サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

商品詳細 ヒアルロン酸ジェル(ピンスポットで角質層のトラブルにどうぞ)

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

01月19日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

ヒアルロン酸ジェル(ピンスポットで角質層のトラブルにどうぞ)

こちらの商品は終売となりました。
長らくのご愛顧誠にありがとうございました。
同様の商品といたしまして、100%ピュアヒアルロン酸美容液をご用意しておりますので、よろしければ、今後はこちらをご愛顧くださいますよう、お願いいたします。

■角質層の生成や、水分・油分保持に効果を発揮し、肌のキメを細かく、瑞々してくれる効果や、関節痛を和らげるなど日本でも知名度抜群!
■皮膚の炎症部分にピンスポット的に塗布! 角質層の剥がれを防いでくれます。
■目尻や口元などにも! 角質層に保湿効果の高いジェルを補給してみてください。
≪このヒアルロン酸ジェルのページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

ヒアルロン酸ジェル(ピンスポットで角質層のトラブルにどうぞ)
10229
4,298  (税抜 3,980円 )
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
0.5オンス(15g)入
ヒアルロン酸ナトリウム

ポリアクリルアミド
イソパラフィン
ローレス
サイクロメチコーン
ディメチコーン
Coポリマー
メチルパラベン
プロピルパラベン
乾燥部分や炎症部分のお肌に適宜・適量
・摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております
カル社

ヒアルロン酸化粧品

ヒアルロン酸を目尻や口元などのシワや乾燥の気になる部分につけて角質層に保湿効果の高いジェルを補給しませんか?
ヒアルロン酸は6000倍もの水分をジェル化して、何重にもなっている角質層と角質層の間に入り込み、真皮から供給される水分を角質層の間に留めて、みずみずしいお肌を手に入れることができるとして人気があります。
アトピー性皮膚炎の方や20歳を過ぎる頃から体内で産生される高分子のヒアルロン酸の量が減ることで、お肌のトラブルが起こるといわれています。
どうしても再発してしまう皮膚の炎症部分にピンスポット的に塗布して、角質層の剥がれを防いで角質層の破れからアレルゲンが侵入するのを防いでみてください。

ヒアルロン酸には2種類の使い方があります。
1つは飲んで吸収し体内で代謝して体の中からキレイになるヒアルロン酸
2つ目はこのヒアルロン酸化粧品の様に顔や乾燥した部分につけて直接にヒアルロン酸を補給する方法です どちらが良いかという問題ではなくケースバイケースで使い分けてください。

アトピー性皮膚炎の方では高分子のヒアルロン酸の分泌が低いことが判っており、このヒアルロン酸の分泌不足が角質層の剥がれを起こして皮膚を薄くしてアレルゲンの侵入を容易に許してしまい皮膚の炎症の悪循環に陥っていることが判っています。
このヒアルロン酸化粧品はどうしても改善しない炎症部分にピンスポットでお使いいただくとより効果的です。

ヒアルロン酸の変形性関節炎の改善などの体内での作用については飲むヒアルロン酸の商品カタログで詳しい説明がありますので、そちらをご覧ください。

ヒアルロン酸化粧品

目や口元は皮膚の下の筋肉に引っ張られて皮膚が動くことが多いためしわなどの老化が目立つ部分です。
特に真皮と表皮での高分子のヒアルロン酸の産生が減るとシワなどの問題が発生しやすくなります。

ヒアルロン酸は何重もの角質層と角質層の間を埋めて角質層間の水分をジェル化してゼリーのようになり角質層同士や角質細胞同士が固着しないようにしています。

角質層と角質層の間、及び、角質細胞と角質細胞の間にヒアルロン酸が少なくなるとゼリー状のクッションが少なくなり層と層、細胞と細胞がくっついてしまうと特に動きの多い部分(目尻や口の脇など)でしわになりやすいことが判っています。
ヒアルロン酸化粧品でピンスポット的に問題部分に水分を補給してあげてください。

ヒアルロン酸ジェルヒアルロン酸ジェル

最近のアメリカのアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(掌蹠膿胞症・掌跡膿胞症・掌せき膿胞症)を研究する研究者の間には ビオチン必須脂肪酸亜鉛などの栄養摂取による根本的なアレルギー改善と並行して、ヒアルロン酸やEPA(オメガ3)によって皮膚形成の正常化を行い皮膚バリアを丈夫にする必要があるとする方が多いようです。
ヒアルロン酸サプリメントで正常な皮膚を作ることは皮膚バリアを丈夫にすることになり、皮膚バリアが丈夫になれば皮膚からのアレルゲンの侵入を防ぎ、必要以上の免疫機構の暴走が起こらなくなりアレルギーの悪循環を断つ効果が期待できます。
皮膚バリアを丈夫にするためには皮膚の形成に関わるターンオーバーを正常化する必要があります。

お肌は大きく分けると3層に分かれており上から表皮(角質層)、皮下組織(基底細胞)、真皮という構造になっています。
皮下組織の基底細胞で生まれた皮膚細胞(コラーゲンが主成分)が垢やフケとなって表皮から剥がれるまでの期間をターンオーバーといい45日が理想とされています。(アトピー性皮膚炎の場合は15日くらいになってしまいます。)
お肌の水分を保つヒアルロン酸やコンドロイチンやグルコサミンなどのムコ多糖類とお肌の油分を保つEPAオメガ3)、またコラーゲンが足りない皮下組織では基底細胞の下にある毛細血管から十分な量と種類の栄養素が取り込めませんので、ターンオーバーが早まったり遅くなったりして正常な角質細胞の角質化が起こらなくなり、角質細胞同士がくっつくことができずにバラバラの角質層が形成されることが判っています。
角質層がバラバラになった状態では物理的な刺激(服と擦れたり熱いシャワーなど)ですぐに角質細胞が剥がれてしまい、角質層の厚さの部分部分で厚薄ができてしまって水分と油分保持ができずに乾燥肌敏感肌などになってしまいます。

またターンオーバーの異常により角質層が正常に作られなくなると、皮膚バリアが形成されずに皮膚に炎症などを起こしやすくなります。アレルギー体質の方の場合は薄くなった角質層(皮膚バリア)がアレルゲンの侵入を容易に許してしまうことになり、アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(掌蹠膿胞症・掌跡膿胞症・掌せき膿胞症)が重症化する場合もあるようです。
アトピー性皮膚炎の方の皮膚では角質層の薄い部分がアレルゲンの侵入のためにいつまでも改善せず、同じ場所が何度も炎症を起こしたりしますが、そういった場所にはヒアルロン酸化粧品を塗布することでピンスポットで角質層の剥がれを防いで炎症の再発を防ぐ方法がアメリカでは行われています。
ヒアルロン酸自体の分泌を上げる必要もあるため高分子のヒアルロン酸を経口摂取して、どうしても治りにくい炎症部分にこのヒアルロン酸化粧品をお使いください。

ヒアルロン酸化粧品

食品中に多く含まれないヒアルロン酸という栄養素は、少ないながらも真皮と基底細胞の周辺で合成されていますが、この合成と分解の代謝に関係するのがベータカロチン(ビタミンA)コルチゾール(ステロイドホルモン)というホルモンです。
ご存知の方も多いと思いますがコルチゾール(ステロイドホルモン)とは副腎皮質で作られる副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の一種で、医薬品としてはステロイド剤というグループ名で製造されています。
皮膚で分泌されているヒアルロン酸は1日で約半分に減ってしまう性質がありますが、コルチゾール(ステロイドホルモン)がヒアルロン酸の分解を遅らせる方向に働きます。
副腎皮質が健康でコルチゾール(ステロイドホルモン)を必要量だけ分泌できれば皮膚のヒアルロン酸は長持ちします。
アトピー性皮膚炎や掌跡膿胞症の方は副腎皮質が弱っている方が多くコルチゾール(ステロイドホルモン)の分泌が少ない場合が多いので、パントテン酸で健康な副腎皮質を手に入れてコルチゾール(ステロイドホルモン)を自分で分泌できるようにしてください。
アトピー性皮膚炎の方に角質層の薄い方が多いのは、ヒアルロン酸の分泌が少ないことと、分泌されるヒアルロン酸が過低分子ヒアルロン酸であること、更に副腎皮質が弱っている方が多くコルチゾール(ステロイドホルモン)がうまく作れずにヒアルロン酸の分解を効果的に防ぐことができないことなどが重なっているためだといわれています。

体内でコルチゾール(ステロイドホルモン)が作られる場合は特に問題が発生するケースは少ないのですが、ステロイド剤などで体外からコルチゾール(ステロイドホルモン)を補給する場合は、ステロイド剤によってヒアルロン酸の合成を抑制する方向に働くことが判っていますのでご注意ください。
合成コルチゾール(ステロイドホルモン)の体外からの補給によってヒアルロン酸の合成が落ち、ヒアルロン酸がEPA(オメガ3)と作り出す角質層を繋ぎとめる乳液状のノリが減って、角質層が剥がれやすくなり皮膚が薄くなるということは医学的にも証明されています。アメリカではステロイド剤などの合成コルチゾール(ステロイドホルモン)をアレルギーの治療に使う時には、かなり高い確率でヒアルロン酸とEPAオメガ3)とパントテン酸を摂取し、皮膚が薄くなることと副腎皮質が弱ってステロイドリバウンドを起こすことを防いでいます。

ヒアルロン酸を真皮と基底細胞の周辺で合成するにはベータカロチン(ビタミンA)が必要になります。
ただし大人の方やアトピー性皮膚炎の方が合成するヒアルロン酸は低分子ヒアルロン酸が多くあまり役に立ちません。
多くのアレルギー関係の研究者はアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(掌蹠膿胞症・掌跡膿胞症・掌せき膿胞症)の方に皮膚で高分子ヒアルロン酸を分泌させるためにヒアルロン酸サプリメントを経口摂取することを奨めています。

ヒアルロン酸ジェルヒアルロン酸ジェル

当ショップの扱うすべてのサプリメントは、日本国と米国において医薬品指定されているモノはありません。ほとんどすべて食品という分類になります。
ただし、このヒアルロン酸化粧品はジェルタイプのもので、経口摂取するものではありませんので、食品の扱いではありません。

サプリメントというものはご使用者の体質によって使い分ける必要があります。
ご使用者がそれぞれの悩みの原因を追究し、その原因に合ったダイエットサプリメントを選ぶことではじめてサプリメントの良い面と出会えるといってよいでしょう。

・新陳代謝が鈍っている方には新陳代謝を上げるサプリメント
・食べ過ぎの方にはファセオラミンでカロリーの吸収を抑えたり、食欲を抑制するサプリメント
・栄養不足の方にはマルチビタミン

などとなります。

サプリメントを選ぶ時にご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして店長までご相談下さい。

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

≪このヒアルロン酸ジェルのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.