サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

ビタミン・ミネラル

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

12月11日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今月のトピックス

ビタミン人気ベスト10

ビタミン・ミネラルに関するトピックス

ビタミン・ミネラルサプリメント

目のビタミン・スーパールテイン

目のビタミン・スーパールテイン

目のビタミン・スーパールテイン
2,894円(税抜2680) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

ビタミンB群50mg

ビタミンB群50mg

ビタミンB群50mg
1,058円(税抜980) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

抗酸化マルチビタミン(鉄抜き)

抗酸化マルチビタミン(鉄抜き)

抗酸化マルチビタミン(鉄抜き)
2,106円(税抜1950) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

カリウムサプリメント

カリウムサプリメント

カリウムサプリメント
1,296円(税抜1200) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

天然ビタミンEサプリメント

天然ビタミンEサプリメント

天然ビタミンEサプリメント
2,138円(税抜1980) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

肌のビタミン(ビオチン)

肌のビタミン(ビオチン)

肌のビタミン(ビオチン)
1,242円(税抜1150) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

エスターC

エスターC

エスターC
1,922円(税抜1780) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

ビタミンB群100mgタイムリリース

ビタミンB群100mgタイムリリース

ビタミンB群100mgタイムリリース
2,138円(税抜1980) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

ビタミンサプリメント以外にも多数ご用意していますので、全商品カタログも是非ご覧下さい。

ユーザー様からのメールによるビタミンとミネラルの悩み相談のQ&Aや
ビタミンサプリメントとミネラルサプリメントに関する栄養学のコンテンツを載せてありますので、よろしければご一読ください。

店長おすすめの4商品

アメリカでは1970年代に生活習慣、食習慣が原因の突然死が非常に増えました。
アメリカ政府は突然死の原因究明のためにアメリカ上院にマクガバン委員会を作り栄養学的な徹底した調査を行い、こう結論付けました。

「健康は、充分な栄養が足りてこそ得られる」

そこでアメリカで行った政策は、大学やFDA(アメリカ食品医薬品局:日本の厚生労働省にあたります)などによる栄養医学的な見地からの予防医学研究と、新聞や雑誌などによる健康情報への啓蒙でした。
具体的には、食品と医薬品の間に、栄養補助食品という予防医学を主目的としたものを法的に制定しました。

1970年代に始まった、この予防医学を目指すアメリカ合衆国の政策は、1997年に米国栄養補助食品健康教育法という、自分の責任において栄養補助食品を自由に拾捨選択できる法律によってクライマックスを迎えました。
つまり、この法律は、アメリカ合衆国国民が健康に関する教育を受け、既にかなりの知識を有していると判断した政府が、栄養補助食品に効能などを書き記し、それを読んだ国民が、自分の知識により、自分の責任で判断を下し、サプリメントを購入するということができるようにしたということで、非常に画期的であり、最先端なことです。

ちなみに1994年の、アメリカにおける、予防医学の国家予算は120兆円、GNPの12%にも及びました。

★栄養補給★

サプリメントに含まれる成分の生理作用を用いて、自己免疫機能を改善し、ホメオスタシスを正常化する(ホリスティック医学といいます)。
ビタミンやミネラルなどの栄養をきちんと摂取することで、体細胞を活性化させ、組織の新陳代謝を活発にする。

★活性酸素対策★

活性酸素」は老化アレルギーググル(血中脂質抑制ハーブ)等を引き起こす主な原因といわれています。
生物は体内のさまざまな代謝活動において、化学反応を通じて「活性酸素」を発生させます、「活性酸素」には大まかに分けて5種類あり、それらを処理する抗酸化サプリメントもさまざまです。

★腸内環境正常化★

腸内は医学的には体外です、肺や皮膚と同じく外界と接し、さまざまな物質を吸収しています。
腸は害のある物質を吸収しにくくするため、さまざまな工夫をしています、不要物の通過を促す機能や腸内細菌のバランスがそれですが、これら腸内環境を正常化します。

サプリメントを摂取する人は必ず目的をもっていると思います。
健康になりたい人、ダイエットしたい人、美肌スキンケアしたい人、アレルギーを改善したい人、その他それぞれに結果を求めてサプリメントを選んでいるはずです。
ダイエットしたい人はダイエットサプリメント、スキンケアしたい人は美肌スキンケアのサプリメントというようにサプリメントを選んでいますが、これらのサプリメントが効率よく結果を出すためには、新陳代謝を活発にしなければなりません。

十分なマルチビタミンマルチミネラルなどの栄養を補給することで細胞分裂が活発になって細胞が新しくなると、ダイエットサプリメント美肌スキンケアのサプリメントはより本来の働きができるようになって、早い段階で結果が出やすくなります。
サプリメントは飲めば全員が効果を感じるものではなく、体質や原因によって使用するサプリメントを選ばなければなりません。
つまり、サプリメント摂取を行った後には、自分に合っているか合わないかを、できるだけ早い段階で判断しなければならないのです。
その判断を下すには通常は数ヶ月間は要するとされていますので、ビタミンやミネラルによって新陳代謝を活発にさせることは重要です。

アメリカではマルチビタミンを基本にして、ダイエットしたい人はダイエットサプリメントをトッピングし、アレルギーを改善したい人はビオチンビタミンH)などをトッピングするというような方法を採ります。

マルチビタミンとはこの様に重要なサプリメントですので
・できるだけ様々な種類の栄養素が入っていること。
・入っている栄養素の量が薬理学的効果が出るくらいに十分な量が入っていること。
というのが非常に重要です。

お奨めサプリメント

マルチビタミン
錠剤は大きいがビタミンやミネラルなどの栄養素の種類と含有量は本格的です。

マルチミネラル
ビタミンやミネラルなどの栄養素の種類と含有量はメガマルチビタミンに負けますが、大きな錠剤が苦手な方はこちらのカプセルタイプをお奨めします。

すべてのサプリメント摂取の基本であるマルチビタミンですが、アメリカの大手メーカーの共通の考え方として
マルチビタミンには必要と思われる栄養素を、十分な薬理学的効果が得られるくらいには入れているけれども、ビタミンB群ビタミンC(ビタミンP)亜鉛カルシウムマグネシウムに関しては摂取量が多いため、マルチビタミンには十分な量は入れません。
とりあえず必要最低限(生理学的な量)は入れているので、それ以上に必要であれば単品として摂取してください」
という感じです。

例えばダイエット美肌スキンケアアレルギー改善なんかをしたい方はビタミンB群を別に摂取してタンパク質と炭水化物と脂質の代謝を良くすることが必要でしょう。
また、健康維持に努めたい方であればビタミンC(ビタミンP)は必須です、1日2000mg~10000mgくらいの摂取を薦めている栄養学者が多いようです。
新陳代謝を活発にして細胞を新生させたい方は亜鉛は必要ですし、女性や年配の方はカルシウムマグネシウムを摂取して骨粗しょう症(骨粗鬆症)を防ぎたいところです。

お奨めサプリメント

ビタミンB群サプリメント

ビタミンCサプリメント

エスターC

亜鉛サプリメント

カルシウムサプリメント

骨粗しょう症サプリメント(骨粗鬆症)

サプリメントを摂取するときには何らかの効果を期待してサプリメントの摂取を行っていると思います。
その何らかの効果というものを専門的には薬理学的効果と表現します。
ダイエットしたい人は痩せるという薬理学的効果をサプリメントに期待するわけですし、アレルギーの方はビオチンビタミンH)を摂取して炎症を抑制するという薬理学的効果を期待するのです。

それに対して生理学的効果とは何か?
これは一般的には欠乏症を起こす量と理解されています。
つまりビタミンやミネラルなどの栄養素の摂取が、生理学的摂取量を長期間下回った場合は欠乏症を起こします。

薬理学的摂取量と生理学的摂取量の間には非常に大きな違いがあります。
数字に置きなおしても、桁が3つくらい違うこともあるくらいで、摂取の結果においてもまったく問題になりません。

つまりサプリメント摂取に何らかの効果を期待する場合は、薬理学的効果を期待して薬理学的摂取量を摂取する必要があります。
アメリカやドイツなどの栄養学的に進んでいる国が提示している所用量(RDA)は一般的にこの薬理学的摂取量に近い数字が使われていることが多いようです。
日本の所用量はどちらかというと生理学的摂取量に近い数字を所用量として使っていることが多そうです。

アメリカ製のサプリメントの多くは薬理学的効果を期待して薬理学的摂取量を基準にして含有量を決めていますので、体質に合えば薬理学的効果が期待できます。

ちなみに、これらの薬理学的摂取量は基準体重を60kgとしており、体重が120kgの方なら倍量を、体重が30kgの方は半分の量を摂取するというルールがあります、体重比で調整してください。
また、実際的な基準体重は45kg~75kgくらいとしていますので、その範囲内であれば60kgの理論的基準体重を使用して大丈夫ですし、人種による差異もないといわれておりますので、アメリカ製のサプリメントでも安心してお摂りいただけると思います。

サプリメントによって薬理学的効果を得るには薬理学的摂取量を摂取する必要がありますが、薬理学摂取量とは厳密に何mgとか何gとかハッキリと決まっているものはあまりありません。
あえて薬理学的摂取量を数字で出すとすれば、多くの実験によって多くの栄養学者が、被験者に摂取させてよい結果を出した実験で使われていた摂取量が薬理学的摂取量と言ってよいでしょう。
よって、何mgとか何gという数字で表すよりは何mg~何mgというような範囲で表すことが多いようです。
栄養学者によってその薬理学的摂取量の数字はマチマチですが極端な数字を除外して、多くの栄養学者が示した数字をアメリカンビタミンショップでは摂取目安ということで各商品ページに載せています。
サプリメントによって何らかの効果を期待する場合は、十分な量の摂取を行わなければ結果が出ないことも多いので、この摂取目安を基準にして摂取量を決めてください。

サプリメントは摂取した方の全員に効果を発揮するものではありませんので、半年くらいの摂取期間で自分に合っているかを判断します。
この時に薬理学的摂取量を十分に摂っていない場合は、本当に自分に合っていないのか、薬理学的摂取量を摂取していないので効果が出なかったのかが判断できません。
自分に合ったサプリメントを探すというのは大変な作業で、せっかく自分の体質に合ったサプリメントなのに、テスト期間中に十分な摂取量を摂っていなかったために効果が発揮できずに見逃してしまうのは非常にもったいないと思います。

とりあえずテスト期間中は十分な量を摂取し、効果を感じた時点で摂取量を少しずつ減らして、自分なりの薬理学的摂取量を見つけることをお奨めします。

先に、サプリメントは摂取した方の全員に効果を発揮するものではないと書いています。
例えばアトピー性皮膚炎掌跡膿胞症(掌蹠膿疱症・掌蹠膿胞症・掌せき膿胞症)の改善の話にしても、4つあるアトピー性皮膚炎の原因を改善するためのサプリメントはチャンと判っているのですが、その4つの原因の度合いによってどの原因から改善していけば効果が出やすいという様なことはあるのです。
炎症を抑制できない体質。
腸内環境が悪い体質。
・皮膚が薄い体質。
・アレルゲンを体が受け入れることができない体質。
というような原因がありましても、皮膚が非常に薄い方の場合は、皮膚で起こっている炎症を抑制することと、皮膚を厚くすることを同時に行わなければ結果が出難いということになりますし、腸内環境が非常に悪い方だと皮膚を厚くする前に善玉菌乳酸菌 腸内細菌)を摂取した方が早く結果がでるということもあります。

ダイエットにしても美肌スキンケアにしても、個人個人によって太る原因や肌荒れの原因は違っているので試すサプリメントが違ってきます。
皮膚の新陳代謝が悪いために肌が荒れているのにお肌の血流を上げても結果は出難いでしょう、カルニチンの分泌不足で太っている方が食事制限をしても辛いだけです。

まず、サプリメントを摂取することで薬理学的効果を期待したいのであれば、サプリメントのページに記載されている内容を読んでみてください。
そこには、できる限り一般的に評価されている情報で、それぞれの体質にどう効果を発揮するかが書かれています。内容を読むことで自分の体質に合っているかどうかの判断がつくように書いていますので、イロイロな関連するサプリメントの内容を読んで、より自分に合ったサプリメントに近づいてください。

サプリメントは医薬品と違って飲んですぐに結果が出るものではありません。
サプリメントは食品中の栄養素を抽出したものなので食品に分類されます。通常の食事で不足する栄養素をサプリメントで補って健康や美容に役立てるのが、アメリカで一般的に行われている方法です。
食事によって急激に健康効果や美容効果が得られないのと同じで、サプリメント摂取による結果を求めるなら最低で3ヶ月~6ヶ月の摂取は必要でしょう。
また、場合によっては結果が出た後も継続摂取の必要があることも考えられますし、改善が終わったら止められるサプリメントもあるでしょう。ケースバイケースで考える必要がありますね。

栄養学の研究では栄養学者達によって実験の摂取量や摂取タイミングなどに大きな違いがあるケースも多く、摂取方法に絶対的な方法は無いというのが定説です。
栄養学が発展途上の学問であるということと、摂取する個々の体質や生活習慣によって摂取方法を変える必要があるということが、絶対的な摂取方法を確立できない大きな原因です。
しかし、多くの栄養学者の一致する意見としては摂取期間があり、ほとんどの実験は3ヶ月~2年くらいの範囲内で期間が設定されています。
(実験するサプリメントやその目的によって期間の長短はあります)

アメリカでは天然物のサプリメントしか絶対に摂取しないという方は全体の10%くらいだそうです。
10%というとかなりのマイノリティーと言っても良いのではないかと思います。
アメリカでも議論として天然と合成はどちらが良いかという問題はなかなか決着がつきません。どちらの言い分にも理があって立場の違いで正反対の結論が出ることがよくあります。

あえて結論を出すならば、合成モノは安価だが天然モノは高価であるという前提で、合成でよいものと合成では性能的に天然よりも大分落ちてしまうものと分けて考えるのが良いと思います。

例えばマルチビタミンでは、天然モノが良いとされるものには、ビタミンA群ビタミンC(ビタミンP)ビタミンE群などがあります、この3つのビタミンは天然モノに含まれるその他の栄養素がビタミンを助ける働きが強く、合成モノのように単品で摂取するよりも効果が何10倍も高くなるのです。
価格が2倍としても効果が10倍ならば、価格対効果でいえば天然モノの方が5倍の効力を持つといえるでしょう。

またビタミンB群は合成モノも天然モノも効力に変わりはありません。
ただし、合成モノには必要とされるビタミンB群がすべて含まれていることが多いので、天然モノよりもバランスに優れているため、高い効果が期待できます。
また、ビタミンB群の場合は天然モノは非常に高価で容量的にも少量しか含有していないものが多いので合成モノに人気があるようです。

マルチミネラルは天然の鉱物をキレート加工して吸収力を上げたものでなければ、摂取した数%しか吸収ができないなんてミネラルも多いのです。
アメリカ製のミネラルであればほぼ間違いなくキレート加工は施されていると思いますが、キレート加工にも効率の高いものと低いものがあるのでご注意ください。
ちなみにアミノ酸とミネラルを結合させるキレートが一番高価で効率が良いそうです。

合成モノ=危険、天然モノ=安全という考え方はかなりナンセンスであると思います。
天然モノの中にはトキシン類などのように毒物もあるし、天然モノから成分を抽出する時に使われる有機溶剤などが製品の中に残留しているようなものを作る低いレベルのメーカーもありますので、天然モノ=安全とはいえません。

また合成モノでも有機溶剤が残るような低レベルでない製法を駆使できるメーカーも多いので、メーカー選びを大切にして、尚且つ、その一流といわれるメーカーで長く販売しているロングセラー商品を選ぶことで危険性は0に近いまで引き下げることができます。
ビタミンやミネラルだけでなくサプリメント全体にいえることですが、有機溶剤フリーはもちろん、長く販売に供されてきた商品には成分・性能的な部分でも高い信頼性が置けます。

アメリカンビタミンショップでは合成は危険という考え方は持っておりません。
もちろん、天然は安全という考え方もありません、アメリカの市場でたくさん売れている商品ならば安全であるという経験的な面から商品を選んでいます。

サプリメントとは主に食品から抽出された栄養成分をまとめたものです。
アメリカでは個々のサプリメントの効果についての実験が数多く繰り返され、統計処理をされてサプリメントがある体質を改善する効果があるかを判定されます。
アメリカン、ビタミンショップで使用する「効果が期待されている」という表現については、アメリカで行われた様々な実験において統計処理をされた結果で統計的に差異が認められたものであるサプリについて使用しております。
使用者が100%の効果を得られるという意味ではございません。

体質というのは個人個人で違っているためサプリメントの効果についても使用者が全員効果を得られるという可能性は低いと言わざるを得ません。
先にも書いていますがサプリメントはある体質について改善効果が認められた栄養素です。体質の違いにより効果の出方は使用者個人個人で違っていますのでご注意ください。

サプリメントを使用される方は、それぞれの体質によって自分に合ったサプリメントを探す必要があります。
アメリカにおいて人気のあるサプリメントは、それなりに広い体質をカバーする可能性が高いと言えます。
ご自分の体質がわからない場合、とりあえず人気のあるサプリを試してみるのもよいのではないかと思います。

例えばダイエットに使われるサプリメントは非常にたくさんの種類があります。
この事実は逆に言いますと、全員の方に100%の効果を与えるダイエットサプリメントが存在しないことを意味します。
(100%のダイエットサプリメントがあれば他のダイエットサプリメントは売れなくなってしまいます)
それぞれのダイエットサプリメントは様々な実験が行われ、ある太る体質の改善ができると判断されたものが商品化されますので、自分の太る体質に合致したサプリメントを探せればダイエット効果が得られる可能性が高くなります。
(太る原因については非常に多岐にわたります、太る原因は大きく分けて3つの部分に分けることができるといわれています、ダイエットサプリメントとはこの3つの部分に対して効果を発揮する栄養素を指すことが多いのです)
ダイエットサプリは痩せ薬ではありません、あくまでもある体質を改善するだけで、それがたまたま脂肪の減少に繋がるというだけのことなのです。

ビタミンやミネラルを含め、サプリメントを摂取するということは、時間がかかることもありますがご自分の体質にあったサプリメントを探すのだとお考えください。
そう考えていただければサプリメントのもつ良い面と巡り合えると思います。
アメリカでは1億2000万人がサプリメントを摂っているといわれています、自分に足りない栄養素を見つけ出し補給することで病気を予防し美容のトラブルも回避するというのがサプリメント摂取の最大の目的です。

ビタミンの一部やミネラルには過剰症があります、まず摂取量をお守りください。
また、水溶性のビタミンビタミンB群ビタミンC(ビタミンP)など)は通常2~3時間で体外に排泄されるものが多いので、体内での濃度を保つために3~5時間おきに摂取するとよいでしょう。
つまり、マルチビタミンなどは1つのサプリメントを1日1回飲むのではなく、何回かに分けて飲むと効果的です。
また摂取のタイミングですが、食前食後に飲むものと、食間に飲むものとに分けられていますので、商品カタログの詳細ページをよくご覧下さい。
アメリカン、ビタミンショップでは様々なサプリの実験を参考に平均的な摂取量を商品カタログの摂取目安として載せております。
(これらの摂取目安は60kgが基準体重となっております、体重が30kgの方は半分の摂取量を、体重が120kgの方は倍の摂取量をお摂りください、だいたい体重が45kg~75kgくらいの方でしたら基準体重の摂取量で大丈夫です)
ビタミンやミネラルなどの理想的な摂取量ページに飲み合わせの悪いものなどの情報も載せています、ご覧下さい。

サプリメントはあくまでも薬ではありませんから、摂ってすぐに効くわけではありません。
通常そのサプリメントの効果を評価する場合、最低で3ヶ月、できれば半年から1年くらいは摂りつづけてもらいたいのです。
(サプリ摂取の多くの実験が通常3~12ヶ月行われます)
サプリメントとは日本語では栄養補助食品と訳されています。食事の時の栄養補給の補助として摂りつづけ、健康で美しく、病気になりにくい体を、自らの力で作っていくために摂取します。
しかし、サプリメントをめぐる問題で1番気になるのは、摂取するサプリメントが効いているのか、効いていないのかということになると思います。
この不安を解消する方法があります。
それは情報武装することです、。どういうことかというと、書籍やインターネットなどから、摂っている成分のきちんとした情報を得る(理論を知る)ことから始まって、その成分を含む商品がいかに大勢の人に支持されているか(理論の正当性)を知ることだと思います。そうすることによって、サプリメント摂取を続ける力が湧いてきます。
漢方医学では、未病を治す薬が上薬とされています。どういう意味かというと、病気にかかる前に、病気の芽を摘み取って、病気を根本から治す薬がいい薬という意味で、サプリメント摂取の意義もここにあると思います。

日本は男女とも最高長寿の栄誉を欲しいままにする健康王国として、世界的に認識されています。
世界的な健康ブームに乗って、日本食レストランの世界進出は、まさに留まることを知りません。
日本食は、確かに脂肪が少なく、繊維質に富んだ、健康食であるというのは、間違いありません。

しかし、ここにショッキングなデータがあります。
寝たきり老人の数は、日本はアメリカの5倍、人口比にすると10倍もの割合に達するのです。つまり、長生きではあるが、ベッドに寝たままの人の数が、異常に多いのです。
実は長寿国日本の本当の姿は、進んだ医療のお陰で、何とか生かされている人に拠るところが大きいのです。
日本食が健康に良いとはいいましても、いくらそういう食事をしても、やはり栄養学的には足りないのですね。

ところで、「サプリメント」飲んでいますか?
仕事帰りにフラッと寄ったコンビニでもサプリメントが買える時代です。
上手に飲んでキレイと元気を手に入れるのは、もう常識という気がします。
「薬」というイメージを重ねて飲みたがらない人もまだまだ多いようですが、そんなのはまったくナンセンス!
そもそも薬とサプリメントは別物、サプリメントは食べ物から抽出した栄養素を固めたもの、基本的に飲んでも副作用がない、という点で薬とはまったく違うものなのです。

アメリカでは1億2000万人もの人がビタミン剤やハーブサプリメントを摂取しています、アメフトやバスケなどのプロスポーツのベンチ裏には軽食と一緒に各種サプリメントが置かれ、それぞれが自分に合ったものをいつでも飲めるように配慮されている。
体調管理に最善を尽くすスポーツ選手でもサプリメントを支持しているわけです。

それだけにアメリカのサプリメント市場は規模が大きく、日本で一般的に売られているものよりも内容量が豊富で安く、質の良い商品が数多く出回っています。
もし、日本製の安いけれど内容量の少ないサプリメントでガッカリしたことがあるのでしたら、是非、アメリカ製のサプリメントをお試し下さい。
30年の歴史と1億2000万人の支持は伊達じゃないですよ。
(アメリカ人は合理的ですので効果の無いものにお金を使うことはありませんからね)

全商品カタログ

全商品カタログ(このページから全商品を注文できます)

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

▲TOP▲

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.