サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

ベータカロチン

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

03月31日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

食品由来の天然ベータカロチン(ビタミンA)

ベータカロチンはお肌の新陳代謝を活発にさせ、キメを整えてくれます。ニキビの改善や美容に期待大です! ■食品から抽出した天然のベータカロチンのため、安全に摂っていただけます。 ■他にもカロチンを扱っておりますので、それぞれの目的に合わせて、使い分けをお勧めします。
ベータカロチン(ビタミンA)の使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
≪このベータカロチン(ビタミンA)のページを気に入ってくださった方にお願いです≫ 下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。 よろしくお願い致します。m(_ _)m Yahoo!ブックマークに登録

食品由来の天然ベータカロチン(ビタミンA)
10106
1,706  (税抜 1,580円 )
ご購入個数  個
100ソフトジェルカプセル
9×7×7(㎜)
1錠中
カロチノイド複合体:6mg
ベータカロチン:10000IU
(ベータカロチン:6mg,アルファカロチン:185mcg,クリプトキサンチン:40mcg,ゼアキサンチン:35mcg,ルテイン:25mcg)
1回1錠 1日1~2回 食後
・ベータカロチンの摂取目安はアメリカでの多くの実験を参考にして記述しております。
・ベータカロチンは授乳中の女性や妊娠の可能性のある女性は通常の過剰症量の半分くらいを限度としてください。
・ベータカロチンは過剰症があります。1日50000IU以上(食物からの摂取を含む)はお摂りにならないでください。
ベータカロチンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。
ソラレー社

ベータカロチン

このベータカロチンは食品から抽出した天然のベータカロチンです。
ベータカロチンは体内で必要な量がビタミンAに変換されますので、安全にビタミンAの補給が可能です。

ベータカロチン(ビタミンA)はお肌の基底細胞の分裂を活発にしてお肌のキメを整えるのに必要なのを知ってますか?

ニキビ改善にも◎。お年寄りの健康と美容にもどうぞ。

当ショップでは4種類のカロチンを扱っております。
スーパールテイン、ベータカロチン、リコピン(トマトの効果)アスタキサンチン
それぞれの目的に合わせて使い分けてください。

ベータカロチンとはカロチノイドの1つです。ベータカロチン(ビタミンA)は緑黄色野菜などに多く含まれている色素で価格的に手ごろなため抗酸化サプリメントとして人気のあるサプリメントです。
厚生労働省でもベータカロチンの効果を認めていて、緑黄色野菜という定義として100gの野菜中に600mcg以上のベータカロチン(ビタミンA)を含んでいる野菜であることという規定を設けています。
この商品も主に緑黄色野菜から抽出した食品由来のベータカロチンです。

ビタミンAは吸収された後に肝臓に蓄えられますので過剰症を起こすことが判っています。しかしベータカロチンは摂り過ぎても全身の脂肪組織に蓄えられますので安全です。ビタミンAは体にとって必須の栄養素ですが過剰症が起こる可能性があるため、ベータカロチンとして摂取することをおすすめします。
このベータカロチンというサプリメントはビタミンAではなくベータカロチンですので、過剰症の心配が少なく安心してお摂りいただけます。(一応 50000IU/体重60kgでという目安はあります)

ベータカロチンとはビタミンAの前駆体で、必要量のビタミンAが体内においてがベータカロチンより作り出されます。作り出されたビタミンAはお肌の新陳代謝を活発にしたり、肺などの粘膜を活性酸素から守るため健康や美容のために使われます。
ビタミンAに変わらなかったベータカロチンはそれ自体がいろいろな役割を持ちます。ベータカロチンは脂溶性で抗酸化作用が強いためコレステロールの酸化を防いで悪玉コレステロールを減らす効能が認められています。ベータカロチン(ビタミンA)には動脈硬化や心臓病など生活習慣病を予防する効能が期待されています。
またベータカロチンは免疫力アップするため アトピーなどのアレルギーの改善効果がも期待されています。

ただしベータカロチンの量として15mg以上、国際単位にして50000IU以上摂りますと過剰症を起こしますのでご注意ください。
ベータカロチン(ビタミンA)の過剰症の症状としては頭痛、吐き気、めまい、食欲不振などが起こりますが、ベータカロチンは1錠で10000IUですので食事から摂取できる数100IU~数1000IUを計算に入れても1日2錠くらいのベータカロチンの摂取では過剰症がでることはありません。

ベータカロチンの不足の指標となるのは爪の健康(爪が脆くなります)、乾燥肌、抜け毛などがあります。また慢性的な下痢には様々な理由がありますがベータカロチン(ビタミンA)の不足もその大きな原因の1つです。
ベータカロチンは脂溶性といって脂質に溶ける性質がありますので、ベータカロチンを油モノの食事と一緒に摂取すると腸からの吸収が良くなります。ベータカロチンは食後の摂取をオススメします。

ベータカロチンには乾燥肌を防ぎ皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあります。
ベータカロチンから作られるビタミンAは肌の基底細胞の細胞分裂を正常化し、キメの細かいお肌を作ってくれます。

アメリカではレチノールというビタミンAクリームがニキビ改善に効果があるとして人気がありますが、ベータカロチンから作られたビタミンAにも同様の効果が確認されています。ベータカロチン(ビタミンA)はニキビなどの肌荒れに悩まされている方には是非お摂りいただきたいサプリメントの1つです。
ニキビには様々な原因がありますのでアメリカで有効とされているベータカロチン以外のニキビ対策のサプリメントもご紹介します。まずニキビ対策には体質に合ったサプリメントを選ぶことが重要です。以下のサプリメントはベータカロチンと組み合わせることも可能でより効率よくニキビを改善することが判っています。

また細胞の構造を維持するためにベータカロチン(ビタミンA)が使われるため、シミやシワの予防に効果効能が期待されています。
ベータカロチンが不足することで皮膚の角化が進行することがわかっています。
ベータカロチンはシミ・シワだけでなく老人班の予防などにも効果が期待されています。
お肌の粘膜の維持にも多くのベータカロチンが使われることが判っています。目や目じり、鼻、唇、口腔など顔には多くの粘膜が存在しますが、それらを健康に保つためにベータカロチンをお役立てください。

ベータカロチン

ベータカロチンは必要量が腸管壁でビタミンAに変わりますが、変わらなかったベータカロチンは膜組織を構成する細胞に多く含まれ、内臓などの膜組織の健康を維持するために使われることがわかっています。
膜組織とは外気に晒される組織のことで、具体的には皮膚、肺や気管(呼吸器)、腸(消化器)、子宮や膀胱などを指します。

皮膚に関しては前の項目で多くを伝えていますが、ベータカロチン(ビタミンA)はお肌の基底細胞で作られた皮膚細胞に多く含まれ徐々に表皮に押し出されて角質化して表皮を形成する一部となります。この角質化した表皮を健康に保つのにベータカロチンが多く使われる事が判っています。
ベータカロチンの摂取で皮膚が丈夫で健康になれば風邪やインフルエンザなどの感染症を防いでくれますし、呼吸器や消化器の粘膜を健康に保つということは粘膜の破れから侵入してくるウィルスや細菌を減らしてくれます。アメリカではベータカロチンを摂取して風邪やインフルエンザなどの感染症に対する抵抗力をつける効果が期待されており、特にお子さんや年配者にベータカロチンのサプリメントを摂取させることが多いようです。

ベータカロチンベータカロチン

アメリカでは年配者に対してベータカロチンを摂取するよう指示している医師や栄養学者が多くいます。ベータカロチン(ビタミンA)は肺炎や多臓器不全を防ぐ効果がありますので、ベータカロチンのサプリメントは年配者に人気があります。
年輩者の方がインフルエンザなどの風邪を引いたときに本当に気をつけなければならないのは肺炎です。肺炎は重篤状態を引き起こし命にもかかわりますし、運良く完治したとしてもお年寄りの体力をかなり奪ってしまいます。年輩の方が事前に十分な量のベータカロチンを摂取していると、ベータカロチンの多くは肺や内臓にも溜め込まれ肺の炎症などを引き起こす活性酸素を十分に中和してくれます。

ベータカロチンは肺炎や多臓器不全を防ぐ効果が期待できるとしてアメリカでは年配者や子供に人気のある栄養素です。
ビタミンCサプリメントコエンザイムQ10ビタミンEとの併用もベータカロチンの働きを効率よく高めてくれますので、これらのサプリメントも年配の方にはおすすめです。

ベータカロチンから変換されたビタミンAは粘膜を健康に保つ働きが確認されていますので、ベータカロチン(ビタミンA)のサプリメントにはウィルス感染などによる気管支の炎症や尿道炎を防ぐ働きが期待されています。
また、肺炎予防だけではなく、特に空気の悪いところでは肺でベータカロチンが多く消費され不足しやすくなることが判っています。同じ理由でタバコを吸われる方も肺の健康のためにベータカロチンやビタミンEビタミンCサプリメントの摂取をお勧めします。

ベータカロチンが不足することで骨の造骨細胞の分裂が鈍くなり、骨が弱くなったり歯や歯茎が弱くなったりすることが判っていますので、年配者はサプリメントとしてベータカロチン摂取をお考え下さい。併せて 骨粗しょう症(骨粗鬆症)サプリメントもおすすめです。
また、お肌を強くし老人班やシミ・シワを改善する効果が期待されていますのでベータカロチンは特に年配の方の美容と健康のために摂っていただきたいサプリメントです。

第2次世界大戦のイギリス空軍での話です。
夜間飛行に飛び立つパイロットがブルーベリーを食べて任務に就いたところ、普段よりも視界がハッキリとしていたそうです。
この報告を受けて軍司令部が調べたところブルーベリーに含まれるスーパールテインアントシアニン、ベータカロチンなどが視神経に作用して薄暗いところでも視界が良くなったということです。

こういった歴史的な事実も含めて視力等について様々な実験が行われていますが、多くの実験によりルテインやアントシアニン、ベータカロチンなどのカロチン類の不足により夜盲症や眼精疲労などが起こることが確認されています。
最近の研究では目の健康に関する効果は主にスーパールテインアントシアニンが大きく関係することが判っていますが、それらを助ける効能が期待されてベータカロチン(ビタミンA)を一緒に摂ることが多いようです。
このベータカロチンにもルテインが含まれていますが、目の健康を考えて摂取する場合はルテインの量が足りません。十分な量のルテインを摂取するならスーパールテインがおすすめです。アントシアニンピクノジェノールとの併用をおすすめします。

ベータカロチンは肺に多く集められ、その抗酸化作用の効果が肺の健康を保つために使われることは前述しております。
喫煙者を対象とした肺ガンの発生率の実験では被験者にベータカロチン15mgを数ヶ月与えたところ、肺での過酸化脂質の量を減らすことが確認されました。
肺における過酸化脂質は慢性の肺疾患や肺ガンを引き起こすことが確認されていますのでベータカロチンの適量の摂取(1日15mg以下)は喫煙者に対しては肺疾患を低下させることが期待できるとしています。

様々なガンに共通していることですが血中のベータカロチンと亜鉛の濃度の低下がガンの発生率を高めることが判っています。
多くの実験でベータカロチン(ビタミンA)の抗酸化効果と亜鉛のDNAのミスコピーを防ぐ効果が確認されていますが、それらの効果がガンの発生率を低くするのではないかということです。
ベータカロチンの抗酸化作用についてはビタミンCサプリメントビタミンEの併用で更に効果が上がることが確認されています。
ベータカロチンの適量摂取(1日15mg以下)で効果が確認されているガン発生率が低下する部位は膜組織といわれている以下の部分です。
皮膚 胃 直腸 結腸 膀胱 肺 食道 口腔 咽喉

また、ベータカロチンには脂質の酸化を防ぐ効果が確認されていますので、血管壁に付着する悪玉コレステロールを減らす効果が期待されています。血中のコレステロールは通常は血管壁に付着することはありません。コレステロールが付着するときは活性酸素などによって酸化されてコレステロールが悪玉コレステロールに変わった時に起こります。
ベータカロチンは脂質に溶ける脂溶性ですので、脂質であるコレステロールや中性脂肪に付着して近づいてくる活性酸素にベータカロチン(ビタミンA)自身の電子を渡して普通の酸素に戻し脂質の酸化を防ぐことが可能です。
アメリカではベータカロチンの摂取によって循環器系の心疾患などを減らすことに成功しています。
日本はアメリカと比べると太っている方が少ないので心疾患はアメリカよりも大分少ないですが、食生活や生活習慣の悪化などによって今後は危険性が高まるといわれていますのでベータカロチンを摂取して生活習慣病を予防してください。

ベータカロチンベータカロチン

緑黄色野菜などの食品にはベータカロチンだけではなく様々なかたちのカロチンを多く含みます。緑黄色野菜などの食品がカロチン類を多く含む理由は緑黄色野菜が生育する環境に大きな関係があるといわれています。植物は長時間太陽の紫外線に晒されるため細胞やDNAを破壊する活性酸素の攻撃を受けやすい生物なのです。その植物が自分の体を守るために必要なものがカロチン類なのです。

食品の中に多くのカロチン類が必要な理由としては、抗酸化作用の強いベータカロチンだけでは5種類ある活性酸素を防ぎきれないからだという栄養学者が多く、それぞれのカロチン類について様々な実験を繰り返して効果の内容を確認しています。
その結果、カロチン類に関してはベータカロチン(ビタミンA)だけで摂取するよりも様々なタイプのカロチン類を一緒に摂取した方が抗酸化作用は強くなることが確認されていますので、食品から抽出したこのベータカロチンが含む様々なカロチン類は高い抗酸化作用の効果を発揮します。

ベータカロチンに含まれる様々なカロチン類やキサントフィル類をご紹介します。
・アルファカロチン
アルファカロチンは通常は50%ほどしかビタミンAに変換されません。残りのアルファカロチンにはベータカロチンと比較すると数倍の発ガン抑制効果が確認されています。
・クリプトキサンチン
クリプトキサンチンは日本製の温州みかんだけに見られるキサントフィル類で10年ほどの研究実績を有します。今までに発見されている効果として顕著なものは発ガン抑制効果です。クリプトキサンチンは正確にはベータクリプトキサンチンといいますが、大量摂取で長期間体内に蓄積していることが判っており、大量に摂取しておけば長期間の発ガン抑制効果が期待できます。クリプトキサンチンの発ガン抑制効果は発ガン性ウィルスを使った実験ではベータカロチンの5倍の発ガン抑制効果が確認されています。今ではリコピンスーパールテインなどと並んで非常に注目されている栄養素です。
アントシアニンスーパールテイン
ルテインはビタミンAに変換されないため、長い間効果が薄いとして研究の外におかれていましたが、最近では目の中に多く存在し目を活性酸素から守る抗酸化サプリメントとして非常に注目されてきています。アントシアニンとルテインは目の水晶体に多く存在し紫外線によって眼球の表面に発生する一重項酸素という活性酸素から目を守る働きが確認されています。また、アントシアニンは視力に関係し眼精疲労や視力回復でも効果が期待されています。

アスタキサンチンはベータカロチンには含まれませんがアトピー掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などで人気が高まっているキサントフィル類なのでご紹介します。
アスタキサンチンはアトピーなどに対して抗ヒスタミン作用が期待されており、皮膚のかゆみを防ぐために使われています。
また、アスタキサンチンとルテインとアントシアニンには白内障、加齢性網膜黄斑変性の予防効果が期待されています。

これらのカロチン類やキサントフィル類を多く含むベータカロチンを健康や美容の維持のためにお使い下さい。

様々なビタミンは人工モノと天然モノを比較して効果のまったく変わらないビタミンBなどもありますが、ベータカロチンなどのように天然モノの方が効果が高いといわれているものもあります。

ビタミンCサプリメントは天然モノの効果が高いことが判っており、特にローズヒップから採ったものが最上とされています(ただし 人工モノでもエスターCといわれているビタミンCは かなりのスグレモノです。) ビタミンEもビタミンC同様に天然モノが効果が高いことが判っています。

ベータカロチンなどの脂溶性の性質を持つビタミンは活性酸素を中和するために自分の電子を1個だけ活性酸素に与えます。電子を活性酸素に与えた後のベータカロチンはラジカルというものに変わり、ベータカロチン自身が活性酸素のような悪い物質に変わってしまいます。ベータカロチン(ビタミンA)は脂溶性ビタミンのため尿と一緒に排泄される性質がありませんので、他の物質から電子を取り戻そうとして周りの組織を傷つけてしまうのです。

ベータカロチンがラジカルに変わった後に元に戻す働きを持つのが、ビタミンEビタミンCサプリメントなのです ビタミンCは自分の電子1個をラジカル化したビタミンに与えると 水溶性の性質を利用して尿と一緒に排泄されてしまいます。また、ビタミンEは脂溶性の性質を持つビタミンでありながら尿として排泄されやすい性質を持っていますので、抗酸化作用のベースサプリとして使用可能です。

ベータカロチンなどの抗酸化サプリメントを摂取する場合はビタミンCビタミンEとの併用が理想的です。ビタミンCの一種であるエスターCはアメリカでも最も販売数の多い種類のビタミンCです。多機能で高性能なビタミンCを健康・美容維持のためにお役立てください。

抗酸化サプリメントや他のサプリメントとベータカロチンを併用する場合は「ビタミン・ミネラル理想摂取量」をご覧になって 過剰症にご注意ください。

ベータカロチンを含めて当ショップの扱うすべてのサプリメントは日本国と米国において医薬品指定されているモノはありません。すべて食品という分類になります。

アメリカで研究される栄養学は様々な栄養素の必要性を述べていますが、すべての栄養素を食事から摂取するということは事実上難しく、摂取カロリーの面や栄養バランスの面から見ても無理があります。そこで、マルチビタミンを中心にして自分に不足している栄養素をサプリメントで補うという方法がアメリカでは行われています。

アメリカではマルチビタミンの他に摂る基本的な栄養素としてはカルシウム亜鉛ビタミンCサプリメントビタミンBビタミンEというものが多いようです。

サプリメントを選ぶ時にご不明な点などございましたら、下のバナーをクリックして店長までご相談下さい。

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

ベータカロチンの使い方に関するFAQ(メールなどによるお客様からのお問い合わせ集)です。

お客様よりお受けした、ベータカロチンに関する様々な質問が集められております。
よろしければ、ちょっとのぞいてみては如何ですか?
皆様の疑問も解決するかもしれませんよ!

≪このベータカロチンのページを気に入ってくださった方にお願いです≫
下のアイコンをクリックして、Yahoo!ブックマークに登録して下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
Yahoo!ブックマークに登録

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.