サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

PABAでUVカット

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

01月19日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

PABA(飲んで効くUVカット)

■アメリカの食品医薬局が唯一「飲むUVカットのビタミン」として認める人気のスキンケア商品です。
■日焼け止めクリームの実績から生まれたビタミンB群の1つ、PABAが皮膚に分泌され、紫外線を吸収します。
■日焼け止めクリームと併用するなどして、体の中からも紫外線によるお肌へのダメージを軽減しましょう!
PABAでUVカットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このPABA(飲んで効くUVカット)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

PABA(飲んで効くUVカット)
10227
2,138  (税抜 1,980円 )
ご購入個数  個
100錠
16×9×6(㎜)
1錠中
PABA(パラアミノ安息香酸):500mg
1回1~2錠 1日1~2回 食後に
PABAは水溶性のため過剰症を起こし難いサプリメントですので、紫外線の多くなる時期の前には多めに摂取することをおすすめします。
・PABA(飲んで効くUVカット)の摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
PABAでUVカットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
NATURE'S LIFE社

PABA

PABAは米国食品医薬品局(FDA)が唯一認める飲むUVカットのビタミンとしてアメリカで人気の高いスキンケア商品です。
PABAはビタミンB群の1つでパラアミノ安息香酸とも呼ばれています。

PABAは外用の日焼け防止クリームとしての使用実績から生まれた飲む紫外線吸収剤で、飲んで皮膚に分泌されて皮膚を通ってくる紫外線を吸収するの でメラニン色素が作られにくくなり、美白効果やくすみ改善の効能が期待されています。

PABAは水溶性のため細胞内部や皮膚の角質層に入り込むことが可能で、紫外線を吸収して日焼け防止によるメラニン合成を減らすのでFDAは紫外線が強い地域に住んでいる白人に 摂取を奨めています。
PABAは紫外線を吸収して皮膚に届けないようにするために使う多くの日焼け防止クリームにも配合されている実力のある美白アイテムです。
日焼け防止対策の1つとして、PABAサプリメントを従来の方法にプラスして、体内からも日焼けを防いでください。

PABAというビタミンは米ぬかや酵母、レバーなどの食品にも含まれますが、体内で使わ れる大部分は善玉菌の分泌に頼っています。
現代の日本人の平均的な腸内環境は欧米化している食事のために健全とはいえず、よって善玉菌によるPAB Aの分泌も十分とはいえない方が多いようです。腸内環境が悪くPABAが不足することで起こる問題としては以下の問題があります。
シミ、色素沈着、アトピー性皮膚 炎掌跡膿胞症

PABAは葉酸の構成要素として合成に関わり、パントテン酸葉酸とともにお肌への色素沈着しみ、湿疹などというお肌のトラブルを防いでいます。
PABAが不足するとお肌のシワや湿疹、髪の毛の白髪などが起こりやすくなることが確認されています。
スキンケアの大事なパートナーとしてPABAの摂取をオススメします。

PABAはパントテン酸と協働で副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌を活発にすることが判ってい ますので、アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症の方でステロイド剤を使用している方にお勧めです。またステロイド剤を使わない方でもアトピー性皮膚炎による炎症を起こ しやすい方は炎症抑制のプロセスに問題が発生している可能性がありますので、副腎皮質を強化して自分でステロイドを分泌したりビオチンを摂取して炎症を抑制してください。

またPABAはビタミンB群の1つで、他のビタミンB群と協働で働く性質が強いので、できるだけビタミンB群 と一緒に摂ると効果的です。

PABAは米国食品医薬品局(FDA)が唯一認める飲むタイプのUVカットのビタミンです。

UVカット対策の分類としては紫外線吸収剤に分類されます。
PABAは1994年に紫外線吸収剤としての性質が認められ、UVカットの外用クリームなどに配合されるようになりました。
その後の研究でPABAは体内でも紫外線吸収剤としての性質があることが確認され、皮膚を通ってくる紫外線を吸収しメラニンを作らせないようにするため体内からUVカットができ るとしてアメリカの美白を意識する方達に支持されてきています。
メラニンはくすみの原因ともなりますので、美白だけではなく日頃のスキンケアの1つとしてPABAはアメリカ人女性に受け入れられています。
UVカットクリームを塗るUVカットにプラスしてPABAによる体内からのUVカットの対策をおすすめします。

PABAはビタミンB群の1つですので水溶性という性質を持ち、体内の水溶性の組織に溶け込むことができます。
PABAは細胞内の細胞液や表皮と角質層の間や角質層間に留まり、紫外線吸収剤として働くため皮下に届く紫外線の量を減らすことができることがアメリカでの多くの実験で証明され ています。
皮下においてメラニン色素が紫外線(UV)を吸収して真皮や体内に紫外線が届くのを防いでいるのですが、このメラニン色素が日焼けやシミの原因となることが判っていますので、角 質層や表皮において紫外線を吸収してメラニンが作られないようにしてくれるPABAはUVカット対策の強い味方になってくれると思います。

ただし体内における適正なPABAの濃度では完璧なUVカット対策は難しく十分なUVカット効果は望むことはできません。
十分な美白を行うのであれば従来のUVカットクリームやサンスクリーン、洋服や帽子などのUVカット対策グッズなどによるUVカットの対策を更に補うものとしてPABAをお使い いただくことをご承知ください。
美白のために紫外線の多い時期にはできるだけ体内PABAの濃度を高く保つことで紫外線の吸着ができますので、紫外線が強くなる時期の3ヶ月くらい前からチョット多めの摂取量で 摂ることをおすすめします。

PABA

UVカットの対策用美白スキンケア商品には大きく分けると2種類の美白方法があります。

美白においては、まずメラニンを作らせないということが重要ですので、紫外線吸着剤であるPABAをおすすめします。
メラニンはしみやくすみ、色素沈着 などの原因になりますので、PABAは美白だけではなく応用範囲の広いスキンケアです。

作られてしまったメラニン色素にはlシステインビタミンCサプリメントを使うことで黒色メラニン色素を白色メラニン色素に変えたりメラニン色素自体を減らしたりすることが可能です。
黒色メラニンを白色メラニンに変えるための条件としてお肌の新陳代謝が活発である必要がありますので、葉酸ビオチンなどを併用するとより効果的です。
アトピーやニキビ痕、虫指されの痕などの色素沈着にも、これらのスキンケアの組み合わせはおすすめです。

また美白化粧品でよく使われる技術ですが、メラニンを作るチロシナーゼという酵素の活性を弱める美白方法も 有効です。
このチロシナーゼという酵素はリコピンというサプリメントを摂取することでも活性を弱めることができますの で、メラニン色素対策用の美白サプリメントとしてアメリカでは人気があります。化粧品による外側からのケアと リコピンによる内側からのケアでメラニン色素を作らせない美白方法もPABAによる美白と併用するとより効果的です。

UVカット対策や美白ということから少し離れてしまいますが、真剣に美白を行うのであれば美白以前にお肌のコンディションを整える必要があると思いますのでスキンケアのお話をさせていただきます。
お肌の新陳代謝が悪ければシミやシワ、吹き出物などのお肌のトラブルは防ぐことはできません。また欧米型の 食事をしている女性などでは従来の化粧品などではお肌のトラブルを抑えるには限界があります。
お肌の老化やトラブルを防ぐためにはMSMを 補給することで皮膚の70%を占めるコラーゲンを体内において十分に作り、そのコラーゲンを束ねて弾力のある健康な皮膚細胞を作り、健康な角質層を保つために表皮で十分な量のヒアルロン酸が分泌される必要があります。

また腸内環境の悪化から悪玉菌によるインドールなどの悪い物質の分泌がお肌のくすみなどのトラブルを引き 起こしていることも判っています。善玉菌食物繊維の摂取で腸内環境を改善してみてください。

詳しい説明は各商品のカタログを読んで美白対策にお役立てください

PABAPABA

女性の美白スキンケア対策としてはメラニン色素は問題児的な存在として認識されていますが、健康という意味においてはメラニン色素は重要な働きをしています。
メラニン色素の働きとして重要なのは皮下でのメラニン色素のUVカット剤としての働きです。
メラニン色素は真皮や体内に紫外線が届くのを防いでDNAの断裂などを防いでいるのです。
メラニン色素の少ない白人では紫外線が皮下に届いてしまい、細胞を傷つけて皮膚ガンになる方が黄色人種や黒人種よりも多いことが判っています。
紫外線の一部(高い波長の紫外線)は皮膚への浸透力が強くエネルギーも強いため、皮膚の細胞にあるDNAの鎖を断ち切ってしまい皮膚ガンの原因にもなります。美白やUVカットも 重要ですがフロンガスなどによるオゾン層の破壊が進む現代では、高い波長の紫外線が昔より地上に届きやすくなっており、地球上の様々な地域で皮膚ガンの危険性が高まっているとい われています。

PABAによりUVカットとして働くだけでなく、亜鉛と一緒に細胞の新生を促 したり、オルニチンにより傷ついた夏のお肌を再生したりすることでも、皮膚ガンの危険性を減らすことができ ることがアメリカでの多くの実験で証明されています。

PABAはストレスへの抵抗力を上げるステロイドホルモンの分泌に関わり、更にストレスに対して高い効果を発揮する パントテン酸の吸収を助けます。
副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)はアレルギーなどで使用するステロイド剤と同じ働きのホルモンでアレルギーによる炎症を抑制する効果が確認されています。アメリカではアトピー性皮膚炎掌跡膿胞症などの方が副腎皮質ホ ルモン(ステロイドホルモン)の分泌を促すためにパントテン酸とPABAを併用していることが多く、良い結 果を出しているケースが多くあります。
アメリカではステロイドホルモンを使用している方の大部分がパントテン酸を使用しています。
パントテン酸を使用することでステロイド剤のリバウンドを防ぐ効果が期待できます。

またPABAは悪性貧血の原因であるヘモグロビンの不足を改善する葉酸を作るときに必要ですので貧血予防におすすめします。
葉酸は胎児の神経系の成長に必須の栄養素ですので妊婦に必要とされる栄養素の1つです。
PABAを補って体内で葉酸を産生を増やしてください。

PABAPABA

PABAを含めて当ショップの扱うすべてのサプリメントは日本国と米国において医薬品指定されているモノはあり ません。すべて食品という分類になります。

アメリカで研究される栄養学は様々な栄養素の必要性を述べていますが、すべての栄養素を食事から摂取するということは事実上難しく、摂取カロリーの面や栄養バランスの面から見て も無理があります。そこで、マルチビタミンを中心にして自分に不足している栄養素をサプリメントで補うとい う方法がアメリカでは行われています。

アメリカではマルチビタミンの他に摂る基本的な栄養素としてはカルシウム亜鉛ビタミンCサプリメントビタミンBビタミンEというものが多いようです。

サプリメントを選ぶ時にご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして店長までご相談下さい。

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

PABAでUVカットの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、PABAでUVカットに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このPABA(飲んで効くUVカット)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.