サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ TOP
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ
サプリメント通販のアメリカンビタミンショップ  > 

スキンケア・美容

サイト内検索

  • サプリメントを10,500円以上買うと送料が無料

12月11日のお買い得品

お気に入りに登録

お客様ページ

サプリメント情報

情報ソース

商品の出荷について

商品の安全性について

サプリメントの安全性
サプリメントの安全性について


カタログ請求

  • アメリカンビタミンショップでは、取り扱っているサプリメントやサプリメントの説明が載っている情報満載のカタログを無料でお届けします。
  • 名前
  • メールアドレス

  • ぜひお友達にも紹介してくださいね!

個人情報の守秘義務

安心・安全のお買い物

返品・不良品の交換

サプリメントが
雑誌で紹介されました

サプリメント相互リンク

今月のトピックス

スキンケア人気ベスト10

スキンケア

スキンケア商品サプリメント

ビオチン(60錠入)

ビオチン(60錠入)

ビオチン(60錠入)
2,354円(税抜2180) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

プラセンタパイン

プラセンタパイン

プラセンタパイン
15,336円(税抜14200) 円
配送料別
詳しくはこちら

アスタキサンチン

アスタキサンチン

アスタキサンチン
2,678円(税抜2480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

システイン

システイン

システイン
1,814円(税抜1680) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

レスベラトロール 45mg

レスベラトロール 45mg

レスベラトロール 45mg
1,490円(税抜1380) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

飲むマリンコラーゲン

飲むマリンコラーゲン

飲むマリンコラーゲン
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
NATURE'S LIFE社
詳しくはこちら

プロポリス(強い抗酸化作用で美肌効果)

プロポリス(強い抗酸化作用で美肌効果)

プロポリス(強い抗酸化作用で美肌効果)
2,138円(税抜1980) 円
配送料別
PREMIER ONE社
詳しくはこちら

コラーゲン&エラスチン・ボティローション(全身用)

コラーゲン&エラスチン・ボティローション(全身用)

コラーゲン&エラスチン・ボティローション(全身用)
1,199円(税抜1111) 円
配送料別
REVIVA LABS社
詳しくはこちら

コラーゲン&ハーブオイル・ナイトクリーム(美顔用)

コラーゲン&ハーブオイル・ナイトクリーム(美顔用)

コラーゲン&ハーブオイル・ナイトクリーム(美顔用)
3,218円(税抜2980) 円
配送料別
REVIVA LABS社
詳しくはこちら

PABA(飲んで効くUVカット)

PABA(飲んで効くUVカット)

PABA(飲んで効くUVカット)
2,138円(税抜1980) 円
配送料別
NATURE'S LIFE社
詳しくはこちら

ヒアルロン酸ジェル(ピンスポットで角質層のトラブルにどうぞ)

ヒアルロン酸ジェル(ピンスポットで角質層のトラブルにどうぞ)

ヒアルロン酸ジェル(ピンスポットで角質層のトラブルにどうぞ)
4,298円(税抜3980) 円
配送料別
カル社
詳しくはこちら

アントシアニン サプリメント

アントシアニン サプリメント

アントシアニン サプリメント
3,758円(税抜3480) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

ブルーベリーとザクロ

ブルーベリーとザクロ

ブルーベリーとザクロ
1,814円(税抜1680) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

トマトの効果リコピン

トマトの効果リコピン

トマトの効果リコピン
1,814円(税抜1680) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

コエンザイムQ10(CoQ10)60mg

コエンザイムQ10(CoQ10)60mg

コエンザイムQ10(CoQ10)60mg
2,678円(税抜2480) 円
配送料別
ソラレー社
詳しくはこちら

顔用シワ取りコエンザイムQ10クリーム

顔用シワ取りコエンザイムQ10クリーム

顔用シワ取りコエンザイムQ10クリーム
5,378円(税抜4980) 円
配送料別
AVALON NATURAL PRODUCTS社
詳しくはこちら

ボディー用コエンザイムQ10ローション

ボディー用コエンザイムQ10ローション

ボディー用コエンザイムQ10ローション
4,730円(税抜4380) 円
配送料別
AVALON NATURAL PRODUCTS社
詳しくはこちら

洗顔用コエンザイムQ10ミルク

洗顔用コエンザイムQ10ミルク

洗顔用コエンザイムQ10ミルク
4,298円(税抜3980) 円
配送料別
AVALON NATURAL PRODUCTS社
詳しくはこちら

スキンケア新陳代謝アップ割引セット

スキンケア新陳代謝アップ割引セット

スキンケア新陳代謝アップ割引セット
4,622円(税抜4280) 円
配送料別
トンプソン社
詳しくはこちら

スキンケア商品は他にも多数ご用意していますので、全商品カタログも是非ご覧下さい。

ユーザー様からのメールによる美肌 スキンケアの悩み相談のQ&Aや
美肌とスキンケアに関する栄養学のコンテンツを載せてありますので、よろしければご一読ください。

店長おすすめの4商品

お肌のトラブルの大部分は食事から摂取する栄養素が不足することで起こります。
アメリカではしわシミ乾燥肌、吹き出物などの様々な問題に対して、基礎化粧などの外側からの美肌スキンケアだけではなく、サプリメントなどの美肌スキンケアによって内側からもケアして、加齢によるお肌のトラブルを解決しています。
このページでは研究の進んでいるアメリカの美肌スキンケアの理論をお届けします。

「携帯メールで首にしわができる!」って噂を聞いたことがありませんか?
日本の女性誌に載っていたのですが、携帯メールを入力するときに下ばかり向いているので首の決まった箇所にシワができてしまうらしいのです(笑)

そもそも、しわというのはお肌の70%を構成するコラーゲンというバネ状のタンパク質がエラスターゼという酵素によって架橋結合という現象を起こして固く結びついてしまうのが原因です。
コラーゲンの架橋結合を防ぐにはエラスターゼという酵素をコラーゲンの集団の中に入れないようにコラーゲンの密度を高くしてあげれば良いのです。
コラーゲンの密度を高くするには硫黄ケイ素というミネラルの摂取が有効です。
基本的には顔とデコルテ(首周辺)の美肌スキンケアは同じです。

お奨めスキンケア

MSMサプリメント
コラーゲンを体内で作るためのスキンケア

ホーステール(シリカでお肌ひきしめ)
コラーゲンを束ねて密度を高めるケイ素というミネラルのスキンケア。

「カラスの足跡」なんて表現は古いですかね?
店長は古い人間なのでこんな表現しか思いつかないのですが、顔は筋肉が多く複雑な動きをしますのでしわを防ぐ美肌スキンケアにとっては難しい領域です。
しわは女性の永遠のスキンケアの問題であり、それだけにアメリカではしわ対策の美肌スキンケアが多く研究され、サプリメントを含む様々な種類の優秀な美肌スキンケアの商品が販売されています。日本のように美肌スキンケアは化粧品だけというような状態ではなく、体の中からスキンケアできるスキンケア商品の開発も非常に進んでいます。

前述の首のしわなどは寝ている時や同じ姿勢でいる時に同じ場所ばかりが曲げられるので大きなシワになりやすいのです。
でも、顔の場合は表情が複雑で様々な場所で細かいシワができやすいのです。もちろん、口元にできる笑いじわみたいな大きなシワは首のしわのところで紹介したシワの原因のエラスターゼを入れないようにMSMというスキンケア商品でコラーゲンの密度を高めるのも重要ですが、顔の場合は角質層を柔らかくして柔軟性を持たせることで小じわが目立たなくなります。

角質層を柔らかくする美肌スキンケアもあります。
角質層の柔軟性は角質層と角質層の間にある水分量と油分量を調整してあげれば良いのです。
ヒアルロン酸というスキンケア商品はお肌の水分調整をしてくれるということで、日本でも人気のあるスキンケア商品ですが、EPA(オメガ3)というスキンケア商品はお肌の油分調整をしています。ヒアルロン酸とEPAが基底細胞のチョット上で十分に分泌されていれば、水分保持と油分保持ができて角質層に十分な水分を閉じ込めることができ、角質層間の滑りがよくなりお肌の柔軟性がアップします。

ヒアルロン酸というスキンケア商品を選ぶ場合は低分子のヒアルロン酸サプリメントが理想的です。
ヒアルロン酸は食物繊維の一種で、分子が大きすぎると腸から吸収ができなくなってしまいますので、分子の大きさを調整しているヒアルロン酸がスキンケア商品としてはお奨めです。
しかし低分子過ぎるヒアルロン酸は皮膚で分泌されると皮膚炎の原因となることが判っていますので、ヒアルロン酸を胃酸に触れないように特殊なカプセルで保護してあるサプリメントをスキンケア商品として選んでください。
アメリカンビタミンショップのヒアルロン酸サプリメントは分子量も胃酸からの保護も最適に処理しているスキンケアですのでご安心ください。

お奨めスキンケア

EPA(オメガ3脂肪酸)
お肌に油分を与えるスキンケア。お肌の乾燥を防ぐ。シャワーの水をお肌弾いて水滴に。。。。

ヒアルロン酸
お肌に水分与えるスキンケア。胃酸で溶けないカプセルに入った、低分子ヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸の化粧品
気になる部分にピンスポットで塗るスキンケア商品。

顔用シワ取りコエンザイムQ10クリーム
人気スキンケア、コエンザイムQ10(CoQ10)です。

ドクターズコスメのスキンケアシリーズ
コエンザイムQ10クリーム

ドクターズコスメのスキンケアシリーズ
100%ピュアヒアルロン酸美容液

ドクターズコスメのスキンケアシリーズ
ヒアルロン酸クリーム

美肌スキンケアで注目されているコラーゲンですが、コラーゲンとは何でしょうか? コラーゲンはお肌などの組織に弾力を与えるバネ状のタンパク質ですが、硫黄分の少ないコラーゲンはバネの形状をしていても弾力が弱くなってしまうことが判っています。
判りやすいところでご説明しますと、ゴムってご存知ですよね。このゴムはゴムの木から樹液を取って固めても伸び縮みしないんです。ゴムの樹液に硫黄の粉を混ぜて固めてはじめて伸び縮みするゴムが作られます。
コラーゲンも同様で硫黄というミネラルを十分にコラーゲンを構成するタンパク質に混ぜてあげないと、弾むお肌を作ることはできないのです。
日本では飲むコラーゲンというスキンケア商品群が人気ですが、コラーゲンに含まれる硫黄は吸収し難い硫黄でコラーゲンを体内で作るための美肌スキンケアとしては適しません。

弾力の弱いコラーゲンは弾力の弱いお肌を作ります、弾力の弱いお肌はエラスターゼの作り出した架橋結合を跳ね返す力がありませんので、しわになりやすいお肌ということができます、つまりシワを防ぐにはコラーゲンに弾力を持たせるスキンケア商品を摂取するしかないのです。

最近の日本ではコラーゲンをスキンケアとして摂取してコラーゲンを作ろうという方が多いみたいですね。
でも、アメリカでは体内でコラーゲンを作るためにコラーゲンを摂取するという方法はあまり行いません。
コラーゲンの大部分はタンパク質ですので、わざわざ高価なコラーゲンを含むスキンケア商品を買ってタンパク質を補給する意味は無いという理由です。普通のコラーゲンならステーキを食べても、魚を食べてもその70%はコラーゲンなのですから、100gのステーキで70gものコラーゲンが摂取できるのです。タンパク質は食事に十分に含まれているので、コラーゲンを作るのに不足しがちな硫黄を吸収しやすくしたスキンケア商品を補給するのがアメリカ流です。
硫黄はほとんどの食品中に含まれますが無機硫黄のため25歳を過ぎると吸収量がガクっと減ってしまいますので、年齢を経ていても吸収しやすいタイプの有機硫黄(MSMサプリメントというスキンケア商品)を摂るのが弾力のあるお肌としわ防止のためにはお奨めです。

引っ掻きなどの物理的刺激に弱いお肌はコラーゲンがうまく作られていない可能性が高いといわれています、健康なお肌は丈夫なコラーゲンから、ということでコラーゲンを十分に作るためのスキンケアをご紹介します。

お奨めスキンケア

コエンザイムQ10CoQ10
コラーゲンを作る酵素を作るのに役立つスキンケア

MSMサプリメント
コラーゲンの主成分、アメリカでは美肌スキンケアで女性に非常に人気です。

アミノ酸ダイエット
オルニチンを含むスキンケア商品。オルニチンはお肌の修復に重要な働き。

ホーステール(シリカでお肌ひきしめ)
コラーゲン生成とコラーゲンを束ねて引き締めで小顔効果が期待できるスキンケア。

手の甲って元々の肉厚が薄いのでコラーゲンが作られなくなって皮膚の厚さがなくなると誤魔化しがきかないのです。
だから、体の部分で一番最初に年齢が出てしまうのですよ。顔などは美肌スキンケアの研究が進んでいるし、肉厚が厚いので結構誤魔化せるんですけれどね。手の甲の歳を若返らせることができるスキンケアもアメリカにはたくさんあります。

MSMサプリメントを摂取すればバネの弾力を宿したコラーゲンを作ることが可能です。
手の甲の真皮は薄いのでコラーゲンが十分に作られるようになると意外と簡単にふっくらとして見えるようになり、細かいしわなども減って若々しい感じが蘇ってくるでしょう。
スキンケアとして最もお奨めはMSMです。

細かいしわは角質層の水分保持と油分保持能力を高めるスキンケア商品を摂取することでも減らすことができます。
手の甲の角質層は7層~15層くらいになっており、このそれぞれの層の間にヒアルロン酸EPA(オメガ3)などのスキンケア商品を摂取することで、お肌の水分を乳液状にして保持し、手の甲の厚みと柔軟性を増すのです。

手の甲の角質層は紫外線と酸素によりヒアルロン酸とEPA(オメガ3)が壊されていますので、パントテン酸(ビタミンB5)PABA(飲むUVカットとしても人気)というスキンケア商品によって、ステロイドホルモンを十分に分泌して、ヒアルロン酸とEPA(オメガ3)を守り、厚くて柔軟な角質層維持すると手の甲のお肌にハリがでてきます。

手の甲は紫外線に曝されることが多く、一重項酸素という活性酸素が角質層や真皮を傷つけるケースが多いのです。
一重項酸素はお肌の細胞膜から電子を奪って細胞を壊してしまうため、お肌のキメを粗くします。
キメの粗いお肌は荒れて小じわが多くなりますので、紫外線を防いだり、抗酸化剤(抗酸化サプリメント)を十分に摂取することでお肌の細胞膜を守ってください。

お奨めスキンケア

MSMサプリメント
コラーゲンの原料となるスキンケア。手の甲に厚みと弾力を持たせて10歳若返り。

EPA(オメガ3脂肪酸)
角質層を厚く柔軟にするスキンケア商品。乾燥肌敏感肌の方にもお奨め。

ヒアルロン酸
お肌に水分与えてふっくらしたお肌を作るスキンケア商品。低分子ヒアルロン酸。

ドクターズコスメのスキンケア商品シリーズ
コエンザイムQ10クリーム
塗るスキンケア。短期間に結果を出したい方に。

ドクターズコスメのスキンケアシリーズ
100%ピュアヒアルロン酸美容液
塗るスキンケア。お肌の薄いところにピンポイントで。

ドクターズコスメのスキンケアシリーズ
ヒアルロン酸クリーム 塗るスキンケア。お肌の薄いところにピンポイントで。

アントシアニン
活性酸素抑制のスキンケア。一重項酸素を中和しお肌を守る&お肌の新陳代謝アップ。

リコピン
基底細胞の正常化に最適のスキンケア商品。美白や新陳代謝アップに。

ピクノジェノール
ブドウ種子エキスと並ぶ人気のスキンケア商品。アントシアニン含有。

美白方法にかんするブームが続いていますね。以前はなかなか売れなかった飲む美肌スキンケアが日本でも受け入れられてきました。
「色の白いは七難隠す」という格言もあるくらいで、女性にとってお肌の白さというものは何モノにも変えられないと思います。
それだけにドラッグストアにある紫外線対策のスキンケア商品の種類の多さは、日本人女性の美白に対する関心の度合いを現わしているのでしょうね。
でも、美白シミくすみ、色素沈着などは原因が様々ですので、その対処法も様々です。

作られてしまったシミなどはほとんどが黒色メラニンという種類の色素ですので、Lシステイン(l-システイン)αリポ酸(アルファリポ酸)コエンザイムQ10CoQ10)などのスキンケア商品で肝臓の働きを高めて酵素を作り、黒色メラニンを白色メラニンに変えて目立たなくすることが可能です。
肝機能アップのためマルチビタミンマルチミネラルなどのスキンケア商品もお忘れなく。新陳代謝アップにも効果が期待できますよ。

加齢とともに日焼けが褪めないとか、色素沈着が年々ひどくなるというスキンケアの問題は、ヒアルロン酸EPA(オメガ3)などのスキンケア商品を摂取してください。これらの栄養素が皮下で十分に分泌されなくなったために角質層が薄くなってしまい、色素沈着している真皮が透けてみえるようになるために起こります。
ある程度の角質層の厚さがありキメが整っていると、お肌の見た目は白さを増すといわれています。

お奨めスキンケア

αリポ酸(アルファリポ酸)
タイムリリース機能がついたスキンケア商品。酵素を作って肝機能を強化。

lシステイン(l-システイン)
美白で有名なスキンケア。肝機能強化で黒色メラニンを消す。

コエンザイムQ10CoQ10
新陳代謝アップの酵素を作るスキンケア。

ヒアルロン酸
角質層を健全にするスキンケア。お肌の白さUP。

EPA(オメガ3)
ヒアルロン酸と混ざって角質層を適度に厚くします。

最近は日傘が若い方の間でも売れているみたいですね、美白ブームで紫外線を嫌う方が増えているそうです。

でも、アメリカでは紫外線の問題はより深刻です、白人の皮膚ガンの多発ということから紫外線カットの研究が非常に進んでいるのです。
例えば、PABAという飲んで効くUVカット美肌スキンケアなんかは、FDA(米国食品医薬品局)が紫外線対策として認めており、紫外線の多い地域の白人に摂取するように奨めているくらいなのです。
今ではアメリカでも美白のスキンケアとして認知され、非常に多くの販売を誇るスキンケア商品となっています。

PABA(飲むUVカットとしても人気)はビタミンB群の一種ですが角質層間に留められて角質層を通過する紫外線を吸収し真皮に紫外線が届きにくいようにしているのです。
今までの塗るタイプの紫外線対策グッズや衣服や帽子に加えて、飲む美白スキンケアとしてPABAが使われているようです。

お奨めスキンケア

PABA(飲むUVカットとしてもお奨めです)
PABA(パラアミノ安息香酸)は米国が認める唯一の飲むUVカットのスキンケア商品です。

アメリカの皮膚専門医の多くが、皮膚の老化の80%が18歳以下の時に浴びた紫外線が原因であるとしています。
先日、某テレビ局で「シミ爆弾の恐ろしさ」として放送されていた内容も、この紫外線の肌における影響を中心に特集が組まれていました。

でも、大丈夫!
多くの皮膚専門医が、肌という組織は質の良いスキンケアでいかに手をかけるかで、老化の進み具合がぜんぜん違ってくるという結論に達しています。

夏に浴びてしまった紫外線を無かったことにしませんか?
そんな調子のいい美肌スキンケアがあるのかですって?
あるんです、実は・・・・・

アメリカのあるスキンケアメーカーのCMです。
「夏に浴びた紫外線を無かったことにして、お肌をリセットしなおしましょう!!」

最近のスキンケアの研究では、紫外線や様々な化学物質などで傷ついてしまった皮膚の表面で、肌の修復を手がける必須アミノ酸が発見されています。
アミノ酸って最近ダイエット疲労回復などで有名になってますから、ご存知の方もいらっしゃると思います。
そうです、あのお肉などを構成するたんぱく質を分解したものです。

その数10種類あるアミノ酸のなかでも、オルニチンという必須アミノ酸が、お肌の表皮の部分に大量に存在することは、昔から知られていました。
最近のスキンケア研究では、このオルニチンが傷ついてしまった表皮の細胞を修復するために、大量に存在していることがわかってきたのです。

ある研究機関の実験で、強烈な日焼けをおこした肌の表皮に、オルニチンが少ないことが判りました。
追試の結果、肌の修復のために皮膚の表皮に存在するオルニチンが大量に使われたためと判り、先の研究の証明がなされたとして話題になりました。
アメリカでは日焼け後やアトピー性皮膚炎などのスキンケアにオルニチンのスキンケアが多く使われるようになってきており、傷ついたお肌を効率よく修復できるようになってきました。

お奨めスキンケア

アミノ酸ダイエット
オルニチンを含むアミノ酸のスキンケア商品。

くすみがひどくお肌が黄色味を帯びている場合は、腸内環境が悪いケースが考えられます。
腸内では善玉菌乳酸菌 腸内細菌)と悪玉菌が常に勢力争いをしており、今の日本人の平均的な食生活や生活習慣では腸内環境が悪いことが多いのです。アメリカでは腸内環境を整えるスキンケアも人気があり、お肌のトラブルを改善するためにたくさんの善玉菌系や食物繊維美肌スキンケアが売られています。

腸内に定住する菌が悪玉菌優勢になっている場合、悪玉菌の分泌する有害な物質が多くなり、肝機能を低下させてデトックスを妨げたり、細胞の新陳代謝を悪くしたりしてスキンケアに重大な影響を与えます。多くの栄養学者が腸内環境を無視したスキンケアは効率が悪く、意味が無いと言っています。

くすみの原因としては悪玉菌の産するインドールという有害物質が関係しています。
インドールは腸から吸収されて血液によって全身の細胞に運ばれますが、細胞に取り込まれるとリポフスチンという細胞老化物質に変わります。
リポフスチンは年齢を重ねるほど細胞内に多く溜め込まれているケースが多く、細胞を黄ばませますのでくすみや黄色味を帯びたお肌になってしまいます。

リポフスチンはビタミンEの大量摂取で細胞外に排出することができますので、お肌のくすみが気になる方は美肌スキンケアとしてビタミンEを是非お試しください。
ビタミンEの摂取はビタミンC(ビタミンP)の摂取と平行して行うのが基本です。ビタミンCは善玉菌乳酸菌 腸内細菌)を増やしお肌の新陳代謝を引き上げるのでスキンケアとして一石三鳥です。
またくすみの予防と改善には腸内環境の改善は欠かせません。

お奨めスキンケア

ビタミンE
くすみを改善するスキンケア商品。

アシドフィルス菌
くすみを防ぐスキンケア商品。

善玉菌乳酸菌 腸内細菌
くすみを防ぐスキンケア商品。生きて届く善玉菌が悪玉菌を減らす。

便秘改善サプリメント
宿便を排泄して善玉菌が好む腸内環境を作るスキンケア商品。

乾燥肌や敏感肌の方のお肌にはヒアルロン酸EPA(オメガ3)などのスキンケアがお奨めです。乾燥肌や敏感肌の皮膚では脂肪酸の分泌が不足しています。
粉吹き肌やかさつきなどは外からクリームを塗って油分を補給している方が多いと思うのですが、上記のスキンケアを摂取してお肌の水分と油分の保持能力を高めれば、何歳だろうと十分に改善します。

お肌の角質層は性器などの薄い部分で3層前後、手の平などの厚い部分で20層くらいの層になっています。
その層と層の間には水分と油分が乳化され、柔らかなゼリー状物質を形成しています。
ヒアルロン酸やEPAなどのスキンケアを摂取すれば、このゼリー状物質が十分に作られてお肌の水分保持と油分保持が同時に満たされるので、乾燥肌や敏感肌になることはありません。

角質層と角質層の間にあるゼリー状物質は水分とヒアルロン酸EPA(オメガ3)などの脂肪酸によって形成され、角質層と基底細胞の間の部分で分泌され角質層間に留められるのです。

乾燥肌の方のお肌は油分が少ないためシャワーを浴びるとお肌にベターっと水が纏わりつく感じになります。
角質層の下で十分にEPA(オメガ3)などの脂肪酸が分泌されていれば、若い頃のようにシャワーの水玉がお肌を滑るなんてことも起こるでしょう。
乾燥肌敏感肌まではいかなくてもシャワーの水をお肌が弾かなくなったら、ヒアルロン酸と脂肪酸(EPA)のスキンケア商品を摂取してみてください。

お奨めスキンケア

ヒアルロン酸
角質層を繋ぎとめる糊の様な働きのスキンケア。

EPADHAオメガ3
ヒアルロン酸と混ざって角質層を適度に厚くするスキンケア。

アメリカンビタミンショップの女性スタッフが、歳とともに化粧品の減りが早くなると嘆いています。
特に下地をしっかり塗らないと毎月の化粧代が高くついてしょうがないというのです。
これって歳とともに毛穴が開いてくるから、毛穴に化粧が吸い込まれてしまうために起こる現象なんです。

毛穴が開く最大の原因はコラーゲンの弾力が落ちてしまうからだといわれています、コラーゲンはバネ状のタンパク質で、お肌の引き締めや弾力のあるお肌を作るには欠かせない物質です。

ただしコラーゲンは作ればよいというものではなく、コラーゲンを硫黄ケイ素で束ねてあげなければ強い弾力は得られません。
ベッドのスプリングは1個1個は弱いものですが、ワイヤーで固定することで少ないスプリングで強い反発力を生み出します、コラーゲンも同じで束ねられていないコラーゲンは引き締め効果も弱く、毛穴が広がってしまいます。
毛穴の広がりは上記のスキンケアで半年ほどの期間で改善が可能だといわれています。

お奨めスキンケア

MSMサプリメント
吸収しやすい硫黄のスキンケア商品。コラーゲン生成の基本中の基本。

ホーステール(シリカでお肌ひきしめ)
コラーゲンを束ねて密度を高めるスキンケア商品。

お肌の吹き出物や皮膚のかゆみなどは炎症と呼ばれています。
こういった吹き出物などのお肌のトラブルは、炎症を起こすホルモン(炎症系プロスタグランジン)、と炎症を抑えるホルモン(消炎系プロスタグランジン)のバランスが悪くて、炎症が悪化した結果に皮膚に噴出したもので、炎症体質でない方であれば皮膚に出る前に消炎系プロスタグランジンが炎症を鎮めてくれるのです。
アメリカでは皮膚炎などの研究は非常に進んでおり、効果が期待できるスキンケア商品が多数発売されています。アメリカンビタミンショップではアメリカで長い販売歴を持つ実力のある皮膚炎(トラブル肌)用のスキンケア商品を多数ご用意しております。自分に合った美肌スキンケアを見つけて摂取することから、トラブル肌の改善を行ってみてください。

消炎系プロスタグランジンはガンマリノレン酸という脂肪酸がが原料となって作られますが、ガンマリノレン酸は食事から摂取することがほとんどできない栄養素で、体内で使用する量はすべて体内でリノール酸(サラダ油)から作り出しています。

この時にビオチン(ビタミンH)というビタミン様物質が必要で、スキンケアとしてはヒアルロン酸やEPA(オメガ3)と並ぶ人気のスキンケア商品となっています。
ビオチン不足によってガンマリノレン酸が作れずに炎症体質になっている方が多いことが判っています。
ビオチンは腸内の善玉菌乳酸菌 腸内細菌)が作っているので腸内環境が悪い方はビオチン不足が考えられます。炎症体質を改善するスキンケアとしては、ビオチンを3ヶ月~半年摂取しても何も変化がない場合は、ビオチンがあってもガンマリノレン酸を作れないタイプと判断し、ガンマリノレン酸というスキンケア商品を摂ってみます。
ビオチンというスキンケアが効果を発揮した場合は、腸内改善が必要なタイプですので善玉菌の補給をお奨めします。

ビオチン(ビタミンH)は炎症を抑制するだけではなく、皮下の毛細血管の血流をよくするため、お肌の新陳代謝を活発にして、お肌の改善するスキンケアとして人気があります。
医学界でも皮膚炎を改善するということで100年以上前から使用されていて、使用実績が長くて安全性の高いスキンケアです。

また炎症を引き起こすプロスタグランジン(炎症系プロスタグランジン)が多く作られて、炎症が悪化してしまう方には副腎皮質を強化してステロイドホルモンを自分で分泌する方法がお奨めです。ビオチン(ビタミンH)と併用すればより効果的です。

お奨めスキンケア

皮膚のかゆみにビオチン
お肌のビタミンとも呼ばれるスキンケア商品。

60カプセル入りビオチン
ビオチンの大容量版スキンケア商品。

120カプセル入りビオチン
大容量でお得なスキンケア商品。

アレルギー用ビオチン
味付きだからお子様でもOKなスキンケア商品。

ビオチン・タイムリリース
ユックリ溶けるビオチン。

善玉菌乳酸菌 腸内細菌
腸内改善のスキンケア商品。ビオチンを自分で生産するのに最適。

ガンマリノレン酸とボラージオイル(月見草オイル)
ビオチンが効かない炎症体質にお奨めのスキンケア商品。

パントテン酸
炎症を起こすホルモンが作られないようにするスキンケア商品。

皮下の血流が悪い方は美容面でのトラブルを抱えることが多いようです。
お肌の構造は上から角質層、基底細胞、真皮となっていますが、基底細胞の下に網の目のように毛細血管が張り巡らされています。
この毛細血管からは常に水分や栄養分や酸素が漏れており、基底細胞に栄養素等を与えて角質細胞を作り出しています。

血流が悪いと血色が悪くなりますし、基底細胞から排泄される老廃物を運び去ることが難しくなり、目の下などの角質層の薄い部分では黒ずんで見えることもあります。
また、むくみは様々な原因が考えられるので血流の不良だけが原因とはいえませんが、多くのケースで血流の悪さがむくみに関係していることが判っています。

お肌の血流を上げるスキンケアとしてはビオチンが最もお奨めです。また、血液も中性脂肪やコレステロールでドロドロしていては流れも悪くなりますので、血中脂質の多い方はEPAやググル(血中脂脂質抑制ハーブ)で血液をサラサラにしてください。
運動不足の方は血液を押し出すポンプである心臓が十分に機能していないことも考えられます。心臓のポンプ機能を引き上げて1回の鼓動で送り出せる血液の量を増やすことも血流を上げるには重要です、心臓のポンプ機能はタウリンやコエンザイムQ10CoQ10)、カリウムなどで高めることが可能です、カリウムにはむくみを改善する可能性もありますのでむくみやすい方はお奨めの美肌スキンケアです。

お奨めスキンケア

60カプセル入りアレルギー用ビオチン
一番人気のビオチン(ビタミンH)。お肌の血流を上げるスキンケア商品。

EPADHAオメガ3
血流サラサラのスキンケア商品。

ググル(血中脂質抑制ハーブ)
血中脂質を減らしてドロドロ血改善のスキンケア商品。

タウリン
心臓に多くあるアミノ酸・・・ 心臓のポンプのパワーを上げるスキンケア商品。

コエンザイムQ10CoQ10
心臓に多くある補酵素・・・ 心臓のエネルギー生産アップのスキンケア商品。

カリウムサプリメント
塩分排泄によりむくみ解消・・・ 心臓の収縮に不可欠なスキンケア商品。

セルライトになると痩せなくなるということでダイエットの問題として捉えられることが多いのですが、セルライトになる原因は美肌スキンケアの問題から派生します。アメリカではセルライトを予防するスキンケアが多く開発され、人気のスキンケアとなっています。
セルライトとは全身に分布する白色脂肪細胞という脂肪を溜め込んでいる細胞にむくみなどによって生じた老廃物混じりの水分が取り込まれる現象です。

白色脂肪細胞に中性脂肪以外の老廃物や水分が取り込まれると、脂肪燃焼リパーゼというホルモンの刺激を受けても溜め込んだ中性脂肪を血液中に放出しなくなるために痩せ難くなります。
この点はダイエットの問題として考えていいと思うのですが、それでは白色脂肪細胞に老廃物等が取り込まれる原因はどういったことが考えられるでしょうか?

白色脂肪細胞は真皮の下に位置し皮膚組織とは真皮によって完全に隔てられています。
皮膚組織では真皮の上にある毛細血管から水分や栄養素などが漏れ出て、お肌の角質細胞を作るために基底細胞に栄養素を運んでいます。
基底細胞からは活動によって生産された老廃物が放出されて、再び血管やリンパ管に吸収されています。

真皮で密度の高いコラーゲンが十分に作られていない場合、皮膚組織を満たしている水分や老廃物が真皮の下の白色脂肪細胞の組織まで漏れてきてしまい、中性脂肪の取り込みの時に水分や老廃物まで一緒に取り込まれてしまうのです。
つまり、真皮のコラーゲン密度が低い方がセルライトになりやすいといえるでしょう。

またセルライトを改善するために共役リノール酸トナリンCLA)などを摂取して、必死に運動をして脂肪燃焼リパーゼを作って白色脂肪細胞から水分と老廃物を排泄させても、真皮の水漏れを改善しない限りドンドンと水分や老廃物が水漏れしてきて、白色脂肪細胞に取り込まれてしまうのでセルライトの改善が全然進まないのです。

セルライトを改善するならまずは真皮の水漏れを改善しなければなりません。
そのための美肌スキンケアMSMサプリメントホーステール(シリカでお肌ひきしめ)です。これらのスキンケア商品を摂取してお肌の組織で十分にコラーゲンが作られるようにしなければなりません。
上記のスキンケア商品を摂取してもすぐに健全な真皮が作られるわけではありませんから、3ヶ月~半年くらいはこれらのスキンケア商品の摂取を続け様子を見て、その後に、共役リノール酸トナリンCLA)などを摂取して運動を行い脂肪燃焼リパーゼをたくさん生産して、白色脂肪細胞から水分や老廃物を追い出します。

お奨めスキンケア

MSMサプリメント
真皮に水漏れを起こさせないスキンケア商品。

ホーステール(シリカでお肌ひきしめ)
コラーゲンを束ねて密度を高めるスキンケア商品。

共役リノール酸トナリンCLA
脂肪燃焼リパーゼを作る人気のサプリメント。

アミノ酸ダイエット
成長ホルモンを作り脂肪燃焼リパーゼの分泌を助ける。

お肌のターンオーバーって聞いたことありませんか?
お肌の角質細胞が基底細胞から生まれて垢としてお肌から脱落していくまでの期間をいい45日が理想的だとされています。

例えば、40歳代の方だとターンオーバーの平均的な日数は50日~60日、60歳代だと70日~80日くらいだといわれています。
ターンオーバーが長ければ長いほど新陳代謝の悪いお肌ということができます。
角質細胞は生まれてから70日も経過してしまうと、お肌のキメなどはほとんど残っていませんし、色もくすんで、柔軟性を失ってしまいます。
今の若い方でも栄養不足などによってターンオーバーが異常に長い方が増えている、と多くの栄養学者が警告を発しています。

それでは、45日を下回って15日くらいでターンオーバーを繰り返してしまうお肌は、新陳代謝の良いお肌といって良いのでしょうか?
答えはノーです。
こうした短すぎるターンオーバーでお肌のサイクルを繰り返してしまう方は、アトピー性皮膚炎の方やトラブル肌の方、お肌が薄い方などに多いのですが、こうした方のお肌の特徴として角質層が薄く、そのために皮膚から様々な有害物質が入ってきて炎症などのトラブルを起こしやすくなってしまいます。
これがひどくなりすぎると皮膚が青黒く(もしくは赤黒く)なってしまい、痛みと痒みに悩まされてしまいます。

お肌のターンオーバーを45日に近づけることこそスキンケアの基本であるといえるのですが、それではどうしたらターンオーバーを正常化できるのでしょうか?

お肌のターンオーバーをコントロールする要因はたくさんあり、それらの要因に関係する美肌スキンケアを摂取して、それらを総合的に改善しなければ新陳代謝の活発なお肌は作れません。
まず、お肌の基底細胞の細胞分裂を活発にさせるスキンケア商品を摂る必要があります。
基底細胞はベータカロチン(ビタミンA)アントシアニン(オリゴメリックプロアントシアニジンも含む)とコエンザイムQ10CoQ10)などのスキンケア商品が足りていないと細胞分裂を活発に行ってくれません。
これらのスキンケアは基底細胞を刺激するホルモンや酵素を作って基底細胞に細胞分裂を促します。

また細胞が分裂するためにDNAのコピーが行われるのですが、このコピーを正常に行うために亜鉛というスキンケアが必要です。
亜鉛が不足しているとDNAのコピー時に、ミスコピーが発生し細胞がガン化してしまいます。
ですので亜鉛が少ない状態ではDNAのコピーが控えられて細胞分裂を起こさないようにしてしまうのです。
積極的な細胞分裂を起こさせたいなら亜鉛というスキンケアは必須です。

基底細胞で作られる角質細胞の70%はコラーゲンで作られるためタンパク質と硫黄ホーステール(シリカ)というスキンケアは欠かせません。
またタンパク質を組み立てるにはビタミンB群というスキンケアが必要です。

これらの栄養素をスキンケア商品として摂取して、お肌の新陳代謝は引き上げることができるのです。
アメリカではスキンケア商品を選ぶ場合、マルチビタミンを中心にしてMSMサプリメントホーステール(シリカでお肌ひきしめ)コエンザイムQ10CoQ10)などのスキンケア商品を組み合わせます。また、新陳代謝を活発にするスキンケアとしては、亜鉛は1日50mg~200mgを摂取すれば細胞分裂を活発に起こすことができるでしょう。

お奨めスキンケア

コエンザイムQ10CoQ10
基底細胞を刺激して新陳代謝アップさせるスキンケア商品。

ベータカロチン(ビタミンA)
基底細胞を刺激して新陳代謝アップさせるスキンケア商品。

アントシアニン
基底細胞を刺激して新陳代謝アップさせるスキンケア商品。

亜鉛サプリメント
DNAのコピーを行うために必須の新陳代謝活性のスキンケア商品。

ビタミンB群サプリメント
タンパク質を作る時に必須のスキンケア商品。

MSMサプリメント
コラーゲンの材料補給で角質細胞をたくさん作りましょう。

ホーステール(シリカでお肌ひきしめ)
コラーゲンを束ねて密度を高めるスキンケア商品。

25歳を過ぎる頃からお肌に合わせた美肌スキンケアが必要になってきますよね。
美容関係では25歳という年齢がよくクローズアップされますけど、これってチャンと根拠があることなんですよ。

25歳前後になると腸の吸収力がガクっと落ちてしまう時期があるのです。
これは胃で分泌される胃酸の量が減ってしまうことと腸の機能が落ちてしまうことで起こります。
でもすべての栄養素の吸収量が減ってしまうわけではなくて、吸収量の変わらない栄養素も多くあります。
例えば炭水化物や脂肪などですね。
できれば吸収が落ちてくれればダイエットで苦労しなくて済むのに・・・・なんて、恨めしく思っちゃいます。
逆に吸収力が落ちてしまうものにはビタミンミネラルやタンパク質があります。こちらはスキンケアとして必要なだけでなく、体を作るのに重要な働きをするものばかりなので、吸収力が落ちて栄養が不足するとお肌だけではなく健康にも支障がでてきますよね。

よくアメリカの美肌スキンケア関係の栄養学者がいうのですが、「お肌の老化は腸の吸収力が落ちたために引き起こされる現象がいくつも重なった時にお肌の状態として現れる」のだそうです。
吸収量の減ってしまうマルチミネラルにはお肌の新陳代謝を正常に保つ亜鉛や、骨を作るために必要なカルシウムマグネシウム、ホウ素、銅なども含まれます。
でも最も吸収量の減るのはスキンケアで最も大切なコラーゲンを作るためのミネラルである硫黄なんです。
硫黄というと恐ろしげな響きがありますが、実際には体内の含有率では3番目に多い元素で、カルシウムとマグネシウムに次いで多いのです。スキンケアとしては外せない重要な栄養素です。

硫黄の働きは先の項目で何度も書いていますので割愛しますが、コラーゲンの材料として使われてお肌や動脈などの組織の弾力性を生み出します。
お肌の組織の70%がコラーゲンで構成されているとしたらコラーゲンを作ることの重要性もお判りいただけますよね?

アメリカでは年配の方の多くが健康と美容を考えて食後に消化酵素を摂取したり。
善玉菌乳酸菌 腸内細菌)を摂取して胃と腸の老化に対処しています。これも大切なスキンケアと言って良いでしょう。
やはり体を作るのは日頃の食事ですから、吸収力が弱ってしまったり、偏った食事をされている方はスキンケアで十分に栄養を補給して健康な体を作ってください、おそらくスキンケアは健康な体を作るのが一番の近道だと思います。

お奨めスキンケア

マルチビタミン
ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、亜鉛などを含む基本的なスキンケア商品。

マルチミネラル
大きな錠剤が苦手な方にチョット大き目のカプセルタイプのマルチビタミンをどうぞ。

ブロメライン
タンパク質の消化酵素でビタミンやミネラルも吸収UP。

全商品カタログ

商品番号順 全商品カタログ(このページから全商品を注文できます)

タバコや焚き火の煙、車の排気ガスなどは肌の毛穴から侵入し、肌の新陳代謝に異常をきたします。
それやこれやであなたの肌を老化させる原因を1つ1つ取り除き、年齢を重ねた時に現れる、シミの素、シミ爆弾を退治するにはどうしたらよいのでしょうか?

そうです!答えはすぐこの下にあります。今すぐクリックしてアメリカの最新の美肌スキンケアの理論を手にして下さい。

最新スキンケアの理論

アメリカで人気のスキンケアって?

安全なサプリメント選びのためのコンセプトを掲載しています。
アメリカンビタミンショップとしてお客様にご紹介するサプリメントの安全基準について詳細に記しておりますので、
是非ご覧下さい。

▲TOP▲

サプリメント通販 |  ダイエット | スキンケア | アレルギー | アトピー性皮膚炎 | 花粉症 | 掌蹠膿疱症 | 尋常性乾癬 | 女性 健康 | 男性の健康  
ビタミン・ミネラル | 便秘改善 | デトックス | 疲労回復 | ストレス | 老化防止 | 抗酸化剤 | 基礎化粧 | 犬のサプリメント | 全商品カタログ
Copyright © Since 1999 AMERICAN VITAMIN SHOP. All Rights Reserved.