に対して効果が期待できるとされ、lシステインというサプリ メントと併用して更なる重金属の排泄を行う方がアメリカでは多いようです。

ケルセチンがデトックスを担当する重金属は有害である場合が多く、体内に多く蓄積されるとホルモン分泌を鈍らせたり、細胞の新生にも影響が出て新陳代謝基礎代謝が鈍ることが判っ ています。

重金属の蓄積はセルライトの原因の1つでもあり、ケルセチンはセルライトを予防するサプリとしても人気です。
セルライトは白色脂肪細胞に取り込まれた脂肪が減りにくくなる体質を言い、白色脂肪細胞の働きが鈍ることで起こるといわれています。
ケルセチンを食後に摂取することで食事から入ってきた重金属が血液中から白色脂肪細胞に取り込まれる際に邪魔をしてデトックスしてくれる効果が期待できます。
白色脂肪細胞に取り込まれた重金属はかなりハードな運動をしなければ白色脂肪細胞から排出はできませんので、ケルセチンを使ってできるだけ重金属が白色脂肪細胞に取り込まれない ようにしてセルライトを予防してください。

最後に、腸に善玉菌が定着しコロニーを作る前に、悪玉菌の出す悪い物質によって多くの善玉菌が死滅してしま うのですが、ケルセチンを使って、これを守るためのデトックス研究も進んできました。
アメリカではアレルギーの方の多くが善玉菌サプリメントを使っていますが、ケルセチンと併用している方が統 計的に腸内環境の改善が早い傾向があることが判り、研究の結果、ケルセチンに大量に含まれるフラボノイド が善玉菌を守っていたことが判りました。

ケルセチンケルセチン

ケルセチンを含めて当ショップの扱うサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているサプリメントはありません。すべ て食品という分類になります。
サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。

炎症体質にはケルセチンだけではなく、ビオチンブロメラインパントテン酸などの併用が有効です。

ヒスタミンの抑制にはケルセチンアスタキサンチンの併用が有効です。

アトピー性皮膚炎掌蹠膿 疱症を引き起こす体質については、アメリカのアレルギー内科ではビオチンによる炎症体質の改善から始め る事が多いようです。
つまり、体質に合わせてアレルギーサプリメントを変えていくという方法を行わなければなりません。

尋常性乾癬アレルギー性 鼻炎などのアレルギーは症状が違うために別の病気と見られていますが、4つの体質が重なって発症するという意味で同じ体質であるというのが、アメリカのアレルギー内科での共 通する意見です。
同じ4つの体質を持っていても、皮膚の弱い方はアトピー性皮膚炎になりやすく、皮膚が丈夫な方は花粉症になりやすいなど、個人の細かい条件によって発症するアレルギーは違ってく るのです。

もし、アレルギーサプリメントを選ぶ段階でご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして、ご遠慮なく店 長までご相談下さい。

ケルセチンの摂取に必要な安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

ケルセチンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、ケルセチンに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このケルセチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.