サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

アレルギー

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

12月11日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今月のトピックス

アレルギー人気ベスト10

アレルギー

アレルギーは4つの体質が重なって起こっている症状で、病気ではなく体質であることが判っており、治療が可能であるとされています。

      

アレルギーにはアトピー性皮膚炎尋常性乾癬掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)アレルギー性鼻炎など様々な種類がありますが、発症する原因(4つの体質)は同じだと言われています。
皮膚が弱い方はアトピー性皮膚炎になり、更に皮膚が弱い方は尋常性乾癬になり、皮膚に油分が少ない方は掌蹠膿疱症になり、粘膜が弱い方はアレルギー性鼻炎や花粉症になる、という様にそれぞれが持っている体質が少し違っていることで、発症するアレルギーの種類が変わってくるということまで判っています。
自分のウィークポイントを知り、体質改善していくことでアレルギーは改善することができますので、アメリカで20年以上に亘って研究されてきている栄養学を知ってください。

アレルギーサプリメント

AHCC plus NAC BetaGlucan

AHCC plus NAC BetaGlucan

AHCC plus NAC BetaGlucan
950円(税抜880) 円
配送料別
詳しくはこちら

EPAとDHA(オメガ3)

EPAとDHA(オメガ3)

EPAとDHA(オメガ3)
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

鎮痛消炎ハーブ・ボスウェリア

鎮痛消炎ハーブ・ボスウェリア

鎮痛消炎ハーブ・ボスウェリア
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

免疫サポートAHCC

免疫サポートAHCC

免疫サポートAHCC
4,838円(税抜4480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

60錠入アレルギー用ビオチン

60錠入アレルギー用ビオチン

60錠入アレルギー用ビオチン
1,922円(税抜1780) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

ラクトフェリン

ラクトフェリン

ラクトフェリン
3,650円(税抜3380) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

レスベラトロール 45mg

レスベラトロール 45mg

レスベラトロール 45mg
1,490円(税抜1380) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

アレルギー用ケルセチン

アレルギー用ケルセチン

アレルギー用ケルセチン
3,110円(税抜2880) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)・旧名白柳の皮

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)・旧名白柳の皮

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)・旧名白柳の皮
1,706円(税抜1580) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

亜麻仁油(フラックスシードオイル)・旧名アトピー用必須脂肪酸

亜麻仁油(フラックスシードオイル)・旧名アトピー用必須脂肪酸

亜麻仁油(フラックスシードオイル)・旧名アトピー用必須脂肪酸
2,462円(税抜2280) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

イラクサ(ネトル)抽出サプリメント

イラクサ(ネトル)抽出サプリメント

イラクサ(ネトル)抽出サプリメント
2,678円(税抜2480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

ブロメライン

ブロメライン

ブロメライン
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

アレルギー用ビオチン・チュアブルタイプ(味付なのでお子様にもおすすめ)

アレルギー用ビオチン・チュアブルタイプ(味付なのでお子様にもおすすめ)

アレルギー用ビオチン・チュアブルタイプ(味付なのでお子様にもおすすめ)
2,894円(税抜2680) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

120錠入アレルギー用ビオチン(掌蹠膿疱症やアトピーや花粉症に)

120錠入アレルギー用ビオチン(掌蹠膿疱症やアトピーや花粉症に)

120錠入アレルギー用ビオチン(掌蹠膿疱症やアトピーや花粉症に)
4,708円(税抜4360) 円
配送料別
ビタミンショップ社
詳しくはこちら

アレルギー用ビオチン・タイムリリース(ゆっくり吸収されるビオチン)

アレルギー用ビオチン・タイムリリース(ゆっくり吸収されるビオチン)

アレルギー用ビオチン・タイムリリース(ゆっくり吸収されるビオチン)
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

ビオチン(60錠入)

ビオチン(60錠入)

ビオチン(60錠入)
2,354円(税抜2180) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

アスタキサンチン

アスタキサンチン

アスタキサンチン
2,678円(税抜2480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

ヒスタミンブレンド

ヒスタミンブレンド

ヒスタミンブレンド
2,138円(税抜1980) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット

アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット
4,298円(税抜3980) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

必須脂肪酸の割引セット(アレルギーに)

必須脂肪酸の割引セット(アレルギーに)

必須脂肪酸の割引セット(アレルギーに)
5,918円(税抜5480) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セット

今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セット

今年こそは花粉症対策サプリメント・割引セット
6,998円(税抜6480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎お勧め亜鉛5・割引セット

アトピー性皮膚炎お勧め亜鉛5・割引セット

アトピー性皮膚炎お勧め亜鉛5・割引セット
5,810円(税抜5380) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

大容量 アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット

大容量 アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット

大容量 アトピー性皮膚炎お勧め1・割引セット
9,072円(税抜8400) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

腸まで届く善玉菌12

腸まで届く善玉菌12

腸まで届く善玉菌12
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

EPAとDHA

EPAとDHA

EPAとDHA
2,678円(税抜2480) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

アメリカでは20年以上の長い月日をかけてアレルギーの栄養学的な解明を行ってきました。
病院での内科治療はステロイド剤による炎症抑制の方法だけでなく、体質改善による根本的なアレルギーの炎症改善を求めて多くの研究と治療方法の確立が行われてきました。
アレルギーを病気と考えている方が多いのではないでしょうか?。現時点ではアレルギーは病気ではないとの意見を持つ研究者が増えているようです。アレルギーは病気ではなく4つの原因(体質)が重なって起こっているとされ、肝臓病や心臓病などの病気とは区別されているようです。
アレルギーの原因となる体質の改善方法も細かく分かれています。

アレルギー

【1】炎症体質(乾燥肌、かゆみ、皮膚炎など)を改善する
【2】アレルゲンの侵入を防ぐ厚く丈夫な皮膚を作る
【3】アレルゲンに反応してヒスタミンを作らない体質を作る
【4】腸内の善玉菌を増やしてグロブリン免疫抗体の異常分泌を防ぐ

アメリカで研究されているアレルギーの内科治療は上記の様に4つの段階に分けて行われることが多いようです。

アレルギーの炎症の4つの体質のどこが強くてどこが弱いかは、個人個人の体質によって違っていますので【1】【2】【3】【4】のどの改善を初めに行うかは試してみるしかないようです。
例えば皮膚が薄い方はEPAヒアルロン酸を摂取して丈夫な皮膚を作るとか、アレルゲンの侵入でヒスタミンが大量に作られてしまう方はケルセチン(抗ヒスタミン剤)で免疫機構を鈍くする。また炎症体質が酷い方は炎症を抑制するビオチンを摂るなど、アレルギーの炎症への様々な栄養学的なアプローチが必要です。

アレルギーが病気であると認識される最大の原因が炎症です。炎症自体を病気と見なすか、病気と見なさないかでアメリカの研究者の間でも意見が分かれているようです。炎症は後述するヒスタミンが起こしているので、病気による炎症とは分けて考える研究者が増えているようです。
アメリカの病院でのアレルギーの炎症への栄養学的なアプローチとしては、ビオチンパントテン酸などのアレルギーサプリメントを使った炎症体質の改善が中心になっています。ステロイド剤による治療も【1】の炎症を抑制するメカニズムにアプローチする治療の1つです。(ステロイド剤の使用経験者への栄養学的なアプローチ方法を後ほど詳述いたします。)
アレルギーの炎症のビオチンによる改善方法はアメリカでも一番研究が進んでいる分野で、20年以上の病院による内科治療の実績があります。ビオチンによるアレルギー性の炎症治療の詳細はビオチンのページをご覧下さい。
ビオチンを1日4錠摂取して半年間試しても効果を感じない方は、ビオチンが十分にあってもガンマリノレン酸(γリノレン酸)を体内で作れない体質の可能性がありますので、ビオチンサプリメントの摂取を止めてガンマリノレン酸(γリノレン酸)に切り替えることをおすすめします。
最近のアメリカのアレルギーの炎症の専門家はビオチンやガンマリノレン酸(γリノレン酸)などのアレルギーサプリメントによる炎症体質の改善だけではなく、4つの体質改善を行わなければアレルギー性の炎症の完治は難しいのではないかと言っている方が多くいます。ビオチンなどによる炎症体質の改善を行っても結果が得られなかった方や、途中で改善が停滞してしまっている方は炎症体質改善の他にも【2】【3】【4】からのアプローチも行うのが一般的です。

アレルギーの方に多いのですが、皮膚や粘膜が薄くて弱い方が多いのです。これは病気というわけではなく、体質と言って良いでしょう。皮膚が丈夫であれば本来はアレルゲンが皮膚から侵入するということはほとんどありません。皮膚には角質層という皮膚バリアが存在していて様々な物質の侵入を防いでいます。
しかしアメリカでの調査ではアレルギーの方は、皮下でのEPAヒアルロン酸の分泌が少なく、そのために角質層が薄くなってアレルゲンが大量に皮膚から侵入しているのです。
角質層の構造としてはEPAとヒアルロン酸と水分が混ざって糊(のり)の役割を持つ乳液状の物質を作り、角質層と角質層の間に分泌されて角質層が剥がれないようになっているのですが、アレルギーの方の多くが体質的にEPAやヒアルロン酸の分泌が少ないので簡単に角質層が剥がれてしまっているのです。
乾燥肌や敏感肌になったり、皮膚が粉を吹いたようになっていたり、皮膚が赤黒くなってしまっている方、また象皮のように硬くなってしまっている方などは、EPAとヒアルロン酸というアレルギーサプリメントを6ヶ月~1年ほど摂取することで改善が見られる方も多いのです。

アレルギーの炎症や痒みの根本的な原因はヒスタミンという炎症物質の異常分泌です。この異常分泌を病気と判断する研究者もいるようですが、体質に起因すると判断されることが多いようです。
ヒスタミンは皮膚などに炎症を起こしたり、皮膚の末梢神経に作用して痒みを感じさせたりする免疫物質で、ヒスタミンの大量分泌がアレルギーの炎症の症状を発症させる原因となっています。
ヒスタミンはウィルスなどの外敵が侵入した時に分泌され、外敵を死滅させる働きを持つ重要な免疫物質の1つですが、身の回りに大量に存在するダニやハウスダストなどの無害な物質を外敵と判断してしまい、大量に分泌されることでアレルギーの炎症の炎症や痒みが起こります。
アメリカでのアレルギーの炎症の研究ではヒスタミンの異常分泌はグロブリン免疫抗体(後述)の異常分泌と、肥満細胞(マスト細胞ともいいます)の過敏さが重なることで起こるとされています。
肥満細胞のレセプターにグロブリン免疫抗体が侵入した時にヒスタミンが肥満細胞内に作られます。アレルギーの炎症の方はグロブリン免疫抗体に対する肥満細胞の感度が数百倍~数万倍も敏感で、ヒスタミンをたくさん作り出す体質を持っていますので、ケルセチン(抗ヒスタミン剤)というアレルギーサプリメントによって肥満細胞の感度を鈍くする方法をおすすめします。ケルセチンはドイツではヒスタミンの異常分泌を改善するものとしてアレルギーに使われる医薬品として認められるくらいに実力のあるハーブです。

グロブリン免疫抗体は侵入してきたアレルゲンに対して分泌される免疫物質です。アレルゲンに反応して大量分泌されたグロブリン免疫抗体が肥満細胞を刺激してヒスタミンを作り出し、アレルギーの炎症や痒みを引き起こしています。
アレルギーの方にはハウスダストやダニの様に何かしらのアレルゲンが存在しますが、本来は無害なアレルゲンに対して免疫機構が異常反応して、グロブリン免疫抗体を異常分泌してしまうところにアレルギー性の炎症体質の問題点があります。
アレルギー対策として日本ではパッチテストなどを行ってアレルゲンを確定した後は、アレルゲンをできるだけ遠ざけるような生活をする方法が一般的ですが、アメリカでのアレルギー対策では本来は無害なアレルゲンに異常反応していることが問題であるとして、アレルゲンに異常反応しないような免疫機構を作ろうということで体質改善を行います。
アレルギーの方の多くが皮膚や粘膜などから侵入するアレルゲンに反応して大量のヒスタミンが作られています。
皮膚や粘膜の免疫機構が敏感になるのは腸内にある免疫機構が過敏になっているからだという研究結果があり、腸内環境を善玉菌優勢にすることで皮膚や粘膜の免疫機構も穏やかになり、アレルゲンの侵入に対してグロブリン免疫抗体の異常分泌を抑制することが判っていますので、善玉菌乳酸菌 腸内細菌)や食物繊維を摂取して腸内環境を改善することをおすすめします。
善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)が炎症抑制のためのビオチンを生産していることを考えると、腸内環境の改善はアレルギーのグロブリン免疫抗体の異常分泌を抑制するだけではなく、アレルギーの方の持っている炎症体質の改善にも良い影響を与えますので、アメリカの多くのアレルギーの専門家はビオチンなどによる炎症体質の改善と一緒に腸内環境の改善も行うことを奨める方が多いようです。

本来は無害な物質に異常な免疫反応を起す病気がアレルギーである、という昔からの定義は研究の進んだ今日では当て嵌まらなくなってきました。リウマチなどの自己免疫異常の様な病気と判断されるアレルギーと、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、花粉症、食物アレルギーなどの病気とは言えない、体質に起因するアレルギーは分けて考える必要があるでしょう。
病気と判断されるアレルギーと、病気とは言えないアレルギーの定義はまだ定まっておらず、アレルギーを病気と認識している方が多いのが実状ですが、アメリカでの栄養学的なアレルギーの研究は日進月歩で進んでいます。いずれ近いうちに、アレルギーは病気ではない、と認識される時が来るのではないでしょうか?。
でも、アレルギーは病気ではないから保険がきかなくなるのも困りますけどね。

他にもアレルギーサプリメントは多数ご用意していますので、アレルギーサプリメントカタログも是非ご覧下さい。

ユーザー様からのメールによるアレルギー症状の悩み相談のQ&Aや
アレルギーのサプリメントに関する栄養学のコンテンツを載せてありますので、よろしければご一読ください。

店長おすすめの4商品

ステロイド剤という医薬品を使うため、アレルギーは病気であると考える方もいるようですが、炎症を起こす原因が病気ではなく体質であると考えると、アレルギーは病気ではないと考えるのが順当のような気がします。
アメリカではステロイド剤は炎症を抑えるのに非常に優秀な医薬品として、どうしても炎症が抑えられない部分には使用することが多い治療薬です。しかし、ステロイド剤の使用において2つの問題点があります。

アレルギー

この2つの問題点を解決する方法は以下の通りです。
ステロイド剤や副腎皮質ホルモンなどを使用している方はこれらの医薬品の影響で皮下で分泌されるEPAヒアルロン酸の分泌が更に落ちて、皮膚が薄くなることが判っています。アメリカではステロイド剤を使う方はEPAとヒアルロン酸を摂取して皮膚を厚くするよう努める方が多いようです。
また、ステロイド剤を使うと副腎皮質が弱って自分で分泌するステロイドホルモンの量が減りステロイドリバウンドを起こすので、パントテン酸を摂取して副腎皮質が弱らないようにする方法も採られます。

以下に本ページの初めの部分でご説明したアレルギーの炎症の4つの原因(【1】~【4】)に関する詳細な情報と、使用するアレルギーサプリメントの情報をお届けします。

ここでご紹介するアレルギーの炎症の情報はかなり細かい情報となりますので、難しければ読み飛ばして本ページ前半の「アレルギーの炎症の4つの原因の簡単な説明」をご覧ください。本文の説明とアレルギーサプリメントの説明を読んで自分のアレルギー体質に合うアレルギーサプリメントが簡単に探せるような仕組みとなっています。

アレルギー体質の詳細な説明をご利用になる方にご注意。 1つの体質改善に複数のアレルギーサプリメントが紹介されていますが、アメリカでアレルギー用として多くの支持を受けているサプリメントを載せていますので、内容を読んで自分のアレルギー体質と照らし合わせて自分に合うアレルギーサプリメントを探してください。
アメリカではアレルギーを専門とする内科治療で血液検査等の様々な検査を行い、自分のアレルギー体質に合ったサプリメントを探す手がかりとしますが、日本の内科治療の現状では難しい検査ばかりなので、アレルギーサプリメントの内容を読んでサプリメントを探す手がかりにして欲しいと考えています。
アレルギー性の炎症の改善を考えた時には、アレルギーサプリメントは飲めば効くものではなく、自分の体質に合致したサプリメントを摂って体質改善を行う必要がありますので、できるだけ自分の体質に合致したアレルギーサプリメントを探さなければなりません。同じアレルギーでも様々な細かな体質があり、その体質に合わせて様々なサプリメントを選べるように多くのアレルギーサプリメントをご用意しております。

【1】でご紹介したアレルギーの炎症体質には大きく分けると「5つの炎症の原因」があるといわれています。

(1)腸内の善玉菌乳酸菌 腸内細菌)の不足による、ビオチンの分泌不足。
(2)ビオチンがあってもガンマリノレン酸(γリノレン酸)が作れない。
(3)ステロイドホルモンの分泌が少ない。
(4)ブロメラインの不足で炎症部分の血流が滞り炎症が悪化しやすい。
(5)亜鉛などの不足により新陳代謝が鈍くなり炎症を起こすアラキドン酸が流出する。

最近のアメリカでのアレルギーの研究によりアレルギーで起こる炎症(かゆみ、乾燥肌など)の「5つの炎症の原因」というものがクローズアップされてきました。
合衆国食品医薬品局(FDA)や、大学、各種研究機関での栄養学的なアレルギーの研究は日本の研究の10年は進んでいると言われています。これらの研究機関の多くがアレルギーは病気ではないとの見解を発表しています。
アレルギーの炎症の原因は個人個人で違っていますが、ビオチンの不足を初めとして「5つの炎症の原因」を1つ1つ確認していけばアレルギーの炎症体質の原因も解決するはずです。
アレルギーの炎症体質の場合は1つの原因で解決する方、複数の原因が重複している方、何らかの病気からくる原因が関係している方、など様々なパターンが考えられますが、まずはビオチンから、順番に試されるのが良いと思います。
(5)は栄養補給系のサプリメントですので、(1)~(4)と併用することをお勧めします。

通常、アレルギーサプリメントによるアレルギーの炎症体質の改善実験では期間は3ヶ月~6ヶ月くらい行われることが多いようです。
できれば、1つのアレルギーサプリメントを3ヶ月を目処に摂取し効果を確認してください。

アレルギー

アメリカンビタミンショップではアレルギーの炎症体質の「5つの炎症の原因」に対処できるアレルギーサプリメントを以下にご用意しております。
まずは、商品の説明をご覧ください。

(1)ビオチン不足による炎症体質に対処するアレルギーサプリメント

ビオチンは人気があるため4種類の商品をご用意しております。

(2)ガンマリノレン酸が作れない炎症体質に対処するアレルギーサプリメント

(3)ステロイドホルモンが作れない炎症体質に対処するアレルギーサプリメント

(4)炎症箇所の血流を上げ活性酸素を処理するアレルギーサプリメント

(5)栄養不足による新陳代謝の不活発に対処するアレルギーサプリメント

アレルギー

アレルギーの方は皮膚が薄いといわれていますが、それはお肌の角質層が薄いということなのです。角質層は外界からの物質の侵入を防ぐ皮膚バリアの役割をもっていますので、角質層が薄いということは皮膚から化学物質やアレルゲンがどんどん侵入してしまうことになり侵入箇所から炎症を引き起こしてしまうのです。また、様々な病気を引き起こす原因にもなると指摘する研究者が多いようです。
よってアレルギーで皮膚が薄い体質の方は、皮膚を守っている角質層が剥がれるのを防いでアレルゲンの侵入を防ぐ改善方法を行います。
せっかくビオチンステロイド剤などの炎症を抑制する働きをするアレルギーサプリメントを使っても、次から次へとアレルゲンが侵入するような体質ではヒスタミンをたくさん作り出してしまい、体が常に炎症を起こそうとしている状態ですので、アレルギーの炎症抑制の効果も現れにくくなってしまいます。
アレルギーで皮膚が薄い方は医学的にも原因が判っていますので、アレルゲンの侵入を許さない健康的な皮膚を作ってアレルギーを根本から改善していきましょう。インフルエンザなどの感染性の病気なども、皮膚を丈夫にすることで防ぐことが可能です。

アレルギーの方の角質層が薄くなる原因としてスキンケアの基本的なメカニズムであるターンオーバーという仕組みから探ってみたいと思います。
ターンオーバーとは、皮膚細胞が皮下の基底細胞で生まれてから垢として皮膚から脱落するまでの期間のことで、45日間が理想とされています。
アメリカでの調査ではアレルギー性の炎症をお持ちの方は平均するとターンオーバーが15日間と短く、角質層がどんどん剥がれていってしまうために角質層が薄くなっているとしています。アメリカでのスキンケア研究ではターンオーバーが短すぎたり長すぎたりすると、ウィルスなどが原因の感染性の病気になりやすくなるとの結果も出ています。

アメリカではアレルギーの方の皮膚のEPAとヒアルロン酸を調べる実験が行われており、アレルギーの方の皮膚が薄くなる原因の最大のものとして角質層を繋ぎとめる役割のEPAヒアルロン酸の分泌不足とヒアルロン酸の過低分子化を挙げています。
アレルギーの方の分泌するヒアルロン酸は分子が小さすぎるため、それが原因で皮膚炎が起こりやすくなっていることが医学的に判っています。
ヒアルロン酸を摂取するのであれば摂ったヒアルロン酸が胃酸で分解されないように特殊なカプセルで保護しているヒアルロン酸サプリメントを摂取する必要があります。
アレルギー性の炎症をお持ちの方は摂取するヒアルロン酸にはご注意下さい。

EPAヒアルロン酸が角質層と角質層の間に十分に分泌しているお肌の角質層は、生まれて45日くらい経って皮膚から脱落するときに目に見えないくらいに細かくなって脱落していきます。角質細胞は皮膚細胞が死んだものですので乾燥した角質細胞同士に繋ぎとめる能力はほとんどありません。
それが45日間もの長い期間、皮膚から脱落しないのは、皮下で分泌されるヒアルロン酸とEPAがニカワの役割を持ち、糊(のり)の様に角質層を繋ぎ止めているからなんです。
よくアレルギー性の炎症をお持ちの方で皮膚が粉を吹いたようになっている方がいらっしゃいますが、これは典型的なターンオーバーの短かすぎる方です。アレルギーの皮膚では皮膚細胞が死んで角質細胞になる前に皮膚から脱落してしまうので、完全に乾燥しきっていないため大きな角質細胞の塊が粉を吹いた様に見せているのです。
またアレルギー性の炎症をお持ちで皮膚が赤黒くなっている方や皮膚が固く厚くなってしまっている方も、EPAヒアルロン酸などのアレルギーサプリメントを半年くらい摂取することで改善が見られることが多いようです。

アレルギー

アレルギーの方が皮膚を丈夫にするにはコラーゲンを十分に作る必要もあります。
コラーゲンは皮膚を構成するタンパク質の70%にも相当する物質で、胃腸の吸収力低下による栄養不足で原料となるMSM(有機硫黄)が不足して生産力が落ちてしまいます。
コラーゲン自体はスプリング状をしたタンパク質で皮膚に弾力性を与え、丈夫で掻き崩しにも強い皮膚を作ってくれます。
アレルギーの方のコラーゲンはターンオーバーが短すぎるため基底細胞でのコラーゲンの生産が追いつかずにコラーゲンの少ない角質層になってしまうことが判っています。
アレルギーの方はコラーゲンの材料となるMSMサプリメントを摂ることで弾力性のある皮膚を作ってお肌が傷つきにくいようにしてください。
アレルギーの方の場合、炎症箇所や傷から大量のアレルゲンが侵入し免疫を暴走させて炎症を引き起こし、更に炎症を起こすという炎症の悪循環がアメリカでは問題になっているそうです。

ターンオーバーは皮膚細胞の作られるサイクルにも影響されます、このサイクルは28日周期といわれていますがアレルギーの方はこのサイクルが遅いのです。つまり作られる角質細胞は遅いのですが角質細胞の脱落は早いので皮膚が薄くなってしまうわけです。
このサイクルは主にビタミンミネラルコエンザイムやホルモンによって調整されています。栄養摂取によって新陳代謝をアップして皮膚細胞の生産サイクルを正常化することで平均15日のターンオーバーをできるだけ45日に近づけることも重要です。

当ショップでは丈夫な皮膚を作ることに対処できるアレルギーサプリメントを以下にご用意しております。
まずは、商品の説明をご覧ください。

角質層が剥がれないようにしてアレルゲンの侵入を防ぐアレルギーサプリメント

皮膚を作る原料となるアレルギーサプリメント

皮膚の新陳代謝を活発にするアレルギーサプリメント

アレルギー

アメリカで行うアレルギーのアレルゲン対策は、本来無害なアレルゲンに反応してしまう免疫機構を穏やかにする方法が採られています。
アレルギーの場合は日本ではアレルゲンは遠ざけるという方法が一般的ですが、アレルゲンが本来無害な物質であるなら、その本来の無害なものとして体が反応しないように体質改善しようという、アメリカでのアレルギー対策の方法が健全であるような気がします。

アレルギーの方がアレルゲンの侵入によって異常分泌する免疫抗体はグロブリン免疫抗体です、本来はグロブリン免疫抗体は腸内に寄生する寄生虫をやっつける免疫機構の1つなのですが、衛生面で改善されている現代の日本では腸内に寄生虫がいる方というのはゼロに近く、敵を失ったグロブリン免疫抗体が本来は無害な物質に反応しているのがアレルギー性の炎症となって現れているのです

アレルギー性の炎症が発症するプロセスを追ってみたいと思います。
薄い皮膚の角質層の穴などからアレルゲンが侵入します。 →
免疫細胞が異物と判断してグロブリン免疫抗体を分泌します。 →
グロブリン免疫抗体は血液中の肥満細胞という細胞に取り込まれます。 →
グロブリン免疫抗体の刺激を受けた肥満細胞は自細胞内にヒスタミンという痒みや炎症を起こす成分を分泌します。 →
肥満細胞がヒスタミンで一杯になると肥満細胞が割れてヒスタミンが血中に流れ出す。 →
ヒスタミンが末梢神経を刺激してアレルギー性の炎症独特の痒みを起こしたり、乾燥肌やアレルギー性の炎症の炎症を起こします。

例えばアレルギーでない方はダニやハウスダストなどを異物とは判断せず、グロブリン免疫抗体を大量分泌することはありません。
アレルギー性の炎症の方はそうでない方の数百~数万倍のグロブリン免疫抗体を分泌することが判っています。また大量のグロブリン免疫抗体の分泌があっても、普通は肥満細胞がヒスタミンを分泌することはあまりないのですが、アレルギーの方は肥満細胞のグロブリン免疫抗体に対する感度が敏感で、大量のヒスタミンを作り出してしまいます。
ヒスタミンは本来は病気を引き起こすような病原菌などを攻撃する働きもありますので、病気を防ぐ効果もありますが、大量に分泌したヒスタミンは自分自身を攻撃してしまうことになります。

アメリカではこういったアレルギー性の炎症特有の免疫反応を改善しようと、栄養学的な(アレルギーサプリメントの)研究が非常に多く行われています。専門的には肥満細胞のグロブリン免疫抗体への感受性を下げるといいますが、免疫機構を鈍感にしてアレルギーの炎症を起こすプロセスを初期の段階でシャットアウトする、ケルセチンなどのアレルギーサプリメントが多く開発されており、多くのアレルギーの専門病院の治療で使われています。
アレルギーの炎症(かゆみ、乾燥肌など)を起こしてしまっている方は炎症を抑制する【1】で紹介したビオチンなどのアレルギーサプリメントと併用して、ケルセチンで肥満細胞の感受性を下げて炎症自体が起こらないようにしてみてください。

また、作られてしまった大量のヒスタミンを無毒化しヒスタミンの引き起こすかゆみや炎症をできるだけ小さくする対症療法にアスタキサンチンペパーミントなどのアレルギーサプリメントが使われています。
ヒスタミンを作らせない方法と併用してヒスタミンの引き起こすアレルギー性の炎症の症状を改善してください。

ヒスタミンの分泌を抑制するアレルギーサプリメント

ヒスタミンを無毒化するアレルギーサプリメント

あくまでも対症療法であり根本的なアレルギーの改善には使えません。

アレルギー性の炎症の改善方法としては腸内の善玉菌乳酸菌 腸内細菌)を増やして悪玉菌を減らし、免疫機構の暴走を防ぐ方法が非常に注目されています。
それはアレルギー性の炎症の発症のメカニズムが解明されるに従い、腸の中には極めて強い免疫機構が存在し、悪玉菌によって異常反応を起こしていることが判ったからなのです。

従来から炎症抑制のためのビオチンの摂取と平行して、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)による腸内改善は比較的に多く行われていました。これは善玉菌を増やすことでビオチンを腸内で生産するために行われてきたのですが、最近のアレルギーの理論では腸内環境の改善はビオチン生産のためだけではなく、アレルギーの方のアレルゲンに反応してグロブリン免疫抗体の大量分泌を起こさせる部分(アレルギー反応の一番初めの部分)を緩和するために非常に重要であることが判ってきました。。
グロブリン免疫抗体はTh2という白血球が大量分泌させていることが判っており、Th2は腸の粘膜に多く存在します。Th2を減らすためにアシドフィルス菌などの善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)が使われています。Th2は病気を防ぐ働きのあるTh1とバランスをとっており、Th2が減るとTh1が増えて病気を防ぐ免疫力が高まることが判っています。

高等生物の場合は腸の中に非常に強い免疫機構を持っています。
これは永い進化の過程で口から入ってくる毒物や腐敗菌、病原菌、寄生虫などの脅威に曝されることが多くあり、病気などで死んでしまう個体が多かったために腸内に強い免疫機構を持つことで、その脅威から免れていたのではないかと推測されています。
腸内を守っている免疫機構は腸内を監視するためのポイントを10数個持っており、このポイントが腸内に有害生物や有害物質があると判断すると、病気を防ぐために強力な免疫機構がそれらを攻撃・排除し吸収しないように働きます。
この機構のおかげで我々は体外から入ってくる有害物質のかなりの部分を体内に取り込まず、病気を防いでいるわけですが、最近のアレルギーの理論では、この腸の免疫機構が原因でアレルギーが発症しているとしています。

アレルギー

最近の先進国ではアレルギーや病気が非常に増えており、その原因の1つが食生活の欧米化による腸内環境の悪化により、善玉菌乳酸菌 腸内細菌)が減少し、悪玉菌が優位にあるためではないかと言われています。
食事に食物繊維や乳酸菌などの発酵食品の摂取が少なく、ストレスが多い生活のため悪玉菌が多くなってしまっています。
悪玉菌の一部の菌種は先の腸内監視用のポイントから見ると、異物と判断されて腸の免疫機構が反応してしまいます。

腸の免疫機構は全身にある免疫機構の中でも最も強い力を持っており、腸の免疫機構が警戒態勢に入ると、外敵に対して全身の免疫機構が敏感に警戒態勢を取ることが判っています。
皮膚が薄いアレルギーの方は、皮膚バリアが働いていないため異物が皮膚から侵入しやすい状態になっていますが、皮膚の免疫機構が敏感になることによって、本来は無害なアレルゲンに対しても敏感に反応して、グロブリンという免疫抗体が大量分泌してしまい、それによってヒスタミンを大量に生産してアレルギー特有の痒みや炎症を起こします。

アレルギー性の炎症をお持ちの方に多いのですが皮膚の薄い方や粘膜の弱い方は、外からの異物の侵入を簡単に許してしまうので、腸内環境を善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)優勢にしてあげることで腸内環境を改善し、腸の免疫機構のポイントを刺激しないようにしてください。

アレルギーの方が効率よく腸内環境を改善するには、胃酸によって死滅しない善玉菌乳酸菌 腸内細菌)の大量摂取と、腸に定住している善玉菌の餌である食物繊維サプリメントが必要です。
もし腸内環境がかなり悪玉菌優勢になっている場合は、これらをバランスよく摂取しても腸内環境を改善するには半年~2年くらいの期間が必要です。
是非、特殊なカプセルで胃酸から保護されているような善玉菌乳酸菌 腸内細菌)サプリメントや胃酸で死滅しにくいアシドフィルス菌のようなアレルギーサプリメントを使って、効率よく腸内環境の改善を行いアレルギー性の炎症を改善していってください。

便秘の方は腸内環境が悪い方が多いので、腸内の免疫のポイントを刺激しやすくアレルギーになりやすいと言われています。皮膚が薄かったり、肥満細胞が敏感だったりする体質が重なるとアレルギーを発症させることにも繋がりますのでご注意下さい。

腸内改善でアレルゲンに対する感度を下げるアレルギーサプリメント

アレルギー

アレルギーの方に下痢を繰り返し起こす方が多いという報告があります。
こうした下痢体質の方の多くは腸内環境が非常に良好でも免疫のポイントを刺激してアレルギーになってしまうケースが報告されています。

アレルギーの方には比較的多いのだそうですが、胃酸のブロメラインというタンパク質消化酵素の分泌が悪いために、食べたタンパク質の消化がうまくいっていないのだそうです。(ブロメラインは経口摂取した病原菌なども死滅させて病気を防いでいます。)
タンパク質は20数種類のアミノ酸が組み合わさって作られており、タンパク質が消化吸収される時にはブロメラインや膵液によってアミノ酸に分解されなければいけません。体質的に胃で分泌するブロメラインが少ない方がアレルギーの方には多いそうですが、ブロメラインの分泌が悪いとタンパク質が最小単位であるアミノ酸に分解できないのです。
中途半端に分解されたタンパク質は、腸の免疫機構から見るとウィルスや細菌と見分けがつかず、この未消化のタンパク質が腸の免疫機構を刺激してしまうことがあるそうです。
腸の中に未消化のタンパク質があると、免疫機構が反応して未消化のタンパク質を吸収しないように腸から水分がでてきます。この水分が腸から未消化のタンパク質を洗い流すために働くのですが、これが下痢の原因となります。

アメリカでの調査ではアレルギーの方でもブロメラインの分泌が常に鈍っている方は少なく、ブロメラインの分泌量は体調に左右されることが多いようです。また、消化しやすいタンパク質と消化しにくいタンパク質があり、食事の内容でも下痢になるかならないかは左右されるようですので、どのようなタンパク質を摂取した時に下痢をしやすいかを覚えておくというのも、下痢を防いだり、免疫機構を穏やかにするには効果的です。
こうした体質の方は毎食後にブロメラインというアレルギーサプリメントを摂取することでタンパク質を消化でき、アレルギーの炎症や痒みが起こりにくくなることが判っています。

女性が妊娠した時に検査するカンジタという感染症があります。
アレルギーの女性にカンジタ感染が多いということで調べてみると、これもブロメラインという消化酵素の分泌不良と関係が深いことが判りました。
カンジタ感染症を起こすカンジタ菌は口と胃腸を経由して肛門から性器に感染します。通常の場合は口から入ったカンジタ菌は胃の中でブロメラインというタンパク質消化酵素によって死滅させられるのですが、ブロメラインの分泌が鈍っているとカンジタ菌の一部は生き残ってしまい、生きた状態で排泄されます。このカンジタ菌が性器に感染しカンジタ感染症になるのです。
アレルギーでカンジタ感染症に罹ったことのある方はブロメラインというアレルギーサプリメントがおすすめです。

アレルギーの方で食事後に胃がもたれるとか、消化不良を起こしやすい方などもブロメラインの分泌不足の体質が疑えます。ブロメラインの分泌不足が未消化のタンパク質を作り出し、腸の免疫機構を過敏にして本来は無害なアレルゲンに対して過剰反応を起こしていることを考えるとブロメラインというアレルギーサプリメントの果たす役割は大きいと言えるでしょう。
また消化不良の方は善玉菌乳酸菌 腸内細菌)を摂取することで消化が良くなるケースも報告されています。

ブロメラインという消化酵素の果たす役割はタンパク質の消化だけに限りません。胃で分泌されたブロメラインは腸から吸収されて血液によって全身に運ばれて、炎症箇所の改善に働くことが判っています。
つまりブロメラインの分泌不足によってアレルゲンに過敏になるだけではなく、炎症にも弱い体質になってしまうのです。
アレルギー体質で、下痢を繰り返す方や消化がうまくいっていないと考える方、カンジタ感染症に罹ったことがある方は、毎食後にブロメラインの摂取を行うことでタンパク質をアミノ酸に分解してみてください。
タンパク質が消化できないとコラーゲンを作るための硫黄(MSM)というミネラルの吸収も悪くなるので皮膚や粘膜が弱くなります。

ブロメラインの分泌不足で消化不良を起こしている方のアレルギーサプリメント

安全なアレルギーサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するアレルギーサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

▲TOP▲

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.