サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

老化防止・抗酸化剤

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

12月11日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今月のトピックス

老化防止人気ベスト10

老化防止に関するトピックス

老化防止サプリメント

プラセンタパイン

プラセンタパイン

プラセンタパイン
15,336円(税抜14200) 円
配送料別
詳しくはこちら

アスタキサンチン

アスタキサンチン

アスタキサンチン
2,678円(税抜2480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

鎮痛消炎ハーブ・ボスウェリア

鎮痛消炎ハーブ・ボスウェリア

鎮痛消炎ハーブ・ボスウェリア
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

免疫サポートAHCC

免疫サポートAHCC

免疫サポートAHCC
4,838円(税抜4480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

レスベラトロール 45mg

レスベラトロール 45mg

レスベラトロール 45mg
1,490円(税抜1380) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

ホーステール(シリカ)

ホーステール(シリカ)

ホーステール(シリカ)
2,570円(税抜2380) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

目のビタミン・スーパールテイン

目のビタミン・スーパールテイン

目のビタミン・スーパールテイン
2,894円(税抜2680) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

MSMサプリメント

MSMサプリメント

MSMサプリメント
2,678円(税抜2480) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

コンドロイチンとグルコサミン

コンドロイチンとグルコサミン

コンドロイチンとグルコサミン
3,650円(税抜3380) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

EPAとDHA(オメガ3)

EPAとDHA(オメガ3)

EPAとDHA(オメガ3)
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

グルコサミン

グルコサミン

グルコサミン
1,598円(税抜1480) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

骨粗しょう症(骨粗鬆症)サプリメント

骨粗しょう症(骨粗鬆症)サプリメント

骨粗しょう症(骨粗鬆症)サプリメント
2,354円(税抜2180) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

脳トレサプリメント2

脳トレサプリメント2

脳トレサプリメント2
3,650円(税抜3380) 円
配送料別
ビタミンショップ社
詳しくはこちら

エキナセア

エキナセア

エキナセア
2,678円(税抜2480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

ピクノジェノール

ピクノジェノール

ピクノジェノール
3,866円(税抜3580) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

スーパー抗酸化カクテル

スーパー抗酸化カクテル

スーパー抗酸化カクテル
3,866円(税抜3580) 円
配送料別
ビタミンショップ社
詳しくはこちら

DHEAサプリメント

DHEAサプリメント

DHEAサプリメント
1,490円(税抜1380) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

オーガニックノコギリヤシ

オーガニックノコギリヤシ

オーガニックノコギリヤシ
2,786円(税抜2580) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

SOD食品

SOD食品

SOD食品
2,138円(税抜1980) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

オルニチン

オルニチン

オルニチン
1,814円(税抜1680) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

コエンザイムQ10(CoQ10)100mg

コエンザイムQ10(CoQ10)100mg

コエンザイムQ10(CoQ10)100mg
4,190円(税抜3880) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

老化予防サプリメント・割引セット

老化予防サプリメント・割引セット

老化予防サプリメント・割引セット
7,560円(税抜7000) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

DHEA

DHEA

DHEA
1,274円(税抜1180) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

オルニチン

オルニチン

オルニチン
1,598円(税抜1480) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

老化予防に使うサプリメントセットなど、老化防止サプリメントは他にも多数ご用意していますので、全商品カタログも是非ご覧下さい。

アンチエイジングに関する栄養学のコンテンツを載せてありますので、よろしければご一読ください。

店長おすすめの5商品

老化防止はよく聞きますがオプティマルエイジングという言葉はあまり耳慣れない言葉ですね。日本人でこの言葉を知っていれば、かなりな老化防止の通と言ってよいでしょう。

アメリカの老化防止や健康事情を考える時、このオプティマルエイジングという考え方を抜きにしては語れません。
今、アメリカでサプリメントを飲んでいる、人口の約50%・1億3000万人の人々が目標とするのが、老化防止やオプティマルヘルスというものです。

先ほどから、オプティマル、オプティマルといっていますが、要するに、「その年代、年代の最高の健康を持とうではないか」という老化防止運動です。
老化を止めることは出来ませんが、老化は遅らせることが可能です。それぞれの年代でその年代としてのより良い健康を持ち老化防止しようということです。
例えば、10歳代には10歳代の健康があり、90歳代には90歳代の健康があります。10歳代には10歳代の老化防止があり、90歳代には90歳代の老化防止があるのです。
つまり自分が、その年代になったときに、老化に負けずにその年代なりの最高の健康状態を維持しようという老化防止運動です。

まさに、サプリメント摂取の意義はこの老化防止にあるのではないでしょうか!
でもいくらサプリメントによる老化防止とは言っても、サプリメントは不老長寿の薬ではありません、食べ物から栄養素を抽出し、それを錠剤にしたものと考えてください。
老化を防ぐために摂取する栄養素を効率よく摂取するために効果的なものがサプリメントです。

年齢を重ね、体が老化するにつれて、食事の量は減ってくるうえに、胃腸の吸収力が落ちてくるために、食事から摂れる栄養素の量が減ってきます。多くの研究者はこの点を老化の最大の原因と呼んでいます。老化防止を志すならサプリメントによる栄養摂取は欠かせないのです。
なぜ老化防止にはサプリメントによる栄養摂取が必要になるのか?
なぜ食事だけでは老化防止できないのか?

老化が始まる前の若い頃であれば、自らの体内で生産されていた抗酸化サプリメントや免疫細胞などの体を守る役目をもった栄養素の生産は十分です。
また、骨を丈夫にするためのカルシウムなどのミネラルビタミンなども吸収量は十分でしょう。
体を作らなければならない若い頃はそれで良いのです。しかし、老化防止を考える30歳代以降の方には十分な吸収量を得られる胃腸が弱ってしまっていて、その役割を十分に果たせません。また、50歳代、60歳代、70歳代と体が老化するほど、逆に栄養素はもっともっと必要になってくるのです。

アメリカでは30年以上の間、上院に委員会を設けて国をあげて栄養学の研究を進めてきており、その情報を新聞やテレビを使って積極的に公開してきました。その中には老化防止に役立つ研究も非常に多くあり、永い時間をかけて臨床のデータをとってきた信頼性の高い情報も多いのです。
アメリカでは老化防止に興味のある年配者ほどそういった情報に興味を持ち、老化防止に努め、健康な体を維持するのに必要な栄養素をサプリメントとして摂り込む事によって、自らの老化防止に役立てようとしています。

老化防止の方法としては、日常の食生活では補いきれない栄養素をサプリメントによって補い、キチンと体を動かし、頭も右脳を鍛えてボケを防ぐ。出来る限り老化を防止して最後まで元気で過ごす。
店長は、このオプティマルエイジングという考え方に基づき、老化防止の面でサプリメントでお力添えができればと考えています。

以下に、ある程度年齢を重ねられました方々の体と精神の老化防止、健康維持のためにお役に立てる情報をお載せいたします。
アメリカでも認められている年配者の老化防止、健康維持に関する情報ですので参考にしていただければ幸いです。

関節の老化防止に関してはアメリカは非常に進んでいます。
アメリカ人は体が大きく体重が多い方が多いため、老化に伴い多くの方が変形性膝関節症や変形性股関節症に罹っています。アメリカ食品医薬品局は老化防止の重要な項目の1つに関節症の改善を掲げてきました。
アメリカでは予備軍も含めると5000万人もいるといわれる膝関節痛に関しては、米国食品医薬品局が中心になって研究を進めてかなり高い確率で効果を発揮する老化防止の方法を確立しました。
また、アレルギーの掌蹠膿疱症性骨関節炎などが原因で起こる痛みの研究も進んでおり、改善方法が確立されてきています。

変形性膝関節痛老化や加重などによって上下の膝の軟骨がぶつかり合って、軟骨が磨り減ってしまったために起こる病気です。ひどくなると歩行困難になり、かなりの苦痛を強いられます。
アメリカで確立された老化防止の方法は、軟骨が完全に磨り減って無くなってしまった方には効果を発揮しないそうですので、関節の老化がひどくなる前に栄養補給による改善を行ってください。

変形性膝関節痛という老化現象を起こすきっかけとなるのが、膝関節で分泌されている潤滑油の量の減少です、主に老化によって潤滑油の分泌が減ることは確認されていますが、変形性膝関節痛の方の潤滑油の分泌量は同年代の健康な方の半分~1/10くらいの量しか分泌されていないそうです。つまり関節の潤滑油の分泌機能の老化が起こっているわけです。
アメリカで研究した結果、ヒアルロン酸EPA(オメガ3)を摂取することで潤滑油の分泌量を増やして膝関節の軟骨にかかる摩擦をかなり減らせることが確認されています。摩擦を少なくして軟骨が減ってしまう老化現象を防ぐのが関節の老化防止の重要な方法であるとしています。

それでは既に老化などにより膝軟骨が磨り減ってしまっている方に対する老化防止方法です。
まずは上記の潤滑油の分泌でこれ以上の関節の老化を防いでください。
次に、老化などにより磨り減った軟骨を復活させる老化防止方法です。
膝軟骨は主にグルコサミンとコンドロイチンコラーゲンで形成されています、グルコサミンとコンドロイチンは軟骨の主成分ですので摂取が必要です。関節の老化はコンドロイチンやグルコサミンの磨り減りが主な原因ですが、老化や加重などにより弱ってしまう軟骨の弾力と強度を維持するのがコラーゲンなので、丈夫なコラーゲンが作られるようにMSMサプリメントというサプリメントを使います。
詳細はこのページの下の方のコラーゲン特集をご覧ください。コラーゲンが関係するお肌の老化と関節の老化は繋がっている部分が多く、お肌の老化防止が関節の老化防止に良い影響を与えるなど、様々な老化に関する情報があります。

年配者の方の関節の老化防止には時間がかかります。それは軟骨形成には時間がかかるからなのですが、通常は老化した関節を改善するのに半年~2年くらいの期間のサプリメント摂取をお奨めします。
膝が痛いという方だけでなく、膝を屈伸するとポキポキと音がするような方は潤滑油不足による関節の老化が始まっていると言って良いでしょう。
こうした老化現象が起こっている方は変形性膝関節症や変形性股関節症の予備軍といってよいと思いますので、関節の老化防止のためのケアを始めることをお奨めします。
これらの関節症とアレルギーの掌蹠膿疱症性骨関節炎は痛みの症状が似ているため勘違いしやすいのでご注意下さい。

関節の老化防止にお奨めのサプリメント

ヒアルロン酸
関節で分泌される潤滑油、加齢に伴う老化により分泌量が減ります。

EPADHAオメガ3
関節で分泌される潤滑油、加齢に伴う老化により分泌量が減ります。

グルコサミンとコンドロイチン
軟骨の主原料。関節痛はこれが磨り減る老化現象です。

グルコサミン
軟骨の主原料。関節痛はこれが磨り減る老化現象です。

MSMサプリメント
コラーゲンの主原料。関節痛はこれが磨り減る老化現象です。

老化により軟骨の強度が弱ることが判っています。先の関節痛の老化防止の項目でも述べていますが、背骨の軟骨も関節もコンドロイチングルコサミンコラーゲンなどで作られていますので、関節の老化防止方法が背骨の老化防止にも応用できるのです。

アメリカ人は体重が重い方が多いため、老化による腰痛というものに悩まれている方が多いのです。それだけに老化による腰痛に関しては研究が非常に進んでおり、老化の原因から老化防止方法まで、十分に参考になる情報がたくさんあります。
老化による老化の原因の多くは、腹筋や背筋などの筋肉のバランスが崩れることで、背骨の軟骨にバランスの悪い力が加わり、軟骨が変形して起こるものが大部分です。軟骨が老化していなければ軟骨の変形は起こりにくく、腰痛が既に起こっている方はできるだけ早い段階での老化予防を行い、これ以上の腰痛の老化を防がなくては外科手術などが必要になってしまうこともあるようです。
ですので老化防止のために水泳やランニング、ウォーキングなどの全身運動を長期間行って全身の筋肉を鍛えてバランスを取り戻す必要があります。

また、関節痛の老化防止と同様に、軟骨の材料となるコンドロイチングルコサミンMSMサプリメントなどを補給して軟骨の老化防止に努めてください。
老化などによって軟骨の弾力が弱ると軟骨が変形しやすくなりますので、運動と同時に栄養摂取で軟骨の弾力を形成するコラーゲンを十分体内で作れるようにする必要があります。
コラーゲンの詳細はこのページの下にコラーゲン特集を設けて老化防止を解説していますのでご覧ください。
とりあえず、弾力のあるコラーゲンを作って老化予防し、軟骨を丈夫にするにはMSMサプリメントがお奨めです。

老化により軟骨が弱っているということはコラーゲンが不足しがちで、お肌の老化や血管の老化が引き起こされる可能性がありますので、推奨のサプリメントによって老化防止を行ってください。
MSMサプリメントを摂取することで軟骨の強度を高めるには時間がかかります。
軟骨の老化防止のためには半年~2年くらいの継続摂取をお奨めします。

老化による腰痛にお奨めのサプリメント

MSMサプリメント
弾力のある丈夫なコラーゲンを作り軟骨の老化防止を行う。

老化防止の研究の進んでいるアメリカでは、脳の老化防止と精神の老化防止はハッキリと区別されています。
日本で老化防止と言うと脳の老化防止が多いと思うのですが、人間が精神活動の生き物であることを考えると、精神の老化防止は非常に重要であると考えられています。実際に1990年代に米国食品医薬品局が行った大規模な老化に関する調査でも、アメリカの年配者の間では脳という組織の老化防止よりも精神面での老化防止を重要視する方が多かったのです。
日本でもDHEAなどのサプリメントが年配の方に流行ってきている現状を考えると、精神の老化防止を大切であると考える方が多くなってきているのではないでしょうか。

アメリカでの老化防止の研究でも、実際に精神面で落ち込むと脳の活動が落ちてしまうというデータも多くありますし、老化防止をしながら楽しく暮らしていれば脳の老化を遅らせることができると報告する栄養学者も多いのです。つまり、精神の老化防止が脳の老化防止を左右することも多く、認知症などの病的な場合を除いて精神の老化防止が「主」で、脳の老化防止が「従」であると言って良いと思います。

楽しい生活が脳の老化を防ぐとは言いますが、肉体的な老化が原因で起こる精神の老化も無いわけではありません。
例えばホルモン分泌機能の老化によってホルモンや酵素の分泌が低下してしまうことが判っていますが、性ホルモンの分泌低下は社会的にも大きな問題を引き起こしました。
アメリカでは以前に50歳代以降の男性の自殺が増えたことがあるのですが、これの原因が老化に伴い減少した性ホルモンの影響であることが確認されています。老化により性ホルモンの分泌が落ちてきて、精神的なバイタリティーが無くなり、元気が無くなってしまうのです。
DHEAという南米の山芋に含まれる成分を抽出したサプリメントで、性ホルモンの分泌を促してバイタリティーを取り戻し、気分をスッキリさせ老化を防止する方法がアメリカでは非常に人気があります。
老化による性ホルモンの分泌低下は男女ともに30歳代頃から起こると言われています。まずは精神的な老化防止のためにDHEAのサプリメントをお勧めします。

精神の老化防止にお奨めのサプリメント

DHEA
性ホルモンの分泌促進で精神的な老化防止や若返り効果が期待できるハーブ。

アメリカでは老化の大きなターニングポイントが更年期だと認識している方が多いようです。お肌の老化防止を除いて、更年期が始まると全体的な老化防止対策を始める方が多いのです。

日本では更年期障害は中年以降の女性の問題として捉えられがちですが、更年期障害は老化に伴い男女の区別なく起こる問題です。
もちろん、性別が同じでも個人個人で程度の差はありますが、老化に伴うホルモン分泌の急激な変化によって起こされる老化現象であることは変わりありません。
日本では男性の更年期障害に関する認識が低いために、人知れず悩まれている方も多いのではないかと思います。アメリカでは更年期は老化現象の1つとして認識され、生活習慣やサプリメントの摂取によって軽減できるとの認識が強いようです。

老化に伴う更年期障害の問題は男性と女性では対処が違う部分もありますので、それらの問題は後の項目で詳述いたします。
男女で共通する部分では、両者ともにホルモンの分泌をスムーズに行うことで老化に伴う更年期障害の諸問題に高い改善が見られることが解っています。
逆に老化が進んでいてホルモンの分泌がスムーズにいかないと男女別の対処をしても効果が出難いという報告がありますので、以下に記すことはアメリカで研究されている更年期障害の克服に関する基礎的な老化防止方法と考えていただけるとよいと思います。

まず、老化の原因の1つと考えられるホルモンの原料の不足です。
多くのホルモンの原料となるガンマリノレン酸(γリノレン酸)EPA(オメガ3)という脂肪酸の摂取をお奨めします。
老化で腸内環境が悪化することによってビオチンビタミンH)というビタミン様物質が不足し、体内において行われていたガンマリノレン酸(γリノレン酸)などの脂肪酸の変換がスムーズにいかなくなります。
ガンマリノレン酸(γリノレン酸)はほとんど食事から摂れないのでビオチンが不足するとすぐにホルモンの原料が足りなくなります。また、EPA(オメガ3)は食事からも摂れるのですが、体内で使用される量の大部分は別の脂肪酸などから作り出されているのでビオチン不足によって足りなくなり老化が進みます。
ガンマリノレン酸とEPA(オメガ3)の摂取によって対症療法的にではありますがホルモンの原料が補給されますので老化防止効果が期待できます。是非お試しください。

またビオチンビタミンH)不足は腸内環境の悪化によって起こりますので老化防止のために、善玉菌乳酸菌 腸内細菌)の補給もホルモン分泌を正常化させるために必要です。
善玉菌は胃酸に弱いものが多いため、腸内改善を効果的に行うには、カプセル等を加工して善玉菌が腸まで生きて届いてくれるようにしてあるサプリメントや、アシドフィルス菌のように胃酸に強い善玉菌を摂取すると老化防止に良いと思います。
善玉菌摂取による腸内改善には半年~2年くらいかかりますので、ホルモン分泌を高めて老化防止を行うためには、その間はビオチンビタミンH)の摂取をお奨めします。

ホルモン分泌を高めて老化防止するお奨めのサプリメント

ガンマリノレン酸(γリノレン酸)と月見草オイル
ホルモン分泌で老化防止する時の基本的なサプリメント。

EPADHAオメガ3
ホルモンの原料、老化防止や健康な脳や関節や皮膚にも必要な栄養素。

ビオチンビタミンH
脂肪酸の変換を行う栄養素。お肌の老化防止にもお勧め。

アシドフィルス菌
世界が認める乳酸菌。腸内環境が老化防止の決め手。

善玉菌乳酸菌 腸内細菌
アシドフィルス菌の10倍の菌数が老化防止をより効果的にする。

女性の老化に伴う更年期障害についてはアメリカやヨーロッパでは古くから研究されており、老化防止やPMSなどの改善に高い実績を誇るサプリメントがいくつかあります。
主に女性ホルモンに似た働きをするサプリメントで大豆イソフラボンというサプリメントは日本人でも聞いたことがあるのでは無いでしょうか?
女性ホルモンに似た働きをする栄養素では非常に人気があります。
ただし、大豆イソフラボンに関しては欧米人の様に大豆をあまり食べない民族には有効なケースも多いのですが、日本人の様に大豆を日常的に食す民族には老化防止効果が薄い可能性があると指摘している栄養学者もいます。

日本女性の老化に伴う更年期障害を考えると女性ホルモン様物質(大豆イソフラボン)を摂取するよりは、女性ホルモンの分泌を促すDHEAチェイストベリー(チェストツリーベリー)などの方が老化防止に良いのではないかと思われます。
ともにアメリカでは中年以降の女性の老化防止に高い評価を得ています。

女性の老化に伴う更年期障害にお奨めのサプリメント

DHEA
精神の老化防止だけでなく更年期障害にもお勧めの性ホルモンの分泌に関係するハーブ。

チェイストベリー(チェストツリーベリー)
女性ホルモンの分泌を調整し老化防止に優れたハーブ。

大豆イソフラボン
老化で女性ホルモンの分泌が鈍っている方にお勧めです。

中年以降の男性の鬱症状は老化である可能性が高いのです。
アメリカでの現象ですが老化に伴う更年期障害で発生する社会的な問題は女性よりも男性の方が多いのだそうです。
女性の場合は昔から老化に伴う更年期障害に対する認識がありましたので、老化に伴う更年期障害はあくまでも個人的な問題という捉えられ方をしてきており問題が表面化することが少ないのです。
もちろん男性の老化に伴う更年期障害に関しても個人的な問題である点は変わらないのですが、男性の場合は鬱病による自殺などという問題が発生しており社会問題化しています。

特に男性は老化に伴う更年期を切っ掛けに鬱病になってしまう方も多く、通常のセロトニンの分泌異常による鬱病と原因が違うため分けて考えています。
社会問題化している男性の老化に伴う更年期障害による鬱病ですが、最近では男性にも老化に伴う更年期障害があるという認識が高まってきましたし、それに対応する医薬品やDHEAなどのサプリメントができていますので、アメリカでは重篤な症状にまで陥る男性は少なくなってきています。
男性の老化防止にとってDHEAのサプリメントは非常に重要な働きを持つことが最近の研究で次々に明らかになっています。

日本では男性の老化に伴う更年期障害に関する認識が低いために、以前のアメリカ人男性のように人知れず悩まれている方も多いのではないかと思います。
老化に伴う更年期障害による鬱症状としては以下の症状が挙げられます。
こういった症状に心当たりのある方は早めに老化防止をしてみてください。アメリカでの多くの症例から、かなり軽くなることが期待できます。

・疲れる
・眠れない
・1日中眠い
・食事に興味が無くなる
・何をやっても楽しくない
・無口になる

男性の老化防止にお奨めのサプリメント

DHEA
中年以降の男性の鬱症状は老化現象です。DHEAで老化を防止してください。

アメリカでは脳の老化に関する研究が盛んで、多くの老化防止対策が提唱されています。
認知症は脳の老化で最も関心の高い分野ですが、認知症は大きく2つの種類があります、もともと欧米で多かったアルツハイマー症と日本に比較的に多かった脳血管障害による認知症です。サプリメントによる栄養摂取でこれらの脳の老化防止を行うことは可能であるとされており、若い頃から実践している方ほど脳の老化を遅らせることができると言われています。
しかし、欧米型の生活習慣が広まったせいか栄養不足により脳の老化が進み、最近の日本ではアルツハイマー症が増えてきています。アルツハイマー症は脳神経細胞が減って脳が萎縮してしまう老化現象(病気)です。原因が不明とされていますが、有力な情報にアルミニウムの過剰摂取によって起こる可能性が指摘されていますが、ハードな運動、マルチミネラルの十分な摂取やケルセチンの摂取による重金属のデトックスにより予防が可能なのではないかと言う栄養学者も多いようです。

アメリカの栄養学でサプリメントによる老化防止が可能だといわれているのが、脳血管障害による認知症です。
この病気は老化や高脂血症などにより脳の血管が詰まったり、血管が老化して破れたりして起こる病気で、脳梗塞や脳溢血の軽いものだと思ってください。
最近では無症候性脳梗塞など症状の出難い脳疾患が多く報告されており(全体の10%近くに起こっているそうです)、こういった軽い脳疾患を繰り返すことで認知症などの老化が進行してしまうのだそうです。
脳血管障害による認知症の方は重篤な脳梗塞や脳溢血を起こす可能性が通常の方の10倍~20倍も高くなるといわれており、認知症や老化防止だけの問題ではなくなっています。

それでは老化や高脂血症などによって起こる脳血管障害による認知症を予防する栄養学的アプローチ方法とはどのようなものでしょうか?
それは3つの老化防止方法を駆使して改善を行います。
・血液ををサラサラにして血流をよくする方法。
・毛細血管を太くする方法。
・血管に弾力を持たせて丈夫にする方法。
この3つは関連しあっており、どれか1つだけを行うよりも3つとも行った方が老化防止に効果的です。

まず、血管が詰まるという現象ですが老化というよりは生活習慣の問題であることが多いようです。
EPA(オメガ3)を摂取することで血液がサラサラになって血栓(血中脂質の塊など)ができることを防ぐことが可能です。血中脂質が特に高い方はググル(血中脂質抑制ハーブ)で血中脂質を減らすことも必要です。
血中脂質を減らして血流をよくすれば血圧も下がりますし血管の老化防止に良いでしょう。

次に、毛細血管を太くすることによって血管内の血栓が血管に詰まることを防ぎます。
いちょう葉エキスを摂取することで毛細血管が拡張され、血圧を不必要に引き上げることもなくなりますし、脳に酸素やブドウ糖が行き渡り脳の活動が活発に脳の老化防止に役立ちます。

最後に、血管が脳内で破けるのは血管が老化し弾力を失うことで起こります。血管の老化と血中脂質(特に悪玉コレステロールと中性脂肪)が多いことと血圧が高いことが重なると、悪玉コレステロールが血管壁に付着して血管のコラーゲンが架橋結合を起こして弾力が無くなります。老化して動脈硬化を起こした弾力が無い血管は、チョットした興奮や運動などで血流が上がると簡単に破れてしまうのです。

老化以外にも食事から摂取する硫黄(MSMサプリメント)というミネラルが少なくなるとコラーゲンが十分に弾力をもてなくなり血管が弱くなります。もともと硫黄は吸収しにくいミネラルで加齢に伴う老化により不足して血管やお肌の弾力が無くなってしまうのです。
血管やお肌の老化防止には、MSMサプリメントホーステール(シリカ)がお勧めです。

脳と血管の老化防止にお奨めのサプリメント

EPADHAオメガ3
脳のエネルギーとなり脳の老化を防止。

ググル(血中脂質抑制ハーブ)
使用実績の長いドロドロ血改善ハーブで血中脂質を下げ、血管の老化防止。

イチョウ葉エキス
脳の毛細血管を拡張して血流促進することで脳の老化防止。

MSMサプリメント
コラーゲンの生成を促進し血管の老化防止。

ホーステール(シリカ)
コラーゲンを束ねて、弾力とハリのあるお肌や血管を作り老化防止

脳トレサプリメント
様々なビタミンやハーブで脳の血流UPとエネルギー補給で脳の老化防止。

アメリカでは年配の方の老化防止で大きく採り上げられるのが、免疫力の低下によるインフルエンザなどのウィルス感染の危険性ですね。

ウィルス感染率を高めてしまう大きな原因の1つが胸腺という組織の萎縮という老化現象です。老化に伴う問題で非常に重要な部分です。
胸腺は胸の部分にある免疫機構の指令所ともいえる組織で、老化によってに小さく萎縮してしまい、複雑な免疫細胞の命令系統に混乱が生じて、侵入してきたウィルスに対して効果的な免疫活動ができないことが、ウィルス感染の感染率を高めているとしています。
老化防止と免疫力のアップは切っても切れない関係です。

また、ガンの発生に関しても、通常は1日で3000個ほどの細胞がガン化していますが、本来はこれらのガン細胞が小さい段階で免疫細胞によって処理されてしまうためにガンが大きくなることは少ないのですが、老化によって胸腺が萎縮してしまっている方は発ガンのリスクが非常に高まることが判っています。
高齢者は発ガン率が高まりますが、免疫組織の老化防止対策を行うことでリスクを下げることができると言われています。

この胸腺の萎縮に関しては老化だけが原因ではなく、消化吸収力の低下した方に起こりやすく、亜鉛ビタミンB群の不足から起こることが判っています。
25歳を過ぎる頃から老化が始まると言われていますが、食事から補給する亜鉛や硫黄などのミネラルが吸収できなくなってきて不足します。不足が進むと胸腺が萎縮しますが、亜鉛サプリメントビタミンB群を補給することで胸腺の萎縮は年配者でも改善が可能だといわれています。
老化防止で最も簡単にできることの1つと言って良いでしょう。

最近アメリカで老化防止に人気のある、免疫力UPサプリメントに朝鮮人参(高麗人参)があります。
日本人からすると今さら朝鮮人参(高麗人参)で老化防止かとも思いますが、アメリカで新たに研究された結果、朝鮮人参(高麗人参)には細胞の中にあるリボソームというタンパク質合成を行う組織の活性を高めるために、細胞分裂が活発に行われて老化防止効果があることが確認されています。
免疫細胞(タンパク質でできています)をたくさん作ることができるようになり、免疫力の老化防止に効果が期待できると言われているのです。
朝鮮人参(高麗人参)で免疫組織の老化を防ぎ、免疫細胞をたくさん作って、亜鉛サプリメントで胸腺を元気にして、たくさんの免疫細胞を効率よくコントロールして侵入してきたウィルスに対抗するという方法が、アメリカの老化が気になりはじめる年配者に人気のようです。

アメリカでは老化を防いで免疫力を高める目的で摂られている非常に人気のハーブがあります。
エキナセアというハーブで、もともとネイティブアメリカン(インディアンという言い方が判りやすいですかね)が老化防止や病気を防ぐために摂っていたものです。
アメリカの家庭の薬箱にはかなりの確率でエキナセアが入っているという情報もありますし、老化防止だけではなく、風邪やインフルエンザを予防したり、金属アレルギーの改善なんかでも使われることが多いようです。
ビタミンC(ビタミンP)と併用することでエキナセアの免疫力UPの効果が高まることが判っています、エキナセアの摂取の如何に関わらず、日々2000mg前後のビタミンCの摂取は老化防止効果やウィルス感染の危険性を下げることが報告されています。

老化防止のために吸収しやすいサプリメントによる栄養補給や伝統のハーブで免疫力を高めてください。
老化に伴い罹る必要のない病気に感染しやすくなるのを未然に防いでください。

免疫組織の老化防止にお奨めのサプリメント

亜鉛サプリメント
年配者の亜鉛摂取は50mg~150mgで胸腺の老化防止が可能です。

ビタミンB群
ビタミンB群はタンパク質代謝を活発にして免疫力の老化を防ぐ。

ビタミンB群100mgタイムリリース
ビタミンB群はタンパク質代謝を活発にして免疫力の老化を防ぐ。タイムリリース機能付き。

朝鮮人参(高麗人参)
老化防止では伝統の漢方薬ですが最近の研究で様々な老化防止効果が立証されました。

エキナセア
免疫力の老化防止で人気No.1のハーブ。

ビタミンCサプリメント
単独でも免疫力UP、エキナセアと併用で更に高い老化防止効果。

マルチビタミン
老化により吸収力が落ちている方には総合的な栄養補給が老化防止に一番です。

マルチミネラル
大きな錠剤が苦手な方はカプセルタイプで老化防止をどうぞ。大丈夫ならメガマルチビタミンを。

最近はお肌の老化防止コラーゲンをサプリメントで摂取するというのが流行っていますね。
でも、そのコラーゲンはちゃんと吸収されて体の中で使われていますか?
老化防止に高価なコラーゲンを摂取する意味って本当にあるんでしょうか?
体を構成するタンパク質の70%をコラーゲンと呼ばれるバネ状のタンパク質が占めている訳ですから、コラーゲンというものを健全に作ることは老化防止や健康、美容で非常に重要です。そのコラーゲンの老化についてはアメリカでは研究が進んでおり、体内で健全なコラーゲンを作り老化を防ぐ栄養学はほぼ完成していると言って良いでしょう。

老若男女の老化防止に限らず日本ではよくコラーゲンを体内で作るためにコラーゲンを経口摂取することがありますが、栄養学の進んでいるアメリカでは2型コラーゲンという関節を作る特殊なコラーゲン以外を経口摂取する習慣はほとんどありません。つまり関節の老化を防ぐ以外にあまり使い道の無いのがコラーゲンです。
それはコラーゲンは大部分がタンパク質でできており、健全なコラーゲンの生産に必要な硫黄といミネラルはそれほど大量には含まれていないからなのです。
またコラーゲンに含まれる硫黄も、吸収しにくい無機硫黄という硫黄で年配者ではほとんど吸収されないため、コラーゲンを老化防止美肌スキンケアとして摂取しても、あまり意味が無いからなのです。

タンパク質は日々の食事で十分に摂れているので不足することはありません。しかし、食事に含まれる硫黄は、吸収力が落ちる25歳を過ぎる頃から吸収量が減ってきて、加齢に伴う老化とともに不足してきます。本来は血管やお肌、内臓などのコラーゲン組織の老化が進む年配者ほど組織の老化防止にコラーゲンが必要なのに、食事からの硫黄の吸収が落ちて弾力を持つ健全なコラーゲンが作れなくなってくるのです。この硫黄の不足がコラーゲン組織を老化させ、美容や健康に大きな影響を与えることが判っています。
つまり、老化防止で必要なのはコラーゲンではなく硫黄というミネラルなのです。

アメリカでは老化防止のために体内でコラーゲンを作る時には、MSMサプリメントという有機硫黄のサプリメントが人気です。
MSMサプリメントは吸収しにくい硫黄が簡単に吸収できるということで美肌スキンケアとしても人気が高く、女性や年配者の多くがお肌の老化防止に使っています。

また、コラーゲンを効率よく作り老化防止に役立てるにはビタミンC(ビタミンP)が必要です。
またコラーゲンはタンパク質ですので、タンパク質を作るビタミンB群亜鉛があるとより効果的です。
お肌や血管や内臓の老化を防ぐために効率のよいサプリメントの組み合わせをお奨めします。

お肌の老化防止にお奨めのサプリメント

MSMサプリメント
25歳くらいから発生するコラーゲンの主原料である硫黄の不足がお肌の老化の原因。

ビタミンCサプリメント
コラーゲンを作るビタミンCは老化防止に最適です。

ビタミンB群
ビタミンB群は新陳代謝にして老化を防ぐ。

ビタミンB群100mgタイムリリース
タイムリリース機能の付いたビタミンBサプリメントです。

亜鉛サプリメント
お肌や血管や内臓の新陳代謝を引き上げる亜鉛は老化防止に必須です。

老化とはコラーゲン組織の老化と言ってよく、老化防止とはコラーゲンの健全な生産が大きな鍵を握っています。
なぜならば、体を構成しているタンパク質の70%はコラーゲンの形をとっています。しかも皮膚、髪の毛、血管、関節、内臓などなど、ほとんどの組織でコラーゲンが重要な役割を持っているからなのです。

例えば。老化で一番問題になるのがスキンケアの問題ではないでしょうか。
栄養学ではお肌の弾力を維持しお肌の老化を防ぐには、MSMサプリメントヒアルロン酸EPA(オメガ3)という美肌スキンケアが人気です。
お肌の老化は美容の問題だけではありません。
健全なコラーゲンが作られないと皮膚が弱くなりますので、弱った皮膚からウィルス感染などが起こったりもしますので健康の問題にも関係します。健全な皮膚を作ってお肌の老化防止や免疫力を高めてください。

髪の毛の引っ張り強度を高めているのもコラーゲンです。切れ毛やキューティクルの脱落などを老化と諦めてしまう方も多いとは思いますが、健全なコラーゲンが作られていないだけで、MSMサプリメントなどのサプリメントで十分に老化を防ぐことが可能なのです。

男性の老化で最も問題になるのが抜け毛の問題でしょう。
男性の抜け毛の問題の多くは男性ホルモンが影響するのでコラーゲンの生産不足はあまり関係ありませんが、老化などによる女性の抜け毛のある程度はMSMサプリメントL-システインの摂取で髪の毛の材料を補給することで改善することが多いそうです。
またアメリカでは縮毛を矯正する働きがあるとしてMSMサプリメントが人気です。

血管の老化は健康の大きな問題です。
老化に伴い吸収力が弱くなり体内の硫黄が不足すると、コラーゲンに弾力が無くなり血管が硬くなります。それが進行すると動脈硬化という脳疾患や心臓疾患の原因ともなります。
MSMサプリメントを摂取することで硫黄を補給して、弾力のあるコラーゲンを作って血管の柔らかさを保つことは血管の老化防止にとって非常に重要です。
また、老化が進んで既に動脈硬化を起こしている動脈にはケイ素というミネラルが不足していることが多いことが判っています。ケイ素は硫黄と一緒になってコラーゲンの弾力を高めたり、コラーゲンが固くなる架橋結合という老化現象を防ぐ働きがあります。
アメリカでは血管の老化や動脈硬化が心配な方の多くが、ケイ素を多く含むホーステールというハーブとMSMサプリメントを組み合わせて摂取することが多いようです。

関節の老化現象に変形性股関節症や変形性膝関節症というものがありますが、これはコラーゲンの老化や加重などにより関節で上下の軟骨がぶつかって軟骨が磨り減ったために起こります。
軟骨を形成する物質としてはコンドロイチンとグルコサミンという物質が有名ですが、軟骨の丈夫さを決定するのが軟骨に含まれるコラーゲンの量なんです。
老化に伴ってコンドロイチングルコサミンの生産量が減ってきますが、MSMサプリメントとこれらのサプリメントを一緒に摂取することで、軟骨自体を丈夫にすることができますので、関節の老化が心配な方は老化防止にお使い下さい。

最近のアメリカでは内臓の老化や内臓のスタミナアップということが重要な老化防止の研究テーマになっています。
内臓の弾力性と柔軟性、スタミナは老化とともに失われていきますが、それは内臓はコラーゲンが支えているからなのです。コラーゲンの老化は内臓の老化に密接に関係してきます。老化とは少し離れますが、肝硬変を起こした肝臓はコラーゲンが少なくなっていることが判っており、MSMサプリメントを勧める専門家も多いのです。

コラーゲンはバネ状のタンパク質で、全身の各組織に弾力と抵抗力、柔らかさと強さを与えて老化を防いでいます。
コラーゲンを構造的に解析すると、バネの形をしているタンパク質に硫黄がたくさん混ぜられることで伸びたり縮んだりする能力が高まります。例えばゴムの樹液をそのまま固めてもゴムのように伸び縮みはせず簡単に切れてしまいますが、ゴムの樹液に硫黄を混ぜて固めると我々が知っているゴムの様に伸びたり縮んだりするのです。
MSMサプリメントに含まれる硫黄がコラーゲンの弾力を高めることは栄養学的に証明されており、コラーゲンの老化防止や美肌スキンケアとして15年以上もの人気を誇っています。

硫黄というと恐ろしげな響きがありますが体を構成するミネラルで3番目に多い元素で、その安全度は水と同じくらいの安全性があるといわれています。
加齢による老化に伴う体のトラブルは多くがコラーゲン不足からきているとも言われていますので、体内でコラーゲンが作られるように栄養補給を考えていってください。

コラーゲンの老化防止にお奨めのサプリメント

MSMサプリメント
コラーゲンの主原料である硫黄は25歳くらいから不足してくる。

L-システイン
髪の毛の一部にL-システインが使われています。髪の毛の老化が気になる方にお勧め。

組織の弾力が失われることで老化が進みます。老化防止の主眼に組織の弾力アップを挙げている研究者も多く、体の大部分を構成するコラーゲンの弾力アップが老化に歯止めをかける重要な鍵になるのではないかと言われています。
老化を防ぐにはコラーゲンの弾力アップが欠かせません。また、コラーゲンが弾力を失う過程もかなり解明されてきましたので、コラーゲンの構造についてもう少し深く探ってみたいと思います。

お肌や血管などの組織の弾力は大部分がコラーゲンの弾力です。
よって、老化を防いで弾力のある組織を作りたければ、前述の様に硫黄(MSMサプリメント)の十分に混ぜられたコラーゲンを体内で作ってあげなければなりません。
コラーゲンは硫黄が足りていれば十分な弾力を得られますが、お肌や血管などの組織の老化を防ぎ十分な弾力を与えるには、実はそれだけでは足りないのです。
お肌や血管などの組織は主にタンパク質で構成されますが、その70%がコラーゲンの形(バネ状)をしています、その組織に十分な弾力を与えるにはコラーゲン密度というものを高い状態に保ってあげなければならないのです。老化防止の重要なポイントにコラーゲン密度というものがあることを憶えておいてください。

コラーゲンはバネの形をしていますが、1本1本のコラーゲンは十分に硫黄が足りていても、それほど強い弾力があるわけではありません。
その弱い弾力のコラーゲンを使って強い弾力の組織を作るには、コラーゲンを束ねてあげる必要があります、これをコラーゲン密度を高めるといいます。

要は、ベッドのスプリングを想像していただけると判りやすいと思うのですが、ベッドのスプリングは1本1本のバネをワイヤーで連結して上下の重みにのみ力を発揮するように設計されています。
ワイヤーで結んでいないバネは上からの力に対し、横へ力を逃がしてしまい弾力という点では十分な働きをしないのです。
コラーゲンも同様でコラーゲン同士を束ねることで上下の力に対する弾力を十分に確保し、組織に弾力を与えることができるのです。

そのコラーゲンを束ねるために使われるのが硫黄であるMSMサプリメントホーステール(ケイ素)です。
硫黄はコラーゲンを作る時に必須の栄養素ということでご紹介していますが、コラーゲンを束ねる働きもします。
またケイ素はミネラルという種類の栄養素で、コラーゲンを束ねて強くする働きが評価されていて、プロの運動選手が筋肉(コラーゲンでできています)の怪我を予防する目的でかなりな頻度で摂られています。
老化により吸収が悪くなると、これらのミネラルを食事から十分補うことが出来ません。お肌や血管の老化防止に、是非サプリメントでの摂取をおすすめいたします。

コラーゲンを束ねて老化防止にお奨めのサプリメント

MSMサプリメント
コラーゲンの主原料であると同時にコラーゲン密度を高め老化防止。

ホーステール(シリカ)
コラーゲンを束ねる働きに優れる老化防止サプリメント。

アトピーの老化防止のためには上記のお肌の老化防止の他に、炎症抑制やヒスタミン抑制、腸内環境の改善など様々な情報が必要です。
総合的なページとしてアトピー性皮膚炎のページをご用意しております。どうかこちらをご利用下さい。

全商品カタログ

全商品カタログ(このページから全商品を注文できます)

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

▲TOP▲

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.